札幌市民の台所「札幌二条市場」!海鮮丼やスイーツなどおすすめ店をご紹介します!

2020-04-15

   

 

札幌で 美味しい “海鮮丼” が食べたい!
でも 時間の都合で 朝しか空いてないんだけど…
朝から 海鮮丼が食べられる おすすめスポットを教えて!

 

札幌の 中心部なら「二条市場」が おすすめです♪

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

観光の場合 気楽なホテルの朝食もいいですが、せっかくの旅行の場合 どうせなら 地元の “名物グルメ” をいただきたいところ。

そんな時におすすめなのが、"札幌市民の台所” として125年以上の歴史をもつ「札幌二条市場」です!

 

早朝から営業しているお店が多く 朝食にも最適。

札幌の名物グルメの一つ “新鮮な海鮮丼” も食べられます!

また最近は スイーツや ちょっと変わった新店も登場し、地元 札幌の方 も必見です。

 

 

「札幌二条市場」へのアクセス方法や所要時間

二条市場周辺の地図

“札幌二条市場” へは、札幌の中心部から 徒歩で向かうことができます。

徒歩で向かう場合

観光の場合、狸小路を まっすぐ東に進むのが 一番わかりやすくて おすすめ。

テレビ塔 のある北側から向かう場合は、“創成川” に沿って 南へ進みましょう。

 

二条市場の全体図

公式HPより 二条市場の完全MAP

二条市場はそこまで広くはありませんが、北海道の市場の熱気や活気を感じられる良スポット。

全部見て回るのにそこまで時間もかかりませんので、市場の雰囲気や店主さんとのかけ合いなどをじっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

二条市場

【住 所】 北海道札幌市南3条東1丁目
【電話番号】 011-222-5308
【営業時間】 7:00~18:00(店舗によりことなる)
【定休日】 無休(市場全体、各店ごとにことなる)
【駐車場】 なし(周辺に有料駐車場あり)
【公式HP】 https://nijomarket.com/

 

「札幌二条市場」って いったいどんなところ?

“札幌二条市場” の簡単な歴史

札幌の二条市場

鮮魚店には 新鮮な海産物がずら~っと並びます

“約50店” が軒を連ねる “札幌二条市場” は、“明治初期” に “石狩浜の漁師” が このあたりで新鮮な魚を売り始めたことがきっかけで開設されたと言われています。

創成川対岸 の “西1丁目“ にあった 魚売りの一部が 東側にも店を開き、13軒の商店による「十三組合」 が誕生。

これが今の二条市場のはじまりとなりました。

 

現在の「札幌二条市場」は どんなところ?

二条市場のマスコット像

マスコット的な像。女の子もいるので探してみて下さいね!

明治初期から 約130年以上の歴史を持つ “札幌二条市場” は、長年 “札幌市民の台所” として親しまれてきた市場。

新鮮な ”魚介類” や その “加工品” をはじめ、野菜や果物などの “生鮮品”、“土産物屋” などが軒を連ねます。

また “狸小路商店街” や “大通公園” などの観光地からも近く、徒歩で向かうことができるのも魅力のひとつです。

 

二条市場 市場入口

外のお店だけでなく、中のお店にも注目です

もちろん飲食店も目白押し!

特に “朝 8:00 頃” から営業しているお店が多く、観光客に人気の “海鮮丼” はもちろん、お寿司、スイーツ店 などバラエティ豊か。

朝の 札幌観光 は、ここから始めてみるのは いかがでしょうか?

 

「札幌二条市場」おすすめグルメ “海鮮丼” を味わおう!

マグロ・甘えび・ウニ・イクラなどの、札幌で食べられる海鮮

札幌で食べられる美味しい海鮮の数々!

"お寿司” や "お刺身” も美味しいですが、リーズナブルに新鮮な海鮮を食べたい時は 迷わず "海鮮丼” を選びましょう。

何種類ものぶ厚いネタが乗った山盛りの丼ぶりは、見た目にもボリューム的にもかなりおすすめです!

