【福岡県】とりかわを食べるなら「鶏右衛門」!リーズナブルな焼き鳥屋さん!

 

tomo.
どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

旅行の醍醐味といえば、その地域のご当地グルメは外せません!

福岡県のご当地グルメといえば‥

福岡県のご当地グルメ

  • もつ鍋
  • 辛子明太子
  • とんこつラーメン
  • 水炊き
  • 鉄なべ餃子
  • ゴボ天うどん
  • 梅ヶ枝餅 など

あげたらキリがありませんが、今回ご紹介するのは “とりかわ” です。

 

“博多駅” から ほど近くにある「鶏右衛門」の名物は “とりかわ”。

しお・しょう油・タレ の 3種の とりかわが食べられる他、意外な 変わり種が とてもおいしかったです!

 

注意

今回は北海道ではなく「福岡県」のお店の紹介となります

 

▼あわせて読みたい

九州お取り寄せスイーツまとめ
【お取り寄せ】自宅で旅する九州!グルメライターが厳選するスイーツ20選

続きを見る

 

「鶏右衛門」への アクセス方法

鶏右衛門の店舗外観

「鶏右衛門」があるのは、博多区の “博多駅前”。

住所でいうと “博多駅前” と “祇園町” の ちょうど境くらいの場所にあり、アクセスも良好!

大型商業施設 “キャナルシティ博多” も 徒歩圏にあります。

 

車で向かう場合

「鶏右衛門」には 駐車場がありません。

そのため 近隣駐車場を利用するか、公共交通機関の利用を検討しましょう。

 

交通機関を利用して向かう場合

鶏右衛門の外観

公共交通機関を利用して向かう場合は、地下鉄の利用が便利です。

博多駅前からのルート

  1. 福岡市営地下鉄「空港線」へ乗車
  2. 「祇園 停」で下車
  3. 約240m、徒歩約3分で 鶏右衛門 へ到着(⇒ 鶏右衛門 へのルートを確認

地下鉄駅から、“博多区役所通り” 沿いを歩くと すぐに到着します。

わかりやすいので、特段迷うこともないと思います。

 

店舗情報
【店名】 鶏右衛門
【住所】 福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル 1F
【電話番号】 050-5594-9351
【営業時間】 18:00~23:30(LO 23:00)
【定休日】 日祝
【駐車場】 なし
【キャッシュレス決済】 カード可
【公式サイト】 -
【外部サイト】 食べログ
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒ 「鶏右衛門」の 口コミはこちら

 

 スポンサードリンク

 

「鶏右衛門」では、名物 “とりかわ” を思いっきり楽しもう!

まずはビールで乾杯!

鶏右衛門のビール

“鶏右衛門” の生ビールは、キリンのもの。

冷えたグラスに注がれる 冷たいビールは最高です!

 

鶏右衛門のお通し

お通しに “砂肝” と、さっそく 鶏肉料理。 コリッコリな食感がたまりません♪

 

博多名物とりかわ 1本 120円

鶏右衛門のとりかわ

鶏右衛門は “とりかわ” の種類が豊富

“とりかわ” は、鶏の皮を串にぐるぐると巻きつけて焼き上げた 博多の名物です。

タレをつけては焼いてをくり返し、余分な脂をすべてカット!

表面カリカリ、中フワフワな おいしい “とりかわ” ができあがります。

 

鶏右衛門のとりかわ

サクッとふっくら、中ジューシーで、くさみはいっさいなし!

鶏右衛門のとりかわは 基本 3種類。

とりかわの種類

  • しお
  • しょう油
  • たれ

一味とこしょうが効いた “しお”、香ばしさがきわだつ “しょう油”、甘いんだけれど甘すぎない “たれ”、それぞれおいしい!

 

北海道でも食べられる 焼き鳥のとりかわとは、まったくの別物。

“カリっ” と “フワッ” の両方がたのしめ、鶏のうま味がギュッと閉じこめられた “福岡の” とりかわも格別です♪

 

鶏右衛門のとりかわチーズ

とりかわ+チーズで さらにコク深く

鶏右衛門のとりかわ燻製

この日のナンバーワン! とりかわ燻製!

さらに この日は、以下 3種類の とりかわ もラインナップに上がってました。

  • 燻製
  • チーズ
  • しょう油わさび

この中で まちがいなくおススメなのが “燻製”。

燻製にすることで、とりかわが さらに深くて奥深い味わいに生まれかわってました!

見つけた際には 即オーダーしてくださいね♪

 

鶏右衛門は その他の 焼き鳥もリーズナブル!

鶏右衛門の砂ずり

砂ずり 130円

鶏右衛門のつくね

つくね 130円

鶏右衛門では 、その他の焼き鳥メニューもリーズナブル!

“豚足串” が 280円 で一番高い焼き鳥となり、その他 ほとんどの焼き鳥が 130~180円 なんです!

