イエティキッチン

イエティキッチン/札幌市/本格的ダルバートが食べられるネパール料理店

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

札幌にいながら、ネパールの家庭料理が味わえる「イエティキッチン」♪

 

ポイント

  1. ネパールの一般的な家庭料理 “ダルバート” の専門店!
  2. ネパール出身の店主がつくる、現地の味が楽しめる♪
  3. 営業は限定的で、金土日の 18:00~のみ⁉

 

北海道学園大学の すぐ近くにあり、アクセスも良好♪

‥と いうことで、今回は 住宅街のマンションの一画に ひっそりとたたずむ “イエティキッチン” の魅力と 美味しさに迫ります ^^

 

 

イエティキッチン って「どんなお店」?

イエティキッチン店主のプロフィール

店内には 店主さんのプロフィールが記載

“イエティキッチン” は、2017年に開業。

ネパール出身の “クリシュナ” さんが営むお店ですが、実は本業は アクセサリー職人なのだとか⁉

 

tomo.
元々 王族に収める アクセサリー職人の家系に生まれたという クリシュナさん♪

1998年に来日後、2000年から “アクセサリーショップ ZYU” を開業し 現在に至ります ^^

 

‥ということもあり、“イエティキッチン” の 営業は アクセサリーショップ の営業がない 週末の夜間のみ。

そのため、タイミングが合わなければ なかなか訪問するのもむずかしいんです‥ (^^;

 

イエティキッチン ダルバートの食べ方

食べ方は 店内メニューで あらかじめ確認!

食べられるのは、ネパールの国民食と言われる “ダルバート”。

 

ポイント

▼ ダルバートって何?

  1. ダル(豆のスープ)と バート(ご飯)を 組み合わせた料理
  2. 日本でいう所の “定食” にあたる料理♪
  3. アチャール(辛口の漬物)、タルカリ(おかず)と一緒に 混ぜて食べよう ^^ 

 

味付けの基本は、ターメリック・クミン・コリアンダーなどを使った “カレー風味”!

ご飯といろんな種類のおかずを 自分好みに混ぜ合わせて、お好みの味を作り出しましょう ^^

 

 スポンサードリンク

 

イエティキッチン の「ダルバート」を 実食!

メニュー ①:ティハールプレート

イエティキッチンのダルバート

ティハールプレート ラム 1580円

イエティキッチン の “ダルバート” は、ワンプレートで おかずがいっぱい ^^

 

ダルバートの内容

  1. ダル(豆のスープ)
  2. バート(ごはん)
  3. パパド(豆粉の薄焼きせんべい)
  4. マス タルカリ(お肉のおかず、今回はラム) 
  5. ゲダグディ タルカリ(豆のおかず)
  6. アチャール(辛口の漬物)
  7. サグ(青菜の炒め物)
  8. ネパールオムレツ
  9. ピクルス
  10. ヨーグルト

※ 内容は その時々で変わります

 

イエティキッチンのダル

「ダル(豆のスープ)」:レンズ豆などが よく使われます

イエティキッチン バート(ごはん)

「バート(ごはん)」:当別産ななつぼしを使用

イエティキッチン チキンタルカリとラムタルカリ

左:チキン タルカリ、右:ラム タルカリ(どちらか一つのみ)

イエティキッチン ダルマート

ピクルス・ヨーグルト、ペースト状のものが “アチャール”

日本人向けの味に寄せたりせず、現地の味を そのまま再現⁉

砂糖不使用な代わりに どのおかずにもスパイスが効いていて、物足りなさがまったくなく 味に深みがプラス+♪

 

tomo.
サラッとした 優しい味わいの “ダル”、オイルで煮込まれ コク深い “タルカリ”、柔らかい酸味の “ピクルス” など、味わい豊か♪

真っ赤な “アチャール” は 辛味が強めなので、様子を見ながら 少しずつ加えましょう ^^

 

イエティキッチン の ラムタルカリ

ラムは固まりが ゴロゴロっと ^^

ひとつひとつが おいしいのに、混ぜて食べると もっとおいしい♪

好きなおかずをごはんと混ぜて、自分好みの味に仕上げましょう!

 

tomo.
現地では 豪快に混ぜて 手で食べるのがノーマル♪

最後に指までキレイに舐めるのが、おいしかったという 意志表示なのだそうです ^^

 

メニュー ②:ダサインプレート

イエティキッチン の ダサインプレート

チキン・ラム の 2種類の “マス タルカリ” が

“ダサインプレート” は、お肉のおかずが 2種類ついた 豪華なダルバート!

 

tomo.
ちなみに、ネパールの家庭で 日常的に食べられるダルバートは もっと品数が少なく、野菜を使ったものがほとんど⁉

月に一度くらいしか お肉を食べないそうなので、かなり豪華にアレンジされています!

 

その他は “ティハールプレート” と、まったく同じ。

色んなおかずをたくさん食べたい わたしの様な欲ばりな方は、迷わずこちらを選びましょう ^^

 

メニュー ③:モモ

モモ 6個入り 850円

ネパール風の蒸し餃子「モモ」。

店主 クリシュナさん おすすめの、スープ仕立てで いただきました ^^

 

ポイント

▼ イエティキッチンの “モモ” って 何?

