小樽そば

【保存版】小樽の「蕎麦」おすすめ店7選!人気店から穴場まで

 

高井なお
こんにちは!北海道を4000店以上食べ歩いた グルメライター 高井なお です

どーも、その夫 兼 運転手で ドライブ狂の “tomo.” です ^^

tomo.

 

歴史ある町 “小樽市” にある「蕎麦屋」の名店が勢ぞろい♪  

 

ポイント

  1. ランチにもピッタリな 人気店がたくさん!
  2. 100年以上続く老舗や、地域に根付いた名店が盛りだくさん♪
  3. こんなところに こんなお店が! 隠れ家的な穴場店も ^^

 

‥と いうことで、今回は 小樽で生まれ育った筆者たちがおすすめする 小樽の “お蕎麦屋さん” を ご紹介します ^^  

 

 

小樽おすすめ そば ①:手打ちそば いろは

「手打ちそば いろは」の 鴨せいろ

鴨せいろ(田舎そば) 1110円

強いコシと 深いツユ…、わたしの一番のおすすめは “手打ちそば いろは”!

 

ポイント

  1. 2005年の創業から 15年以上続くお店 ^^
  2. 強いコシのある お蕎麦で、特に “更科そば” が おすすめ! 
  3. 歴史的建造物を利用した 趣ある内装が、大正ロマンあふれる 小樽っぽくて またステキ♪

 

手打ちそば いろは の 更科そば

とてもキレイな更科蕎麦は、細い割に強い弾力!

手打ちそばいろはの店内の様子

昔の雰囲気を残しつつ、しっかりキレイでステキな店内♪

手打ちそばいろはの店舗外観

独特の外観に またそそられました♪

食べられる お蕎麦は 2種類。

そばの実の皮をふくむ すべての部分を使った 挽きぐるみの “田舎そば” と、そばの実の中心部分を使った 一番粉で打った “更科そば”

 

高井なお
わたしのおすすめは、細くて 長くて 白い “更科そば”!

細い麺らしからぬ 力強い “コシ” の強さと、喉ごしが 楽しめます♪

 

昭和初期に造られた「旧 北海織物株式会社」の 建物を リノベーションした店内も 魅力的です ^^

 

 

店舗情報
【店名】手打ちそば いろは
【住所】北海道小樽市住吉町6-16
【電話番号】0134-27-7168
【営業時間】11:30~17:00
【定休日】木曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「手打ちそば いろは」の 口コミ

 

 スポンサードリンク

 

小樽おすすめ そば ②:藪半

籔半のにしん蕎麦

にしん蕎麦(地物粉) 1507円

小樽の “老舗” お蕎麦屋さんの中で、観光客にも 人気があるお店といえば「籔半」

 

ポイント

  1. 1954年創業の 老舗お蕎麦屋さん
  2. 北海道産の地物粉を使った麺と ブレンド麺のどちらかを 選択可
  3. 何より 歴史的価値のある建物を融合させた 雰囲気のある建物が魅力!

 

籔半のにしんの棒煮

小樽といえば ニシンそば、めちゃくちゃ味が染みてます ^^

籔半の店内

かつての石蔵が残る 雰囲気ある店内が魅力的♪

籔半の店舗外観

現店舗が造られたのは1986年で、もう4代目!

麺は 道内産そば粉を使った “地物粉麺” と、外国産小麦をブレンドした “並粉麺” から 選択可能。

 

tomo.
いただいたのは 地物粉麺 ^^

喉ごし豊かで、つゆのなかでも伸びきらない しっかりした弾力が楽しめました♪

 

注目は、かつての石倉と 歴史的建造物だった “伍楽園” の部材を取り入れた 店舗の雰囲気♪

レトロ感と重厚感が融合した 雰囲気のある建物なので、食事だけでなく 合わせて空間も楽しんでみてください ^^

 

 

店舗情報
【店名】蕎麦・料理 籔半 (やぶはん)
【住所】北海道小樽市稲穂2丁目19-14
【電話番号】0134-33-1212
【営業時間】11:00~16:00・17:00~20:00(12/28~30 は L.O.20:30、12/31 は L.O.21:00)
【定休日】火曜日(月に一度 水曜不定休)
【駐車場】あり(店舗向かい9台)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

 スポンサードリンク

 

小樽おすすめ そば ③:一福

一福の「もりとかしわ抜き」

もりとかしわ抜き 1170円(2021年時)

100年以上の歴史をもつ、小樽中心部のお蕎麦屋さん 「一福」

小樽駅からも 比較的近く、アクセスも良好♪

 

ポイント

  1. 1894年の創業から 約130年ほど続く、実績のあるお店 ^^
  2. 一子相伝の味わいで、現在は “四代目” が 腕をふるう
  3. 地域に根付いた繁盛店、特にランチタイムは 混雑必至!