ということで、まずは札幌二条市場のおすすめ海鮮丼をご紹介します!

 

二条市場 海鮮丼 ①:小熊商店

小熊商店のスペシャル8種盛り!

ネタは "イクラ・ボタン海老・帆立・サーモン・本マグロ(2種)・〆さば・カンパチ・たまご” の計8種。

味の濃厚な "本マグロ” やプチっと弾けるイクラが美味な、贅沢な海鮮丼が食べられます。

 

店主との距離が近いカウンター席で会話も弾む

店主との距離が近いカウンター席で会話も弾む

カウンター7席のみの小さな店内なので、おのずと店主との会話も弾みます。

店主 "浦口さん” は旅行会社の社長も兼任しているというので、ここだけのおすすめの情報を教えてくれるかも?

 

小熊商店の外観

長沼町 ”あいすの家” のソフトクリームも食べられます♪

 

"小熊商店” では「にぎり寿司体験」も行っています

北海道の美味しい海鮮を使って寿司を握るなんて、なかなかできる体験ではありません。

小熊商店さんの 公式HP から予約することができますので、旅の思い出作りに 寿司を握ってみるのはいかがでしょう。

 

 

店舗情報
【店名】小熊商店
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目 二条市場内
【電話番号】011-839-3946
【営業時間】7:30~15:00 ラストオーダー(但しネタがなくなり次第終了)
【定休日】火曜
【駐車場】なし(周辺有料駐車場を利用)
【キャッシュレス決済】カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「小熊商店」の口コミは こちら

 

二条市場 海鮮丼 ②:食事処ながもり

本マグロ入りの海鮮丼

札幌二条市場で唯一 魚の "定食” を提供していて、"銀むつカマ定食” や特大の ”ほっけ定食” などが大人気!

魚屋直営なので、もちろん海鮮丼も充実!

価格に応じたグレードの海鮮丼をそろえているので、幅広い層からの指示を受けています。

 

ながもりお店の前で店主 "三浦さん" の最高の笑顔

ながもりの店主 "三浦さん"

お店に並ぶ魚たちは、この道30年の "三浦さん” が毎朝市場で仕入れてきたもの。

ベテランの目利きで、その時々の美味しい海鮮を楽しむことができちゃいます!

 

二条市場の ながもりの外観

ながもりの外観

忘れてはいけないのが、ここが "乃木坂46” の聖地巡礼の一店なのだということ!

テレビ「乃木坂工事中」でメンバーの "生駒里奈さん、橋本奈々未さん、生田絵梨花さん” が来店し、その際に食べた "乃木坂セット(海鮮丼+いくら+カニ汁)” も隠れた人気商品です。

 

 

店舗情報
【店名】食事処 ながもり
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目 二条市場仲通り
【電話番号】011-222-6733
【営業時間】7:00~15:00
【定休日】不定休
【駐車場】なし(周辺有料駐車場を利用)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「食事処ながもり」の口コミは こちら

 

二条市場 海鮮丼 ③:寿司処けいらん

約2,000円のおまかせ海鮮丼がリーズナブル!

北海道産のネタにこだわり、注文後に全てのネタを切り分ける こだわりの海鮮丼。

切り口の表面から鮮度の良さが伝わってきます♪

道産米 "ふっくりんこ” を100%使用した酢飯との相性もバツグン!

 

店主 "飯坂さん” は秋田から北海道に!?

北海道の海鮮の美味さに感動し秋田から移住してきたという店主 "飯坂さん”。

素材本来の美味しさに飯塚さんの技術が加わり、より一層 北海道の海鮮の魅力が引き出されていました。

 

けいらんを運営する近藤昇商店の外観

けいらんを運営する近藤昇商店さん

ご紹介した海鮮丼の他に、お寿司やお刺身、船盛りも食べることができます!

