「ウポポイ」で食べられるおすすめランチ!アイヌ料理やお手軽スイーツも!

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

2020年7月12日、ついに「民族共生象徴空間(ウポポイ)」がオープンとなりました。

アイヌ文化の復興・発展のため の施設 “ウポポイ” ですが、ウポポイには “アイヌ料理” を食べられる “カフェ” や、“スイーツ店” など食事も充実しています。

そこで今回は、“ウポポイ” の 各飲食店の紹介と、ランチタイムの おすすめメニュー などをご紹介します。

 

 

「民族共生象徴空間(ウポポイ)」っていったい どういう意味?

ウポポイの看板

「ウポポイ」とは、白老町に新しくオープンした “民族共生象徴空間” の愛称のことで、以下の施設からなりたっています。

ウポポイの施設一覧

  • 国立アイヌ民族博物館
  • 国立民族共生公園
  • 慰霊施設
  • ショップ
  • フードコート・カフェ

上記施設のうち、今回ご紹介するのは “フードコート・カフェ”

その他の施設の詳細などについては、以下の “関連記事” からご確認ください。

 

 

なお アイヌ語の「ウポポイ」は「(おおぜいで)歌うこと」という意味。

“ウポポイ” は アイヌ文化の復興・発展 のための施設なので、とてもピッタリな言葉ですね♪

 

「ウポポイ」のフードコート・カフェ

ウポポイのレストラン・フードコート

レストラン・フードコートは、有料エリアに入らなくても利用が可能

“ウポポイ” の “レストラン・フードコート” は、以下の “4店”。

飲食店 4店

  • カフェ リムセ
  • ヒンナヒンナキッチン 炎
  • sweets café ななかまど イレンカ
  • 焚火ダイニング・カフェ ハルランナ

 

この ”4店” は、すべて “ウポポイ” の 入場ゲートの手前にあります。つまり 入場料を払わずに 飲食店だけの利用も可能 だということ!

ポイント

飲食店だけの利用の場合、“ウポポイ” への “入場料” はかかりません!

別途 “駐車料” はかかりますが、食事だけを楽しむため 気軽に向かうことができる訳です。

 

次からは いよいよ 各飲食店の概要や、ランチにおすすめのメニューなどをご紹介していきます♪

 

CAFE RIMSE(カフェ リムセ)

ウポポイ の “カフェ リムセ” の 外観

“リムセ” は、アイヌ語で “踊り・舞踏” を表す言葉

“カフェ リムセ” で食べられるのは、伝統的なアイヌ料理!

オハウ(汁物・スープの意味)” や “ユク(エゾシカ)” のカツカレー などを通して、アイヌの食文化を体験することができます。

 

なお “カフェ リㇺセ” を運営するのは “社会福祉法人ホープ”。就労支援施設の運営などを行っており、“カフェ リムセ” も その施設の中の一つとなります。

 

カフェリムセ おすすめ ①:ユクカツカレー 1,200円

カフェリムセ の エゾシカ肉を使った “ユクカツカレー”

“鹿肉” を使った 色鮮やかなカツカレー!

1番の おすすめ が「ユクカツカレー」

アイヌの伝統的食材 “鹿肉” を使った、色鮮やかな “カツカレー” です。

素揚げした野菜(ジャガイモ・ニンジン・カボチャ・ナス・ブロッコリー)が添えられ、サラダ・漬け物・野草茶 がセットになります。

 

ウポポイ “カフェリムセ” の ユクカツカレー

ほんのり風味を残した 柔らかい “鹿肉” のカツが美味い!

濃厚な “カレールー” で、ひと手間 加えたことが分かるほど しっかりとスパイシー。衣をまとった “カツ” の油が カレーにコクをプラス。

固くて筋張ってない “鹿肉” は とても柔らかく、“鹿肉” らしい風味も ほんのりと残っています。脂が少なく赤身なので、とってもヘルシー♪

道産野菜の素揚げも、それぞれ “ホクホク” で “ホロホロ”。“イナキビ” 入りのご飯にも 注目です!

