札幌市内とその近郊の湧水・名水スポット一覧

2020-05-30

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

人口190万人をほこる政令指定都市 "札幌市” ですが、市内・近郊には豊かな自然があふれています。

その中から 今回特集するのは、札幌市内・近郊の「湧き水」

北海道の大地の恵みをふんだんに含んだ ミネラルたっぷり の湧き水は、料理の味を引き立て、美味しいコーヒーを淹れるのにもピッタリ!

車で気軽に向かうことができる取水場が多いので、本記事を読んで美味しい湧き水をゲットしてくださいね!

 

札幌市内にある湧水

清田区:有明の名水

キレイに整備された 有明の名水 取水場

キレイに整備された 有明の名水 取水場

札幌市内の湧水といえば “清田区” にある「有明の名水」

“滝野すずらん丘陵公園” へと続く “道道341号線” のそばにあり、札幌市内では一番キレイな取水場です!

清田区側から向かう場合は “有明小学校” の手前で左折。“厚別川” を越えたすぐ先にあります。

 

有明の名水の協力金は1回100円

協力金は1回100円です

取水口は全部で3ヶ所。すぐ目の前まで車で入ることができるので 持ち運びもラクラク!

屋根もあり荒天時でも利便性バツグン。施設の維持管理のため、1回100円の協力金を入れてから使用しましょう。

 

有明の名水

【住 所】 北海道札幌市清田区有明117
【料 金】 1回100円

【関連記事】

有明の名水|清田区で水を汲むならここ!アクセス方法や注意点などを解説

    

続きを見る

 

南区:豊滝龍神の水

「豊滝龍神の水」の取水口

豊滝龍神の水 の取水口

札幌市 “南区” にも湧水を汲むことができるスポットがありました。

それが南区の奥深くにある私設動物園 “ノースサファリサッポロ” から程近くにある「豊滝龍神の水」

 

「豊滝龍神の水」の2棟並んだプレハブ

2棟並んだプレハブで物置ができます

“盤龍山信行院” という宗教法人が管理する神社の境内にあり、取水口は計3ヶ所。

敷地内に入ってから 少し砂利道が続くので、特に運転に不慣れな方は十分に気をつけて向かいましょう。

 

豊滝龍神の水

【住 所】 北海道札幌市札幌市南区豊滝1173
【HP】 https://www.ryuzinnomizu.com/

【関連記事】

豊滝龍神の水|札幌にいながら美味しい水をゲット!アクセス方法や注意点など

    

続きを見る

 

白石区:白石神社

白石神社の境内

白石神社の境内

国道12号線から程近くの “南郷14丁目北” にある「白石神社」にも 湧水がありました。

 

白石神社の中にあり立派な池

白石神社の中にはこんなに立派な池が!

本殿脇にある石段を下ると、庭園と呼ぶにふさわしい 立派な木々や池が広がる空間があらわれます!

湧水を汲むだけではなく 散歩にもピッタリ! 暑い夏でも涼しいくらいで、都会にいることを忘れるくらいです。

 

白石神社の湧水

白石神社の湧水がこちら

湧水は池の一角から流れています。

取水口は1ヶ所。蛇口などが整備されている訳ではないので 汲みにくいかも知れません。

また駐車場から結構はなれているので、たくさん汲むには不向きです。

 

白石神社

【住 所】 北海道札幌市白石区本通14丁目北1-12
【HP】 https://hokkaidojinjacho.jp/%E7%99%BD%E7%9F%B3%E7%A5%9E%E7%A4%BE/

 

札幌近郊にある湧水

北広島市:アンビ・ウォーター

札幌近郊で一番きれいな取水場が “北広島市” にある 私設の湧水スポット 「アンビ・ウォーター」です。

名前の由来は “北広島市島松” に所縁のある あの “クラーク博士” の有名なセリフ “ボーイズ・ビー・アンビシャス” の “アンビ” から。

 

しっかりととのった8ヶ所の取水口から、絶えず豊富な水が湧きだす好スポット!屋根もあるので雨天時でも安心です。

40リットルごとに100円かかりますが、それ以上の価値がある取水場です。

 

アンビ・ウォーターに含まれる “サルフェート” という成分は、デトックス効果や美容効果が期待できるそう。

ただし過剰摂取はお腹を下す原因となる様なので、飲みすぎは注意です。

 

アンビ・ウォーター(Ambi・Water)

【住 所】 北海道北広島市島松557番地
【料 金】 40ℓごとに100円
【HP】 http://ambiwater.com/

【関連記事】

アンビ・ウォーター
クラーク博士ゆかりの地 ”北広島市” の湧水「アンビ・ウォーター」は支笏湖系の天然水!