朝8時から営業されているので、朝食にもピッタリですね。

 

 

店舗情報
【店名】寿司処 けいらん
【住所】北海道札幌市中央区南3条東2丁目9 二条市場内
【電話番号】011-241-3377
【営業時間】8:00~16:00
【定休日】不定休
【駐車場】なし(周辺有料駐車場を利用)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「寿司処けいらん」の 口コミは こちら

 

二条市場 海鮮丼 ④:二条市場 大磯

ネタがたっぷりの「大磯丼」

“大磯” の看板メニュー「大磯丼」

どんぶりからはみ出すくらい ネタがたっぷりで、大迫力な 海鮮丼です!

この日の大磯丼のネタ

  • バチマグロ × 2
  • サーモン × 2
  • タコ頭 × 2
  • サメガレイ × 2
  • 白身(ヒラメかカレイ)
  • しめ鯖
  • 甘エビ
  • ホタテ
  • イクラ
  • とびっこ
  • 錦糸卵
  • ガリ

※ ネタは日によって変わります。

 

深い器に ご飯がたっぷりで、ボリューム満点!

本マグロではありませんでしたが、大きくて鮮度の良い “バチマグロ” は 食べ応え十分!

脂ノリのよい “サーモン” や “サメガレイ” は ご飯がとても進みます。

ご飯がぬくぬくの状態だったことと、酢飯ではなかったことが残念でしたが、それをおぎなって余りあるボリュームでした。

 

二条市場大磯「店舗外観」

オレンジの外観が目印

“大磯” の営業時間は 朝 7:30 から。

ホッケなどの “焼き魚” や “じゃがバター” など、数ある北海道の味覚を食べることもできるので、合わせていろいろ楽しんでしまいましょう!

 

 

店舗情報
【店名】二条市場 大磯
【住所】北海道札幌市中央区南3条東2丁目 二条市場角地
【電話番号】011-219-5252
【営業時間】7:30~17:00
【定休日】木曜
【駐車場】無し(近隣駐車場有)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「二条市場 大磯」の 口コミは こちら

 

二条市場 海鮮丼 ⑤:どんぶり茶屋

SNS映えする衝撃の見た目の良さ

「とにかく “リーズナブル” に海鮮丼 を食べたい!」という方には 「どんぶり茶屋」 がおすすめ!

メニューの種類がとにかく豊富なので、予算に応じた海鮮丼に出会えること間違いなし。

手頃な価格の海鮮丼でも 10種類ほどと ネタ がたっぷり! 食べごたえバツグンな "映える” 海鮮丼がいただけます!

 

どんぶり茶屋の店長 尾崎さん

どんぶり茶屋の店長 尾崎さん

丼ぶりメニューの数は、なんと常時50種類以上!

更には 海鮮の炙り丼 や、お肉たっぷりのジンギスカン丼 なんてメニューまで揃っているので、海鮮が苦手な方には嬉しい限り。

 

どんぶり茶屋の入口横のディスプレーで、じっくり選ぶのも良し

入口横のディスプレーで、じっくり選ぶのも良し

二条市場一のラインナップを誇る "どんぶり茶屋”。

なにを食べるか悩んだときは、まずここに向かいましょう!

 

関連記事

 

店舗情報
【店名】どんぶり茶屋 さっぽろ二条市場店
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目 新二条市場内
【電話番号】050-5457-7207
【営業時間】7:30~17:30
【定休日】なし
【駐車場】無し(近隣駐車場有)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「どんぶり茶屋」の 口コミは こちら

 

二条市場 海鮮丼 ⑥:第一海鮮丸

この日は 特にぶ厚い部分が当たったそうです♪

ぶ厚いネタの海鮮丼が自慢の「第一海鮮丸」。

コロナの影響もあり 一時期は「五目屋」として営業していましたが、再度 “第一海鮮丸” に店名を変更。

再度おいしい海鮮丼が食べられるようになりました♪

 

味噌汁、サラダ、重箱に入った五目ごはんがテーブルに置かれている

五目屋のなごり「五目ごはん」もメニューにあり

五目屋のなごり「五目ごはん」は 特徴的な 甘めの味付け。

もち米入りで 噛むたびに もちっとした弾力が感じられ、田舎のおばあちゃんを思い出すようなやさしい味でした。

 

札幌二条市場にある第一海鮮丸の外観

外観はちょっと変わっているかも‥

店主と女将は、中学校時代の同級生だと知ってビックリ!