 

一福のお蕎麦

おそばは 真っ白な “更科タイプ”

一福の外観

新しい中に 昔ながらの雰囲気が残る門構え

 

tomo.
喉ごしのよい “更科そば” で、特徴的なのは 1本1本が 長いこと!

音が立つくらい 思いっきりすすると、より美味しく感じられました♪

 

“つゆ” は 濃いめで、少し辛口より。

しっかり風味は感じられますが、もしかすると ちょっとしょっぱいと感じる方もいるかも知れません。

 

地域に根付いた繁盛店なので、特に ランチタイムは 混雑覚悟で向かいましょう!

 

 

店舗情報
【店名】一福そば店
【住所】北海道小樽市色内1丁目6-8
【電話番号】0134-22-1043
【営業時間】11:00〜15:00、17:00~19:00
【定休日】不定休
【駐車場】あり(店舗向かい10台)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「一福」の 口コミ

 

小樽おすすめ そば ④:手打ち蕎麦きむら

手打蕎麦きむら とりせいろ

とりせいろ 1020円(2022年7月時点)

小樽でも トップクラスの実力店「手打ち蕎麦 きむら」。

観光客には まったく馴染みのない “幸(さいわい)エリア” の 住宅街に ありながら、ランチタイムには こぞって人が押し寄せる 繁盛店なんです ^^

 

ポイント

  1. 2009年 創業、小樽の手打ち蕎麦屋さん ^^
  2. 黒松内町産 信州奈川在来種 の、貴重なそば粉を使用♪ 
  3. 完全手打ち麺のため、提供数は 一日 30~40食程度のみ

 

手打ち蕎麦きむら せいろ

全て手作業のため、提供数は 平日で約30食・週末でも約40食程

きむらの店舗外観

住宅街の中にあり、見た目も ごく普通の民家

使用する そばの実は、北海道 黒松内町産 信州奈川の在来種。

粘りが強くて 甘み・香りが高い と 定評のある品種ですが、本家 奈川では 1998年の台風がきっかけで 一度栽培が途絶えたこともあり、「幻のそば」とも言われているそうです ^^

 

tomo.
自家製の “手打ちそば” は 細切り、なのに しっかり弾力あり!

喉ごしが良く しっかりボリュームもあって、満足感がかなり高めな おいしいお蕎麦です♪

 

ここでは “そば茶・そば湯” も 要チェック ☑

他店とはひと味違い、香りや濃さが ワンランク上回っています ^^

 

 

店舗情報
【店名】きむら
【住所】北海道小樽市幸3丁目16-8
【電話番号】0134-29-0262
【営業時間】11:30~15:00(売切次第終了)
【定休日】水曜・木曜(不定休有)
【駐車場】あり(店横2台、店正面6台)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】-
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「手打ち蕎麦きむら」の 口コミ

 

 スポンサードリンク

 

小樽おすすめ そば ⑤:小樽貴賓館

小樽貴賓館のしゃこ棒寿司

【期間限定】小樽特産の “しゃこ” と にしんそば の セット

小樽にある国指定の “登録有形文化財” のひとつ “旧青山別邸”

併設の「小樽貴賓館」では、小樽繁栄の象徴である “にしん” の お蕎麦が いただけます ^^

 

ポイント

  1. かつて “にしん漁” で栄えた家 “旧青山別邸” に 併設する食堂
  2. “そば・お重” など にしんを使ったメニューが食べられる♪
  3. 向かうなら、中庭の庭園が “牡丹・芍薬・あじさい” などで 彩られる時期がおすすめ ^^

 

小樽貴賓館のおそば

“にしんそば” は 単品でも 注文可!

小樽貴賓館のレストラン

中庭の庭園を眺められる 窓側の席がおすすめ

小樽貴賓館の中庭

訪問時は 11月、牡丹・芍薬は 5~6月ごろが見ごろ

濃いめのつゆと 甘露煮ニシンの甘~いタレが、ピッタリマッチ!

しっかりと コシの強いお蕎麦で、食べごたえもあり♪

 

高井なお
食事もイイですが、ここの醍醐味は 中庭の “日本庭園”!

季節を変えて 何度も訪れると、毎回違う風景を楽しめますよ♪

 

蕎麦の専門店って訳ではないので、その他のメニューを楽しむのもアリ!

