柏木地区レクリエーション施設/恵庭市/無料で利用できるキャンプ場!デイキャンプやバーベキューも!

2020-07-23

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

今回は “恵庭市” のキャンプ場 「柏木地区レクリエーション施設」に行ってきました。

あまり聞きなれないかも知れませんが、実は 週末にもなると 地元 恵庭の方がド~ッ!と訪れる 人気の施設。

その理由は、なんと “利用料が無料” なのです!

 

札幌の中心部から 車で約1時間 ほどにある この施設の全容をご紹介します!

 

関連記事
札幌から車で1時間!おすすめの無料・格安キャンプ場6選!

続きを見る

 

「柏木地区レクリエーション施設」の利用方法

“恵庭まちづくり協同組合” の建物外観

“恵庭まちづくり協同組合” へ 申請を行いましょう

注意

「柏木地区レクリエーション施設」キャンプ場を利用する場合、または10人以上での利用の場合は、「恵庭まちづくり協同組合」への利用申請が必要です。

 

申請方法については、以下のとおりとなります。

申請方法

  1. 事前に電話連絡の上、予約状況などを確認
  2. 「恵庭まちづくり協同組合」へ 申請書を提出

恵庭まちづくり協同組合

  • 住 所:北海道恵庭市黄金南1丁目313番地5
  • 連絡先:0123-29-4836

そのため今回は、電話予約の際の指示に従い、キャンプ場へ向かう前に 事務所へ申請書を書きに向かいました。

 

以下に、札幌方面から「恵庭まちづくり協同組合」へ向かう際のルートを記載します。

step
R
道の駅 はなロードえにわ からのルート

step
1
国道36号線を千歳方面に向かう

札幌方面から向かう場合は、国道36号線を “千歳方面” へと進みましょう!

恵庭市では 道の駅 “花ロードえにわ” を過ぎ、4つ目の信号を右折してください。

“マクドナルド” を過ぎた先にある “セブンイレブン” のある交差点です。

step
2
“基線通” すすみ、線路の手前で右折する

恵庭まちづくり協同組合 へのルート

“まるは製麺所” を目印に右折してください

線路をまたぐ坂道の手前から右折してください。

目印は “まるは製麺所” です。

step
3
1本目の小道を左折する

すぐ先に「恵庭まちづくり協同組合」が見えてくるはずです。

申請書を記入すると、その場で許可証を発行してもらえます。

職員さんの対応は、親切そのものでした♪

 

「柏木地区レクリエーション施設」へのアクセス方法

受付が終わったら、さっそくキャンプ場へ向かいましょう!

次は「恵庭まちづくり協同組合」から「柏木地区レクリエーション施設」へ向かう際のルートを記載します。

step
R
「恵庭まちづくり協同組合」 からのルート

step
1
“基線通” の先へすすみ、つきあたりのT字路を右折

T字路には「ロバパン」や 和食レストラン「とんでん」の工場などがあるので、目印にしてください。

step
2
“道道46号線(江別恵庭線)” を進み、看板が見えたら左折

柏木地区レクリエーション施設へ続く道

この交差点を曲がります

“道道46号線(江別恵庭線)” を 10分ほどすすみ、上の写真の交差点が見えたら左折してください。

交差点に看板が立っていますが、その手前に交通標識もありますので、見落とさない様にしましょう!

step
3
あとはひたすら直進しましょう

柏木地区レクリエーション施設へ向かう道

途中、高速道路の下をくぐり‥

柏木地区レクリエーション施設の駐車場

さらに奥へ進むと到着します!

 

「柏木地区レクリエーション施設」の概要・設備など

「柏木地区レクリエーション施設」の全景

便利で とってもコンパクトなキャンプ場

柏木地区レクリエーション施設
住所北海道恵庭市柏木町672
電話番号011-389-6493
利用期間5月中旬~9月30日
利用時間チェックイン 13:00~、チェックアウト 11:00まで
管理人滞在時間不在(清掃等の巡回は有)
駐車場無料(30台)
利用料金無料(要予約)
収容能力テントサイト 15区画
設備等水道・炊事場・トイレ・運搬用リヤカー(1台)・照明
HPhttp://www.eniwa-ciu.jp/kashiwagi.html

 

「柏木地区レクリエーション施設」の駐車場

“柏木地区レクリエーション施設” の駐車場は、“無料駐車場” が全部で30台分あります。‥が、ラインが不鮮明なので、駐車区画が はっきりとわかりませんでした。

駐車場の端に沿って、コの字型に車を停めていれば問題ないでしょう。

 

