STAY&COFFEE/札幌市/夜中限定の豆花が絶品!森彦メイドの絶品フードたち

2020-08-19

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールTwitter)です

 

先日、気になっていた「HOTEL POTMUM(ホテルポットマム)」にはじめて宿泊しました。

こちらは 北海道を代表するコーヒーショップ「MORIHICO.(モリヒコ)」とコラボレーションした カフェ「MORIHICO. STAY&COFFEE(モリヒコ ステイアンドコーヒー)」が1階に併設するホテル。

カフェ利用で訪れたことがある という方も多いのではないでしょうか?

 

関連記事
カフェで過ごす一夜「ホテル ポットマム」MORIHICO.ファンなら一度は泊まるべきホテル!

続きを見る

 

\泊まるからには満喫しよう!/

ということで、 チェックインした日の夕食・夜食・翌日の朝食まで、「MORIHICO. STAY&COFFEE」のフードメニューを満喫しつくすという、 “おいしい滞在計画” を敢行♪

 

言わずもがな、ホテルもカフェも すべてがオシャレな空間で、かつ食べ物がカフェとは思えないクオリティでした。

(とくに22:00~翌3:00限定の「豆花(トウファ)」が最高…!♡)

 

どれも 宿泊しなくても味わえるものばかりなので、是非参考にしてみてくださいね♪

MORIHICO. STAY&COFFEE」へのアクセス方法

「ホテルポットマム」の外観

建物の2階・3階は「HOTEL POTMUM」として営業している

「MORIHICO. STAY&COFFEE」が あるのは、札幌市白石区の 菊水エリア。

北海道一の繁華街 “すすきの” から 約1,5km、徒歩 約20分ほど と、ちょっと遠いけど 歩いても向かえる 適度な距離にあります。

最寄駅

札幌市営地下鉄東西線 菊水駅

 

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の入口外観

公共交通機関を利用して向かう場合は、以下のとおりとなります。

交通機関の利用

  • 地下鉄を利用する場合:
    地下鉄東西線「菊水駅」で下車、2番出口より徒歩3分
  • 新千歳空港より空港連絡バスを利用する場合:
    新千歳空港 → 乗車約65分 → 「プレミアムホテルTSUBAKI」前で降車 → 徒歩7分

 

自転車で向かう方は、下記写真の駐輪場へ。

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の駐輪場のようす

建物向かって左の駐車場奥にある「駐輪場」

くわしい地図などは、以下の店舗情報をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】MORIHICO. STAY&COFFEE(ステイアンドコーヒー)
【住所】北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3-17 HOTEL POTMUM1階
【電話番号】011-826-4501
【営業時間】7:30~22:00(フードL.O21:00 ドリンクL.O 21:30)※営業後~翌3:00はコワーキングスペースとして営業。
【定休日】年末年始(一部変更有)
【駐車場】あり(12台)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
【公式サイト】https://www.morihico.com/shop/morihico-staycoffee/
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

近くのスポットをチェック

 

MORIHICO. STAY&COFFEE
ディナー 実食&メニュー

まずは、チェックイン日の夕食からご紹介していきます。

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の内観

ディナータイム時の 店内のようす

全40席の店内は 高い天井と奥行きのある開放的な空間で、奥の壁一面にある大きな本棚がダイナミック。

席につく前にレジでの注文となりますが、席にもメニュー表があるので 1度に注文しなくても大丈夫です。

 

タコのカルパッチョとフライドポテトがテーブルに置かれている

まずは前菜的な こちらの2品をオーダーしました。

3種の芋のフライドポテト 470円

フライドポテトがテーブルに置かれている

  1. インカのめざめ
  2. きたあかり
  3. シャドークイーン

の3種類のじゃがいもを使ったフライドポテトは、どの品種も あまくてホクホク♪

 

タコのカルパッチョ 750円

タコのカルパッチョがテーブルに置かれている

羽幌(はぼろ)町産のタコを使用したカルパッチョ。

新鮮さが伝わるソフトでちゅるん♪としたタコの食感が、フレッシュな野菜とマッチしています。

 

時折口の中ではじけるピンクペッパーがいいアクセント。

 

ピザ(自家製ボロネーゼ) 1,120円

自家製ボロネーゼのピザがテーブルに置かれている

 

「ボロネーゼ」と「ミートソース」の違い

挽肉・香味野菜・トマトなど、材料はほとんど同じ。

  • 「ボロネーゼ」は本場イタリア発祥で、使用する麺はタリアテッレ(平打ち麺)。赤ワインを使用する。
  • 「ミートソース」は日本発祥で、使用する麺はスパゲッティ。赤ワインは使用せずあま味をプラスし、日本人の舌に合う味付けにしたもの。

 

自家製ボロネーゼのピザがカットされ、テーブルに置かれている

ボロネーゼにモッツァレラを散りばめた コク

生地は もっちり食感だけど表面はサクッとしていて、見た目よりも満足感あり。

 

