吉山商店 創成橋店/札幌市/味噌ラーメンのスタンダード!一番人気は焙煎ごまみそ!

2020-08-01

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

先日 “札幌味噌ラーメン” の有名店「吉山商店」の 創業者 “関山芳美” さんに、“吉山商店” のラーメンについて詳しくうかがってきました!

 

話をうかがった中で 特に気になったのが、吉山商店の “味噌らーめん”

一番の人気メニューとして名高い “焙煎ごまみそらーめん” をも凌ぐ、関山社長イチオシの “味噌らーめん” は いったいどんな味なのか‥。

今回は「吉山商店 創成橋店」で、その味を堪能してきました!

 

「吉山商店 創成橋店」へのアクセス方法

“吉山商店 創成橋店” の店舗外観

“吉山商店 創成橋店” の店舗外観

“吉山商店 創成橋店” があるのは、地下鉄東西線 “バスセンター前駅” から 約300m、徒歩約5分のところ。

まずは “3番出口” を出て “札幌テレビ塔” とは逆の方向 に向かってください。すると すぐに ”吉山商店 創成橋店” の大きな看板が見つかるはずです。

あとは看板記載の地図にしたがって南へ進むだけ。信号 1つ分 進むと、右側に お店が見えるはずです。

なお 駐車場はありませんので、あらかじめご注意ください。

 

吉山商店 創成橋店

【住 所】 北海道札幌市中央区南1条東2丁目1-3 和興ビル1F
【電話番号】 011-211-0785
【営業時間】 11:00~15:00・17:00~21:00(火~金)、11:00~21:00(土日)
【定休日】 月曜
【駐車場】 なし
【公式HP】 https://www.yosiyama-shouten.com/
CHECK!ぐるなびで店舗情報を確認

 

”札幌味噌ラーメン” をいただきます!

味噌ラーメン 780円

「吉山商店創成橋店」の味噌らーめん

関山社長イチオシの “味噌らーめん” がこちら!

吉山商店 の「味噌らーめん」は、白味噌に赤味噌を加えた 生の味噌 を使用。これを中華鍋で焼きあげ、さらに香ばしさを生み出しています。

味噌らーめん が おすすめな理由は ここにあり!

「味噌を焼く」という工程に時間がかかるため、1日100杯程度までしか出せないという こだわりのラーメンなのです。

 

吉山商店の「味噌らーめん」のスープ

北海道では珍しい “赤味噌” を使ったスープが美味しい!

“赤味噌” こそ使用していますが、その他は札幌ラーメンの特徴をおさえた 王道のスタイル。

札幌味噌ラーメンの特徴

  • 中華鍋で炒めた野菜
  • 大量のラード
  • 中太縮れの黄色い麺

 

なお “大量のラード” で具材を炒める際に、あえて 炎を上げる のが 吉山商店流。

これにより 脂の6割ほどが飛び、具材の旨みを残しつつ 脂の量も控えられるのだそうです。

 

吉山商店の「味噌らーめん」

黄色い中太縮れ麺も “札幌味噌らーめん” の基本スタイル!

“赤味噌” の風味と香ばしさ、げんこつ からとる “清湯スープ”、大量の “ラード” のコク、が 見事にマッチ!

このスープに “中太縮れ麺” が 見事に絡み、麺をすする度に口の中に旨みが広がります。

“札幌味噌ラーメン” といえば、スープがしょっぱいくらい角が立っているのがお決まりですが、しょっぱい中にも丸みがあり、ついつい飲みたくなってしまう中毒性のあるスープでした。

 

注意

「らーめん共和国店」、大阪の「なんばラーメン一座店」では、“味噌らーめん” の提供はありません。

 

焙煎ごまみそラーメン 850円(特上チャーシューめん +300円)

吉山商店の「焙煎ごまみそらーめん」

一番人気 “焙煎ごまみそらーめん” もいただきました!

白味噌をブレンドした 味噌だれ からつくる 「焙煎ごまみそらーめん」

今回は “吉山商店” で 圧倒的人気を誇る このラーメンに、プラス300円で “特上チャーシュー” をトッピング。

そして、この “特上チャーシュー” が かなりの優れモノ!

 

吉山商店の「焙煎ごまみそラーメン」と「特上チャーシュー」

ホロっと くずれる 極上の食感!

