【札幌市】クリスマスの新定番!グルメライターおすすめ「シュトーレン」5選

 

こんにちは!北海道を3500軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なおです

 

クリスマスシーズンの新定番「シュトーレン」

毎年クリスマスの4週間前から少しずつカットして楽しむ、ドイツ発祥の発酵菓子です。

 

おすすめポイント

  • バターの芳醇香とドライフルーツの華やかさのマリアージュ
  • 1日ごとに味と食感の変化が楽しめる
  • 数週間の長期間にわたって味わえる(個体差あり)

 

日本ではここ数年で一気に人気が高まり、いまや “新定番” といっても過言ではありません。

ひとことに「シュトーレン」といっても お店によって特徴はさまざま。

 

それぞれの特徴を箇条書きで解説!

“シュトーレン好き” を自負する、筆者のおすすめをご紹介していきます♪

 

ほとんどがお取り寄せ可能なので、遠方在住の方も必見ですよ!

 

 

「シュトーレン」とは?

ドイツで製造されたシュトーレンがテーブルに置かれている

本場・ドイツで購入したシュトーレン

日本では数年前から人気が高まり、今や “定番” といっても過言ではない「シュトーレン」。

 

シュトーレンとは

正式名称は「シュトレン」(ドイツ語で“坑道”の意味)。

ドイツ東部のドレスデンが発祥の地で、酵母の入った生地を真っ白な粉糖で覆った発酵菓子。

本場・ドイツではクリスマスを待つ4週間のアドベントの期間に少しずつスライスして食べる習慣がある。

 

本場のものは、アーモンドプードルや砂糖でつくる「マジパン」が入っていますが、日本で売られているものは入っていないものが多数。

 

バターがたっぷり使われており高カロリー……

でも!ドライフルーツやナッツがたっぷり入っていて、やめられないおいしさ♡

好きすぎて、新婚旅行で行ったシュトーレンの本場・ドイツでも購入してきました(冒頭写真)

 

約6年前から食べたシュトーレンは 合計20種類以上。

シュトーレン好きな筆者の おすすめをご紹介します♪

 

札幌の「おすすめシュトーレン 5選」

おすすめシュトーレン①|「六花亭」シュトーレン

「シュトーレン」税込 2000円

1つ目のおすすめは、北海道・帯広に本店をかまえる「六花亭」のシュトーレン。

 

おすすめポイント

  • 「量・おいしさ・安さ」すべてを網羅!
  • ドライフルーツがたっぷり入っている(ナッツなし)
  • バターの風味が芳醇

 

 

あわせて読みたい

 

重さは、なんと約310g!

1本売りシュトーレンの中では比較的リーズナブルな価格ですが、手に持ってみるとずっしり重量級。

さすが北海道が誇る「六花亭」、今まで食べてきた中で1番のコストパフォーマンスでした。

 

表面の砂糖は薄めで、断面はキレイな山型

表面をおおう砂糖は粉っぽさがなく、すでにしっとり馴染んでいる様子です。

食べてみると……

 

バター風味が前面にでていてクリーミー!

口の中に充満する まろやかな香りにうっとり……♡

ドライフルーツがたっぷり入っていて、ひと口ごとにフルーティー♪

 

原材料・成分・保存方法など

シュトーレンや焼き菓子などが棚に陳列されている

毎年11月中旬頃~ 北海道内にある「六花亭」店頭に並びます

 

⇒ 「六花亭」公式オンラインショップからも購入可

 

 

おすすめシュトーレン②|「ロイズ」ミニシュトーレン(チョコ)

「ミニシュトーレン(チョコ)」税込 972円

2つ目のおすすめは、札幌市北区に本社をかまえる「ROYCE(ロイズ)」のミニシュトーレン(チョコ)。

 

おすすめポイント

  • ミニサイズで量・価格が手ごろ
  • 生チョコを彷彿とさせる「チョコガナッシュ」入り
  • チョコレートが濃厚(ドライフルーツ控えめ)

 

ここ最近で “チョコレート味” のシュトーレンが出回るようになってきましたが、さすがはロイズ。

もう何年も前からチョコシュトーレンが定番で、クリスマス時期になるとすぐに完売してしまうこともある人気商品なんですよ ^^

 

長さは約12cm

大人の手にちょうど乗るくらいのミニサイズなので、ひとり暮らしの方や 少しずつ色んなシュトーレンを楽しみたい方にも手を出しやすい気軽さ。

 

真ん中に入っている「チョコレートガナッシュ」が最大の魅力

食べてみると……

 

チョコレートガナッシュがしっとりコク深い♡

ドライフルーツや砂糖が控えめで、ロイズ自慢のチョコを味わうシュトーレン。

 

生地のしっとり感はやや弱め、ほんのり香るシナモンがいいアクセントになっています♪

 