ディナーメニュー一覧

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のディナーメニュー

ディナーメニュー
グリーンサラダ470円
生ハム温玉サラダ750円
自家製ピクルス470円
ミックスナッツ350円
自家製ハム680円
ワインたくあんとクリームチーズ700円
北海道産豚肩ロースト1490円
興部産ソーセージ盛り合わせ1200円
牡蠣のアヒージョ(自家製フォカッチャ付)750円
エビのアヒージョ(自家製フォカッチャ付)750円
自家製フォカッチャ350円

 

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のピザ・パスタメニュー

ピザ・パスタメニュー
マルゲリータ930円
フンギ(3種のきのこ)1,020円
ビスマルク(半熟卵とベーコン)1,210円
プロシュート(バルナバの生ハム使用)1,210円
クワトロ(4種の味を楽しめる)1,490円
牡蠣のクリームパスタ1,210円
週替わりパスタ930円

 

MORIHICO. STAY&COFFEE
22:00~翌3:00までの限定スイーツ

夜のコワーキングスペースの入口の様子

2020年6月1日からスタートした「MORIHICO. STAY&COFFEE」のコワーキングスペース営業。

 

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の夜の内観

営業終了後22:00~翌3:00まで、この素敵な空間をコワーキングスペースとして利用することができます。

利用料金 850円(チャージ料金 500円+ドリンク料金 350円)
※「HOTEL POTMUM(ホテルポットマム)宿泊者は無料(ドリンクなし)で利用可能。

ドリンク種類コーヒー(HOT/ICE)
紅茶(HOT/ICE)
オレンジジュース
アップルジュース
ジンジャーエール
コーラ
追加オプションシャワー利用 350円
コピー利用 カラー/50円、白黒/10円
歯ブラシ、歯磨き粉セット 50円
耳栓 100円
充電器貸出 無料 ※数に限りあり

 

「豆花」のメニュー表

ドリンク以外にオーダーできるのは「豆花(トウファ)」

この時間限定で登場する、台湾の人気スイーツ「豆花」を楽しみに、夜のコワーキングスペースに訪れました。

 

豆花(トウファ) 620円(税込)

「豆花」がテーブルに置かれている

台湾スタッフが現地の味を再現しているという「豆花」

「豆花」がテーブルに置かれている

ガラスのボウルに、黒糖シロップにつかった「豆花」がたっぷりと入っています。

 

すりごまとグラノーラがテーブルに置かれている

一緒に運ばれてくるトッピングは「黒胡麻」「グラノーラ」の2種類。

 

小豆がのった「豆花」がテーブルに置かれている

豆花の上には、小豆がたっぷりのっています。

 

「豆花」をスプーンすくったようす

まずはそのままひとくち。

 

ふるふるでベストな甘さ!
うまーーーい♡

 

控えめな甘さで、固すぎず柔らかすぎないベストな食感。

本場 台湾のスタッフさんが作っているそうですが、数年前に台湾で食べたものより 格段に好みでしたw

日本人の口に合うようアレンジしてくれているのかな?

 

これなら夜中に食べても罪悪感なく食べられます!笑

 

「豆花」にごまをトッピングし、スプーンですくったようす

後半は黒胡麻・グラノーラをトッピングし、味変と食感をプラス。

食べる前はちょっと多いかな?と思ったけれど、むしろ足りないくらい。

 

予想をはるかに上回るおいしさで、また この豆花を食べるために夜中訪れようかと思案中です!

 

MORIHICO. STAY&COFFEE
モーニング 実食&メニュー

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の朝の内観

モーニングタイム時の 店内のようす

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の朝の内観

窓から朝日が入り、夜とはガラっと雰囲気が変わります

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の朝のテラス席

せっかくなので、前日とはちがう アウトドア感たっぷりのテラス席でいただきます♪

 

ローストビーフ丼(スープ、ドリンク付) 1,000円

ローストビーフ丼がテーブルに置かれている

手づくり感と厚みのあるローストビーフ・レタス・卵の黄身などがのった「ローストビーフ丼」。

朝のおなかにやさしく、生野菜が多めなのが個人的にはうれしいです。

 

ローストビーフ丼とコーヒーがテーブルに置かれている

全体に散りばめられた “十勝産山わさび” とピンクペッパーがピリッとアクセント。

ローストビーフはキメ細かい肉質で、噛めば噛むほどじんわりうま味が増していきます。

 

黄身を絡めて二度おいしい♡

 

スープとコーヒーがテーブルに置かれている

目覚めの身体をじんわり温めてくれるスープ

セットのドリンクには「アイスコーヒー」を選択。

モリヒコならではの本格的な濃さで、目が覚めるような味わいでした。

 

アサイーボウル(ドリンク付) 1,230円

アサイーボウルとロイヤルミルクティーがテーブルに置かれている

セットドリンクはHOTの「ロイヤルミルクティー」を選択

オーガニックハスカップを使った「アサイーボウル」。

わたしは普段朝食をほとんど食べないので、こういう軽いメニューがあると助かります。

 

アサイーボウルのメニュー表

 

\女性にうれしい栄養素がこんなに!/

「アサイー」に含まれる栄養素

  • ポリフェノール
  • 鉄分
  • ビタミンB1、B2、E
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • オレイン酸
  • α-リノレン酸
  • 葉酸
  • 18種類のアミノ酸

バナナ、グラノーラの下には アサイーペースト(?)がたっぷり入っていて、ベリー味のヨーグルトのような感覚で 軽めの朝食にピッタリ!

