六花亭【8月のおやつ屋さん】スイーツ3個で税込600円!?夏にぴったりの内容

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールTwitter)です

 

六花亭ファンの月に1度のお楽しみ「おやつ屋さん」

六花亭店頭での予約・受け取りのみ販売している、北海道民の特権ともいえるお得なセットです。

 

3種類以上のお菓子(だいたい生菓子)が入って、税込600円という驚異的な安さ!
(時にはケーキが4つ入っている なんてことも…ww)

 

完全予約販売のため 「まだ食べたことがない」という方も多いのではないでしょうか。

 

 

本日(2020年8月7日)受け渡し分を引き取ってきたので、早速その内容と魅力をご紹介していきます。

※帯広・釧路・函館・旭川地区は 8月6日受け渡し分

 

早速紹介します♪

 

六花亭「8月のおやつ屋さん」は
夏が似合うデザート3種

おやつ屋さんの予約方法・注意点など

六花亭おやつ屋さん(2020年8月分)のチラシ

2020年8月分 おやつ屋さん チラシ

 

六花亭「おやつ屋さん」の詳細

  1. 毎月25~4日 午後7時まで予約受付(店頭予約のみ)
  2. 毎月7日(札幌以外は6日)受け渡し
  3. 3個以上のおやつ詰め合わせ
  4. 価格は税込 600円

月ごとに決められたテーマに沿ったお菓子が3種類以上詰め合わせになって、税込600円の大変お得なセット。
(8月は3種類ですが、4種類入っていることもあり)

お得ゆえ、一度に3箱以上購入している方をよく見かけます。

 

注意ポイント

予定数に達し次第、予約受付終了となります。

店頭予約のみで、電話での予約はできませんのでご注意ください。

予約時に大体の受け取り時間を聞かれますが、伝えた時間から前後しても大丈夫。

「受け取り日を忘れそうで心配」という方は、予約時にスタッフさんに伝えておくと電話連絡をしてくれます。

 

万が一忘れてしまった場合も、ちゃんと電話をくれるのでご安心ください。

 

わたしも17:00受け取りで予約していたことをうっかり忘れてしまったことがあるのですが…
19:00頃電話連絡をいただいて、あわてて取りに行ったことがあります 汗

 

六花亭「8月のおやつ屋さん」
パッケージは詩誌 サイロ

六花亭おやつ屋さん(2020年8月分)の箱がテーブルに置かれている

昭和35年8月1日発行 “サイロNO.8” の表紙が印刷された包み紙

毎月替わる包み紙ですが、今月は60周年を迎えた「詩誌 サイロ」の表紙が印刷されたもの。

 

六花亭おやつ屋さん(2020年8月分)の箱の側面

 

詩誌 サイロ」とは?

「サイロ」は昭和35年から発行されている児童詩誌。

十勝のこどもたちの詩を届ける詩誌として、現在も毎月発行されている。

「詩誌 サイロ」は、店頭のレジ横に置いてあるほか、サイロ事務局への連絡で発送も可能です。

 

詩誌 サイロの投稿用原稿

投稿用の原稿用紙は、公式サイトからダウンロードが可能

お子さん(幼児)のつぶやきを書きとめて投稿し、「サイロ」本誌に掲載されると六花亭のお菓子が送られてくるそう。

全国どこからでも応募できるので、小さなお子様をおもちの方は投稿してみるのもいいかもしれません。

 

六花亭「8月のおやつ屋さん」は
夏に似合うデザート3種類

3種類のスイーツが入った箱がテーブルに置かれている

左手前から「ほうじ茶みつまめ」、「苺のサバラン」、「桃のブランマンジェ」

ほうじ茶みつまめ

香ばしいほうじ茶シロップに、ほうじ茶寒天と赤えんどうを入れました。

苺のサバラン

苺のシロップに染みこませたブリオッシュに、苺のジャムとクリームをのせて仕上げました。

桃のブランマンジェ

やわらかな食感のブランマンジェに、桃のソースを重ねました

 

スイーツが入った白い箱がテーブルに置かれている

それぞれにフタをされた状態で箱に入っています

 

六花亭おやつ屋さん(2020年8月分)の原材料表示と栄養成分表示

原材料表示と栄養成分表示

おやつ屋さんは基本 冷蔵の生菓子なので、消費期限は当日中となります。

 