ロイズのミニシュトーレン(チョコ)の原材料表示・保存方法など

原材料表示・保存方法など

札幌市内にある「ロイズ」各店舗のほか、お取り寄せもできますよ。

 

▼ 「チョコ味」は毎年クリスマス時期限定

 

▼ 「プレーン味」はオールシーズン購入可能

 

 

おすすめシュトーレン③|「coron」山中牧場プレミアムシュトレン

「山中牧場プレミアムシュトレン(税込 4104円)」※写真のハーフサイズは税込 2333円

100%北海道産小麦使用、北海道産の原材料にこだわるboulangerie coron(ブーランジェリー コロン)」

俳優・大泉 洋さんや安田 顕さんが所属する“チームナックス” を輩出した「オフィスキュー」が手掛ける、札幌で人気のベーカリーです。

 

おすすめポイント

  • 北海道赤井川村「山中牧場」の発酵バターを100%使用
  • 優しい甘さが特徴の高級砂糖「和三盆」で包み込んだスペシャリテ
  • ドライフルーツのほかナッツもたっぷりのハード食感

 

ノーマル品の「クリスマスシュトレン」もありますが、発酵バターの風味豊かな「山中牧場プレミアムシュトレン」が筆者のおすすめ。

 

 

 

この記事でご紹介するのは「ハーフサイズ」

通常サイズの1本売りもありますが「ハーフサイズ」もあり、気軽にためせるのがうれしいです。

 

食べてみると……

 

ホロっと口の中でほどける独特の口どけ♪

ドライフルーツ以上にマカダミアナッツやアーモンドがザクザク!

バターの香りが中盤くらいにくるタイプで、全粒粉入りがめずらしいひと品です

 

ブーランジェリー コロンの「山中牧場プレミアムシュトレン(ハーフサイズ)」が裏向きでテーブルに置かれている

原材料・成分・保存方法など

 

さすがブランディングが上手な「coron」。

ナチュラル素材のオリジナル巾着ラッピングがかわいい!♡

 

ラッピングがかわいい上に 良質な素材でつくられているシュトーレンなので、大切な方へのギフトにもぴったりです ^^

 

公式オンラインショップからも購入可能

フードデリバリー「Wolt(ウォルト)」からデリバリーも可能

 

▼ 「本店」店舗情報

店舗情報
【店名】boulangerie coron(ブーランジェリーコロン)本店
【住所】北海道札幌市中央区北2条東3丁目2-4 prod.23 1階
【電話番号】011-221-5566
【営業時間】9:00~18:30
【定休日】不定休/年末年始
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
PayPay
【公式サイト】公式HP
【公式SNS】Instagram / Facebook
【外部サイト】Yahoo! ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ブーランジェリーコロン 本店」の 口コミ

 

▼ 「丸井今井札幌店」店舗情報

店舗情報
【店名】boulangerie coron(ブーランジェリーコロン)丸井今井札幌店
【住所】北海道札幌市中央区南1条西2丁目 丸井今井札幌本店 大通館地下2階
【電話番号】011-221-0088
【営業時間】10:30~19:30
【定休日】丸井今井札幌店に準ずる
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
【外部サイト】Yahoo! ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ブーランジェリーコロン 丸井今井札幌店」の 口コミ

 

▼ 「パセオ店」店舗情報

店舗情報
【店名】boulangerie coron(ブーランジェリーコロン)パセオ店
【住所】北海道札幌市北区北6条西2丁目 パセオ ウエスト1階
【電話番号】011-213-5655
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】パセオに準ずる
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
【外部サイト】Yahoo! ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ブーランジェリーコロン パセオ店」の 口コミ

 

おすすめシュトーレン④|「スイートハーツ ナンポ」シュトーレン

「シュトーレン」税込 2300円

札幌の桑園エリアに店をかまえるパティスリー「sweethearts NAMPO(スイートハーツ ナンポ)」

ケーキや焼き菓子のほか パンも得意とし、とことん北海道産の素材にこだわる一店です。

 

おすすめポイント

  • たっぷり厚い粉糖の繊細な口どけ
  • 北海道・訓子府産シナノキはちみつの豊かな風味
  • 生地には徹底的に厳選した北海道素材をほぼ100%使用

 

2018年オープンのまだ新しいお店ですが おいしさが口コミで広がり、すでに多くのファンに支持されています。

 

 

 

四角い断面が特徴的

一般的なものよりもドライフルーツの割合は少なめ。

生地のおいしさを味わうシュトーレンです。

 

食べてみると……

 

いちじくのプチプチと、バターのいい香り♡

しっとり生地と粉糖の淡い口どけがクセになる食感です

 

北海道産はちみつや発酵バターの豊かな風味と、フルーツが織りなす華やかなハーモニーがたまらない♪

 

