北海道 六花亭の「朔日強飯(ついたちおこわ)」

六花亭「朔日強飯 ついたちおこわ」予約限定!毎月1日に味わう旬素材のおこわ

 

高井なお
北海道を4000店以上食べ歩いたグルメライター 高井なおです ^^

 

毎月1日 季節の強飯(おこわ)を味わうことができる、六花亭「朔日強飯(ついたちおこわ)」

旬素材をふんだんに使用したおこわは素材を活かした六花亭ならではのおいしさ

 

おすすめポイント

  • 限定フレーバー!店頭には売られていない特別感
  • 旬素材をつかった季節のおいしさ
  • 無添加で安全◎素材を活かしたごくやさしい味わい
  • 箱のままレンジ温めOKで気軽

 

毎月楽しみにしている六花亭ファンも多く「おやつ屋さん」に続く人気商品になりつつあります。

店頭予約販売限定なので、確実に購入できるのも魅力のひとつ。

※予約は製造数に達し次第終了

 

 

この記事では朔日強飯の予約方法・実食レビュー・注意点など、「六花亭 朔日強飯」の魅力をたっぷりご紹介します♪

 

※記載情報は訪問時のものです。最新情報は公式サイト・SNSなどをご確認ください。

 

 

「六花亭 朔日強飯(ついたちおこわ)」とは

「六花亭 朔日強飯(ついたちおこわ)」の箱を手で持っている様子

「強飯(おこわ)」はもち米を蒸した日本の伝統料理

六花亭が2020年12月にスタートさせた店頭予約限定商品「朔日強飯(ついたちおこわ)」は、月ごとの旬素材をふんだんに使った、季節感あふれる箱入りの強飯です。

 

「朔日強飯」詳細

予約受付 前月20日〜28日午後7時まで
受渡し日 全地区毎月1日
内容 季節の強飯 1食分(200g)
価格 600円前後(内容によって変動あり)

 

1箱のみで購入される方ももちろんいますが、昼夕食分に家族の人数分購入される方が圧倒的に多い印象です ^^

 

注意ポイント

  • 予定数に達し次第 予約受付終了
  • 予約は店頭予約のみ(電話での予約は不可)

 

 スポンサードリンク

 

「六花亭 朔日強飯(ついたちおこわ)」実食レビュー

たけのこ|2022年3月分

「六花亭 朔日おこわ」の3月分 たけのこおこわの箱がテーブルに置かれている

3月は春を感じる「たけのこ」を使ったおこわ(税込600円)

「六花亭 朔日おこわ」の3月分 たけのこおこわの箱がテーブルに置かれている

クリーム色の箱にたけのことグリーンピースが春らしい色合い

おこわは紙箱に入っており、上に透明フィルムがかけられています。

 

自然環境に配慮した簡易包装が好印象◎

フィルムを取って 箱のまま電子レンジで温められるのも便利です♪

高井なお

 

六花亭の朔日おこわの温め方の説明

温め時間は 電子レンジ(500W)で2~2分半程度

茶碗に盛り付けられた「六花亭 朔日おこわ」の3月分 たけのこおこわがテーブルに置かれている

お茶碗に盛り付けていただきます

茶碗に盛り付けられた「六花亭 朔日おこわ」の3月分 たけのこおこわがテーブルに置かれている

具材はたけのこ・グリーンピース・油揚げ

 

高井なお
想像していたよりずっとやさしい味!

植物系のお出汁の淡いうま味が素材のおいしさを引き立てています。

たけのこのシャキシャキ、グリーンピースの弾ける食感もたのしい♪

 

もち米のむっちり食感が、いつものごはんと違って新鮮◎

3月の北海道はまだまだ寒いけれど…… たけのこを食べて一気に春スイッチが入りました

 

「六花亭 朔日おこわ」の3月分 たけのこおこわの原材料・成分表示など

原材料・成分表示・消費期限など

原材料には添加物を使っておらず、消費期限は当日中。

時間をおいて食べる場合は10℃以下の場所で保存しましょう。

 

