札幌デリバリー「ToDoXi(トドクシー)」タクシーで料理を配達!?

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

札幌にも定着しつつある "フードデリバリーサービス”。

 

そんな中、札幌独自のフードデリバリーサービス「ToDoXi(トドクシー)」がサービスを開始しました。

サービスの特徴としては、以下の2点。

ToDoXi って?

  • 札幌の企業による 札幌発のフードデリバリーサービス
  • 料理を運んでくれるのは タクシードライバー

 

今回は、この「ToDoXi(トドクシー)」について くわしくご紹介します。

 

「ToDoXi(トドクシー)」について

ToDoXi(トドクシー) TOP画面

サービス名ToDoXi(トドクシー)
札幌サービス開始日10月15日
営業時間店舗により異なる
札幌加盟店舗数約30店(スタート時)
配達料
  • 配達手数料:約1.4kmまで300円(0.3km追加毎に+80円)
  • 少額注文における手数料:なし(配達は2000円以上から可能)
エリア札幌市内
注文方法ウェブから
支払方法カードのみ
運営会社ToDoXi 実行委員会
公式サイトhttps://todoxi.jp/
おすすめ度

⇒ ToDoXi(トドクシー) ウェブサービスへ移動

 

“札幌発” のフードデリバリーサービス「ToDoXi(トドクシー)」

これまで 個別に宅配サービスを展開していた札幌市内のタクシー会社が連携し、新たなプラットフォームを立ち上げました。

 

“Uber Eats(ウーバーイーツ)” や “Wolt(ウォルト)” などとはシステムが大きくことなるので、次はそのサービス内容について確認してみましょう。

 

「ToDoXi(トドクシー)」の サービス内容について

「ToDoXi(トドクシー)」の 運営会社について

ToDoXi(トドクシー)の運営元は、以下の4団体からなる「ToDoXi(トドクシー)実行委員会」

一番の特徴は、札幌の企業が立ち上げた 札幌発のフードデリバリーサービス だということでしょう。

なお 料理を配達するのは “タクシー会社” に雇用されている プロのタクシードライバー。

Uber Eats(ウーバーイーツ)などのサービスでは、従業員ではなく 個人事業主として働く “配達パートナー” が料理を配達するので、この点も 他のサービスとは大きくことなります。

 

「ToDoXi(トドクシー)」の 利用料金や 配達料金などについて

“ToDoXi(トドクシー)” を利用する場合の料金については、以下を確認してください。

料金等

項目費用
登録にかかる費用無料
商品代金実費
配達料金300円(1.4kmまで)
※ 5000円以上の利用で送料無料(1.4kmまで)
※ 1.4km以降 +0.3km毎に 80円が加算
最低注文金額2000円以上

 

配達してもらうことができるのは “2000円以上” の注文から。

配達料は “300円(1.4kmまで)” となり、以後 0.3km毎に 80円ずつ加算されるシステムです。

 

「ToDoXi(トドクシー)」利用時の 注意点について

“ToDoXi(トドクシー)” のサービス内容が、他のデリバリーサービスと大きく違う点がこちら。

注意

  • タクシードライバーは玄関前までの配達は行わず、自宅前に到着したタクシーまで 自分で料理を取りに行かなくてはなりません
  • タクシーとしての営業が混み合う場合、配達ができないことがあります

 

他のデリバリーサービスでは 配達員が “玄関前まで” 配達してくれるので、マンションでも受取がラクラク。しかし ToDoXi(トドクシー)では、自宅前のタクシーまで “自分で” 料理を取りにいく必要があります。

なお 自宅前にタクシーが到着した場合、あらかじめ入力した番号宛に電話がかかってきます。

 

また 不在時の対応については、以下をご確認ください。

不在時の対応

  1. あらかじめ入力した番号宛に電話にて通知
  2. 配達先で10分間 待機
  3. 待機後 サイド電話にて通知
  4. 配達不可と判断し その場から離れる

※ 配達不可の場合の返金は不可、※ 再配達を希望する場合 800円がかかる

ウェブ上にも記載がありますので、必ず一読しておきましょう。

⇒ ToDoXi(トドクシー) ウェブサービスへ移動

 

「ToDoXi(トドクシー)」の 利用方法について

ToDoXi(トドクシー)TOP画面

次は 実際の “ToDoXi(トドクシー)” の画面を確認しながら、利用までの流れを確認してみましょう。

 

「ToDoXi(トドクシー)」の 登録方法について

step
1
新規登録を行う

TOPページの「新規登録」より、“新しいアカウント” を作成しましょう。入力項目は 以下の3点となります。

入力項目

  • 配送先氏名(全角カタカナ)
  • メールアドレス
  • パスワード

 

step
2
メール認証を行う

登録した メールアドレス宛に “認証メール” が届くので、添付アドレスをクリックして メールアドレス認証を完了させてください。

 

「ToDoXi(トドクシー)」の 利用方法について

次は 実際に料理を注文する場合の流れをみてみましょう

 

step
1
料理を配達してほしいお店を選ぶ

まずは ウェブ上で 料理を注文したいお店を決めましょう。

今回は “牛かつ専門 ふしみ” さんで 見てみましょう。

 

step
2
好きな料理を選びましょう

選んだお店の中から、注文したい料理を選びましょう。

 

step
3
選んだ料理をカートに入れましょう

注文したい料理を “カートに入れて” ストックしていきましょう。なお この時点では、まだ注文は確定ではありません。

また 最低注文金額の 2000円を超えないと「注文する」ボタンは押せません。

 

注文の金額が 2000円を超えたら、「注文する」ボタンを押して 先へ進んでください。

 

step
4
必要事項を入力し 注文を確定しましょう

最後に必要事項をすべて入力して、注文を確定させましょう。

入力が必要な事項は、以下の項目となります。

入力が必要な項目

  • 携帯電話番号(必須)
  • お届け先住所
  • その他 備考欄(入口が特殊な建物の場合など)
  • 支払に利用するカード情報

タクシーが到着したことを教えるための携帯電話番号は、必須の入力項目。

配達先が特殊な場合などは、その旨をしっかり備考欄に記載しておきましょう。配達遅延などを防ぐことができます。

 

また 支払いに必要なカードについては、以下 5種類に対応しています。

対応しているカード

  • VISA
  • Master Card
  • JCB
  • Diners
  • AMEX

 

さいごに

今回は 札幌発のデリバリーサービス “ToDoXi(トドクシー)” をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ToDoXi(トドクシー)にしかないメリットは、以下の2点。

メリット

  1. 利用することで 地元企業を応援することができる
  2. “Uber Eats(ウーバーイーツ)” などが エリア外の方でも、ToDoXi(トドクシー)なら配達が可能

 

本記事をみて 興味をもった方は、以下のリンクから ToDoXi(トドクシー)のサイトを見てみてくださいね♪

⇒ ToDoXi(トドクシー) ウェブサービスへ移動

 

 

その他のニュースをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.