「第8回十勝若牛®アスパラまつり」に参加!十勝のブランド牛「十勝若牛®」と特産品「アスパラ」を使った数々の料理に舌鼓

2019-07-02

   

 

突然ですが「十勝若牛®」って知っていますか?

十勝若牛®は道東の「十勝清水町」でのみ生産されているブランド牛。
赤身肉の旨さにこだわった、低脂肪・低カロリーで柔らかい肉質が特徴の牛肉です!

 

十勝若牛®の詳しい特徴

「十勝若牛®」は、飼料の種類や給餌方法など、JA十勝清水町が生産者と共に、長年かけて開発した独自の肥育方法で育てており、「生後約14ヶ月」の肥育期間が「赤身肉の旨味」を引き出しています。赤身肉のおいしさが一番ピークになる時期のお肉なので、脂肪含有量が少なく、低脂肪・低カロリーで食べやすいのが特徴です。

サシの味わいを追究した和牛ではなく、近年ブームとなりつつある国産牛の赤身肉でもない。ホルスタイン種の赤身肉という点が、これまでにない新しい価値観の創造、「十勝若牛®」となりました。

※ 公式HPより引用(http://www.ja-tokachishimizu.jp/fs/jats/c/gr1

 

2019年6月8日、
そんな十勝若牛®と、同じく十勝清水町の特産品「アスパラ」を、手ごろにお腹いっぱい楽しむことができる「十勝若牛®アスパラまつり」に行ってきました!

今回はこの「十勝若牛®アスパラまつり」の様子をお届けします。
来年も開催され(るはず?)ますので、本記事を読んで次回開催に備えて下さいね!

 

青空の下、炭火で食べる極上の十勝若牛®バーベキュー!

今回で第8回目をむかえた「十勝若牛®アスパラまつり」。
当日の天気予報は曇りにもかかわらず、時間が経つにつれ満点の青空へ!

この日の来場者数は過去最高を更新し、実に7500人を超える人が集まったのだとか!

 

まつりのメインは「十勝若牛®」バーベキュー!

「1人前 1,900円」の焼肉セットを購入し、炭火で焼いていただきます。
十勝若牛®300gは「ロース」と「ハラミ」の2種類。
他、アスパラ100gに、たれ、皿、箸でワンセットでした。

 

まずは引換券を購入。
引換券を手に引換所に移動し、焼肉セットを受け取りましょう。

なお2019年開催時には、
お得な前売券が「1人前 1600円」で販売していました!
JA十勝清水やチケットぴあ、セブンイレブンなどで購入ができましたので、事前にチェックしてみて下さい。

 

焼肉セットを受け取ったら、さっそくお肉を焼いていきましょう!

網にのせたとたん響くジュ~っ!っという音!
肉汁が溢れだし、次から次へと炭の上に落ちていきます。
口に運ぶと、広がるのはお肉の甘さと上質な旨味。
適度な脂なのであまりくどさを感じず、どんどん箸が進みます!

 

ふっくら柔らかで適度な脂のロースと、しっかり弾力も感じられるハラミ。
それぞれ異なる食感で、しっかり火が通っても固くならず美味しく食べられました。

太くて長いアスパラガスもみずみずしく、
断面からは水滴がポタポタと垂れてくる程!
火を通した分、甘みが更に増し、
お肉の脂を優しく受け止めてくれます。

なお会場のあちこちにある炭焼き台には、
スタッフの方が適時炭を運んできてくれていました。

 

大盛況!アスパラ販売には長蛇の列が…

十勝若牛®バーベキューと並ぶ、もう一つのメインイベント。
それが 特産品「アスパラ」の販売

500円のと1000円の袋が販売されていましたが、どちらにも立派なアスパラがたっぷり!
お値段以上のお得さです。

 

まつり開始の10時まで、あと30分ほど。
にもかかわらず、アスパラ販売には長蛇の列が!

とても美味しいアスパラでしたもの。
大盛況なのも納得です。

 

焼肉以外も!十勝若牛®やアスパラの旨さを色々な形で楽しもう!

十勝若牛®タン塩焼き 800円

焼肉も美味しいけれど、それ以外の商品ももちろん美味!
中には売切れ必須なものもあるので、早めに手に入れてしまいましょう。

コリコリと食感の良い牛タン焼き(写真手前)は、
弾力のよさと適度な塩コショウが◎!

 

十勝若牛®ロースステーキ 1000円

赤身っぽさが前面に出た断面からは想像もつかないほど、
しっとりジューシーでしっかりとした満足感。
パサつくことなど全くなく、ひと口ごとに広がる肉汁。

これが1000円で食べられるなんて‥。
焼肉も美味しいけれど、厚みのあるステーキもまた旨い!