桜えびとそら豆|2022年4月分

「六花亭 朔日おこわ」の2022年4月分 桜えびとそら豆おこわの箱がテーブルに置かれている

4月は春の彩り「桜えびとそら豆」を使ったおこわ(税込550円)

「六花亭 朔日おこわ」の2022年4月分 桜えびとそら豆おこわの箱がテーブルに置かれている

そら豆のグリーンとえびのレッドのコントラストが食欲をそそるおこわ

茶碗に盛り付けられた「六花亭 朔日おこわ」の4月分 桜えびとそら豆おこわがテーブルに置かれている

そら豆がこんなにたっぷり!

 

高井なお
ごくごく薄味のもち米がそら豆・桜えびの風味を格上げ!

そら豆のほっくり食感と桜えびの香ばしさが心地いい♪

 

「六花亭 朔日おこわ」の4月分 桜えびとそら豆おこわの原材料・成分表示・消費期限など

原材料・成分表示・消費期限など

まだまだ上着が必要な気温の北海道。

4月も六花亭の「朔日おこわ」で春を感じさせていただきました ^^

 

新しょうが|2022年5月分

「六花亭 朔日おこわ」の2022年5月分 新しょうがおこわの箱がテーブルに置かれている

5月は「新しょうがとニラ」を使ったおこわ(税込550円)

「六花亭 朔日おこわ」の2022年5月分 新しょうがおこわの箱がテーブルに置かれている

箱を開けると広がるしょうがの香り

茶碗に盛り付けられた「六花亭 朔日おこわ」の5月分 新しょうがおこわがテーブルに置かれている

旬のニラ。グリーンが効いています

茶碗に盛り付けられた「六花亭 朔日おこわ」の5月分 新しょうがおこわを箸で持ち上げている様子

 

高井なお
新しょうがのさわやかな辛味がピリリ♪

やさしい中にこのアクセントが効いてて、いつもとはひと味違うおこわ。

しょうがのシャキシャキの食感と、ニラの控えめな香りもいい◎

 

「六花亭 朔日おこわ」の5月分 新しょうがおこわの原材料・成分表示・消費期限など

原材料・成分表示・消費期限など

焼き魚とお味噌汁にあわせて食べましたが、今回もおかずの邪魔をしない 品の良い味わいです ^^

 

 スポンサードリンク

 

「六花亭 朔日強飯(ついたちおこわ)」の予約方法・注意点など

「六花亭 朔日強飯(ついたちおこわ)」の予約票がテーブルに置かれている

六花亭「朔日強飯」予約票

おこわの料金は予約時に先払い。

料金と引き換えに、写真の予約票がもらえます。

 

ポイント

予約する店舗と受取店舗は違ってもOK。

予約時に受取店をどこにするか聞かれるので、違う店舗にしたい時はそのタイミングで伝えましょう。

 

予約時に大体の受け取り時間を聞かれますが、伝えた時間から前後しても大丈夫。

「受け取り日を忘れそうで心配」という方は、予約時にスタッフさんに伝えておくと電話連絡をしてくれます。

万が一忘れてしまった場合も、ちゃんと電話をくれるのでご安心ください。

 

17:00受取りで予約していたことをうっかり忘れてしまったことがあるのですが…

19:00頃電話連絡をいただき、あわてて取りに行きました 汗

高井なお

 

注意ポイント

当日商品を受け取れなかった場合は、閉店後に処分されてしまうのでご注意を!

