札幌発祥の「シメパフェ」のおすすめ6店!飲んだ後はラーメンだけじゃもったいない!

2020-05-19

   

※ 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。最新の情報は公式HPなどをご確認ください。

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

今回ご紹介するのは、札幌発祥の食文化 「シメパフェ」

モグトリップでも様々な “シメパフェ” のお店をご紹介しましたが、特におさえておきたい6店を一挙ご紹介します!

ぜひ お店選びの参考にしてみて下さいね♪

 

シメパフェとは?

二条市場「komichi」のパフェ

二条市場「komichi」のパフェ

“シメパフェ” は文字通り “飲んだ後や食事をした後など、一日の最後を締めくくるパフェ” を指す言葉。札幌で生まれたこの食文化は、今や全国に広がりをみせています。

北海道が誇る “美味しい牛乳” をふんだんに使用したアイスや 旬のスイーツなどが盛りだくさんなパフェは、地元札幌民の間でも大人気!このシメパフェ文化を後押しする 札幌パフェ推進委員会 には、22店もの店舗が加盟しています(2020年5月現在)。

 

シメパフェのおすすめ 6選!

1店舗目:ベリーベリークレイジー

ベリーベリークレイジーのいちごぱふぇ 1,280円

いちごぱふぇ 1,280円(別途席料300円)

浦河町産の北海道産イチゴを1パックまるごと使用した「いちごぱふぇ」が大人気!お客さんの9割以上がこのパフェを注文するというから驚きです。

乳製品も北海道産のものを使用しているので、まさに "地産地消” の北海道パフェ。イチゴ比率がMAXなので、普段パフェを食べきる自信のない方でも、ペロッと食べきることができるかも?

 

ベリーベリークレイジーのお通しの高級イチゴ

お通しの "高級イチゴ” が映える

"パフェにお通し” って聞いたことありますか?ベリーベリークレイジーでは、お通しになんと "イチゴ” がついてきます!

この日のお通しは「桃薫(とうくん)」という品種のイチゴ。字の通り "桃” の薫りがする高級イチゴです。お通しのイチゴはその時々によって変わりますので、何がでてくるかはお楽しみです♪

 

ベリーベリークレイジー店長の松館さん

ベリーベリークレイジー店長の松館さん

行列ができることも珍しくないベリーベリークレイジーさんの贅沢「いちごばふぇ」。

見た目の美しさもあり、若い世代に大人気!これはぜひ写真に収めたいものです。

 

Berry Berry Crazy(ベリーベリークレイジー)

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西5-20 2F
【電話番号】 011-299-5858
【営業時間】 12:00~17:00(L.O.16:45)、18:00~23:30(L.O.23:00)
【定休日】 火曜
【駐車場】 なし(近くにコインパーキングあり)
CHECK!食べログで口コミを見てみる

【関連記事】

ベリーベリークレイジー/札幌市/行列のできる「いちごパフェ」が圧倒的コスパ

続きを見る

 

2店舗目:ROJIURA Café(ロジウラカフェ)

ロジウラカフェの コーヒーパフェ 1,300円

コーヒーパフェ 1,300円

店主おススメの "コーヒーパフェ” は ミルキーなのにサッパリとしていて、コーヒーのほのかな苦みとの相性がバツグン!

 

驚くべきはハンパない "素材へのこだわり”

最高級のコーヒー豆をお店で挽いて作った "コーヒーゼリー”、十勝産生乳100%の自家製ソフトクリームはイタリア製ソフトクリームマシン "カルピジャーニ” を使用。添加物がきわめて少ないので溶けやすいのが、体にも優しい証拠です。

 

ロジウラカフェ店主の佐藤さん

ロジウラカフェ店主の佐藤さん

パティシエとして "某有名ケーキ店” に勤務していた経験のある店主 "佐藤さん”。以前から ”作りたてのおいしさを味わってほしい” という思いが強く、テイクアウトが主流の洋菓子店から独立し現在に至ります。

その作りたてへのこだわりは並みではなく、例えば白玉はオーダー後に形成し茹で上げる徹底っぷり!パフェ以外のスイーツやフードもあり、どれも佐藤さんのこだわりが詰まったメニューとなっています。

 

クラシックな雰囲気なロジウラカフェの店内

すすきのを忘れさせてくれるクラシックな雰囲気

すすきのという土地柄上、深夜まで営業しているのも好ポイント!

