【宮崎県】高千穂の「ともえまる食堂」でチキン南蛮と高千穂牛をいただきました!

2020-11-11

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

「宮崎県」にいく機会があったら 必ず食べたいと思っていたもののひとつが「チキン南蛮」

“鶏のから揚げ + タルタルソース” の組み合わせは最強と思っているので、発祥の地で一度食べてみたかったのです。

 

今回 宮崎県の “高千穂” まで足をのばしたため、ついに現地でいただく機会が到来!

「ともえまる食堂」で おいしいチキン南蛮に出会うことができました。

さっそくご紹介します!

 

注意

今回は北海道ではなく「宮崎県」のお店の紹介となります

 

「ともえまる食堂」への アクセス方法

高千穂峡

高千穂といえば 観光地「高千穂峡」が有名

「ともえまる食堂」があるのは、宮崎県の “高千穂”。

渓谷がうつくしい観光地 “高千穂峡” がとても有名で、また日本神話にも登場する“天照大御神の岩戸隠れ” の舞台となった “天岩戸(あまのいわと)” があるのも ここなんです。

 

各都市から高千穂まで 車で移動した場合の おおまかな所要時間は 以下のとおり。

高千穂までの所要時間

  • 熊本県熊本市から ‥ 約2時間
  • 熊本県阿蘇市から ‥ 約1時間半
  • 大分県湯布院から ‥ 約1時間半
  • 大分県別府市から ‥ 約1時間半
  • 宮崎県延岡市から ‥ 約1時間

またバスを利用して向かうこともできます。

 

車で向かう場合

ともえまる食堂の外観

高千穂神社のすぐそばに “ともえまる食堂” はあります

車で向かう場合は 建物に向かって左側に駐車場がありますので、そちらを利用しましょう。

なお今回は 熊本市内から無料区間を利用して高千穂へむかったので、そのルートを以下に記載します。

熊本市内からのルート

  1. 熊本駅前から 「小池高山IC」をめざし 高速道路へ乗車(無料区間)
  2. 九州自動車道を終点まですすみ、降りたら “国道445号線” を 小池・高千穂方面へと進む
  3. 山都からは “国道225号線” を 延岡・高千穂方面へと進むと到着

所要時間は約2時間。 途中に “道の駅" もあるので、休憩にはピッタリ!

ちょっとしたドライブにもベターです。

 

公共交通機関を利用して向かう場合

高千穂への鉄道はありませんので、バスを利用して向かいましょう。

各バスについて

  • 福岡バスターミナル・天神などから向かう場合
    高速ごかぜ号 へ乗車(1日4便、要予約)
    ・運賃目安:約4000円~5000円
    【参考】宮崎交通 公式HP
  • 熊本駅・桜町バスターミナルなどから向かう場合
    たかちほ号 へ乗車(要予約)
    ・運賃目安:片道約2500円(往復乗車券 約4000円)
    【参考】宮崎交通 公式HP
  • 宮崎駅から向かう場合
    高速乗合バス 宮崎~高千穂線 へ乗車(要予約)
    ・運賃目安:約2500円
    【参考】宮崎交通 公式HP
  • 延岡駅から向かう場合
    路線バス 高千穂線 へ乗車

【参考】高千穂バスセンターからのルートを表示

 

店舗情報
【店名】ともえまる食堂
【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1265-13
【電話番号】0982-83-1166
【営業時間】11:00~14:00
【定休日】水曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】https://tomoemaru.jp/shokudo/
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

「ともえまる食堂」で 絶品チキン南蛮定食をいただきました!

チキン南蛮定食 800円

ともえまる食堂のチキン南蛮定食

ボリューム満点のチキン南蛮定食!

ひとつひとつが大きな “鶏もも肉の唐揚げ” に たっぷりとかかった “タルタルソース”。

これぞ 待ちのぞんでいた 元祖 “宮崎県” のチキン南蛮です!

チキン南蛮の発祥

“チキン南蛮” の発祥の地といわれているのは 宮崎県の “延岡市”。高千穂からは 約45kmと そこまで遠くはありません。

 

ともえまる食堂のチキン南蛮定食

たっぷりのタルタルソースが嬉しい限り!

揚げたての “鶏のから揚げ” は、勢いよく口にふくむと火傷しそうなほどアツアツ!

薄めの衣で しっかりとジューシー。鶏肉のうま味が口いっぱいに広がります♪

そして味の決め手は やっぱり “タルタルソース”!

 

ともえまる食堂のチキン南蛮定食

食べ応えバツグン!だけど何度でも食べたくなる。

たまごとマヨネーズの風味を感じる 本場のタルタルソースは、酸味と甘みが少し強め。

この酸味が “鶏のから揚げ” の油を中和して、コク深いのに口の中がとてもサッパリ!

箸がとまらず、アッという間に食べきってしまいました。

これに “ご飯・味噌汁・サラダ・小鉢” がセットとなって “800円” なのは、とてもリーズナブルです。

 

高千穂牛あぶり丼定食 1700円

ともえまる食堂の高千穂牛あぶり焼き定食

高千穂で食べたいもののひとつがこれ!