合わせて 国の “登録有形文化財” である「旧青山別邸(有料)」も、楽しんでみてください ^^

 

 

店舗情報
【店名】小樽貴賓館
【住所】北海道小樽市祝津3丁目63
【電話番号】0134-24-0024
【営業時間】【4~10月】11:00~14:30(食事)・11:00~16:30(喫茶)
【11~3月】11:00~14:30(食事)・11:00~15:30(喫茶)
【定休日】年末年始
【駐車場】あり(無料)
【キャッシュレス決済】カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「小樽貴賓館」の 口コミ

 

小樽おすすめ そば ⑥:手打蕎麦 春別

手打蕎麦春別のホッキ昆そば

つぶ昆そば が ない時は “ホッキ昆そば” が おすすめ

銭函エリアの「手打蕎麦 春別」では、名物 “つぶ昆そば” が とっても有名!

 

ポイント

  1. 2014年に 浦河町から銭函に移転オープン、創業から30年以上続く 歴史あるお店 ^^
  2. 幌加内産のそば粉を使った 一・九蕎麦を提供♪
  3. 日高産の海産物を使った 名物 “つぶ昆そば” が 大人気!

 

手打蕎麦春別のホッキ昆

刻んだ “ホッキ” が 中からゴロゴロ♪

春別の店内の様子

自宅の一部を利用した店内

手打蕎麦春別の店舗外観

左のドアが “春別” の入口

つぶ昆(ホッキ昆・カキ昆)は、細切り昆布で具材を包み 揚げたもの。

揚げたては サクサクっとした食感、つゆに浸すと ねっとりとした昆布のうま味が楽しめます♪

 

tomo.
春別の名物 “つぶ昆そば” には、“日高産の真つぶ” を使用。

そのため “日高産の真つぶ” が 入荷できない場合は、提供ができないそう⁉

 

“つぶ昆そば” が なかった時は、ホッキ昆そば・カキ昆そば をいただきましょう。

 

 

店舗情報
【店名】手打蕎麦 春別(しゅんべつ)
【住所】北海道小樽市銭函3丁目186-27
【電話番号】0134-61-6182
【営業時間】11:00~19:00(売切次第終了)
【定休日】不定休
【駐車場】あり(店前5台、第二 4台)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP / facebook
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「手打蕎麦 春別」の 口コミ

 

小樽おすすめ そば ⑦:そば小屋

銭函「そば小屋」のぶっかけそばがテーブルに置かれている

「ぶっかけそば(冷)」具材は「イカ味の揚玉・大根おろし・きざみネギ」

“銭函駅” 側の 踏切前に お店をかまえるのは「そば小屋」

入店難易度が 少し高めですが、チャンスがあれば ぜひ向かってみて下さい!

 

ポイント

  1. 石臼挽き北海道産そば粉使用 “二八そば” の 喉ごしが抜群!
  2. おいしい「銭函の水」を使って打った “手打ちそば”♪
  3. “ランチ営業のみ・完売次第閉店・席数 わずか6席” のみの 地域密着店 ^^

 

銭函「そば小屋」のそばを割りばしで持ち上げている様子

石臼挽き 道産そば粉の二八そばで、喉ごしバツグン!

白と木目を基調とした「そば小屋」の内観

店内は 6席のみ、大人数には向かないかも?

そば小屋の店舗外観

店舗に向かって 右側が 駐車場

食べられるのは、毎朝手打ちする “二八蕎麦”!

食感と 喉ごしを楽しみたいなら、間違いなく “冷たいお蕎麦” が おすすめです ^^

 

高井なお
ちゅるるん♪ と 喉を抜ける 爽快な喉ごしが最高!

そばの香りも高く、いつもより ついつい食べる手が進みます♡

 

席数が少ない上、“ランチ営業のみ・完売次第閉店” の 人気店‥ (^^;

平日でも 待つことが珍しくないので、確実に食べたい場合は オープン時間に合わせて向かいましょう。

 

 

店舗情報
【店名】そば小屋
【住所】北海道小樽市銭函1丁目24-15
【電話番号】0134-62-2520
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】月曜、金曜(※ 冬季(11月~3月)休業)
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「そば小屋」の 口コミ

 

小樽「お蕎麦屋さん」まとめ

手打ちそば いろは の 更科そば

いろは の 更科そば(冷)は 必食!

今回は 小樽でおすすめの “お蕎麦屋さん” を ご紹介しました ^^

 

情緒あふれる街 “小樽” には、昔の石倉を使ったお店や 古民家を改装したお店などが まだまだたくさんあります。

今回ご紹介したところもすべておすすめですが、ぜひいろいろなお店を回って 自分好みの一店を見つけてみてくださいね♪

 

 

その他 小樽のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。