 

カフェリムセ おすすめ ②:チェプオハウセット

ウポポイ “カフェリムセ” の チェプオハウセット

“アイヌ料理” を思いっきり堪能したい方には「チェプオハウセット」が おすすめ。

大きな野菜がゴロゴロと入った “チェプ(サケ)” の スープ で、これに “いなきびごはん・ラタシケプ(煮物)・小鉢・漬け物・コンプシト(茹でた団子に昆布ダレをまぶしたもの)・野草茶” がセットとなります。

 

ウポポイ “カフェリムセ” の チェプオハウセット

“オハウ” は “塩味” がベース。“野菜“ からも “サケ” からも 出汁が染み出て 良い塩梅。

普段あまり食べなれない “コンプシト” は、ほんのり甘い “昆布のタレ” が “いも餅” の様な お団子 にベストマッチ!

“チェプオハウ” の単品もありますが、セットでいただく方がお得です!

 

カフェリムセ おすすめ ③:ベネイモ

ウポポイ カフェリムセ の “ベネイモ”

独特の食感と風味が楽しい!

「ベネイモ(ボッチェイモ)」は、アイヌの伝統的な料理の一つで、冬に雪の中に埋め 発酵させたジャガイモから作ったお団子のこと。

多めの油で 表面がカリッと焼かれることで、“香ばしさ” と モッチリとした “弾力” が引き立ちます

味は “素朴“ の一言ですが、その 独特の色 と 食感 は この料理でしか味わえません。

 

カフェリムセ メニュー一覧

カフェリムセ メニュー一覧

ここで “カフェ リㇺセ” のメニューを見てみましょう。

メニュー一覧
チェプオハウ650円
チェプオハウセット1,200円
キナオハウ650円
キナオハウセット1,200円
ユㇰカツカレー1,200円
道産子野菜カレー800円
鮭といくらの親子丼1,800円
ベネイモぜんざい600円

北海道らしく “海鮮丼” もありますが、使われている “鮭(サケ)” は アイヌの伝統的な食材の一つ。メニューに載るのにも ちゃんと意味があるのです。

 

カフェリムセのサイドメニューとドリンクメニューなど

その他 単品メニュー
ベネイモ400円
白い恋人ソフトクリーム400円
とうきび揚げ400円
鶏ザンギ400円
フライドポテト400円
ポテトフォンデュ400円
ミニアメリカンドッグ400円
インカのめざめコロッケ400円
上記フード&ドリンクセット600円

その他、持ち帰りもできる 単品メニュー が勢ぞろい。歩きながら食べるのも、良いかもしれません。

 

カフェリムセ での注意

カフェリムセの内観

“カフェ リㇺセ” は 席数が少ないため、混雑時は特に注意が必要です。

店内は 2人掛けテーブル席が 4卓、1人掛けテーブル席が 2席。他、テラス席が 8席ほど しかありません。 週末の混雑時や雨天時は、スムーズに入れないことがあるかも知れません。

CAFE RIMSE(カフェ リムセ)

【場 所】 ウポポイ 歓迎の広場
【電話番号】 0144-83-3537(社会福祉法人ホープ)
【営業時間】 9:00 ~ 閉園時間
【定休日】 ウポポイの閉園日
【詳細】 https://ainu-upopoy.jp/facility/restaurant/

 

ヒンナヒンナキッチン 炎

ヒンナヒンナキッチン炎 の入る フードコート外観

ヒンナヒンナキッチン炎 の入る フードコート外観

フードコート「ヒンナヒンナキッチン炎」 は、手頃な価格で 食事を済ませたい時にピッタリ!