北海道の焼き鳥屋だと 焼き鳥チェーン “串鳥” と同程度で、お財布にもとても優しいのが魅力的です。

 

鶏のタタキ 680円

鶏右衛門の鶏のタタキ

リーズナブルな価格設定にもかかわらず、新鮮な “鶏のタタキ” なんかも楽しめるのが 鶏右衛門の良いところ。

脂のつよい “焼き鳥” に対して、とてもアッサリで おつまみにもピッタリ!

 

明太山芋鉄板 680円

鶏右衛門の山芋鉄板

鉄板がアツアツなので注意!

鶏右衛門の “山芋鉄板” シリーズもおすすめ。

山芋の入ったお好み焼きを想像していましたが、お好み焼きどころか ほぼ山芋です!

提供までに時間がかかるので、先に注文しておくのがベストです。

 

 スポンサードリンク

 

「鶏右衛門」の 店内の雰囲気

鶏衛門の店内の雰囲気

鶏衛門の総席数は “50席”。

席種別

  • カウンター 7席
  • テーブル 4名×1卓
  • テーブル 2名×3卓
  • ほりごたつ 6名×2卓
  • ほりごたつ 4名×3卓

週末などの混雑時は 予約してむかうのがベストでしょう。

 

「鶏右衛門」の メニュー一覧

鶏右衛門のメニュー表

鶏右衛門では とにかく焼き鳥がおいしいお店なので、焼き鳥が食べたくなった時に向かうのがベスト。

以下に焼き鳥のメニュー一覧を記載します。

串メニュー
博多名物とりかわ(しお・しょう油・タレ) 120円
豚バラ 130円
梅バラ 180円
鶏もも 130円
砂ずり(数量限定) 130円
ぽんじり 130円
つくね 130円
豚足串 280円
手羽先 180円
うずら 130円
やげんなんこつ 180円
ハツ(数量限定) 130円
ハツ元(数量限定) 180円
厚切りベーコン 180円
あらびきウインナー 130円
ぎんなん、しいたけ、ピーマン 各120円
えのき巻、しいたけ巻、トマト巻 各180円

 

鶏右衛門のメニュー表

さつま揚げ炙り 380円
博多明太子炙り 380円
エイヒレ炙り 380円
鶏のタタキ 680円
馬刺し 980円
鯨赤身刺し 680円
鯨刺し盛り 1280円
野菜サラダ 480円
大根サラダ 580円
豆腐とトマトのサラダ 680円
出汁たっぷり出汁巻き玉子焼き 480円
博多明太子入り出汁巻き玉子 580円
きのこバターホイル焼き 380円
チーズちくわ串 180円
ニラ玉 380円
揚げ出汁うずら 380円
若鳥の唐揚げ 580円
なんこつ唐揚げ 580円
砂ずり唐揚げ 580円
ハムカツ 480円
ポテトフライ 280円
とり天ぷら 580円
モッツァレラチーズ天 480円
山芋鉄板 480円
チーズ山芋鉄板 580円
めんたい山芋鉄板 680円
豚キムチ鉄板 680円
ホルモン鉄板 680円

 

鶏右衛門のメニュー表

博多牛もつ鍋 980円
ちゃんぽん 150円
そうすいセット 380円
おにぎり1コ 300円
お茶漬け 480円
玉子ねぎチャーハン 680円
鶏右衛門ナポリタン 780円
鶏右衛門まぜめん 780円

 

鶏右衛門のメニュー表

その日ごとのおすすめは、店内のブラックボードに記載してあります。

本日のおすすめ
馬レバ刺 1280円
トロ豚足 380円
味噌ハラミ鉄板 680円
とり皮燻製 150円
とり皮チーズ 180円
とり皮正油わさび 180円
ハツ正油わさび 180円
明太マヨポテ 380円
カキフライ 580円
うなぎ串 250円
牛ロース串 180円

 

 スポンサードリンク

 

さいごに

今回は 福岡県 博多にある「鶏右衛門」の焼き鳥の中から、“とりかわ” を中心にご紹介しました。

鶏右衛門のとりかわの特徴としては 以下のとおり。

鶏右衛門のとりかわ

  1. 外 カリッ、中 フワッ な 福岡の とりかわ
  2. 塩・しょう油・たれ の 3つのスタンダードが楽しめる
  3. 日によって “燻製・チーズ” などの オリジナルの味が登場!

博多駅近辺で とりかわを食べるなら、ぜひ候補にあげてみてください。

リーズナブルに とりかわ が食べられる、穴場のお店です!

 

▼あわせて読みたい

九州お取り寄せスイーツまとめ
【お取り寄せ】自宅で旅する九州!グルメライターが厳選するスイーツ20選

続きを見る

 

店舗情報
【店名】 鶏右衛門
【住所】 福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル 1F
【電話番号】 050-5594-9351
【営業時間】 18:00~23:30(LO 23:00)
【定休日】 日祝
【駐車場】 なし
【キャッシュレス決済】 カード可
【公式サイト】 -
【外部サイト】 食べログ
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒ 「鶏右衛門」の 口コミはこちら

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。