    

続きを見る

 

長沼町:マオイの名水

札幌から車で1時間ほどの “長沼町" にあるのが 「馬追の名水」

温泉やキャンプ場などが集まった “マオイオートランド” から程近い “馬追山” のふもとにあります。

 

馬追の名水の取水口は 全部で3ヶ所。水量は多くはなく、タンク1つが満タンになるまでそこそこ時間がかかります。

それもそのはず、源水はここから4㎞先にある山の中なのだそう。

 

設備の維持にもお金がかかっていると思われるので、取水時は応分の協力金をご提供下さい。

 

馬追の名水

【住 所】 北海道長沼町東8線北3番地
【営 業】 7:00~17:00
【駐車場】 あり

※ 生水のため、引用は自己責任でお願いします。

【関連記事】

馬追の名水
札幌から車で約1時間‥、長沼町の私設湧水スポット「馬追の名水」!馬追山の恵みを体中で味わおう!

   札幌から車で1時間ほどの「長沼町」。 道内でも有数の米どころで、29年産米の食味ランキングでも ...

続きを見る

 

【番外編】試飲のみすることができる汲み上げ水

中央区:千秋庵札幌本店(試飲のみ)

千秋庵札幌本店は建物の1階

千秋庵札幌本店のある建物 “ザ・ノット札幌”

“千秋庵札幌本店” があるのは札幌市の中心部で “札幌駅” と “中島公園” の間を南北に走る "駅前通” 沿い。

"大通” と "すすきの” の中間(多少すすきの寄り)になります。

 

千秋庵札幌本店の店内の様子

千秋庵札幌本店の店内の様子

”千秋庵札幌本店“ では お菓子作り に使われる “仕込水” の試飲をすることができます。

地下90mからくみ上げた地下水は自由に試飲が可能。訪れた際には 始めにいただくことをおススメします。

 

千秋庵札幌本店

【住 所】 札幌市中央区南3条西3丁目
【電話番号】 011-205-0207
【営業時間】 10:00~20:00
【HP】 https://senshuan.co.jp/about/company-profile/honten/

【関連記事】

札幌千秋庵新本店/札幌市/4/24にリニューアルオープン!焼きたてノースマン粒あんは必食!

    

続きを見る

 

中央区:千歳鶴酒ミュージアム(試飲のみ)

千歳鶴酒ミュージアムの外観

千歳鶴酒ミュージアムの外観

試飲可能な千歳鶴の仕込水

「千歳鶴酒ミュージアム」では、日本酒の製造に使われる “仕込水” の試飲が可能。

地下深くからくみ上げた ”豊平河川系” の天然の伏流水です。

 

千歳鶴酒ミュージアムの試飲用のお酒

その時々で変わるラインナップ

店内では日本酒の試飲もできるので、まずは元となる “水” を味わってから試飲に挑みましょう!

 

千歳鶴酒ミュージアム

【住 所】 札幌市中央区南3条東5丁目1
【電話番号】 011-221-7570
【営業時間】 10:00~18:00
【定休日】 年末年始
【HP】 https://www.nipponseishu.co.jp/museum/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

札幌という大都市やその近郊でも、湧き水を汲むことのできるスポットがこれだけ点在します。

どこも車がなければ向かうのに苦労する場所ですが、美味しい湧き水をぜひ味わってみて下さい。

 

なおどこの取水場でも起こる問題が、"長時間の独占” と "使用料金の未払”。

湧き水を汲むことができるのは 他人の私有地等の場合が多いので、好意で汲ませていただいているということを忘れないでください。

取水口の独占はせず、マナーを守って利用しましょう!

 

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.