「柏木地区レクリエーション施設」の各キャンプスペース

柏木地区レクリエーション施設の全体図

柏木地区レクリエーション施設の全体図

“テントサイト区画” は、通路によって 3つに区切られます。

テントサイト区画

D区画1~6番5~6人用サイト
7~9番2~3人用サイト
E区画1~3番5~6人用サイト
F区画1~2番2~3人用サイト
3番5~6人用サイト

 

柏木地区レクリエーション施設 の D区画

区画ごとに看板が立っていますので、予約した場所を探してください

各テントサイトごとに看板がたっているので、まずは予約した区画番号の看板を探しましょう。

テントサイトでは区画ごとに “虎ロープ” が張っているので、ロープの内側にテントを建ててください。

 

手前側:E区画、通路を挟んだ奥側:F区画

各区画ごとの特徴としては、以下のとおりです。

区画ごとの特徴

  • D区画 ‥ 炊事場・トイレ・リヤカー などに一番近い。テントサイトが多い分、若干混雑する傾向有り。
  • E区画 ‥ ファミリー向けの広めの区画。
  • F区画 ‥ 炊事場などが一番遠い。テントサイトのすぐ横(敷地外)に道路が走っているので、荷物の積み下ろしが楽。

 

常連さんは、F区画を利用する方が多かった印象。大半がデイキャンプの様で、横の道路に車を停め、サッと準備して サッと終わらせて帰っていってました。

区画ごとに それぞれ特徴があるので、自分の条件にあう場所を予約してくださいね!

 

「柏木地区レクリエーション施設」の炊事場

柏木地区レクリエーション施設の炊事場

炊事場は1ヶ所

「柏木地区レクリエーション施設」の炊事場は、D区画寄りの駐車場側にあります。

なおトイレ・リヤカー・残炭置場も、このすぐそばに固まっています。

 

柏木地区レクリエーション施設の炊事場

蛇口の数は 計8口。

テントサイトが計15区画なので 十分な数。混雑する心配はなさそうです。

屋根が付いているので、少しの雨くらいなら安心ですね。

石鹸の網がかかってましたが、中身はありませんでした。補充頻度は分かりません。

 

「柏木地区レクリエーション施設」のトイレ

柏木地区レクリエーション施設のトイレ

「柏木地区レクリエーション施設」のトイレは、駐車場の脇にあります。

なお 炊事場・リヤカー・残炭置場も、このすぐそばに固まっています。

 

柏木地区レクリエーション施設のトイレ

男子トイレの中

中は清掃が行き届いていて とてもキレイ。手洗い用の水道も完備です。

清掃は午前中に行われている様で、バキュームカーの姿も見えました。

 

ここで1点だけ注意!

注意

【重要】

トイレに備え付けの紙はありません!

男性用には “和式トイレ” が 3つ ありましたが、全て紙の備え付けはありませんでした。

紙は必ず持参してください。

 

「柏木地区レクリエーション施設」のその他設備

柏木地区レクリエーション施設のリヤカー

荷物運搬用の “リヤカー” は 1台のみ ありますが、オンシーズンの週末などは 順番が回ってくるまでに しばらく時間がかかります。

15区画のテントサイトはいっぱいになり、また 利用申請をせずに デイキャンプ や バーベキュー をしにくる人もたくさんいるでしょう。

駐車場から テントサイトまで そこまで遠くはないですが、不便を感じたくなければ、アウトドア用のワゴンなどを持参した方が良いかも知れません。

 

以下、リヤカー使用時の注意事項となります。

注意事項

  • 利用後は元の位置に戻す
  • 施設内への荷物の搬入・運搬以外の用途には使用しない
  • 子供の遊び道具には利用しない
  • ゴミ等をのせたまま放置しない

 

「柏木地区レクリエーション施設」の日帰りキャンプ設備

柏木地区レクリエーション施設のピクニック広場

炊事場の横に広がる “ピクニック広場” では、予約不要で ピクニック や バーベキュー を楽しむことができます。

注意

10人以上でのバーベキューの場合は、予約・申込が必要となります。

 

柏木地区レクリエーション施設のピクニック広場

バーベキューにも適したテーブルが配置されていました

 

「柏木地区レクリエーション施設」利用上の注意

柏木地区レクリエーション施設の利用上の注意

各注意事項を遵守しましょう

 

火の利用方法について

柏木地区レクリエーション施設 の 残炭置場

トイレ横に残炭置き場が設けられています

どこのキャンプ場でもそうですが、何よりも注意したいのが “火” の扱い方!

