ポポラーレ

ポポラーレ/苫小牧市/ベレット窯の焼きたてピザ!2021年オープンの新店

   

 

“苫小牧市” で ランチが食べられる おすすめのお店が知りたい!
できるだけ肩ひじ張らない オシャレなお店がいいな~♪
もちろん しっかり美味しい料理が食べたい ^^

 

2021年7月21日オープン!

注目の新店「pizzeria popolare(ピッツェリア ポポラーレ)」で 香り豊かな “ピッツア” はいかがでしょう!

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

苫小牧市の中心部から ちょっと外れた “JR 糸井駅前” に 誕生した 「pizzeria popolare(ピッツェリア ポポラーレ)」

 

ポイント

  • ポポラーレ = イタリア語で「気軽に、庶民的な」
  • 木質燃料 “ペレット” を使った ピザ窯を使い、高温・短時間で 一気に焼き上げる! 
  • “薪” で調理したような香りが特徴的で、ふっくらとした 生地の食感が楽しめる♪

 

遠方から来る グルメな方々はもちろん、お一人様でも気軽に来てほしいとの思いが ギュッと詰まったお店です♪

 

 

「ポポラーレ」自慢の逸品 “マリナーラ”!

「ピッツェリア ポポラーレ」の マリナーラ

マリナーラ 880円

“ピッツェリア ポポラーレ”、自慢の一品が「マリナーラ」。

 

ポイント

  • 酸味が少なく、加熱することで 香りや甘みが強くなる イタリアントマト “サン・マルツァーノ” の ソースを使用 ^^
  • あえて チーズを使わないことで “ピザ生地の質感” を前面に押しだした 通好みの逸品♪
  • 高温の “ベレット窯” を使い 一気に焼き上げることで生まれる “ふっくらとした食感

 

マリナーラソース は、「トマトとにんにく、オリーブオイルなどを 基本の材料とした トマトソース」のこと。

チーズを使わず シンプルな素材で仕上げるピザなので、普段とは一味違った トマトの持つ 味や香りが楽しめることでしょう♪

 

ピッツェリアポポラーレのマリナーラ

もっちりとした 生地の食感が 特徴的♪

本場イタリア産小麦を オリジナルの配合でブレンドし、“高温のピザ窯” で 一気に焼き上げ ^^

生地に含んだ水分をギュッと閉じ込めることで、ふっくらとした生地の食感・質感が より際立つんだそうです!

 

高温のオーブンが 約200℃ くらいなのに対し、高温のピザ窯は 約500℃!

家庭では 決してマネできない仕上がりなので、生地の 美味しいピザは お店で食べるのがおすすめ ^^

 

「ポポラーレ」の ピザ窯は、道内でも珍しい “ベレット窯” を使用⁉

ピッツェリアポポラーレのピザ窯

ベレット燃料を使うピザ窯は、苫小牧では珍しいのだとか…

生地の “食感・風味” を生み出しているのが、この ピザ窯。

 

ポイント

  • ピザ窯の燃料には ペレット(木くずなどを 粉にし 水分を飛ばして固め、粒状にした燃料)を使用
  • ほんのりと ピザに移る “木の香り” が おいしさを 更に引き立てる ^^
  • 地元産の ペレットを使用しているので、食材だけでなく 燃料まで 地産地消に貢献

 

ふっくら・モッチリとした食感の秘密が、このピザ窯。

ベレット窯だからこそできる 香りを含め、この続きは 実際に食べて 体感してみてくださいね♪

 

「ポポラーレ」の その他の メニュー一覧

ポポラーレのランチメニュー

ポポラーレ の その他のメニューを、一覧でご紹介します♪

※ 2021年8月16時点、メニュー・価格は変更する可能性があります

 

ピッツア価格(税込)
マルゲリータ1210円
マリナーラ880円
道産キノコのフンギ1380円
贅沢4種のチーズピッツア1760円
生ハムのサラダピッツア1680円
焼き野菜のピッツア1480円
モルタデッラ1280円
しらすと長葱のピッツア1280円
パスタ価格(税込)
あなた好みのパスタ880円~
アクアパッツア1280円
仔羊のロースト2300円
牛ほほ肉の赤ワイン煮2800円
フォカッチャ220円
豚バラ肉の白ワイン煮980円
アンティパスト価格(税込)
アランチーニ580円
ゼッポリーニ580円
アフェッタートミスト880円
牛トリッパのトマト煮980円
冷製カポナータ680円
本日のカルパッチョ980円
チーズ三種盛り合わせ1200円
ピクルス盛り合わせ580円
ドルチェ価格(税込)
ティラミス500円
カタラーナ500円
バニラジェラート400円
アフォガード600円

 

 

その他、ランチタイムには お得なセットメニューなども有!