※当日消費期限のため翌日に持ち越すことはできません。

 

「六花亭」直営店舗 詳細情報

全道各地の六花亭の店舗情報を、以下に記載します。

 

【帯広地区】
帯広本店 北海道帯広市西2条南9丁目6
西三条店 北海道帯広市西3条南1丁目1-1
六花亭ガーデン 北海道帯広市西22条南2丁目21-9
【札幌・札幌近郊地区】
札幌本店 北海道札幌市中央区北4条西6丁目3-3
福住店 北海道札幌市豊平区福住2条5丁目1
円山店 北海道札幌市中央区南2条西27丁目174
真駒内六花亭ホール店 北海道札幌市南区真駒内上町1丁目15-16-2
北大エルム店 北海道札幌市北区北21条西8丁目3-5
森林公園店 北海道札幌市厚別区厚別東5条4丁目24-18
札幌北店 北海道札幌市北区北31条西4丁目2-1
百合が原店 北海道札幌市東区北50条東15丁目6-12
小樽運河店 北海道小樽市堺町7-22
神宮茶屋店 北海道札幌市中央区宮が丘474-48
苫小牧店 北海道苫小牧市しらかば町6丁目15-27
【釧路地区】
春採店 北海道釧路市春採3丁目19-1
鶴見橋店 北海道釧路市昭和町2丁目20
【函館地区】
五稜郭店 北海道函館市五稜郭町27-6
【旭川・富良野地区】
旭川豊岡店 北海道旭川市豊岡12条6丁目62
神楽岡店 北海道旭川市神楽岡8条2丁目1-15
カンパーナ六花亭 北海道富良野市清水山
※ 直営店のみ記載、商業施設内店舗等は割愛
※ 詳細は 公式HPでご確認ください(⇒ 公式HP

 

 スポンサードリンク

 

六花亭のルーツは函館の「千秋庵」!?

北海道のみならず 日本全国で圧倒的な知名度をほこる「六花亭」は、北海道・十勝エリアに本社を置くお菓子メーカー。

北海道の良質な素材にこだわったお菓子を製造・販売し、お菓子づくりを通じて地域に根ざした店づくりをしています。

 

函館千秋庵総本家 外観

六花亭のルーツは「函館千秋庵総本家」

1860年創業の「千秋庵総本家」。

秋田県出身の藩士 “佐々木吉兵衛” が 函館に渡り、菓子売りを行ったことから始まります。

大正時代の末、四代目 “松田咲太郎” の時に登場した “どら焼き” は、「千秋庵総本家」の名物で 現在でも大人気商品のひとつとなっています♪

 

千秋庵総本家のどら焼きの断面

一枚一枚 “蒸し焼き” にした生地とジューシーなあんこが絶品!

そんな “函館 千秋庵総本家” から のれん分けする形で、北海道の各地に「千秋庵」が登場!

 

各千秋庵について

  • 1860年 函館 千秋庵総本家 創業
  • 1894年 小樽千秋庵 創業(1997年廃業)
  • 1921年 札幌千秋庵 創業
  • 1933年 帯広千秋庵 創業
  • 1934年 釧路千秋庵 創業(1990年 札幌千秋庵と合併)

 

この内、全道へ営業を拡大しようとする「帯広千秋庵」が改名し、現在の「六花亭」となりました。

 

 

「六花亭 朔日強飯(ついたちおこわ)」まとめ

この記事では、2020年12月にスタートした六花亭「朔日強飯(ついたちおこわ)」についてご紹介しました。

 

おすすめポイント

  • 限定フレーバー!店頭には売られていない特別感
  • 旬素材をつかった季節のおいしさ
  • 無添加で安全◎素材を活かしたごくやさしい味わい
  • 箱のままレンジ温めOKで気軽

 

日本の伝統料理でありながら、普段口にする機会が少ない「おこわ」。

 

高井なお
自称 “六花亭マニア” である筆者は、六花亭のおかげでおこわが身近になりました♪

毎月1日の楽しみに「朔日強飯」はじめてみませんか?♡

 

 

 Twitterではグルメの色々や本音を発信、おすすめお取り寄せグルメは楽天ROOMでご紹介しています ^^
高井なお

 

その他おすすめテイクアウト

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

グルメライター|高井なお

2000年~北海道全179市町村を4,000店以上食べ歩く。閉店する飲食店を減らすべく2016年~ブログを開始。食を通じ北海道を元気にするのが夢。テレビ番組【マツコ&有吉かりそめ天国】ほかメディアに多数出演。北海道グルメの魅力を発信している。(詳しい経歴は「ライター紹介」から)