二人とも 笑顔が素敵で、お父さん・お母さん みたいにあたたかい方でした♪

”ボリューミーな海鮮丼” と "人のぬくもり" が感じられる 素敵なお店です。

 

関連記事

 

店舗情報
【店名】第一海鮮丸
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目 二条市場
【電話番号】050-5457-7207
【営業時間】7:00~14:00
【定休日】水曜
【駐車場】無し(近隣駐車場有)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

「札幌二条市場」おすすめの “朝食・ランチ・スイーツ”!

二条市場 朝食・ランチ・スイーツ ①:牛かつ海鮮処 京橋本店

たっぷり300gのザンギがうれしい “北海道ザンギ定食” 880円

海鮮丼が有名な “二条市場” ですが、中でも特に地元の方におすすめしたいお店が「牛かつ海鮮処 京橋本店」

看板メニューの “牛かつ” はもちろん、その他 ザンギ・ポテサラ まで すべて自家製で、かつリーズナブルなのが魅力的なんです!

 

牛かつハーフ をつまみに せんべろ も楽しめます♪

京橋本店の「牛かつ」の 特徴は‥

牛かつの特徴

  • 牛肉は 北海道十勝産の赤身肉を 100%使用
  • 200℃の高温でサッと揚げた、レアな仕上がり

ピリッと味がしまる “山わさびの醤油漬け” が そえられているところも、北海道らしさが感じられますね♪

ハーフだと 少し量が少ないので、ガッツリ食べたい方は「牛かつ定食」か「単品」をオーダーしましょう。

 

牛かつ海鮮処 京橋本店 店舗外観

お店があるのは 二条市場の中です

お店があるのは、ちょっと入りにくい雰囲気のある “二条市場” の中。

前述の “どんぶり茶屋” や、後述する “ソフトクリーム屋さん” などもあるので、散策がてら よってみるのも良いかも知れませんね!

 

 

店舗情報
【店名】牛かつ海鮮処 京橋本店
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目7 新二条市場
【電話番号】011-213-1388
【営業時間】9:00~14:00(日月)、9:00~22:00(水木)、9:00~24:00(金土)
 ※【日月】14~22:00は完全予約制
 ※【火】 完全予約制
【定休日】火曜(完全予約制)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード可
【公式サイト】facebook
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「牛かつ海鮮処 京橋」の口コミ

 

二条市場 朝食・ランチ・スイーツ ②:だるま軒

"札幌味噌ラーメン” の元祖といえば、今も営業を続ける名店 "味の三平” なのは有名な話です。

 

では "札幌ラーメン” の元祖は どこでしょう?

札幌ラーメンの元祖と言われているのは、ここ札幌二条市場にある "だるま軒” さん!

札幌ラーメンの特徴といえば "黄色い縮れ麺” ですが、これを開発した "西山製麺” のルーツをたどると ”だるま軒” の製麺部門に行きつくのだそうです!

