吉川食品/砂川市/工場直売で安い♪冷凍とは思えない「北海道おはぎ」のおいしさとは?

2021-10-10

   

 

こんにちは!北海道を 3500軒以上 食べ歩いた グルメライター 高井なお です

 

北海道・空知地方「砂川市」の中心部に、全17軒のスイーツ店が点在する “すながわスイートロード” 。

公式サイトを見ていると、スイーツ店らしからぬ ひときわ目を引く店名を発見しました。

 

それが今回紹介する 和菓子工場吉川食品」さん!

東京にある おはぎ専門店「北海道おはぎ よしかわ」を運営する食品メーカーで、砂川市には工場と 併設の直売所をかまえています。

 

吉川食品」おすすめポイント

  • 工場直売のリーズナブルな価格
  • 専門店がつくる北海道産おはぎ
  • 食べやすい上品な甘さのあんこ
  • 冷凍販売なので日持ちする
  • 1.8kgの大容量あんこが税込 500円!

 

吉川食品は日本一の “北海道おはぎ” を目指している会社で、小豆はもちろん もち米・きなこ・砂糖・塩にいたるまで全て北海道産素材を使用◎

 

工場直売店・冷凍販売 とあなどるなかれ!

あなたが想像している以上においしい “北海道おはぎ” を購入することができますよ♪

 

 

吉川食品」の 店舗情報・詳細など

吉川食品の会社外観

本社兼工場の1階部分で、直売しています♪

吉川食品 の 店舗情報・詳細などについては、以下に記載します(詳しいアクセス方法は記事の後半で解説)

 

店舗情報
【店名】吉川食品
【住所】北海道砂川市東豊沼26
【電話番号】0125-54-1611
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】土曜・日曜・祝日
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【公式SNS】InstagramFacebook
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

吉川食品」お得な工場直売所スイーツ
“北海道・十勝おはぎ” を購入♪

今回購入したのは 以下の2品。

 

  1. 十勝おはぎ(3個入)
  2. つぶあん(1.8kg)

日本一のおはぎを目指しているという「吉川食品」。

ならば 絶対に食べておきたいのが「十勝おはぎ」!

そしてちょうどセールで安くなっていた超特価品「どらあん(つぶあん)」を購入しました♪

 

① 十勝おはぎ(3個入)

「十勝おはぎ(3個入)」税込 310円

冷蔵庫で解凍しました

 

「吉川食品」のこだわり

  1. 小豆・もち米・砂糖 など 北海道産食材をふんだんに使用
  2. 機械にたよらず ひとつひとつ人の手で丸める
  3. 海外でもおいしく味わえる 独自開発の冷凍技術

 

常温ではなく冷蔵庫解凍でもふんわり もっちり♡

 

想像を絶するやわらかさともちもち感!
もち米がたっぷり水分を含んでいてジューシー♪
冷凍品と言われなければわからない、できたてのようなおいしさです♡
おいしさに感動した「増田おはぎ」のおはぎを思い出しました!

 

これが冷凍!? 3個で310円!?

コストパフォーマンスの素晴らしさに興奮せずにはいられませんw

 

こんなにおいしいなら、ほかの味も購入しておけばよかったと後悔……。

またすぐに買いに行かなきゃ!

 

② どらあん(あんこ)

吉川食品の「どらあん(1.8kg)」がテーブルに置かれている

「どらあん(1.8kg)」税込 500円

幅30cm以上の巨大プラスチックケースに入った つぶあんの海!

総重量1.8kgと聞いただけではピンときませんでしたが、スタッフさんが冷凍庫から出してくれた実物を見て その多さに思わず声がでましたw

でも冷凍保存がきくなら、と思い切って購入♪

 

半解凍状態の断面

帰宅後半解凍の状態でナイフでカット。

断面を見てみると約3cm以上のしっかりとした厚みがあります。

 

賞味期限は購入時から約3か月半

賞味期限が短かったからセール価格で安かったのかもしれませんが、3か月以上あったのできっと期限内で食べ切れそうです。

 

ちょうどいい控えめな甘さ!
市販のあんこ 結構買うんですが、甘めなものがほとんどで……
これは北海道産素材を使ってて安心、かつ罪悪感も少なく、小豆のほくほく感もしっかりある◎

 

今回はたまたまセールで500円という安さでしたが、元値は1700円。

でもこの量、このクオリティなら1700円でも充分高コスパです♪

 

吉川食品」の人気おはぎランキングTOP3

 

1位|十勝おはぎ

2位|きなこおはぎ

3位|ごまおはぎ

 

今回購入した「十勝あずき」が断トツの1番人気!

