せい一

せい一/旭川市/幌加内産そば粉100%の二八そば♪名物「ミニ鳥天丼」も必食!

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

“ミシュラン北海道2017” で ビブグルマン に選ばれたこともある、旭川市のお蕎麦屋さん「せい一」。

 

ポイント

  1. 2014年秋までは 幌加内町で営業していて、“ミシュラン北海道2012” にも掲載!
  2. 2016年より 旭川市で営業をスタート♪ 再度 “ミシュラン北海道2017” で ビブグルマン に選出!!  
  3. 幌加内産100%の “二八そば” に加え、規格外の “「ミニ」鳥天丼” が 大人気 ^^

 

実績のあるお店ということもあり、食べられるのは とってもハイクオリティなお蕎麦!

さらに 来店者の大半が追加するという、ウソ偽りしかない “ミニ” 鳥天丼 からも 目がはなせません♪

 

合わせて読みたい

▼ 旭川グルメのすべてがわかる!

旭川グルメ
【徹底解説】旭川おすすめグルメ&スイーツ 計26選!ランチからカフェまで

続きを見る

▼ その他 旭川グルメ ジャンル別まとめ

ラーメン・新子焼き

▼ その他の街の グルメ特集 ^^

札幌市定山渓)・小樽市銭函)・函館市七飯町石狩市 当別町洞爺湖北広島市苫小牧市江別市岩見沢市三笠市砂川市滝川市深川市富良野市旭川市北見市

 

せい一 の「幌加内そば・ミニ鶏天丼」を 実食!

メニュー ①:もりそば

旭川 せい一 もりそば

盛りも良い「もりそば(700円)」

“せい一” の お蕎麦を味わうなら、まずは 麺のコシや香りを漏らさず楽しめる “冷たいお蕎麦” から!

 

蕎麦の特徴

  • 使用する そば粉は “幌加内産 100%” ^^
  • 小麦粉 2割:そば粉 8割 で 打つ “二八蕎麦” が 味わえる♪
  • 細麺で、かつ しっかりとしたコシあり!!

 

旭川 せい一 そば

細いのに しっかりとした弾力あり!

旭川 せい一 そば湯

出汁香る “つゆ” は、そば湯で割って 最後まで楽しみましょう!

麺は かなり細めで、喉ごしが スッキリ・さわやか♪

何より 細麺なのに しっかり強い弾力で、嚙み心地がとってもイイ!

 

tomo.
鼻から抜ける お蕎麦の香りも相まって、訪れるのは 至福の瞬間‥

辛くなく 角のまぁるい “つゆ” も良い塩梅で、力強~い出汁の風味が しっかりと感じられました ^^

 

クオリティは かなり高め! ここで食べるべきメニューの筆頭です ^^

 

メニュー ②:えび天そば

せい一 えび天そば

見た感じ とっても大きなエビ天が 2本プラス+

蕎麦だけじゃあ 物足りない! そんなあなたに おすすめなのが「えび天そば」。

もりそばに えび天が2本プラス+ となっただけですが、あるとないとでは 満足度が雲泥の差!

 

せい一 えび天そば

相変わらず美味しい お蕎麦♪

せい一 えび天そば

ザクザク衣の 大きな “えび天”!

エビ天は 衣が厚めで、かんなり ザクザクの食感 ^^

衣が厚い分、水分と油分が 衣の中にしっかりと閉じ込められていて、エビの食感を損なわずに しっかりとキープ!

 

tomo.
しっかり衣が厚いからか、プリっ!と フワッ!の食感が 同時に楽しめる ◎

‥とはいえ 大半が衣なので、あんまりエビを食べた気にはなれませんでした ^^;

 

メニュー ③:ミニ鳥天丼

せい一 ミニ鳥天丼

これが “ミニ” だなんて 絶対に信じられない「ミニ鳥天丼(350円)」

「ミニ鳥天丼」は、お蕎麦を食べに来た人の 大半が注文する “せい一” の看板メニュー!

 

ミニ鳥天丼って?

  • 北海道米を使い、丼ぶりにたっぷり 1合分のごはん♪(少なめも可)
  • 大きな “鳥胸肉の天ぷら” 3枚が、ごはんの上にそびえ立つ!
  • 単品オーダー不可 ☑ 必ずお蕎麦と一緒に楽しもう ^^

 

せい一 ミニ鳥天丼

深めの丼ぶりの ほぼ並々まで たっぷりのご飯!