お酒の〆にこんなに美味しくて優しいパフェが食べられるのなら、何時に食べたってかまいませんね!

 

ROJIURA Café(ロジウラカフェ)

【住 所】 北海道札幌市中央区南6条西3 TAKARA6.3 1F
【電話番号】 011-530-1237
【営業時間】 【月~木】18:00~翌3:00(金・土は翌4:00まで、日・祝は翌1:00まで)※ラストオーダーは1時間前。
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし(近くにコインパーキングあり)
CHECK!ホットペッパーで予約・クーポンを見てみる

【関連記事】

ロジウラカフェ/札幌市/ここまでこだわる?!すすきのの穴場で深夜の絶品パフェ♪

続きを見る

 

3店舗目:パフェ、珈琲、酒、佐々木

パフェ、珈琲、酒、佐々木 のパフェ「ショコラ~岩塩とオレンジの香り~」1,450円

ショコラ~岩塩とオレンジの香り~ 1,450円

いつも行列ができることで有名な "パフェ、珈琲、酒、佐藤” 。その姉妹店 「パフェ、珈琲、酒、佐々木」 さんのおススメパフェは、独創的な和のビジュアルが斬新!

中身へのこだわりもすごく、特に "ビターチョコ味の自家製アイスクリーム” は カカオマスとカカオパウダーから手間ひまかけて作っているそう!

 

照明使いが上手なムーディーな雰囲気の佐々木の店内

照明使いが上手なムーディーな雰囲気の店内

お酒のメニューも充実していて、ブランデーやシングルモルトだけで計40種類もあるほどなのだとか。

店内はカウンター席が中心で、色使い・明るさの具合など どれをとってもオシャレ。デートや女子会にも良いですが、パフェを肴に軽~く1杯 なんてのも乙なものです。

 

「パフェ、珈琲、酒、佐々木」の店長 佐藤智史(ともふみ)さん

'佐藤' の店名にもなっている店長 佐藤智史(ともふみ)さん

こんなに独創的なパフェを考えられる、ものすごい発想の持ち主はこちらの方でした。なんとパフェメニューの開発は、全て店長の "佐藤さん” が担当しているそうです!

 

ちなみに同店のオーナー "小林仁志さん” は "札幌シメパフェ” の第一人者で、「札幌パフェ推進委員会」を立ち上げた人物。モグトリップでも、いつか取材させていただきたいものです。

 

パフェ、珈琲、酒、佐々木

【住 所】 北海道札幌市中央区南2条1丁目8-2 アスカビル 地下1階
【電話番号】 011-212-1375
【営業時間】 18:00〜24:00 ※金・土・祝前日は26:00まで
【定休日】 火曜(祝日の場合は翌水曜)
【駐車場】 なし(近くにコインパーキングあり)
CHECK!ぐるなび掲載ページ

【関連記事】

パフェ、珈琲、酒、佐々木/札幌市/素材と製法にとことん拘る贅沢ショコラパフェ【テイクアウト・宅配情報あり】

続きを見る

 

4店舗目:Melty(メルティ)

スイーツバー・Melty(メルティ)の マイ☆パフェ(ドリンクセット) 1,580円

マイ☆パフェ(ドリンクセット) 1,500円(税抜)

最大の特徴は、数あるパーツを組み合わせて自分だけの “オリジナルパフェ” をつくることができること!

パーツの大半が手作りで、甘さは控えめ。可愛らしい その見た目からも手作り感が伝わってきます。北海道産のミルクをふんだんに使ったジェラートもほとんどが手作りというから驚きです。

 

メルティの大きな窓から光が差し込む明るい店内

大きな窓から光が差し込む明るい店内

2010年オープンし、2019年に現在の場所に移転再オープン!

札幌シメパフェ界の中では営業期間はかなり長めのMelty(メルティ)ですが、そこは人気の裏返しなのでしょう。

 

Melty(メルティ)オーナーの “加藤渚” さん

Melty(メルティ)オーナーの “加藤渚” さん

“食べたいパフェが無かったから自分で作ってしまった” というのは、オーナー “加藤さん”。

夜中に食べても罪悪感の少ないパフェ を目指し、甘さを極力おさえたり、たっぷりと自家製ゼリーを使ったり、様々な工夫を凝らしています。

少しでも罪悪感を減らしたい方は、ぜひ足を運びましょう!

