【閉店】ビヤケラー札幌開拓使/札幌市/かつてのビール貯蔵庫が大型ビアホールに!

 

注意

建物の耐震補強工事のため、2021年9月30日付で閉店となりました

 

tomo.
どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

札幌市中央区の大型商業施設「サッポロファクトリー」

“サッポロビール” 創業の地 としても知られていて、1989年まで 実際に ビールの製造・販売を行っていた場所でもあります。

 

今回は、この サッポロファクトリー “レンガ館” にある「ビヤケラー札幌開拓使」へ行ってきました。

重厚で趣のある かつてのビール工場の中で、美味しい “ビール” と “ジンギスカン” が食べられる とても魅力的なお店です!

ランチタイムに “リーズナブル” に食べられる “ジンギスカン御膳” 、さてその内容とは・・・。

さっそくご紹介します!

 

「ビヤケラー札幌開拓使」へのアクセス方法

サッポロファクトリーのレンガ館外観

「ビアケラー札幌開拓使」のある「レンガ館」

“ビアケラー札幌開拓使” があるのは、札幌市中央区の大型商業施設「サッポロファクトリー」内。

施設内には 3ヶ所 の駐車場があり、利用時間や利用施設によって料金が異なります。

駐車場料金

一般車1時間無料、以後30分毎に+200円
施設内で2,000円以上買物した場合3時間無料
映画鑑賞した場合3時間無料、物販・カフェコーナーはサービス対象外

 

公共交通機関を使って向かう場合は、地下鉄が便利です!

地下鉄東西線「バスセンター前」駅で下車し、8番出口より 約300m、徒歩 約3分 で到着します。

詳しいルートは、上の地図でご確認ください。

 

ビアケラー札幌開拓使の店舗外観

店舗前にはメニューなどがいろいろと掲示されています。

サッポロファクトリー内は とても広く、以下の 5つの施設に分かれます。

ファクトリー各施設

  • フロンティア館
  • 1条館
  • 2条館
  • 3条館
  • レンガ館

「ビアケラー札幌開拓使」があるのは “レンガ館”。

施設はすべて連結通路でつながっていますので、案内板を確認しながら移動しましょう。

 

ビヤケラー札幌開拓使

【住 所】 北海道札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー内レンガ館1F
【電話番号】 011-207-5555
【営業時間】 11:00~22:00
【定休日】 不定休、12/31(サッポロファクトリー休館)
【駐車場】 あり(1時間無料)
【キャッシュレス決済】-

 

 スポンサードリンク

 

一番人気の「ジンギスカン」をランチでリーズナブルにいただきます!

生ラムジンギスカン御膳 950円(税抜)

ビアケラー札幌開拓使の「生ラムジンギスカン御膳」

鉄板のジュ~っという音がたまらない!

湯気を立てながらアツアツの鉄板で運ばれてきたのは「生ラムジンギスカン御膳」

炒めた “モヤシ・キャベツ・ピーマン” の上には、しっかり火が通った “生ラム” のジンギスカン が たっぷり!

“ごはん・お味噌汁・お漬物” がついた、ランチタイムにピッタリなセットです。

 

ビアケラー札幌開拓使の、昔のビール醸造所を利用した店内

こんな素敵な空間でいただくジンギスカンが また素敵!

そして これをいただくことができるのが、かつて “ビール貯蔵庫” として利用されてきた “レンガ造り” の建物 の中。

観光地として入場料も取れそうな素敵な空間なのに、さらに 1,000円くらいで ランチが食べられるだなんて‥。

これだけでも来る価値を十分に感じられます!

 

ビアケラー札幌開拓使の「生ラムジンギスカン御膳」

厚切りのジンギスカンで、食べごたえもバツグン!

お肉 も 野菜 も 火を通しただけのシンプルなものなので、別皿の甘じょっぱいタレにつけていただきましょう!

 

柔らかすぎず やや臭みの残る “生ラム” ですが、この若干の臭みこそが “北海道ジンギスカン” の本来の美味さ!

まったく臭みのない 高級店 のとは違い、北海道民が食べなれた味そのものです。

 

なお ランチタイムには、以下2点がサービスとなります。

ランチタイムのサービス

  1. ライス大盛おかわりサービス
  2. ソフトドリンク1杯サービス

お腹いっぱい 北海道のジンギスカンを楽しんでしまいましょう♪

 

 スポンサードリンク

 

「ビヤケラー札幌開拓使」へのランチメニュー一覧

ビアケラー札幌開拓使のランチタイムのメニュー表

ランチタイムのメニュー表がこちら!

ランチメニュー一覧(全て税別)
LIONチキン唐揚げランチ900円
LIONカツカレー1,000円
あんかけ焼きそば980円
炒めスパゲティナポリタン920円
鉄板オムハヤシライス880円
かつとじ御膳880円
生ラムジンギスカン御膳950円
ポーク生姜焼き御膳880円

 

ビアケラー札幌開拓使の店舗前ショーケース

お店の前にもサンプルが並んでいるので、先に決めるのも〇

ビアケラー札幌開拓使のランチメニュー一覧

ランチメニューのサンプル一覧がこちら

 

ビアケラー札幌開拓使の店舗外観

ランチメニュー以外に、ジンギスカンを焼いて食べることもできます

ビアケラー札幌開拓使のジンギスカンメニュー

様々なメニュー、飲み放題付きのプランなどもありました

今回ご紹介したのは ランチメニューのお得な “ジンギスカン御膳” でしたが、もちろん ジンギスカンを “焼いて” 食べることもできます!

 

「ビヤケラー札幌開拓使」の店内の様子

ビアケラー札幌開拓使の「レンガ造り」の建物

店舗入口から、異空間が広がります!

前述のとおり “ビアケラー札幌開拓使” は、かつての ビール貯蔵庫 を改装した店舗。

1907年に ビール工場に増築された “3本のトンネル” 状の建物が、こんなに素晴らしい空間へと生まれ変わった訳です!

 

ビアケラー札幌開拓使の店内の様子

ランチメニューは、真ん中のトンネルでいただけます

今回は 真ん中のトンネル でランチをいただきましたが、他にも グリル付きのテーブル席があったり、最大150名の宴会も可能。

総席数は なんと “500席” もあるので、様々な用途で利用することができそうです。

 

 スポンサードリンク

 

さいごに

ビアケラー札幌開拓使の店内

今回は 建築当時からの趣を残す「ビアケラー札幌開拓使」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

実は こちらのお店、あの “銀座ライオン” の系列店。

“リーズナブル” で “ボリューム満点” だったのは、全国で数々の店舗展開をしている同店だからこそできる技です。

ここに “最高の空間” が加わったのですから、より美味しく感じたのも必然的ですね♪

 

なお、ジンギスカンと一緒に楽しみたいのが “ビール”

“ビヤケラー” とはドイツ語で「ビール貯蔵庫」 を意味する言葉で、もちろんここでも美味しいビールが飲めるのです。

“黒ラベル” や 北海道限定の “サッポロクラシック” も捨てがたいですが、ここでは工場直送の限定ビール「札幌開拓使麦酒」を ぜひ味わってみてください!

 

 

ビヤケラー札幌開拓使

【住 所】 北海道札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー内レンガ館1F
【電話番号】 011-207-5555
【営業時間】 11:00~22:00
【定休日】 不定休、12/31(サッポロファクトリー休館)
【駐車場】 あり(1時間無料)
【キャッシュレス決済】

 

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。