【保存版】札幌のおすすめジンギスカン12選!ラム・マトンなど北海道民が厳選!

2021-02-01

   

 

北海道で一度は食べたいもの といえば、

  • 新鮮な海鮮丼
  • お寿司
  • ラーメン
  • ジンギスカン
  • スープカレー

その中から 今回取り上げるのは「ジンギスカン」

北海道で生まれ育った わたしがおすすめする、札幌市民でも通いたくなる “ジンギスカン屋さん” をご紹介します。

 

 

「ジンギスカン」って どんな料理なの?

羊のお肉を焼いた料理、それがジンギスカン!

 

北海道では古くから親しまれている郷土料理で、その特徴は 以下のとおり。

ジンギスカンの特徴

  • ジンギスカン専用の「ジンギスカン鍋」を使う
  • もやし・玉ねぎなどの野菜を敷き、その上に生のお肉をのせて焼く

 

ただし 家庭でジンギスカンを食べる場合、ホットプレートを使用するのが一般的。

スタイルも様々なので、一言にジンギスカンといっても お店ごとに味も提供方法も まったくことなります。

 

「ジンギスカン」の ことなるスタイル・特徴について

前述のとおり、お店ごと、食べるシーンによって、その提供方法がガラッと変わるのがジンギスカン。

ジンギスカン選びのポイント

  • お肉の「産地」
  • お肉の「種類」
  • お肉の「厚さ」
  • お肉の「下処理方法」

 

ここでは、その おおまかな違いをみてみましょう!

 

お肉の「産地」

 

ジンギスカンに使われるお肉の大半は「外国産」の羊肉。

国産のものは全体の数%しかなく、とても貴重なものなんです

 

国産の羊肉の場合、臭みを感じることは ほぼなし! ただし、貴重な分だけ どうしても値が張ります。

大半が ニュージーランド産やオーストラリア産ですが、近年はアイスランド産も増えていて その味には定評があります。

 

おいしいお肉を選ぶポイント

  • 国産だったら まず間違いなし!
  • アイスランド産も はずれることは まずないでしょう
  • ニュージーランド産・オーストラリア産はピンキリなので、お店のおすすめのものを選ぼう

 

お肉の「種類」

羊の年齢によって、以下の 3種に分類されます。

一般的なお肉の分類

  • 【ラム】
    ・生後12ヶ月までの羊の肉
    ・肉質がやわらかく 臭みも少ない
  • 【ホゲット】
    ・生後12ヶ月~24ヶ月までの羊の肉
    ・バランスの良いお肉
  • 【マトン】
    ・生後24ヶ月以上の羊の肉
    ・肉質が固くなりはじめ、臭みもでてくる

 

ホゲットに出会うことは稀なので、ビギナーの方は 迷わず「ラム」を選びましょう。

ただし 丁寧に下処理をされたマトンの場合、ラムと区別がつかないくらいのおいしさです♪

 

お肉の「厚さ」

厚切りラム肉

「厚切り」と「薄切り」の 2パターンがあります。

タイプによって 味がまったくことなります

 

お店ごとに まったくことなるので、食べたいタイプが決まっている場合は あらかじめ調べておくのがベスト。

ただし、どちらも甲乙つけがたいです。

 

お肉のタイプを選ぶポイント

  • 「厚切り」は 市内有名店に多い印象(だるま・しろくま など)
  • 「薄切り」は 大手ビアホールなどに多い(松尾ジンギスカン・各ビール園など)

 

お肉の「下処理方法」

味付きジンギスカン

味付きジンギスカン

「生ジンギスカン」と「味付けジンギスカン」の 2パターンがあります。

ここは完全に 好みで選びましょう!

 

タレで下味をつけてから焼く「味付けジンギスカン」に対し、焼いたあとに タレにくぐらせて食べるのが「生ジンギスカン」。

“味付けジンギスカン” は臭みを消すために生まれた方法ですが、“生ジンギスカン” の中には 一度も冷凍していないものがあり、それだと臭みもありません。

 

おいしいお肉を選ぶポイント

  • ここは完全に お好みで決めましょう
  • 生ジンギスカンの臭みが気になる方は、未冷凍のものがあれば まよわず選びましょう

 

札幌市民が おすすめする「ジンギスカン」の名店

おすすめ ①:成吉思汗 だるま本店(すすきの)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masashi Honda(@8668m8668)がシェアした投稿 -

産地外国産
種類マトン
厚さ厚切り
下処理
おすすめ度

 

札幌でジンギスカンを食べる場合、一度は足を運んでおきたいのが「だるま」

1954年創業の老舗ジンギスカン屋さんで、丁寧な下処理をほどこした “マトン” のうまさは ラムをも凌ぐほど!