 

アサイーボウルの作り方

作り方はさまざまですが、下記の材料ををミキサーにかけて作るのが一般的。

  • 冷凍のアサイーピューレ
  • 牛乳 または 豆乳
  • バナナ

トッピングされた「オーガニックハスカップ」の酸味が強めで、その刺激がまた心地よかったですw

こんなに美味しく栄養が摂れるのは かなりうれしい!

 

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のモーニングメニュー

モーニングメニュー

モーニングメニュー
国産やわらかチキンサンド(スープ、ドリンク付)1,000円
北海道産ポークサンド(スープ、ドリンク付)1,000円
ダブルサンド1,350円
ローストビーフ丼(スープ、ドリンク付)1,000円
アサイーボウル単品 950円
スープ、ドリンク付 1,230円
セットドリンクメニュー
本日のコーヒー(HOT)
アイスコーヒー
ロイヤルミルクティー(HOT/ICE)
ほうじ茶ラテ(HOT/ICE)
ミルク(HOT/ICE)
紅茶(HOT/ICE)
コーラ
ジンジャーエール
オレンジジュース
りんごジュース
グラスワイン(赤/白)

 

驚いたのはセットドリンクの豊富さ。

プラス料金なしで「グラスワイン」が選べるなんて、さすがモリヒコさん、太っ腹です!

 

ハンモックが人工芝の上に置かれている

ハンモックの上や

テントの中にテーブルと座布団が置かれている

テントの中でお食事することも可能

MORIHICO. STAY&COFFEE」の
ドリンクメニュー一覧

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のドリンクメニュー

「MORIHICO. STAY&COFFEE」オリジナルメニュー

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のドリンクメニュー

ソフトドリンクメニュー

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のアルコールメニュー

アルコールドリンクメニュー(ビール、カクテル、ハイボール)

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」のボトルワインメニュー

アルコールドリンクメニュー(ワイン、スパークリング)

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の飲み放題メニュー

ニセコクラフトビール90分飲み放題(税抜2,400円)もあり

 

MORIHICO. STAY&COFFEE」の
レジまわりのようす

ケーキのショーケースと店内のようす

入店したらすぐに、こちらのレジで注文&お会計となります。

 

ケーキのショーケースのようす

すぐ横にあるガラスのショーケースには パティシエメイドのケーキも入っているので、スイーツ目当ての方は注文前に直接こちらをチェックしてみてください。

 

焼き菓子がカゴに入れられ置かれている

逆側にはベイク(焼き菓子)の販売も。

 

コーヒーや焼き菓子が棚に置かれている

レジ後方とショーケース隣ではコーヒー、紅茶なども販売しています。

 

MORIHICO. STAY&COFFEE」まとめ

「モリヒコ ステイアンドコーヒー」の入口の外観

2017年6月にオープンした「MORIHICO. STAY&COFFEE」さん。

ホテルの1階に併設しているからこその独自の営業スタイルで、朝から夜中まで シーンに合わせて幅広く活用できるフレキシブルなカフェです。

 

関連記事
カフェで過ごす一夜「ホテル ポットマム」MORIHICO.ファンなら一度は泊まるべきホテル!

続きを見る

 

おすすめポイント5つ

  • 朝からおいしい「カフェ飯」が食べられる
  • Wi-Fi・コンセントがあり パソコン作業しやすい
  • ドリンクメニュー(アルコールも)が豊富
  • 22:00~翌3:00限定メニュー「豆花(トウファ)」が絶品!
  • あたたかい季節は アウトドア感満載のテラス席あり

ドリンク代金は “入場料” だと思えるくらい、森彦系列のカフェはどこのお店も空間が作りこまれていて 本当にオシャレ。

居心地がよくて いつもつい長居してしまいます……w

 

この記事を参考にして、ぜひあなたにぴったりの使い方を見つけてみてくださいね♪

 

店舗情報
【店名】MORIHICO. STAY&COFFEE(ステイアンドコーヒー)
【住所】北海道札幌市白石区菊水1条1丁目3-17 HOTEL POTMUM1階
【電話番号】011-826-4501
【営業時間】7:30~22:00(フードL.O21:00 ドリンクL.O 21:30)※営業後~翌3:00はコワーキングスペースとして営業。
【定休日】年末年始(一部変更有)
【駐車場】あり(12台)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
【公式サイト】https://www.morihico.com/shop/morihico-staycoffee/
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

その他おすすめカフェ


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.