  1. お肉などの餡を 皮で包んだ ネパール風の “蒸し餃子”
  2. ザクザクキャベツがたっぷりの餡も、モッチモチの皮も すべて手造り!
  3. てっぺんには ピリッと辛い “アチャール” が チョコン ^^

 

イエティキッチンの蒸し餃子「モモ」

モッチモチの皮と ちょっと酸っぱいスープが 病みつきに ^^

酸味が強めの “スープ” には、意外なものを使用⁉

 

ゴマ・大豆をベースに、

トマト・タマリンド・クミンなどのスパイスを加えてます ^^

 

クリシュナさんに伺ったところ、快く教えてくれました ^^

タマリンドは 亜熱帯原産のフルーツで、この酸味が たまらなくクセになります♪

 

 スポンサードリンク

 

イエティキッチン の「メニュー一覧」

イエティキッチン の メニュー表

イエティキッチン の メニュー表

イエティキッチンで 食べられるのは、ネパールの国民食 “ダルバート” 一択!

 

ポイント

▼ ダルバートって何?

  1. ダル(豆のスープ)と バート(ご飯)を 組み合わせた料理
  2. 日本でいう所の “定食” にあたる料理♪
  3. アチャール(辛口の漬物)、タルカリ(おかず)と一緒に 混ぜて食べよう ^^ 

 

その他 ネパールの蒸し餃子 “モモ” が 食べられるだけで、メニュー数は かなり限定的です。

 

 

イエティキッチン の ドリンクメニュー一覧

イエティキッチン の ドリンクメニュー一覧

メニュー数が限定的なので、どれを食べるか悩むことは まずないはず。

イエティキッチン自慢の “ダルバート” を、存分に味わいましょう!

 

イエティキッチン は「テイクアウト」にも 対応!

イエティキッチン テイクアウトメニュー

テイクアウトにも対応しています ^^

イエティキッチン は、“テイクアウト” にも対応♪

自宅でも おいしいダルバートが楽しめます ^^

 

 

テイクアウトは、金土日の 17:30 以降の受付。

直接訪問か 電話のみの対応となり、数量も限られるため、早めに連絡するのが ベストでしょう ^^

 

 スポンサードリンク

 

イエティキッチン の「店内の様子」

イエティキッチンの店内の様子

ダークグリーンが基調の店内

“イエティキッチン” は すべて テーブル席で、4席×4卓・2席×1卓 の 計18席分。

とても落ち着く店内で、ところどころに配置された “ネパール国旗” などからも 異国感を感じられます♪

 

イエティキッチンの イエティのぬいぐるみ

店名の由来になった “イエティ” の ぬいぐるみ

店名の由来は もちろん、ヒマラヤ山脈に住むと言われる 未確認生物 “イエティ” から。

ネパール出身の店主曰く、ネパールらしい名前を考えて ここに行きついたのだとか♪

 

イエティキッチン への「アクセス方法」

イエティキッチンの店舗外観

イエティキッチンのある “スピカハウスB”

“イエティキッチン” があるのは、地下鉄東豊線 “学園前 駅” のすぐ近く。

 

マンションの 1階部分にあり、駐車場もあり。

場所がわかりずらい時は、お店の方に 確認してみてください ^^

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

“イエティキッチン” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒ 札幌市交通局 公式HPへ

 

3番出口から 外に出たら、南に進んで “北海学園大学 正門” 方面へ進みましょう。

ファミリーマートのある交差点を左折すると、すぐに お店が見えてくるはずです。

 

イエティキッチン の「住所・電話番号、その他 店舗概要」

イエティキッチンの入口

かわいい イエティのイラストが目印

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】イエティキッチン
【住所】北海道札幌市豊平区豊平7条8丁目1-17
【電話番号】011-827-6615
【営業時間】18:00~21:00
【定休日】日~木曜
【駐車場】あり(店舗前・夜のみ 6-9番)
【キャッシュレス決済】Paypay
【公式サイト】instagram / facebook / twitter
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「イエティキッチン」の 口コミ

 

イエティキッチン まとめ

イエティキッチンの店舗看板

本場ネパールの家庭料理が味わえる “ダルバート専門店”「イエティキッチン」。

 

日本人の舌に寄せていない 本場ネパールの味♪

下手なインドカレー店より はるかにおいしい ダルバートは、一食の価値あり!

 

ポイント

  1. ネパールの一般的な家庭料理 “ダルバート” の専門店!
  2. ネパール出身の店主がつくる、現地の味が楽しめる♪
  3. 営業は限定的で、金土日の 18:00~のみ⁉

 

店主クリシュナさんは 話しかけたら 笑顔で返してくれる とても気さくな方で、雰囲気はかなり◎ ^^

ただし ネックは 営業日数の少なさと、提供食数が 1日10食程度に限られていること。

本格的なネパール家庭料理が食べられるので、トライしてみる価値は 十分ありそうです♪

 

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。