春別

手打蕎麦春別/名物「つぶ昆そば」を小樽銭函で!メニューや店内・アクセス方法など

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

小樽市の郊外で、札幌からの海水浴客が 集まる “銭函エリア”。

ここにある「手打蕎麦 春別」では、名物 “つぶ昆そば” が とっても有名!

 

ポイント

  1. 2014年に 浦河町から銭函に移転、創業から30年以上続く 歴史あるお店 ^^
  2. 幌加内産のそば粉を使った 一・九蕎麦を提供♪
  3. 日高産の海産物を使った 名物 “つぶ昆そば” が 大人気!

 

日高地方の特産品 “昆布+真ツブ” を使った、春別の名物 “つぶ昆”!

銭函で お蕎麦が食べたくなった時に、候補に入れてほしい一店です♪

 

 

手打蕎麦 春別 の「つぶ昆そば」を 実食!

手打蕎麦春別のホッキ昆そば

つぶ昆そばがなかったので “ホッキ昆そば”

春別の名物 “つぶ昆そば” には、“日高産の真つぶ” を使用。

そのため “日高産の真つぶ” が 入荷できない場合は、提供ができないそう⁉

 

tomo.
2021年に北海道で発生した “赤潮” の影響で、訪問時は 真つぶの入荷がまったくない状況‥(^^;

そんな場合は、代わりに “ホッキ昆”・“カキ昆” を楽しみましょう♪

 

春別のホッキ昆

ホッキを 細切り昆布で包んだ “ホッキ昆”

つぶ昆(ホッキ昆・カキ昆)は、細切り昆布で具材を包み 揚げたもの。

揚げたては サクサクっとした食感、つゆに浸すと ねっとりとした昆布のうま味が楽しめます♪

 

手打蕎麦春別のホッキ昆

刻んだ “ホッキ” が 中からゴロゴロ♪

中には 細かく刻んだ “ホッキ貝” が 包まれていて、コリッコリとした 弾力が秀逸 ^^

少し濃いめのつゆに浸すと 昆布にしみ込んだ油がジュワ~っと広がって、よりコク深く・さらにおいしく大変身!

 

手打蕎麦春別の手打蕎麦

細めの手打蕎麦を提供

お蕎麦は “幌加内産” の そば粉を使い、毎日手打ち の “一・九蕎麦”。

器の底に 千切れた麺がたくさん沈んでいたので、これは間違いないでしょう ^^

 

tomo.
‥とはいえ 麺が細いせいか、つゆを吸うと もったりした感じに‥ (^^;

冷たいお蕎麦の方が、より香りと食感が 楽しめると思います♪

 

 スポンサードリンク

 

手打蕎麦 春別 の「メニュー一覧」

春別のメニュー表

 

tomo.
その他の メニューは、下の表で 確認しましょう♪

※ 2022年 4月現在の メニューと価格です

 

 

春別のメニュー表

メニュー表:温かいそば

春別のメニュー表

メニュー表:ご飯もの・セットメニュー

春別のメニュー表

メニュー表:アルコール類

 

“つぶ昆そば” には、“日高産の真つぶ” のみを使用。

そのため 日高産の真つぶ が 入荷できない場合、つぶ昆そば の 提供はなくなります (^^;

 

tomo.
そんな時は “ホッキ昆そば”、“カキ昆そば” が おすすめ♪

つぶ で なくても、十分に おいしいお蕎麦が食べられます ^^

 

 スポンサードリンク

 

手打蕎麦 春別 の「店内の様子」

春別の店内の様子

自宅の一部を利用した店内

“手打蕎麦 春別” は、自宅の一部を利用して営業!

 

座席は 全部で 23席分。

メモ

  • 【テーブル席】5人用×1卓、4人用×1卓、3人用×1卓
  • 【カウンター席】4席
  • 【座敷】6人用×1卓・2人用×1卓

 

春別の “つぶ昆そば”

壁には 名物 “つぶ昆そば” の 絵が♪

ご家族で経営されていて、特に 人当たりの良い 息子さんの接客が印象的でした ^^

 

tomo.
1人でも 複数でも 気軽に入りやすい雰囲気♪

駐車場の台数も多いので、ランチに困った時にも 迷わず向かってみましょう ^^

 

手打蕎麦 春別 の「アクセス方法」

 

“手打蕎麦 春別” に 向かう場合は、“車” か “電車” を利用するのが おすすめ!

JR 銭函駅 からも 徒歩15分くらいで、十分に歩いて向かえる距離です♪

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

手打蕎麦春別の店舗外観

左のドアが “春別” の入口

手打蕎麦 春別” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

銭函駅の外に出たら、札幌方面へ向かって 海岸沿いを進みましょう。

ホテル “ルナコースト” のある 大きなカーブを超え 次のカーブまで進むと、右側にお店があるはずです。

 

「車」を利用して 向かう場合

春別の店舗外観

店舗側面にある オレンジの看板が目印

“手打蕎麦 春別” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

手打蕎麦春別の第二駐車場配置図

駐車場は店舗前の他、第二駐車場も有

駐車場は 店舗前に 5台分(1台は 軽自動車用)。

ちょっとだけ離れた場所にある “第2駐車場” に 4台分 の、計9台分

 

席数の割に 駐車場台数が多いので、車で向かう場合でも 行きやすいこと間違いありません!

 

 スポンサードリンク

 

手打蕎麦 春別 の「店舗概要」住所・電話番号

手打蕎麦春別の店舗前看板

“つぶ昆そば” が ない時は、ホッキ昆・カキ昆 を いただきましょう

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】手打蕎麦 春別(しゅんべつ)
【住所】北海道小樽市銭函3丁目186-27
【電話番号】0134-61-6182
【営業時間】11:00~19:00(売切次第終了)
【定休日】不定休
【駐車場】あり(店前5台、第二 4台)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP / facebook
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「手打蕎麦 春別」の 口コミ

 

手打蕎麦 春別 まとめ

手打蕎麦春別の入口

営業中の場合、入口には “営業中” の 看板が

海水浴で人気の町 “小樽市銭函” で 人気のお蕎麦屋さん「手打蕎麦 春別」。

 

名物 “つぶ昆そば” は 必食!

駐車場も充実していて、銭函エリアのランチにピッタリ ^^

 

ポイント

  • 2014年に 浦河町から銭函に移転、創業から30年以上続く 歴史あるお店 ^^
  • 幌加内産のそば粉を使った 一・九蕎麦を提供♪
  • 日高産の海産物を使った 名物 “つぶ昆そば” が 大人気!

 

名物 “つぶ昆そば” は、ここだけの逸品♪

元々日高地方にあったお店なので、日高地方の ご当地グルメ “かつめし” が食べられる とっても貴重なお店でもあります ^^

 

銭函エリアで ランチを楽しむ場合、ぜひ 選択肢に入れてほしい 一店でした!!

 

 

その他 小樽のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。