ラーメン・カレー・定食メニュー が中心ですが、どれも “アイヌ文化に由来した食材や手法” を取り入れたものが並びます。

 

ヒンナヒンナキッチン炎 の 店内の様子

フードコートの中は かなり広め

店内で食べるメニューもたくさんありますが、テイクアウトメニューが多いのも特徴的。

道内外で 約40店舗以上も “炭火居酒屋 炎“ を展開する同社ならではで、特に充実した ”焼き鳥” からは目が離せません!

 

ヒンナヒンナキッチン 炎 メニュー一覧

ヒンナキッチン炎 の 全メニュー一覧

メニュー一覧
定食メニュー
行者にんにくザンギ定食(オハウ付き)790円
デミハンバーグ定食(オハウ付き)890円
牛すき焼き重(オハウ付き)850円
牛めし(オハウ付き)790円
ラーメン
ウポポイ特製ラーメン790円
バターコーンラーメン890円
ラーメン690円
鹿肉ラーメン790円
チャーシューメン890円
行者にんにくラーメン890円
そば
鹿肉そば790円
ウポポイ特製そば790円
温泉卵そば590円
肉そば890円
行者にんにくそば890円
カレー
鹿肉カレー890円
ウポポイ特製ビーフカレー890円
カレーライス690円
行者にんにくザンギカレー790円
牛めしカレー890円
ハンバーグカレー890円
サラダ
ウポポイ特製サラダ(ハスカップソース)690円
温泉卵付きシーザーサラダ690円
温泉卵付きラーメンサラダ790円
ヒンナキッチン炎 の テイクアウト商品

その他にもテイクアウトメニューが並びます!

 

ヒンナヒンナキッチン 炎 おすすめ : “焼き鳥”のテイクアウト

ヒンナキッチン炎 の 焼き鳥たち

ケースにずら~っと並んだ数々の焼き鳥たち

炭火居酒屋 炎” といえば、“つくね” を中心とした “焼き鳥” メニューでしょう!

“ショーケース” に ずら~っと並んでいるのを見ると、1本 2本 食べたくなりませんか?

 

ヒンナヒンナキッチン炎 の おすすめ焼き鳥

ここでは もちろん、“ウポポイ” の オリジナル焼き鳥 をいただきましょう!

白老産の “ポロトポーク串” と、鹿肉を使った “(しお)鹿串” は 絶対に食べたい 焼き鳥です!

 

ヒンナキッチン炎 の 焼き鳥

アイヌ伝統の食材 “行者にんにく” 入りの つくね も外せません

なお今回 “閉店間際” にうかがったところ、偶然に閉店まえのタイムセールを実施中!なんと “8串 500円” で 買うことができました!

毎回はないでしょうが、運が良ければ 安く買うことができるかも?

ヒンナヒンナキッチン 炎

【場 所】 ウポポイエントランス棟
【電話番号】 011-624-7871(株式会社伸和ホールディングス)
【営業時間】 9:00 ~ 閉園時間
【定休日】 ウポポイの閉園日
【詳細】 https://ainu-upopoy.jp/facility/restaurant/

 

sweets café ななかまど イレンカ

食後の “スイーツ” や お土産用の “お菓子” を買うなら「sweets café ななかまど イレンカ」へ向かいましょう!

 

オリジナルの “カップチーズケーキ” 「クンネチュㇷ゚」は 1個 150円。

スプーンですくって食べるので、手を汚さずにいただけます。園内を散策しながら食べるのにピッタリです!

 

ななかまど イレンカ おすすめ:パピㇼカパイ

ななかまどイレンカ の パピㇼカパイ(アップルパイ)

帰りの車の中でいただきました♪

北海道産の素材にこだわった ”アップルパイ” が 想像以上に美味しかった!

“りんご” は “壮瞥町” 産のものを使用。甘さひかえめで、カスタードクリーム との組み合わせもバツグン。大きくて食べごたえもあるので、小腹が空いた時にもピッタリです!

