大雪地ビール

旭川「大雪地ビール館」でクラフトビール&ジンギスカン!ランチメニューも有♪

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

旭川のビール工房「大雪地ビール館」は、自家製の “クラフトビール” と 北海道名物 “ジンギスカン” を 楽しめる名店!

 

ポイント

  1. 1996年創業、北海道産の農産物使用にこだわった “クラフトビール工房” ♪
  2. 明治時代に建てられた 旧上川倉庫株式会社の倉庫を再利用した 店舗の雰囲気が ◎! 
  3. 出来たての “地ビール” と一緒に、北海道の名物料理 “ジンギスカン” も楽しめる♪

 

総席数 200席の大ホールで食べる アツアツのジンギスカンは、もう最高の一言!

天井が高くてと~っても広い赤レンガの建物は とにかく雰囲気が良く、特に 観光の場合 に 楽しめるでしょう ^^

 

 

大雪地ビール館 って「どんなお店」?

大雪地ビール館 外観

旧上川倉庫群を改装した 大雪地ビール館の外観

大雪地ビール館 は、国の登録有形文化財 “旧上川倉庫群” を改装してつくられた施設「蔵囲夢」の 一画にあるお店。

かつて倉庫として使われていた赤レンガ造りの建物を中心に 計7棟が立ち並んでいて、外観も内観も とにかく雰囲気がバツグンにイイんです!

 

大雪地ビール館 ビール釜

ビール製造用の大きな釜も 見学可能

大雪地ビール館 クラフトビール

冷蔵庫の中には 販売用 “地ビール” が ずら~っと並んでいます

メインは “クラフトビールの醸造” で、店内でいただく 出来たてのビールは また格別♪

もちろん ビールだけでなく食事もでき、特に 広~いホールで食べる 北海道名物 “ジンギスカン” が またたまりません ^^

 

tomo.
お店自慢の “ビール” と “ジンギスカン” を、真っ昼間から楽しめる良店!

特に 旭川では 昼からジンギスカンを食べられるお店が少ないため、とっても重宝します♪

 

 スポンサードリンク

 

大雪地ビール館 の「ジンギスカンセット」を 実食!

大雪地ビール館 ジンギスカンランチセット

「生ラムジンギスカンランチ 1800円」

大雪地ビール館 ジンギスカン鍋

ジン鍋で焼いていただきましょう!

こちらのお店で おすすめなのが “ジンギスカン”♪

北海道のビアホールでは鉄板で、ここ 大雪地ビール館でも メインメニューのひとつです!

 

ランチセット内容

  • 生ラム
  • その他 野菜・ライス・味噌汁・漬物

 

大雪地ビール館 生ラムジンギスカン

厚めのラム肉が 6~7切れ程度

大雪地ビール館 セットの焼き野菜

パッと見は 少なめの野菜、ですが 食べてみると ちょうど良い量 ^^

大雪地ビール館 ジンギスカン

ジン鍋に 脂をひいたら、野菜とお肉を乗せていきましょう

大雪地ビール館 ジンギスカン

両面の色がサーっと変わったら、もう食べごろ♪

大雪地ビール館 ジンギスカンを付けダレにで食べる

サラサラで 甘みの少ない、醤油ベースのタレでいただきます

厚みがあって 適度に脂が乗った、とってもおいしいジンギスカン♪

見た感じは 少なそうに見えるけど、実はしっかり満足できて 決して食べすぎではないベストな量!

 

tomo.
臭みが少ないお肉で、苦手な方でも食べやすい ☑

適度な風味と 程よい脂のコクが楽しめる、まさに “北海道のジンギスカン!” が 味わえます ^^

 

味もさることながら、お昼からジンギスカンが食べられる 貴重な一店だという点にも注目。

旭川では 昼にジンギスカンが食べられるお店がとっても少ないので、特に 時間が限られる場合などに ぜひ向かってみてください。

 

 スポンサードリンク

 

大雪地ビール館 の「メニュー一覧」

大雪地ビール館 メニュー表

大雪地ビール館 メニュー表

 

tomo.
その他の メニューは、下の表で 確認しましょう♪

※ 2022年 8月現在の メニューと価格です

 

 

大雪地ビール館 メニュー表

その他、週替わりランチなどもあり

大雪地ビール館 モクテルメニュー表

ノンアルコールカクテル「モクテル」、ドライバーはこちらをどうぞ

ジンギスカンの他に “ラーメン” なども食べられ、ランチタイムには ハンバーグやカレーなどの メニューも多々あり。

自慢の “地ビール” と一緒に、おいしいご飯を楽しみましょう♪

 

大雪地ビール館 の「テイクアウトメニュー」も 確認!

 

大雪地ビール館 では、一部商品の「テイクアウト」も可能 ☑

各種お弁当や 自宅で楽しめる “ジンギスカンセット” など、メニューは かなり充実しています ^^

 

▼ 2022年8月訪問時のテイクアウトメニュー

 

なお テイクアウトの場合は、事前の電話予約がベスト!