六花亭「8月のおやつ屋さん」
実食レポート

ほうじ茶みつ豆

ほうじ茶みつまめがテーブルに置かれている

3種類の中で1番シンプルで、1個あたり60キロカロリーとローカロリーな「ほうじ茶みつまめ」。

 

原材料は5つのみ

  1. 砂糖
  2. 赤えんどう
  3. ほうじ茶
  4. 寒天
  5. 食塩

 

ほうじ茶寒天と赤えんどうをスプーンですくった様子

上品な甘さの「ほうじ茶シロップ」が香ばしい。

「ほうじ茶寒天」のツルンとした喉ごしに、「赤えんどう」のほっくり感が心地よく、暑い日にぴったりの一品。

 

苺のサバラン

苺のサバランがテーブルに置かれている

今回の3つの中では1番華やかな見た目で、上には「いちごジャム」と「いちごクリーム」がのっています。

 

「サバラン」とは?

ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やし、ラム酒やキルシュをかけて生クリームや果物で飾りつけたもの。

またはブリオッシュ生地を直径18~23センチメートルのドーナツ形の型に入れて発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたもの。

Wikipediaより引用。

 

苺のサバランのスポンジにフォークを入れた様子

下の層は、苺シロップを染みこませた「ブリオッシュ」。

パティスリーなどの「サバラン」は洋酒が強めに効いているものが多いですが、六花亭のものは香りづけ程度なのでお子様も大丈夫かと。

 

「ブリオッシュ」とは?

水の代わりに牛乳を加え、バターと卵を多く使った口当たりの軽い発酵パンの一種である。材料が焼き菓子に近いことから、発酵の過程を要するケーキ(仏: gâteau、ガトー)の一種とされることもある。

名称はノルマン語で「(生地を麺棒で)捏ねる」を意味する動詞の古形"brier")から派生したもの。

Wikipediaより引用。

 

苺のサバランの底にたまったシロップの様子

“染みこませた” と記載がありますが、食べかけの容器にはシロップがこんなに!

このシロップは無着色の「苺シロップ」。

 

着色料をつかわない配慮が、六花亭らしくて素敵♡

 

上にのっている「苺ジャム」と「苺クリーム」の酸味が、あまいシロップにしっかりマッチ。

3つの中でグラム数は1番少ないですが、満足度は1番高かったです。

 

桃のブランマンジェ

桃のブランマンジェがテーブルに置かれている

自転車で持ち帰ったため、すこし崩れてしまいました…

ブランマンジェの上に たっぷりと桃ソースを重ねた「桃のブランマンジェ」。

 

「ブランマンジェ」とは?

冷菓の一種。 現在の日本では砂糖、洋酒、生クリーム、バニラなどで風味をつけた牛乳を、ゼラチンで固めたレシピが多いが、本来は砕いたアーモンドからアーモンドミルクを抽出して牛乳に香りを付けて作り、肉が入ることもあった。

名称は古フランス語で「白い食べ物」という意味の「blanc manger」に由来する。

ババロアやパンナコッタと似ているが、多少材料や作り方が違う。

Wikipediaより引用。

 

ブランマンジェと桃ソースをスプーンですくった様子

白いブランマンジェを覆う たっぷりの「桃ソース」

フルーティーなソースが驚くほどたっぷり!
(スプーンを入れた感触的には、半分以上が「桃ソース」)

プルンとクリーミィな「ブランマンジェ」よりも、桃ソースが主役に感じるほど、存在感があります。

 

爽やかで濃厚。
暑い日に食べたら、身体に染みそう♪

 

六花亭「8月のおやつ屋さん」
まとめ

苺のサバランがテーブルに置かれている

  1. ほうじ茶みつまめ
  2. 苺のサバラン
  3. 桃のブランマンジェ

2020年8月の「おやつ屋さん」は、スッキリとした味わいと、喉ごしのデザート 3種類の詰め合わせでした。

どれも 暑い日にピッタリな爽やかさが特徴的。

 

いつ利用しても、税込600円の内容とは思えないほどコスパが高く、毎回喜びの声をあげながら味わっています。笑

 

 

毎月予約開始日が近づいてくると、六花亭の店頭と公式サイトでもおやつ屋さんのチラシをチェックすることができるので、

「まだ利用したことがない」という方はぜひ検討してみてくださいね♪

 

六花亭 公式サイト


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.