“豚のホホ肉” から作った チャーシューは、トロっととろける というよりも “ホロっとくずれる” 繊細なチャーシュー。

ただ柔らかいだけではなく、肉の繊維をしっかり噛みしめることで より旨味が感じられます!

パンチの効いた こってりスープにも負けないほど主張が強く、主役も狙えるチャーシューでした。

 

吉山商店の「焙煎ごまみそらーめん」

白味噌がベースの「焙煎ごまみそらーめん」のスープ

「焙煎ごまみそらーめん」は “白味噌” がベースで、札幌市民にも とても好まれる味わい。

甘ささえ感じる “白味噌” と “ごまの風味” に、“強めの塩味” と “ラードのコク” が加わり、食べる人の舌をうならせます。

 

これぞ “王道” の 札幌味噌ラーメン!

観光で札幌に来た方に ぜひ食べて欲しい、スタンダード的な “札幌味噌ラーメン” です。

 

吉山商店の卓上の「コショウと一味」

味変は卓上の「コショウ」と「一味」で

 

「吉山商店 創成橋店」のメニュー一覧

「吉山商店創成橋店」のメニュー一覧

“吉山商店 創成橋店” のメニュー一覧

メニュー一覧
みそらーめん780円
しょうゆらーめん780円
しおらーめん780円
豚骨白湯しお800円
札幌油そば750円
焙煎ごまみそらーめん850円
焙煎からみそらーめん850円
濃厚魚介焙煎ごまみそらーめん850円
辛しょうゆらーめん830円
冷やし油そば800円
お子様らーめん300円
チャーシューめん各種らーめんに250円増
特上チャーシューめん各種らーめんに300円増
大盛り各種らーめんに100円増
ちびらーめん各種らーめんから100円引

一番人気なのは “味噌らーめん” ですが、「すべてのメニューが美味しい」 と語るのは “関山社長”。

“醤油らーめん” も “油そば” も全部自信作なのだそうです。

初めて “吉山商店” に来た方には “味噌らーめん” が おすすめですが、それに縛られず 好きなラーメンを楽しみましょう!

 

創成橋店の「人気TOP3」と「おすすめメニュー」

創成橋店の 人気TOP3!

なお “吉山商店 創成橋店” の 人気ランキング(2020年7月時)は以下のとおりとなっています。

人気TOP3

  • 1位 焙煎ごまみそらーめん
  • 2位 しょうゆらーめん
  • 3位 焙煎辛みそらーめん

 

「吉山商店 創成橋店」の店内

吉山商店創成橋店の店内の様子

木が基調の店内

“吉山商店 創成橋店” は、カウンター7席 と、4人掛けテーブル席 3卓 の 計19席。

新型コロナウイルスの影響もあり、以前より若干 カウンターの席数が減っていると思います。

 

吉山商店の店内の様子

店舗手前側にある 4人掛けのテーブル席

カウンター横には “吉山商店” 監修のカップラーメンの販売も

 

さいごに

「吉山商店 創成橋店」の店舗看板

「吉山商店 創成橋店」の店舗看板

いかがでしたでしょうか?

「純連・すみれ・彩未」など、札幌には “味噌ラーメン” の有名店がたくさんあります。

しかし「純連・すみれ」の出身ではない 人気の味噌ラーメンのお店といえば、「吉山商店」で決まりでしょう!

 

札幌の ラーメンの激戦の地「らーめん共和国」でも 総売上1位をほこる “吉山商店” の 味噌ラーメンは、ぜひ食べて欲しい一杯。

中心部から向かう場合は、今回ご紹介した “創成橋店” がおすすめです♪

 

常連さんに人気の “味噌らーめん” も食べられますよ!

 

吉山商店 創成橋店

【住 所】 北海道札幌市中央区南1条東2丁目1-3 和興ビル1F
【電話番号】 011-211-0785
【営業時間】 11:00~15:00・17:00~21:00(火~金)、11:00~21:00(土日)
【定休日】 月曜
【駐車場】 なし
【公式HP】 https://www.yosiyama-shouten.com/
CHECK!ぐるなびで店舗情報を確認

 

関連記事
創業者で社長の「関山芳美」さんに “吉山商店” のラーメンの秘密について伺ってきました!

    

続きを見る

関連記事
札幌で食べたい「味噌ラーメン」のおすすめ店!発祥店や町中の有名店も

    

続きを見る

 

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.