沖縄ぜんざいの富士屋泊本店

【沖縄】ぜんざい=かき氷⁉県民のソウルスイーツ「ぜんざいの富士屋」!通販・テイクアウトも

 

高井なお
北海道を4000店以上食べ歩いた道産子グルメライター 高井なおです

 

沖縄県民の “夏の風物詩” とも言われる「富士屋のぜんざい」

今回は沖縄旅行で訪れた「ぜんざいの富士家 泊本店」さんの “沖縄ぜんざい(かき氷)” をご紹介します!

 

おすすめポイント

  • 沖縄県民のソウルフード「沖縄ぜんざい」の確固たる名店!
  • 「豆の煮汁を凍らせたかき氷 × ふっくら金時豆」の最強コラボ
  • サーフショップを思わせるおしゃれな店内はゆったり広々◎
  • 沖縄出身・安室奈美恵さんなど多数の有名人も訪れる人気店

 

道産子の筆者は、“ぜんざい” は小豆にお餅が入ったあたたかいスイーツだと認識していたので…… はじめて知ったときは衝撃でした……!!

 

富士屋のぜんざいはテイクアウト・お取り寄せもOK♪

この記事では、実食口コミ・全メニュー・店内・駐車場・アクセス・営業時間など「ぜんざいの富士家 泊本店」について詳しくご紹介していきます!

 

※記載情報は訪問時のものです。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

関連記事

 

沖縄のご当地グルメ “ぜんざい” とは?

「ぜんざいの富士屋」公式サイトトップ画像

画像は「ぜんざいの富士屋」公式サイトより引用

“ぜんざい” というと、甘く煮た小豆にお餅が入ったあたたかい和スイーツを想像する方が多いのではないでしょうか。

同じぜんざいでも沖縄でいう “ぜんざい” はそれとは正反対の冷たいスイーツ。

 

“沖縄ぜんざい” とは

甘く煮た金時豆、お店によってはそれに白玉をプラスした「かき氷」。

▼「Wikipedia」の解説

現在の沖縄県で「ぜんざい」と呼ばれる食べ物は、砂糖あるいは黒糖で甘く煮た金時豆にかき氷をかけたものである。

白玉などが入ることもある。

もともとは「あまがし」という緑豆と大麦を甘く煮て冷やした食べ物であったが、戦後は主に金時豆で作られるようになり、冷蔵庫の普及と共にかき氷を載せるようになった。

「Wikipedia」より引用。

 

生まれも育ちも札幌の筆者が はじめて知った時は衝撃的でした……!
あまりのギャップに沖縄グルメの中でもひときわ気になる存在に ^^

観光地からは少し距離があったけれど……
「富士屋」のぜんざいは絶対におさえておきたかったので、雨の中行ってきました♪

高井なお

 

 スポンサードリンク

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」沖縄県民が愛してやまないソウルフードを実食!

富士屋ぜんざい(ミニサイズ)と黒糖ぜんざい(ミニサイズ)がテーブルに置かれている

地元・沖縄では “夏の風物詩” とも言われるほどの人気を誇る富士屋のぜんざい。

 

この日は人気の2種類をミニサイズで食べ比べしました♪

早速レビューしていきます!

高井なお

 

富士屋ぜんざい

「富士屋ぜんざい ミニサイズ(税込360円)」がテーブルに置かれている

「富士屋ぜんざい ミニサイズ(税込360円)」

富士屋の「富士屋ぜんざい」がテーブルに置かれている

溶けにくいよう 氷は保冷タンブラー容器に盛られて登場

ガラスの器に盛られているのが一般的ですが、富士屋のぜんざいは「かき氷」が保冷タンブラー容器に盛られ、「金時豆&白玉」が別盛りで出てくるのが特徴的。

 

高井なお
氷の口当たりが心なしかマイルド!

シロップよりもおだやかな甘さで、豆の煮汁のような優しいおいしさ♡

 

調べてみると、氷は金時豆の煮汁から作っているそう。

 

氷自体に味がない水で作った氷ぜんざいの場合、味付けがどうしても濃い目になってしまう。

たとえ氷が溶けても美味しく食べられるように、金時豆の煮汁から氷を作成。

氷が白くなったり煮汁の甘みが分離したりすることがないように、数時間ごとに煮汁と水を撹拌させて冷凍をくり返している。

「最初の一口から最後の一滴まで美味しく食べてほしい」という想いで開発された。

 

白玉と金時豆がテーブルに置かれている

他店より小ぶりなサイズのかわいい白玉とツヤツヤの金時豆

サイズが小さいため白玉の弾力はひかえめ。

ふっくら炊かれた金時豆は、上品な甘さで後味さっぱり♪

 

沖縄みやげでおなじみ「亀の甲せんべい」が木のトレイに置かれている

富士屋のぜんざいには、沖縄みやげでおなじみ「亀の甲せんべい」がつく

 

高井なお
「亀の甲せんべい」の塩味とハードな食感がとってもいいアクセント!