原材料に マーガリンではなく しっかり “バター” を使っているのも 好ポイントでした!

sweets café ななかまど イレンカ

【場 所】 ウポポイ 歓迎の広場
【電話番号】 0144-85-2335
【営業時間】 9:00 ~ 閉園時間
【定休日】 ウポポイの閉園日
【詳細】 https://ainu-upopoy.jp/facility/shop/

 

焚火ダイニング・カフェ ハルランナ

焚火ダイニングカフェ ハルランナ

焚火ダイニングカフェ ハルランナ 入口

「焚火ダイニング・カフェ ハルランナ」では、“白老牛” や “鹿肉” を使った ちょっと贅沢なコース料理をいただくことができます。

運営は “白老町” に本社をおく高級旅館ふる川

ランチコースは “1,500円~4,200円” まで 価格は様々。間違いなく美味しいと思うので、贅沢ランチならここで決まりです!

焚火ダイニング・カフェ ハルランナ

【場 所】 ウポポイエントランス棟
【電話番号】 0144-84-6545
【営業時間】 11:00 ~ 閉園時間
【定休日】 ウポポイの閉園日
【詳細】 https://ainu-upopoy.jp/facility/restaurant/

 

「ウポポイ」の 営業時間等 や アクセス方法 は?

“ウポポイ” の営業時間と定休日

ウポポイの営業時間と定休日

ウポポイの営業時間と定休日

“ウポポイ” は時期によって “閉園時間” が異なるため、営業時間を事前に確認してから向かいましょう!

ウポポイ営業時間

開園時間
  4/1 ~ 7/199:00~18:00(火~金)
9:00~20:00(土日祝)
7/20 ~ 8/319:00~20:00
  9/1 ~ 10/319:00~18:00(火~金)
9:00~20:00(土日祝)
11/1 ~ 3/319:00~17:00

 

また 閉園日 は 以下のとおりとなります。

ウポポイ閉園日

  • 毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 年末年始(12/29~1/3)

 

“ウポポイ” へのアクセス方法は?

車で向かう場合

ウポポイ の いざないの回廊

壁面の凹凸で絵をつくりあげてた “いざないの回廊”

“ウポポイ” があるのは、北海道の胆振地方にある “白老町”。“新千歳空港” から車で向かった場合、約45km、約60分 ほどかかります。

ルートはいたって簡単!
“新千歳空港” を出たら、あとは “国道36号線” をひたすら “白老町” へむかって進むだけです。

“千歳” から “苫小牧” を抜け “白老町” に向かう途中から “ウポポイ” と書かれた “交通標識” が ところどころに現れるので、あとは “交通標識” に従って進めば “ウポポイ” に到着します。

注意

  • “普通車” での “駐車場” 利用の場合は、1回につき “500円” かかります。
  • “二輪車” は 10台分 までが無料となります(幅90cmを超える場合は普通四輪車扱いとして1回500円)

 

公共交通機関を利用して向かう場合

ウポポイの いざないの回廊

凹凸の深さで形を浮かび上がらせています

公共交通機関を利用して向かう場合は “電車” の利用が便利。

“JR白老駅” で下車し、駅 北口 から 約500m、徒歩約10分ほど歩くと “ウポポイ” に到着します。

 

民族共生象徴空間(ウポポイ)

【住 所】 北海道白老郡白老町若草町2丁目3
【電話番号】 -
【営業時間】 9:00~17:00、18:00、20:00(時期により異なる、上記表を参照)
【定休日】 月曜(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/3)
【駐車場】 あり(有料)
【公式HP】 https://ainu-upopoy.jp/

 

さいごに

“ウポポイ” の 各飲食店 をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

“ウポポイ” の 飲食店 は、全部で 4店舗!

ウポポイ全飲食店

  1. カフェ リㇺセ
  2. ヒンナヒンナキッチン 炎
  3. sweets café ななかまど イレンカ
  4. 焚火ダイニング・カフェ ハルランナ

 

アイヌ伝統の食材や製法でつくられた、他ではなかなか食べることのできない料理がたくさんありました。

“ウポポイ” や “白老町” へ向かう際には、ランチの選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

 

 

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.