2位以下は「きなこ」「ごま」と、間違いないメニューが続きます。

 

小豆だけじゃなく「きなこ」も北海道産を使っているそう。
次回はきなことごまも買って食べ比べしたいな♪

 

吉川食品」のメニュー一覧

吉川食品 直売所の壁に貼ってあるメニュー表

直売所の壁に、メニュー一覧が すべて掲示

「吉川食品」では、おもに以下の商品を 取扱っています。

 

取り扱い商品

  • おはぎ
  • 柏もち
  • アイスキャンディー など

 

主力商品は “おはぎ” ですが、その他にも いくつかの商品を購入できます ^^

 

吉川食品のメニュー表

エントランスのファイルでも メニューを確認できます

基本メニューは すべて “おはぎ”

取扱い商品は 以下のとおり。

 

メニュー名価格(税込)
小倉おはぎ3個 310円、8個 760円
ずんだおはぎ3個 310円、8個 760円
ごまおはぎ3個 310円、8個 760円
きなこおはぎ3個 310円、8個 760円
赤飯おはぎ4個 400円
桜花おはぎ4個 400円
柏もち8個 700円
こしあんおはぎ8個 650円
柔らかおはぎ8個 650円
あんこのお団子1パック 100円
どらあん(あんこ)1.8kg 500円
アイスキャンディー あずき150円
  〃       ミルク100円
※ 商品・価格は 変更する可能性があります

砂川にある工場にへいせつの直売所では、スーパーやほかの販売店で買うよりも、2~3割安くおはぎが購入できます◎

 

上で紹介した “どらあん” は、この日の 特売品。

通常 1700円もする業務用サイズが、なんと1/3以下の 500円で買えちゃいました♪

 

吉川食品」直売所店内のようす

 

“吉川食品” の直売所は エントランス横にあり、基本 無人

購入する商品を決めたら、内線で 係の方を呼び出しましょう♪

 

吉川食品の直売所

エントランスのすぐ左が 直売所になっています

メニューが記載されたファイルを見ながら 購入する商品を決めましょう

内線が終わったら 中の直売所へ案内されます、スリッパに履き替えて待ちましょう

内線が終わったら、すぐに係の方が 2階から降りてきてくれます。

案内にしたがい直売所の中へ移動して、精算などを済ませましょう。

 

吉川食品の直売所の中

直売所の壁にも 商品一覧がずら~っと並びます

 

吉川食品」へのアクセス方法と駐車場

吉川食品株式会社の入口

“おはぎ” の のぼりが目印!

「吉川食品」 には、車で向かうのが おすすめ!

バス でも 行けなくはないですが、片道 20分弱ほど 歩く必要があるので おすすめはできません ^^;

 

「車」で 向かう場合と 駐車場について

“吉川食品” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

入口の前に 4台分の 来客用駐車場があるので、こちらを利用しましょう。

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

吉川食品直売所の営業時間

直売所は 平日(月~金)のみの営業なので 注意!

「吉川食品」へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

バスを利用する場合、北海道中央バス “滝川美唄線”・“滝川奈井江線” に 乗車しましょう。

路線図や時刻表などは、以下のリンクから “北海道中央バス” 公式HPを 確認してみてください。

⇒ 北海道中央バス 公式HPへ

 

店舗情報
【店名】吉川食品
【住所】北海道砂川市東豊沼26
【電話番号】0125-54-1611
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】土曜・日曜・祝日
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【公式SNS】InstagramFacebook
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

近くのスポットをチェック

 

「吉川食品」のおはぎは
砂川ハイウェイオアシス館 でも食べられる!

観光がてら気軽に吉川食品のおはぎが購入したい!

そんな方は 砂川の有名観光スポット「砂川ハイウェイオアシス館」に行くのがおすすめ♪

 

白と青を基調とした「砂川ハイウェイオアシス館」の外観

砂川S.A.のすぐ近くにある「砂川ハイウェイオアシス館」外観

地元産野菜の販売コーナーで冷凍おはぎが購入できるほか、フードコートでイートインすることもできますよ^^

 

吉川食品」まとめ

「吉川食品(株)」外観

1953年に和菓子屋として創業した「吉川食品」。

1970年頃から独自の冷凍技術を開発するとともに、業務用へと転換していきました。

 

2016年オープンの直営店1号店「北海道おはぎ よしかわ」の場所を東京に選んだのは、北海道産食材のおいしさがより伝わると思ったからだと言います。

独自の冷凍技術を開発し、日本のスーパーのみならず アメリカ、イギリス、カナダなど 海外のスーパーにも出荷しているというからビックリ!

 

北海道発の高クオリティなおはぎが世界中で食べられていたとは……!
道産子として誇らしい♡
冷凍スイーツとは思えない、できたてのようなおいしさ。
普段おはぎに馴染みがないあなたも、ぜひ一度だまされたと思って食べてみてください♪

 

ほかの味も買いに行く予定なので、食べたらまた追記します^^

 

その他おすすめスイーツ





  • この記事を書いた人

高井なお

2000年から北海道全179市町村を3,500軒以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.