金時豆がすすむ~~♪

 

黒糖ぜんざい

「黒糖ぜんざい ミニサイズ(税込370円)」がテーブルに置かれている

「黒糖ぜんざい ミニサイズ(税込370円)」

「ぜんざいの富士屋」のミニ黒糖ぜんざいがテーブルに置かれている

「富士屋ぜんざい」とは違う 小豆色のシロップ

白玉と金時豆がテーブルに置かれている

白玉と金時豆は一緒です

富士屋の黒糖ぜんざいをスプーンですくっている様子

全部あわせていただきます♪

 

高井なお
黒糖のコクが濃厚!

金時豆でつくる「富士屋ぜんざい」よりも強い甘味とコクがクセになる♡

味の主張は強いけれど、決してあとは引かない品のある味。

 

富士屋のぜんざいはシャリシャリのタイプ。

この清涼感が口の中だけじゃなく、身体全体をさっぱり一掃させてくれる感覚が気持ちいい ^^

 

金時豆は赤飯でしか食べる機会がないし(北海道の赤飯は小豆ではなく金時豆の甘納豆)、和菓子以外で豆をふんだんに使ったスイーツって新鮮!

豆の一大産地である北海道の民としてありがたく、栄養豊富なスイーツを食べる文化がある沖縄。うらやましい~!♡

高井なお

 

 

マイルドタコス

沖縄タコスがテーブルに置かれている

「マイルドタコス 1P(税込250円)」タコスは沖縄でメジャーなグルメ。

 

“沖縄タコス” とは

メキシコのタコスとは違い、一説によるとアメリカのタコスがルーツになっている沖縄独自のタコス。

 

ぜんざい同様 沖縄のご当地グルメ「タコス」が1つからオーダーできるのは観光客的にすごく嬉しい!

あまりお腹はすいてなかったけど、、見つけて即オーダーしちゃいました ^^

 

トマトやキャベツなど 野菜がたっぷりはいった「沖縄タコス」を手に持っている様子

トマトやキャベツなど 野菜がたっぷり!

 

高井なお
満腹でも食べられちゃうフレッシュなおいしさ♪

辛味がないからサルサソースのうま味がダイレクトに味わえる◎

皮はカリカリ食感ではなく、ほんのり厚みがあるソフトタイプでした

 

辛いのが好きな方は「スパイシータコス」がおすすめ ^^

 

 スポンサードリンク

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」のメニュー一覧

 

沖縄ぜんざい(かき氷)メニュー

 

フード(食事系)メニュー

 

ドリンクメニュー

 

ぜんざいの富士屋の売り出し中メニューがテーブルに置かれている

売り出し中メニュー「ジャークチキンプレート」「琉球マンチャーアイス」

売り出し中メニュー「琉球マンチャーアイス」は、NHK連続テレビ小説・ちむどんどん でも話題になった伝統菓子 “タンナファクルー” の「丸玉製菓」とのコラボメニュー。

 

高井なお
歴史ある老舗菓子店同士の 夢のコラボメニュー!

お腹に余裕があったら絶対にオーダーしてました……涙

 

ぜんざいの富士屋のピザメニューがテーブルに置かれている

ピザ2種はテイクアウトもOK

 

「富士屋のぜんざい」はテイクアウト・お取り寄せも可能!

“富士屋のぜんざい” は、テイクアウトのほか 公式オンラインショップからお取り寄せもできます。

 

 

ぜんざいメニュー価格(税込)
富士屋ぜんざいセット 6個入3070円
抹茶ぜんざいセット 6個入3070円
黒糖ぜんざいセット 6個入3070円
ぜんざいミックスセット 6個入(3種×2個)3230円
※送料は全国一律1100円

 

イートインぜんざいと違うポイント

  1. 「かき氷」と「金時豆&白玉」が2段になっており、それぞれおいしいタイミングで解凍できる
  2. 金時豆を少し固めに煮ている
  3. 冷凍保存すると固くなってしまう白玉を、試行錯誤の末 モチモチに!