下に記載する電話番号に、あらかじめ連絡しておきましょう。

 

連絡先

  • 【電話番号】
    ・0166-25-0400
  • 【営業時間・定休】
    ・11:30~13:45、17:00~21:30
    ・近隣一部地域のみ 1500円以上注文で 宅配も可(詳細要問合せ)

 

 スポンサードリンク

 

大雪地ビール館 の「クラフトビール」に ついて

~準備中~

 

大雪地ビール館 の「店内の様子」

大雪地ビール館 店内の様子

2階まで吹き抜けの 広~いホールでいただきます♪

“大雪地ビール館” の店内は 全部で 200席程で、一階席・二階席があります。

すべて テーブル席 で、席によって あらかじめジンギスカン用のコンロが設置されています。

 

tomo.
これだけ広けりゃ、入れないということは ほぼ無し♪

この日は 平日開店直後の 11:30 過ぎに伺いましたが、先客は2人。ランチタイムにかけて さらに5~6組のお客さんが来ていましたが、まだまだ席に余裕がありそうでした ^^

 

大雪地ビール館 クラフトビール

入ってすぐの冷蔵庫には 販売用 “地ビール” が ずら~っと並んでいます

大雪地ビール館 ビール釜

ビール製造用の大きな釜も 見学可能

お店に入って すぐ左手には、ビール醸造用の大きなビール釜!

隣の冷蔵庫の中に 製造された地ビールが ずら~っと並んでいるので、気になるものは 合わせて買って帰るのがおすすめです ^^

 

大雪地ビール館 の「アクセス方法」

大雪地ビール館 建物外観

大雪地ビール館のある 赤レンガ倉庫群 “蔵囲夢”

“大雪地ビール館” があるのは、旭川駅から 徒歩5分のところにある レンガ倉庫群 “蔵囲夢(くらいむ)” の 一画。

お店の認証を受ければ 施設駐車場が無料となるので、“車” か “電車” を利用して向かうのが おすすめです ^^

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

大雪地ビール館 店舗外観

白い建物(上川倉庫事務所)の奥にあるのが 地ビール館 ^^

“大雪地ビール館” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒「旭川電気軌道」公式HP へ

 

大雪地ビール館 最寄りのバス停

バスで向かう場合は 旭川電気軌道 “宮下11丁目” 停の目の前です

中心部にさえいれば、どこからでも 十分に徒歩で向かえる距離。

旭川駅からでも 徒歩5分くらいで、アッという間に到着です♪

 

「車」を利用して 向かう場合

大雪地ビール館 店舗外観

お店は 雰囲気バツグンな、赤レンガ造りの建物

“大雪地ビール館” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

大雪地ビール館 蔵囲夢 駐車場

施設の横に 施設の有料駐車場があります

大雪地ビール館 駐車場

東横イン の 第2駐車場と兼用

蔵囲夢 大雪地ビール館 駐車場料金

駐車料金は 100円/30分、営業時間は 10:00~22:00

施設の東側に 蔵囲夢の “有料駐車場” があるので、こちらの利用が可能。

店内で駐車券の認証を受ければ、無料で利用することができますよ ^^

 

大雪地ビール館 の「店舗概要」住所・電話番号

蔵囲夢の様子

赤レンガ倉庫が並ぶ 周辺の雰囲気も楽しみましょう

お店の場所は、旭川駅から 徒歩5分のところにある レンガ倉庫群 “蔵囲夢(くらいむ)” の 一画。

詳細な住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】大雪地ビール館
【住所】北海道旭川市宮下通11丁目1604-1
【電話番号】0166-25-0400
【営業時間】11:30~14:00(ランチ)、14:00~17:00(ティータイム)、17:00~22:00(ディナー)
※ ティータイムは当面クローズ・HP要確認
【定休日】12/31・1/1
【駐車場】あり(施設駐車場・駐車券認証必要)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP / facebook
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「大雪地ビール館」の 口コミ

 

大雪地ビール館 まとめ

大雪地ビール館 看板

旭川で造られた 新鮮な “クラフトビール” と “ジンギスカン” を楽しめる「大雪地ビール館」は、とってもおすすめ!

 

ポイント

  • 1996年創業、北海道産の農産物使用にこだわった “クラフトビール工房” ♪
  • 明治時代に建てられた 旧上川倉庫株式会社の倉庫を再利用した 店舗の雰囲気が ◎! 
  • 出来たての “地ビール” と一緒に、北海道の名物料理 “ジンギスカン” も楽しめる♪

 

とっても広くて 天井も高いので、煙が充満することもなし ◎

自慢のクラフトビールは お店で飲むのはもちろん、買って帰って 自宅でも楽しんでしまいましょう!!

 

 

その他 旭川のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。