キラキラ輝く琥珀色の水晶飴玉「澤の露」!小樽で100年以上続く伝統の一品!

2020-09-24

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

歴史ある町 “小樽” には、創業から100年を超える 伝統的な商品がたくさんあります。

 

 

今回ご紹介する「澤の露本舗」 も 1911年創業の老舗菓子店。

主力商品にして唯一の商品である “澤の露” は、全国に根強いファンが多い逸品です。

 

 

「澤の露本舗」への アクセス方法

澤の露本舗の外観

澤の露本舗は花園銀座商店街の入口にあります

「澤の露本舗」があるのは、小樽の歴史ある商店街のひとつ “花園銀座商店街” の入口。

花園銀座商店街には、老舗和菓子店 小樽新倉屋 本店 や、老舗洋菓子店 “館ブランシェ” などの名店が並びます。

また 以前ご紹介した あんかけ焼きそば の名店 “大丸ラーメン” や、老舗喫茶店 “喫茶コロンビア” があるのも、この商店街。

 

「澤の露本舗」の外観

全くめだたないので 見落とし注意です

最寄り駅 JR「小樽駅」から向かう場合、約700m、徒歩約9分 かかります。

小樽駅から 真っすぐ海の見える方向へ進むと、“小樽都通り商店街” のアーケードが見えてきます。

このアーケードの中を端まで進むと、左側に もう一つのアーケード街 “サンモール一番街” があらわれます。

“花園銀座商店街” の入口があるのは、この “サンモール一番街” の 逆端となります。

⇒ “澤の露本舗” へのルートは こちらから

 

店舗情報
【店名】澤の露本舗
【住所】北海道小樽市花園1丁目4-25
【電話番号】0134-22-1428
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】無休(年末年始は別途)
【駐車場】無し
【キャッシュレス決済】各種カード、Pay Pay、ALIPAY など
【公式サイト】https://otaruame.com/
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ “澤の露本舗” の口コミはこちらから

 

水晶飴玉「澤の露」を実食!

キラキラ光るキレイな飴玉

“澤の露” っていったい何? そう思う方も多いはず、

澤の露とは

1911年に販売を開始した “砂糖” と “レモンオイル” のみを使用して作られた 純度100%の飴玉。

そう、“澤の露” って飴玉のことなんです。

な~んだ‥、と思うなかれ。一般的な飴玉とは一線を画す 超レアな飴玉なんです!

 

澤の露

重厚感のある缶入りは、少し値段が高いけど おすすめ

“澤の露” の最大の特徴は ”水飴を使っていない” ことで、合成着色料・保存料も一切不使用。

また普通の飴は “水飴” を使用し “甘味料” もつかいますが、“澤の露” は 砂糖のみで作られた 純度100%の飴玉。

飴玉の琥珀色は 砂糖が焦げた天然の色で、クセのない ほんのりとした自然な甘さが楽しめます。

 

黒とゴールドの重厚感がたまらない缶入りの澤の露

そんな “澤の露” を実食!

口にふくむと フワッと鼻から抜けるのは、ほのかなレモンの香り。

口当たりは とてもなめらかで、あとを引かない砂糖の自然な甘さが とても印象的でした。

なお かつては イギリス産の “レモンオイル” を使用していたそうですが、現在は国産のものを使用しているそうです。

 

贈答用の場合、しっかり包んでもらえます

水晶玉のような透明なフォルムから かつては「水晶飴玉」という商品名だった “澤の露”。

“水晶玉” が透明な飴玉の通り名になったため、初代の苗字 “澤崎” と “草木に滴る露” のイメージから「澤の露」へと改名したのだそうです。

 

今なお 手作業でつくられる伝統の飴玉は、味もパッケージも 懐かしさただよう仕様で 贈答用にもピッタリ!

“袋入り”、“プラスチックケース入り”、“小缶入り” の順に値段が高くなっていくので、自分用には 袋入り、贈答用には 小缶入り など 使い分けるのがベストです♪

 

「澤の露本舗」の店内は 小規模の博物館

「澤の露本舗」の店内

“澤の露本舗” の店内は とても狭く、3人も入ったら ギュウギュウになってしまうくらいです。

 

「澤の露本舗」の店内

ショーケースの中に並ぶ “澤の露”

商品は “澤の露” 1種類のみなので、あとは 内容量 と パッケージ を選ぶだけ。

一番手ごろ値段の “袋入り” は “100g 300円” からの販売となるので、自分用に購入する場合は こちらが おすすめ です!

 

澤の露本舗の店内

初代のころの紙幣や、日本で最初に発売された電卓などが並ぶ

“澤の露本舗” の伝統を引き継いだ 現在の店主は 4代目。初代 “澤崎浅次郎” から “約110年” も続く、歴史ある菓子店です

店内には 初代から引き継がれた数々の品々が並んでいて、“澤の露本舗” が たどってきた歴史の一部を垣間見ることができます。

 

「澤の露本舗」の店内

当時のパッケージなども展示

「澤の露本舗」の店内

志那事変の際、寄付を行った褒状など

「澤の露本舗」の店内

かつて実際に使用していたという金庫

 

さいごに

今回は “澤の露本舗” の 唯一の商品「澤の露」を ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

水晶飴玉「澤の露」の魅力は 以下の3つ。

澤の露の魅力

  1. “約110年前” から受けつがれてきた 一子相伝の伝統の技
  2. “砂糖” と “レモンオイル” のみでつくった 自然な味わいが魅力的
  3. 贈答用にもピッタリな 重厚感ある “パッケージ”

 

 

手作業でつくられる 水飴不使用の飴玉なんて、今では なかなか食べられません。

“澤の露本舗” は そんな貴重な飴玉を買うことができる とても貴重なお店!

小樽に行く際には ぜひお立ち寄りください♪

 

店舗情報
【店名】澤の露本舗
【住所】北海道小樽市花園1丁目4-25
【電話番号】0134-22-1428
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】無休(年末年始は別途)
【駐車場】無し
【キャッシュレス決済】各種カード、Pay Pay、ALIPAY など
【公式サイト】https://otaruame.com/
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ “澤の露本舗” の口コミはこちらから

 

 

近くのスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.