 

ぜんざいの富士屋の店横にたくさんのバイクが停まっている

店舗横にはバイクがずらり。実店舗周辺ではぜんざいのデリバリーも可能。

沖縄県民が愛してやまないソウルスイーツが、自宅の冷凍庫に常備できるなんて夢のよう!

筆者が行った店舗にはありませんでしたが、店舗によっては「サンエー(沖縄のローカルスーパー)」でも販売しているそうですよ。

 

高井なお
ぐったり暑~い夏も、富士屋のぜんざいでおいしく乗り切りましょう♪

 

 スポンサードリンク

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」の店内のようす

木のテーブルとカラフルな椅子がならぶ「ぜんざいの富士屋」の内観

サーフィン好きオーナーが営む「ぜんざいの富士屋」店内

「ぜんざいの富士屋」の店内は、沖縄の気候にぴったりの西海岸風インテリア。

沖縄ぜんざいを提供するお店ではかなりめずらしい、おしゃれで爽やかな雰囲気です。

 

赤と青のイスと木のテーブルがならぶ「ぜんざいの富士屋」の内観

お店の中央には曲をリクエストできるジュークボックスも ※リクエストは有料

木のイスが並ぶカウンターとテーブル席がある「ぜんざいの富士屋」の内観

カウンター席とテーブル席はたっぷり全50席

ぜんざいが有名ですが食事メニューも豊富な「ぜんざいの富士屋」。

地元の客層は サラリーマンや主婦、学生など多岐にわたります。

 

天井にサーフボードが飾られている「ぜんざいの富士屋」の内観

客席反対側の天井にはサーフボードが飾られ、サーフショップのような雰囲気

安室奈美恵さんや三浦大知さんなど、沖縄出身の著名人も数多く来店する名店です!

 

オリジナルグッズや雑貨などが陳列されている「ぜんざいの富士屋」の内観

この一角ではオリジナルグッズや雑貨などが販売されている

訪問時、平日 14:00頃は、わたしたち夫婦以外すべて地元のお客さん。

ファミリーや男性おひとりさまなど 幅広い世代の方が訪れていましたよ。

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」の 住所・電話番号などその他店舗情報

カラフルなイラストが描かれた「ぜんざいの富士屋」外観

ポップなイラストが描かれた「ぜんざいの富士屋」外観

「ぜんざいの富士家 泊本店」 の住所や連絡先、営業時間などは 以下をご確認ください。

 

▼ 店舗情報
店名ぜんざいの富士家 泊本店
住所沖縄県那覇市泊2丁目10-9
電話番号050-5571-3211
営業時間【10~5月】11:00~19:00
【6~9月】11:00~20:00
定休日年末年始
駐車場あり
キャッシュレス決済PayPay
公式サイト公式サイト
公式SNSInstagram 
外部サイトYahoo! ロコホットペッパー
地図を表示グーグルマップはこちら

⇒「ぜんざいの富士家 泊本店」の 口コミ

 

近くのスポットをチェック

てぃしらじそば

2022/7/29

【沖縄】行列必至の名店「てぃしらじそば」!コシの強い沖縄そば&油みそは必食♪

  tomo.どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   沖縄県民が開店前から行列をつくる 沖縄そばの人気店「てぃしらじそば」!   ポイント 2006年にオープン、開店前から 行列のできる人気店 ^^ メインメニュー の 自家製 “沖縄そば” が 大好評!  売り切れ次第 閉店なので、並んででも 早めに向かうのがベスト♪   店名の由来は、お店の現住所の旧名 “汀志良次(てぃしらじ ...

ReadMore

沖縄お土産

2022/8/11

【完全版】沖縄「お土産」38選!おすすめ・定番・沖縄でしか買えない商品も!

  高井なおこんにちは!北海道の飲食店を4000軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なお です♪ プロフィール Twitter おすすめグルメ・愛用品 どーも、その夫 兼 運転手で ドライブ狂の “tomo.” です ^^ プロフィール twitter tomo.   沖縄には、買って帰りたい 魅惑の “お土産” が たくさん! 伝統の料理・お菓子や 南国ならではのフルーツ・スイーツなど、ラインナップが とっても豊富です♪   この記事でわかること 観光客にも人気の “お菓 ...