せい一 ミニ鳥天丼

ご飯を減らすこともできるので、食べ切れる自信のない方は 一度検討を

天ぷらのタレは 甘みが強めで、ごはん+油 との 相性が ◎

見た目のインパクトが大きすぎて、どうやら この店の名物料理として認識されているのだとか。

 

tomo.
鳥胸肉の天ぷらですが、下ごしらえがしっかりされてて、パサつきがなく フワッとしっとり♪

‥とはいえ、えび天同様 大半が衣なので、お腹はふくれるけど 胃へのダメージはかなりデカかったです‥ ^^;

 

食べ切れる自信のない方は “ごはん少なめ” での オーダーも可。

また「ひと口鳥天丼(200円)」という 同様のメニューがあるので、こちらをオーダーしてみるのもアリでしょう。

 

 スポンサードリンク

 

せい一 の「メニュー一覧」

旭川 せい一 メニュー表

メニューは とってもシンプル♪

 

tomo.
その他の メニューは、下の表で 確認しましょう♪

※ 2022年 8月現在の メニューと価格です

 

 

ご飯もの は、そばとセットでのみ オーダーが可能。

なお “一度注文した後の追加注文が不可” な点には、注意が必要です!

 

 スポンサードリンク

 

せい一 の「店内の様子」

せい一 店内の様子

カウンター・テーブル席・小上がり が アリ(店舗中央から 奥側を見た様子)

“せい一” の店内は、全部で 19席分。

カウンター 3席、テーブル席 4席×2卓、小上がり 4席×2卓 となり、とても広いという訳ではありません。

 

せい一 店内の様子

ご主人が DIY で 作ったという、自作の店内も見もの

とっても落ち着いた雰囲気ですが、ミシュラン掲載店ともなると ランチタイムは混雑必至!

今回は 平日昼の12時くらいに伺いましたが、5組ほど 待ちが出ていた様で、お店に入るまでに 30分ほどかかりました。

なお 車のナンバーを受付時に伝えておいたら、席が空き次第 店員さんが車まで呼びにきてくれて とても助かりました♪

 

tomo.
お店は 家族で回している様で、ご主人を含め 計3名。

バタバタと とっても忙しそうな状況でしたが、接客時に見せてくれた とってもステキな笑顔が好印象でした♪

 

せい一 の「アクセス方法」

旭川 せい一 店舗外観

駐車場は 店舗回りに 計12台分

“せい一” に 向かう場合は、“車” か “バス” を利用して 向かいましょう!

なお 中心部からは 少しはなれているので、徒歩で向かうのは まずむずかしいでしょう。

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

せい一” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒「旭川電気軌道」公式HP へ

 

対象となる バス路線は “環状線” や 旭山動物園方面へ行くバス。

比較的 バスの本数も多いので、時間は融通が効くと思います。

 

「車」を利用して 向かう場合

“せい一” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

せい一 駐車場マップ

店舗入口にある “駐車場マップ” で 駐車場所を要確認!

せい一 駐車場

駐車場は 店舗横 3台の他、向かいのカーポート等も 利用可能

駐車場は 店舗の周辺に 計12台分。

店舗横3台の他、店舗横・店舗向かいなど 数ヶ所に分かれているので、上の写真 または店舗入口で 駐車場配置図を確認しておきましょう ^^

 

 スポンサードリンク

 

せい一 の「店舗概要」住所・電話番号

せい一 店内の額縁

お店の場所は、旭川市の中心部から ちょっとはなれた “豊岡エリア”

詳細な住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】幌加内伝承手打ちそば せい一
【住所】北海道旭川市豊岡9条7丁目3-2
【電話番号】0166-85-6868
【営業時間】11:00~15:00(そばがなくなり次第終了)
【定休日】不定休
【駐車場】あり(店舗横・周辺など 計9台分)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】Instagram / facebook
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「せい一」の 口コミ

 

せい一 まとめ

旭川 せい一 のれん

確かな味と風味の おいしい “お蕎麦” が 楽しめる「幌加内伝承手打ち蕎麦 せい一」♪

 

ポイント

  • 2014年秋までは 幌加内町で営業していて、“ミシュラン北海道2012” にも掲載!
  • 2016年より 旭川市で営業をスタート♪ 再度 “ミシュラン北海道2017” で ビブグルマン に選出!!  
  • 幌加内産100%の “二八そば” に加え、規格外の “「ミニ」鳥天丼” が 大人気 ^^

 

そびえ立つ山の様なビジュアルで インパクトの強い “ミニ鳥天丼” ばかりが目立つ印象ですが、実は お蕎麦がしっかりおいしいお店 ^^

香り高くて コシの強い手打ち蕎麦を、ぜひ じっくりと 味わってみてくださいね!

 

合わせて読みたい

▼ 旭川グルメのすべてがわかる!

旭川グルメ
【徹底解説】旭川おすすめグルメ&スイーツ 計26選!ランチからカフェまで

続きを見る

▼ その他 旭川グルメ ジャンル別まとめ

ラーメン・新子焼き

▼ その他の街の グルメ特集 ^^

札幌市定山渓)・小樽市銭函)・函館市七飯町石狩市 当別町洞爺湖北広島市苫小牧市江別市岩見沢市三笠市砂川市滝川市深川市富良野市旭川市北見市

 

その他 旭川のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。