 

購入したのは「十勝若牛®」さん、オフィシャルのブース。
他にも「十勝清水牛玉メンチ」1個300円や、「十勝若牛®肩ロース丸焼き」1皿500円の販売も行っていました。

 

冷凍の十勝若牛®の販売や、その他ブースの一部をご紹介

会場内では冷凍の十勝若牛®の購入も可能。

ハンバーグやメンチカツの他、
ロースステーキやヒレステーキも販売されていました。
なおロースステーキは、会場で食べたものと同じ1000円。
家庭でもこの味を食べたい方は、迷わず買いです!

 

その他にも、会場内には十勝若牛®やアスパラを使ったメニューがたくさん!

ご当地グルメ「十勝清水牛玉ステーキ丼」や、
清水高校の学生による「アスパラトルタ」の販売も行っていました。

 

十勝若牛®を使ったカツサンド。
他のブースではハンバーガーも販売されていました。

 

中にはこんなものも!

牛の模型を使った「乳搾り体験」。
親子でも楽しめそうですね。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?

十勝若牛®アスパラまつりは、
十勝清水の特産品「十勝若牛®」と「アスパラ」、
またそれを使った商品が一堂に会した素敵なおまつりでした!

この記事を読んで興味を持った方は、
来年ぜひ参加してみて下さいね。

また来年まで待てない!という方は、
インターネットから焼肉用の十勝若牛®(ハラミ)の購入が可能ですよ。

 

第8回 十勝若牛®アスパラまつり

【会場住所】 北海道上川郡清水町北2条8丁目 ホクレン清水製糖工場広場
【開催日時】 2019年6月9日 
【営業時間】 10:00 〜 14:00
【駐車場】  あり
【公式HP】 https://www.ja-shimizu.or.jp/(JA十勝清水)

 

近くのスポットをチェック

【帯広】Wolt(ウォルト)完全ガイド|お得なクーポンやおすすめメニュー

     自宅にいながら お店の味が楽しめる フードデリバリーサービス 「Wolt(ウォルト)」。   北海道でサービスを展開しているのは、以下の5都市です。 北海道で利用可能な都市 札幌 旭川 函館 千歳 帯広   そこで今回は 2021年8月19日よりサービスが開始された、「帯広市」での ウォルト サービス内容について徹底解説!   この記事でわかること Wolt(ウォルト)帯広 の 詳しい内容 Wolt の サービス内容について Wolt の サービス利用方法 ...

帯広「森のスパリゾート 北海道ホテル」!モール温泉の客室露天風呂と最高の朝食!

     どーも、tomo.(⇒ プロフィール・Twitter)です   帯広市のリゾートホテルなら「森のスパリゾート 北海道ホテル」が かなりおすすめ! おすすめポイント 100年以上続く歴史と 豊かな自然 北海道遺産に選定された "モール温泉” と、大人気の “セルフロウリュ” 十勝産の素材にこだわった 贅沢な朝食   周辺観光と合わせて楽しむのも良いですが‥ のんびりとホテル自体を満喫してほしい! 本記事では、そんな “森のスパリゾート 北海道ホテル” の魅力と楽しみ方 ...

「十勝川温泉第一ホテル 豊州亭」に宿泊!最高に贅沢なひと時を過ごすならここ!

     どーも、tomo.(⇒ プロフィール・Twitter)です   道東の一大温泉地「十勝川温泉」。 帯広市のお隣「音更町」にあり、“北海道遺産” にも選定された「モール温泉」がとても有名です。   そんな十勝川温泉でおすすめの温泉宿といえば「十勝川温泉第一ホテル 豊州亭」! 豊州亭おすすめポイント 北海道遺産にも選定された「モール温泉」が楽しめる 全室「客室露天風呂」付きで スイート使用 十勝川を見渡せるバツグンのロケーション   ホテルの雰囲気を一言であら ...

ランチョエルパソ/帯広市/どろぶたは幸せの味?!放牧豚の変わりダネ豚丼が斬新でおいしい♡

     こんにちは! グルメライター 高井なお(⇒プロフィール・Instagram)です^^   北海道で”豚丼”といえば「帯広」。 今回は、帯広の「Rancho Elpaso(ランチョ・エルパソ)」さんで食べた変わりダネの豚丼を紹介したいと思います!   使用する豚肉にもかなりこだわっているようで、自社で育成する ”幸せな豚” が味わえるのだとか。   「幸せな豚 ……?!」 あなたはどんな豚だと思いますか?   答えはこちら! 豚舎ではなく豚が自由に ...

六’cafe(ロッカフェ)/中札内村/マルセイバターサンドのできたては若々しい?!北海道唯一の味を体験できる六花の森

     こんにちは! グルメライター 高井なお(⇒プロフィール・Instagram)です^^   今や北海道土産の代名詞ともいえる、六花亭の「マルセイバターサンド」。 安全で美味しいロングセラー商品。 わたしも普段からよくお世話になっているお菓子です♪   関連記事六花亭 極楽 札幌/2月20日オープン!ポイントで利用可のラウンジを徹底解説! 関連記事六花亭 極楽 帯広 /巻き立てフワフワの極楽ロール♪お得意さま専用ラウンジ限定のスイーツが絶品ぞろいで最強だった &nbsp ...





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.