注意

  • “たき火” “キャンプファイヤー” は 火事の恐れがあるため禁止です
  • “打ち上げ花火” も同様に禁止です(手持ち花火は可、ただし芝生の上は避けましょう)
  • 火の取扱い時は、芝生を傷めない様に注意しましょう

また 残った炭は “残炭置き場” に廃棄してください。

 

ゴミの処理について

キャンプ場内にゴミ箱などはなく、ゴミは全て持ちかえることとなります。

あらかじめ、大きな ゴミ袋 などを用意しておくと便利ですよ。

 

ペットについて

ペットについては、特段規定は設けられていません。

まわりに迷惑をかけない範囲であれば、連れていくことは可能です。

 

その他、注意事項について

  • キャンプ場は多くの人が利用します。木や草花を傷めつけない様にしましょう。
  • 大声を出したり大きな音を立てたりなど、他の利用者の迷惑になる行為はやめましょう。
  • 駐車場などでの事故は、利用者の責任となりますので、十分注意して利用しましょう。
  • 天候が悪化した場合などは、自主的にキャンプを中止すること。また場合によっては、危険防止のためキャンプ場の閉鎖・許可を取り消す場合があります。

 

「柏木地区レクリエーション施設」でキャンプしてみた感想

柏木地区レクリエーション施設の全景

キャンプ場の奥行がわかります

今回は、恵庭市にある「柏木地区レクリエーション施設」でキャンプ。7月中旬の週末、良く晴れた暑い日に行ってきました。

“無料” で利用することができる施設ということもあり、常に10組ほどの利用者がバーベキューを楽しんでいた様子。

炊事場 も トイレ も、特段文句の付けようなし。“無料” にしては、キチンと清掃も行き届いています。

 

柏木地区レクリエーション施設の夜のテントサイト

夜は比較的静かに過ごせました

この日は大半の方が “デイキャンプ” だった様で、夕方を過ぎたくらいからは比較的静かな時間が過ごせました。

ただし 自衛隊の演習場が近くにある様で、午前中から薄暗くなるまでの間は 定期的に「ドゴーン!」と空砲か何かの音が響いてきます(慣れたらそれほど気になりません)。

まずクマは出なさそうです。

 

柏木地区レクリエーション施設の夜のキャンプ場

D区画の 6番 からみた炊事場とトイレ。結構近いです。

それと無断利用の方が多いのかな?という印象でした。

虎ロープで囲われたテントサイトの ちょっとだけ外側に テントを建てている人もいれば、夜中に突然やってきてテント設営をはじめたりする方など、管理人がいない分 結構自由です。

 

今回のキャンプ道具一式

ちなみに、わたし達のキャンプ道具一式がこちら

荷物が多すぎると もち運び も 組立て も大変なので、キャンプ道具は 以下の 2つ の基準で揃えています。

購入の基準

  1. もち運びがラクラク
  2. 女性一人でもカンタンに組み立てられる

 

以前、ご紹介した “たき火台” も もちろん大活躍!やっぱりおススメです!

その他の道具も使いやすかったので、後日あらためてご紹介しますね♪

 

キャンプ道具の内、イス

イスだけ新調しました

今回のニューアイテムは「イス」

前回持ち運びを重視しすぎたあまり、快適さに かなりかけていたことが判明。そこで もう少し快適で、かつ持ち運びもラクラクなこのタイプのイスを購入しました!

座り心地 も もち運び も、満足できるものでしたよ~。

 

柏木地区レクリエーション施設 の アカゲラ

アカゲラにも出会えました!

 

さいごに

“柏木地区レクリエーション施設” は、とてもすごしやすいキャンプ場でした。

その特徴としては‥

キャンプ場 特徴

  1. 利用料金が “無料” なので とても経済的
  2. 札幌からも車で約1時間で行くことができる利便の良さ
  3. 日帰りなら “予約無し” でも利用することができる

“キャンプの場合” や “10人以上の利用” の場合は 利用申請が必要ですが、その手間を補って “利用料無料” なのが嬉しい限り!

暑くなって外にでたくなった時は、密をさけての ”アウトドア” が かなりおすすめですよ♪

 

関連記事
札幌から車で1時間!おすすめの無料・格安キャンプ場6選!

続きを見る

 

その他のアウトドアスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.