 

Melty(メルティ)

【住 所】 北海道札幌市中央区南四条西5-8 つむぎビル3F
【電話番号】 011-522-5755
【営業時間】 17:00〜1:00
【定休日】 12/31、1/1、1/2
【駐車場】 なし
CHECK!ぐるなび掲載ページ

【関連記事】

Melty-メルティ/札幌市/可愛いだけじゃない!素材にこだわるカスタムパフェ

続きを見る

 

5店舗目:CAFE NOYMOND(カフェノイモンド)

カフェノイモンドの 白いパフェ 1,400円

白いパフェ 1,400円

“長沼町” の ″あいすの家” から取り寄せた 北海道産生乳100% 使用の ″ミルクジェラート” をたっぷりと使用した贅沢パフェ!

自家製ミルクプリン・白玉・フィアンティーヌ(クレープを薄く焼いた菓子)が 食感にアクセントを生み出し、ミルクの美味しさを色々な角度から楽しむことができる ″ザ☆北海道” な パフェ が食べられます!

 

カフェノイモンドの店内は天井の高い開放的な作り

店内は天井の高い開放的な作り

2013年4月「ノイモンドオーガニックカフェ」としてオープン。もともと ”黒千石” をメインに扱っていたため、店名にはドイツ語で ″新月” をあらわす ″ノイモンド” と名付けたそう。

その後 「CAFE NOYMOND(カフェノイモンド)」に改名し現在に至ります。

 

カフェノイモンドの 2階に続く階段

2階に続く階段、入り口からオシャレですね♪

お酒を飲んだ後に食べるから ″シメパフェ”。 ‥ですが、カフェノイモンドは ″AM11:00から” 営業しているので、パフェを好きな時間に食べることができるのが嬉しい限り!

こういうお店って 地味にとっても貴重な存在なんです。明るい内からパフェでシメちゃいましょう!

 

カフェノイモンド(CAFE NOYMOND)

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西2丁目7-1
【電話番号】 011-211-0039
【営業時間】 11:00~23:00
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし
CHECK!ホットペッパーのお得情報を確認!

【関連記事】

カフェノイモンド/札幌市/テレビで話題!浅田真央も食べた真っ白なパフェ

続きを見る

 

6店舗目:MIRAI.ST(ミライスト)

ミライスト の 2種のオレンジとチョコレートのパフェ 1,200円

2種のオレンジとチョコレートのパフェ 1,200円

北海道産生クリームでつくられたふわふわなクッキー&クリームの層の上には、お花のようにトッピングされた “オレンジ” と “ブラッドオレンジのソルべ”。

中の ベルギーチョコのアイスクリーム や “自家製ブラウニー” と合わせて食べると、少しビターオランジェットを食べているかの様な高級感を味わうことができます。

 

ミライストの店内の様子

グリーンとブラウンを基調にした店内

ミライストを手がけるのは “初音ミク” でおなじみの “クリプトンフューチャーメディア株式会社”。

今回ご紹介したお店の中で唯一 札幌駅近くにあるお店なので、札幌駅~大通公園付近で飲んだ後の〆にご利用ください。

 

MIRAI.ST(ミライスト)

【住 所】 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番地
【電話番号】 011-251-0390
【営業時間】 11:00~23:00(金土は24:00、日は21:00まで)
【定休日】 不定休
【駐車場】 なし
CHECK! ぐるなびで店舗の最新情報を見てみる

【関連記事】

ミライストカフェ/札幌市/道産食材とアペロを楽しむ隠れ家カフェでパフェ

続きを見る

 

まとめ

「日本茶カフェ茶楽逢(サライ)」の期間限定パフェ

札幌ドーム近くの「日本茶カフェ茶楽逢(サライ)」の期間限定パフェ

いかがでしたでしょうか?

今回は すすきの周辺 を中心に 数多くの パフェ店 が軒を連ねる札幌の繁華街の中から、選りすぐりの6店をご紹介しました!

シメというからには “夜” に食べるイメージの強いシメパフェ。ですが、中には昼から営業しているお店もあります。素材にこだわったパフェがとても多いので、まだ未食の方は ぜひ一度チャレンジしてみて下さいね!

 

シメのラーメンも もちろん美味しいですが、札幌の夜は ”シメパフェ” でラストを飾りましょう!

 

おススメのまとめ記事をチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.