お店の詳しい情報は 公式 instagram で 確認してみよう

⇒ ポポラーレ instagram へ

 

「ポポラーレ」の店内、カジュアルな雰囲気で 入りやすさ◎♪

“ポポラーレ” の 雰囲気は カジュアルという言葉がピッタリで、誰でも 肩ひじ張らずに入れる様な 雰囲気の良さが特徴的♪

 

基本 2~4人がけの テーブル席が多いですが、1人でも 気軽に入れる カウンター席も準備しています

お一人様でも グループでも、時には 貸し切りにも対応できる 適度なキャパシティのお店です♪

 

ピッツェリアポポラーレの店内の様子

グループでも 貸し切りでも 応相談!

ここで 腕を振るうのは、長年 料理に精通してきた 異色の経歴を持つ シェフ。

 

▼ シェフの経歴

  1. 菓子製造
  2. イタリアンレストラン
  3. 精肉店勤務

 

それぞれで培った技術と 食材販売で養った知見が 融合し、ポポラーレ自慢の 数々のメニューが誕生している訳なんです!

 

「ポポラーレ」への アクセス方法

“ピッツェリア ポポラーレ” に 向かう場合は、“車” か “電車” を利用するのが おすすめ!

“JR 糸井駅” からも 目と鼻の先くらいの距離なので、車を利用しない場合でも アクセスは良好です♪

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

ポポラーレ” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

  • JR「糸井 駅」から 約120m、徒歩 約1分
     ⇒ ルートを確認
  • 道南バス「糸井駅前 停」から 約250m、徒歩 約3分
     01番 永福三条線 乗車
    ⇒ ルートを確認
  • 道南バス「糸井駅通 停」から 約450m、徒歩 約6分
     17番 錦岡線、19番 はまなす団地線 乗車
    ⇒ ルートを確認

 

JR 糸井駅 南口 から外へでて、そのまま真っすぐ 海の方向へ向かうと、すぐにお店が見えてくるはずです。

 

「車」を利用して 向かう場合

“ポポラーレ” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおりです。

 

 

“ポポラーレ” には 駐車場が 設けられています。

店舗となりに 2台分 が確保されていますが、満車の場合は 一度スタッフさんに声をかけてみてください

 

「ポポラーレ」の 店舗概要 住所・電話番号は?

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】pizzeria popolare(ピッツェリア ポポラーレ)
【住所】北海道苫小牧市日吉町3丁目9-6
【電話番号】050-8881-4982
【営業時間】11:00~14:30、17:00~21:00
【定休日】水曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】facebook / instagram
【外部サイト】Yahoo! ロコ /
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

「ポポラーレ」まとめ

ピッツェリアポポラーレの店内

今回は 苫小牧市にある “ふっくらとした生地” が自慢の ピザ屋さん 「ピッツェリア ポポラーレ」 をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポポラーレ で

自慢の焼きたて アツアツの “マリナーラ” を楽しもう!

 

ポイント

  • ポポラーレ = イタリア語で「気軽に、庶民的な」
  • 木質燃料 “ペレット” を使った ピザ窯を使い、高温・短時間で 一気に焼き上げる! 
  • “薪” で調理したような香りが特徴的で、ふっくらとした 生地の食感が楽しめる♪

 

実は 今回、わたしは お店に食べに行ってません… (^^;

お店の方から ご連絡をいただき、ご紹介するにとどまってます(注:ステマでは ありません)。

 

通常 このパターンだと 掲載を断るのが いつもの モグトリップ(食べてないものを あまりご紹介したくないので…)なのですが…

  • ① いただいた写真が しっかりと美味しそうだった♪
  • ② 文面から伝わってくる印象が とても誠実そうだった ^^

ことから、今回 例外的に ご紹介させていただきました m(__)m

おすすめの メニューと聞かれた時に チーズを使わないピザ “マリナーラ” を持ってきたところから…

きっと 味にも自信があるのだろうと 感じたことも要因のひとつ ^^♪

 

料理の 特徴などは お店の方からいただいた情報を元に掲載していますが、きっと 噓偽りない 確かな味わいなのでしょう!

苫小牧で 焼きたて・モチモチの ピッツアが食べたくなったら、ぜひ 足を運んでみてくださいね!!

 

 

その他 周辺のお店をチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.