原材料・成分・保存方法など

高品質な素材をつかっているため サイズはそこまで大きくありません。

 

量より質をもとめるあなたに

おいしいので ひとりでもあっという間に食べきれるはずです♡笑

 

公式オンラインショップ

フードデリバリー「Wolt(ウォルト)」からデリバリーも可能

 

店舗情報
【店名】sweet hearts NAMPO(スイートハーツ ナンポ)
【住所】北海道札幌市中央区北7条西15丁目1-22 道下ビル
【電話番号】011-676-8681
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】第1・第3火曜、水曜
【駐車場】あり(店横2台)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
交通系ICカード、Pay Pay、Alipay、WeChatPay、d払い、LINE Pay、au Pay、Jcoin、Apple Pay、iD、Qick Pay など
【公式サイト】公式サイト
【公式SNS】Instagram Twitter Facebook
【外部サイト】Yahoo!ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「sweet hearts NAMPO(スイートハーツ ナンポ)」の 口コミはこちら

 

おすすめシュトーレン⑤|「ビーネ・マヤ」マンデルシュトレン

「マンデルシュトレン」税込 2600円

北海道ではめずらしい “スイス・ドイツ菓子” の専門店「BEINE MAYA(ビーネ・マヤ)」

札幌の「南郷7丁目エリア」で、2001年から20年以上にわたって地元民に愛されている名店のひとつです。

 

おすすめポイント

  • アーモンドが主役のめずらしい逸品
  • さすが本場・ドイツ菓子専門店!おいしいマジパン入り♡
  • レーズンが苦手な方もOK

 

レーズン入りのものが多い中、「マンデルシュトレン」はレーズン不使用。

ドライフルーツは柑橘系のピールしか入っていないので、ドライフルーツ特有の食感などが苦手という方にも おすすめできるひと品です。

 

全長は約20cm・重さはgありました

ちなみに、「ビーネ・マヤ」のシュトーレンは全部で3種類。

ドライフルーツがたっぷり入ったノーマルタイプ「バイナハッテン シュトレン」と、チョコ味の「ショコラーデ シュトレン」もありますよ ^^

 

表面のお砂糖はひかえめ

食べてみると……

 

スパイスとナッティな香りがふわ~♡

小さくカットされたアーモンドの食感と、ドライフルーツの柑橘がさわやか♪

さらに、中に入っている「マジパン」のおいしさが秀逸!

 

マジパンとは

「マジパン」は アーモンド粉末と砂糖、卵白などを混ぜてペースト状にかためた洋菓子。

ドイツのシュトーレンはレシピが法律で定められているほど厳格で、その条件の一つとして “マジパンが入っていること” が定められている。

 

シュトーレンの生地自体は小麦粉主体でしっとり感が弱く、パンを高密度にしたような食感。
(1週間以上たっても食感はほぼ変わりませんでした)

 

原材料・成分・保存方法など

 

クリスマス時期限定のドイツ菓子「レープクーヘン(写真左)」や「リークニッツァーボンベン(写真右)」もおすすめ

たくさんのシュトーレンが棚に並べられている

ケーキは予約できますが、シュトーレンは予約不可のためご注意を!

 

素朴であたたかい味わいの焼き菓子が好きなあなたに、とってもおすすめのシュトーレンです♪

 

店舗情報
【店名】BIENE MAJA(ビーネ・マヤ)
【住所】北海道札幌市白石区本通7丁目南7-27 ハイムミント1階
【電話番号】011-862-4554
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】火曜、第2・第3水曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
PayPay
【公式サイト】公式HP
【公式SNS】Instagram
【外部サイト】Yahoo! ロコ / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ビーネ・マヤ」の 口コミはこちら

 

札幌「おすすめシュトーレン 5選」まとめ

この記事では、シュトーレン好きの筆者が 札幌でおすすめの「シュトーレン 5選」をご紹介しました。

 

どれも良質で本当におすすめできるものばかり!

あなたが気になるものはありましたか?

 

おすすめポイント

  • バターの芳醇香とドライフルーツの華やかさのマリアージュ
  • 1日ごとに味と食感の変化が楽しめる
  • 数週間の長期間にわたって味わえる(個体差あり)

 

紅葉も散り、さみしい気持ちになる北海道の11月ですが、毎年おいしいシュトーレンを食べながらしあわせに乗り切っています♪(笑)

 

原材料はほぼ一緒だけれど、お店によって味・食感のちがいが歴然!

この記事を参考に、あなた好みのシュトーレンを見つけていただけるとうれしいです♡

 

おすすめシュトーレンをみつけ次第、随時追記予定!

 

その他おすすめスイーツ

 

  • この記事を書いた人

高井なお

2000年から北海道全179市町村を3,500軒以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)