ReadMore

ゆきの

2022/7/29

【沖縄】名護の「ゆきの」は日本ハムファイターズも御用達♪ヤギ刺し&イラブチャーも

  tomo.どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   名護市の居酒屋といえば、絶対に外せないのが「ゆきの」   ポイント “名護バスターミナル” から 徒歩 約5分 と、アクセス良好♪ 沖縄料理を中心に、常時 150種類以上の メニューが楽しめる ^^ とっても広いお店で 席数は 100席ほどあり!   メニューの数は 常時150種類以上もあり、地元客にも大人気!! “日本ハムフ ...

ReadMore

沖縄ぜんざいの富士屋泊本店

2022/7/29

【沖縄】ぜんざい=かき氷⁉県民のソウルスイーツ「ぜんざいの富士屋」!通販・テイクアウトも

  高井なお北海道を4000店以上食べ歩いた道産子グルメライター 高井なおです Twitter Instagram おすすめグルメ プロフィール   沖縄県民の “夏の風物詩” とも言われる「富士屋のぜんざい」。 今回は沖縄旅行で訪れた「ぜんざいの富士家 泊本店」さんの “沖縄ぜんざい(かき氷)” をご紹介します!   おすすめポイント 沖縄県民のソウルフード「沖縄ぜんざい」の確固たる名店! 「豆の煮汁を凍らせたかき氷 × ふっくら金時豆」の最強コラボ サーフショップを思わせ ...

ReadMore

お食事処みかど

2022/7/29

【沖縄】定食屋といえば「お食事処みかど」!沖縄ちゃんぽん&ポークたまごは必食!

  tomo.どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   沖縄県民も足繁く通う人気店「お食事処みかど」!   ポイント 1962年創業、50年以上 地元で愛され続けている人気店 ^^ “沖縄ちゃんぽん”、“ポークたまご” 発祥の一店⁉ “テイクアウト” や “日替弁当” も 大人気♪   沖縄の “ちゃんぽん” は、麺ではなく ご飯⁉ 中でも “みかど” の ちゃんぽんは 発祥という ...

ReadMore

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」へのアクセス方法と駐車場

 

「公共交通機関」を利用して向かう場合

「那覇空港」から向かう場合、ゆいレールに約15分乗車(7駅)で最寄りの「牧志駅」へ行くことができます。

 

最寄駅

  • 沖縄都市モノレール ゆいレール 牧志駅 徒歩約15分

 

牧志駅でモノレールを降りたら、歩いて約15分で「ぜんざいの富士家 泊本店」に到着!

 

▼ 「牧志駅」からのルート

 

「国際通り」から向かう場合も、徒歩15~20分くらいで行くことができますよ ^^

 

「車」で向かう場合と、駐車場について

「那覇空港」から車で「ぜんざいの富士家 泊本店」へ行く場合、所要時間は約13分。

 

▼ 「那覇空港」からのルート

 

「ぜんざいの富士屋」の駐車場外観

店舗裏にある専用駐車場

駐車場はお店の裏にあるので、車で行かれる際はこちらに車を停めてむかいましょう ^^

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」予約方法・注意点など

予約可否×
予約方法-

 

「ぜんざいの富士屋」は席予約不可。

夏季シーズンは混雑することが予想されるため、余裕をもっての来店がベターです。

 

「ぜんざいの富士家 泊本店」まとめ

1992年の創業以来、30年以上にわたり沖縄県民に愛され続ける「ぜんざいの富士屋 泊本店」さん。

 

おすすめポイント

  • 沖縄県民のソウルフード「沖縄ぜんざい」の確固たる名店!
  • 「豆の煮汁を凍らせたかき氷 × ふっくら金時豆」の最強コラボ
  • サーフショップを思わせるおしゃれな店内はゆったり広々◎
  • 沖縄出身・安室奈美恵さんなど多数の有名人も訪れる人気店

 

この記事では道産子グルメライターである筆者が、沖縄ご当地グルメ「ぜんざい」について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

 

高井なお
後をひかない上品な甘さと、金時豆の粒感が魅力の “沖縄ぜんざい”。

沖縄へ行かれる際はぜひ!富士屋のぜんざいを味わってみてください♪

 

関連記事

 

 Twitterではグルメの色々や本音を発信、おすすめお取り寄せグルメは楽天ROOMでご紹介しています ^^
高井なお

 

その他おすすめカフェ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

グルメライター|高井なお

2000年~北海道全179市町村を4,000店以上食べ歩く。閉店する飲食店を減らすべく2016年~ブログを開始。食を通じ北海道を元気にするのが夢。テレビ番組【マツコ&有吉かりそめ天国】ほかメディアに多数出演。北海道グルメの魅力を発信している。(詳しい経歴は「ライター紹介」から)