“高千穂牛” は、2007年に開かれた “第9回全国和牛能力共進会” で 日本一の称号 “内閣総理大臣賞” を受賞した 実績のあるお肉。

“肉質がやわらかく 脂に甘みがある” のが特徴で、高千穂の各店では この “高千穂牛” をつかったメニューを提供しています。

提供方法は店ごとにことなり すこし値は張りことが多いですが、高千穂にきたら ぜひ食べておきたい食材のひとつです。

 

ともえまる食堂の焼き台

炭火で香ばしく♪

“ともえまる食堂” では、この高千穂牛を “炭火” で豪快にあぶり どんぶりにのっけた “高千穂牛あぶり丼” が食べられます。

カウンター横の焼き台からは、炭火でお肉をあぶる “ジュ~” という 期待高まる音が。

炭の上に落ちた脂が火柱をあげ、食べる前から霜降り具合を語ってきます♪

 

ともえまる食堂の高千穂牛あぶり丼定食

盛り付けから美しい♪

こうして出てきた丼ぶりから ただよってくるのは、炭火焼きの香ばしさ♪

霜降りのお肉からは、とどまることなく うま味たっぷりの脂があふれてきます。

お肉のスジなんて どこにも見当たる節もなし。まさに “ス~ッととけて消えていく” という表現がピッタリ!

 

ともえまる食堂の高千穂牛あぶり丼定食

焼いたあとにもかかわらす サシが入っているのがわかる

あふれ出たお肉の脂は、ごはんの間を通りぬけ 丼ぶりの底にたまるくらいたっぷり!

お肉自体はとてもおいしいですが、脂が苦手な人には くどく感じるかもしれません。

ただし そこは良質で天然の脂なだけあって、食べたあとは意外とサッパリしていて、食後に もたれることもありませんでした。

 

「ともえまる食堂」の 店内の雰囲気

ともえまる食堂の店内の様子

長いカウンター席と奥に小上がりが数席

“ともえまる食堂” の雰囲気は、まさに昔ながらの食堂。

カウンター席と 小上がりが3卓のみの 全部で20数席分くらいと、店内はそこまで広くはありません。

ただし ランチタイムは 一人の方が多く 回転も早めなので、長時間待つことはあまりないでしょう。

 

「ともえまる食堂」の メニュー一覧

ともえまる食堂のメニュー一覧

“ともえまる食堂” では、チキン南蛮を中心とした色々なメニューが食べられます。

定食(サラダ・味噌汁・漬物付き)
高千穂牛あぶり丼定食1700円
チキン南蛮定食800円
チキン南蛮+高千穂牛コロッケ定食900円
チキン南蛮+白身フライ定食800円
広島産カキフライ定食700円
単品
高千穂牛あぶり丼1500円
チキン南蛮丼(並)700円
チキン南蛮丼(小)520円
チキン南蛮600円
牛丼550円
広島産カキフライ(5個)500円
高千穂牛コロッケ(1個)200円
白ごはん200円
うどん・そば(そばの場合+50円)
かけうどん(小)300円
かけうどん(並)450円
わかめうどん500円
きつねうどん520円
肉うどん600円
えび天うどん650円
大盛り+100円
丼ぶりセット
うどん並+南蛮丼小セット950円
南蛮丼並+うどん小セット980円
小盛セット(南蛮丼小+小うどん)800円
牛丼+うどん(並)セット980円
牛丼+うどん(小)セット830円

 

ともえまる食堂の高千穂牛あぶり丼

高千穂牛あぶり丼は数量限定!

ともえまる食堂の地鶏炭火焼定食

新登場の炭火焼き定食もおいしそう!

どもえまる食堂のざるそば

ざるそばもできます♪

 

「ともえまる食堂」の メニュー一覧

ともえまる食堂のお持ち帰りメニュー

“ともえまる食堂” では お弁当のテイクアウトも可能。

営業時間も “11:00~19:00” までと 利用しやすい時間帯なので、気軽にお店の味を自宅で楽しむことができます。

お弁当メニューおかずのみ
南蛮コロッケ弁当750円600円
チキン南蛮弁当600円500円
唐揚げ弁当550円450円
カキフライ弁当600円500円
トンカツ弁当650円550円
牛丼500円-
単品
智恵丸特製地鶏炭火焼600円
高千穂牛コロッケ200円
ファミリーセット(南蛮・唐揚げ 4人前)1800円

 

さいごに

ともえまる食堂の看板

営業は 11:00 から

今回は 宮崎県 “高千穂” の “チキン南蛮” が食べられるお店「ともえまる食堂」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

チキン南蛮の本場 宮崎県で食べた “ともえまる食堂” のチキン南蛮の魅力は 以下のとおり。

チキン南蛮の魅力

  • ゴロンゴロンと大きな “鶏もも肉のから揚げ” が5個 と ボリューム満点!
  • 酸味の効いた “タルタルソース” で さっぱりおいしく食べられる
  • 定食にしても 800円と リーズナブルなのがまたうれしい!

“高千穂神社” からも 目と鼻の先にあるので、観光の際に合わせて立ち寄るのがベスト。

おいしいチキン南蛮と高千穂牛で、お腹も心も満たされてみてくださいね!

 

店舗情報
【店名】ともえまる食堂
【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1265-13
【電話番号】0982-83-1166
【営業時間】11:00~14:00
【定休日】水曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】https://tomoemaru.jp/shokudo/
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.