 

1947年創業、1949年の今の場所へ移転し、変わらぬ味を守り続けている "だるま軒” さん。

札幌ラーメンの起源をたどりたい場合は、避けて通れない一店です。

 

店舗情報
【店名】だるま軒
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目7 新二条市場
【電話番号】011-251-8224
【営業時間】11:00~17:00(スープ・麺がなくなり次第終了)
【定休日】木曜
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「だるま軒」の口コミは こちら

 

二条市場 朝食・ランチ・スイーツ ③:komichi(コミチ)

テイクアウト で “パフェ” や “ソフトクリーム” を楽しめます

2020年 3月 オープン の「komichi(こみち)」は、テイクアウトの “パフェ” や “スイーツ” を リーズナブルにいただくことができるお店。

希少な “低温殺菌牛乳” のソフトクリームは、ミルクをたっぷり使い甘さは控えめ。コク深い味わいと さっぱりキレのある後味が特徴です。

 

「komichi(こみち)」の店内の様子

二条市場内にある「komichi(こみち)」の店内

晴れた日は、道路を挟んだ向かい側にある “創成川公園” で食べるのが おすすめ!川 や 緑 を背景に写真を撮ると、一段と映えてみえますよ♪

ちなみに 店内には “カウンターのみ” で、イスはありません。

 

 

店舗情報
【店名】komichi(コミチ)
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目7 新二条市場
【電話番号】011-838-8159
【営業時間】10:00~17:00(L.O. 16:50)
【定休日】木曜
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】instagram
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

「札幌二条市場」で 惜しまれつつ閉店したお店

その ①:五目ごはん専門店「五目屋」

五目ご飯専門店「五目屋」の五目ご飯

メニューは ほっこりする 甘めの “五目ごはん” 一択

前述のとおり、元々 “第一海鮮丸” という名前で営業していた「五目屋」さん。

2020年6月より “五目屋” へ名前を変更しましたが、再度「第一海鮮丸」へ名前を戻し 現在も営業を続けています。

 

看板メニューの “五目ごはん” は、第一海鮮丸でも提供中。

「うるち米」(普段食べている一般的なお米)と「もち米」が独自の配合でブレンドされ、ほどよいもっちり感。

店主が 母親 の味を思い出しながら作った “五目ごはん” は、少し甘めで 食べ飽きない味に仕上がっています。

 

五目ごはん専門店 “五目屋” の外観

五目屋の外観

パッと見 職人気質そうな店主と温かな女将とのかけあいも、このお店の醍醐味。

テイクアウトもできるので、札幌市民にも嬉しいですね!

家でも美味しい “五目ごはん” を楽しんでみてはいかがでしょう?

 

 

店舗情報
【店名】五目ごはん専門店 五目屋
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目 二条市場
【電話番号】011-555-2030
【営業時間】7:00~14:00
【定休日】水曜
【駐車場】無し(近隣駐車場有)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

その ②:帯広豚丼ポルコ

「帯広豚丼ポルコ」札幌店の 脂の香ばしい豚丼

二条市場の向かい “M’s EAST” 1階にお店をかまえていた「豚丼ポルコ」

現在は業態変更をして、同じ場所で「山幸えびす商店」という八百屋を営んでいます。

 

右の店舗が帯広豚丼ポルコさん

営業中の「帯広豚丼ポルコ」さんは、知る人ぞ知る豚丼の名店。

甘辛いタレで焼いた香ばしい豚丼の他、他店ではなかなか味わうことのできない "塩豚丼” や "味噌豚丼” など、バラエティ豊かな味を楽しむことができました。

今は 新型コロナの影響もあり、一般はもちろん 周辺の飲食店にも新鮮な食材を提供されています。

 

 

店舗情報
【店名】帯広豚丼ポルコ
【住所】北海道札幌市中央区南2条東1丁目1-8 M's EASTⅡ 1階
【電話番号】011-218-1429
【営業時間】11:00~15:00、18:00~23:00
【定休日】第1・3火曜日
【駐車場】無し(近隣駐車場有)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

「札幌二条市場」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

”札幌市民の台所” と呼ばれる札幌二条市場ですが、訪れる人の大半は旅行者です。

しかし改めて市場を歩いてみると、独特な市場の雰囲気を味わえる好スポットでした!

札幌市民でも、たまには足を運んでみると面白いですよ!

 

 

近くのスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.