脂もキレッキレで 後味サッパリ。〆は 秘伝のタレをお湯割りにして、最後までいただきましょう。

 

すすきので 計5店舗を展開していますが、一番人気の “本店” は14席しかなく 行列必至!

混雑をさけたい場合は、以下の系列店へ足をはこんでみてください。

 

店舗情報
【店名】成吉思汗 だるま本店
【住所】北海道札幌市中央区南5条西4丁目5 クリスタルビル1F
【電話番号】011-552-6013
【営業時間】17:00~3:00
【定休日】年末年始
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】https://sapporo-jingisukan.info/
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー / じゃらん
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「成吉思汗 だるま本店」の口コミ

 

おすすめ ②:松尾ジンギスカン(札幌駅・大通・すすきのなど)

産地外国産
種類マトン・ラム
厚さ薄切り
下処理味付け
おすすめ度

1956年創業の老舗「松尾ジンギスカン」は、昔ながらの ”マトン" を使った味付けジンギスカンのお店。

漬けダレごとジンギスカン鍋に入れ、グツグツ煮込んでいただくのが特徴です。

 

適度な量のランチセットもおすすめ

羊臭さを消すために生まれたのが ”タレに漬け込んだ” 味付けジンギスカン。

一説では これを生み出したのが「松尾~」だと言われているくらい、味付けジンギスカンの代名詞的なお店なんです。

ニンニクを使わないオリジナルのタレに定評があり、〆にいただく ”もち” や "うどん" に 味が染みると またたまりません!

 

松尾ジンギスカン 札幌駅前店の店内

札幌駅前店の店内の様子

札幌市内には 計6店舗を展開しているので、お近くのお店で楽しんでみてください。

 

 

店舗情報
【店名】松尾ジンギスカン 札幌駅前店
【住所】北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル地下1階
【電話番号】011-200-2989
【営業時間】11:00~15:00、17:00~23:00
【定休日】年末年始
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】https://www.matsuo1956.jp/
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「松尾ジンギスカン 札幌駅前店」の口コミ

 

おすすめ ③:士別バーベキュー(大通)

士別バーベキュー サフォーク丼

絶品”サフォーク丼”!

産地国産
種類ラム
厚さ薄切り
下処理
おすすめ度

国産のラム肉が食べたい場合は「士別バーベキュー」一択です!

道北の “士別市” や その近郊で育成された「サフォーク種」という 国産の羊が食べられる、とても貴重なお店です。

 

士別バーベキューのお肉

希少部位を食べられることも

特徴的なのは、ジンギスカン鍋を使わない「網焼き」スタイルで提供していること。

どちらのスタイルも それぞれおいしいですが、香ばしさと 脂のキレが 段違いです!

 

また この国産ラムを使った「サフォーク丼」が、おいしいだけでなくリーズナブル!

“特製味噌ダレ” で仕上げた肩ロースは 味噌や赤ワインの風味が豊かで、ごはんがドンドン進みます♪

 

店舗情報
【店名】士別バーベキュー
【住所】北海道札幌市中央区南3条西7丁目7
【電話番号】011-209-3210
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】http://www.shibetsu-sankyo.co.jp/
【外部サイト】食べログ / ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめ ④:ラムグチカズヤ(すすきの)

ラムグチカズヤ ジンギスカン

産地外国産(アイスランドなど)
種類ラム
厚さ厚切り
下処理
おすすめ度

「ラムグチカズヤ」で食べるべきは、アイスランド産のラム肉!

アイスランドの羊は 1000年以上前から純血を保つ ”古代種” で、柔らかさと 臭みのなさに定評があります。

 

ジンギスカン鍋の代わりに使うのは、富士山の “溶岩プレート” 。

余分な脂を吸収してくれるから 食後のギトギト感も まったくありません!

 

アイスランド産ラム肉と富士山の溶岩プレート

羊肉特有の臭みは ほぼなく、ラム肉が苦手な知人も ここのお肉は美味しいと感動していたくらい。

 

オーナーさんは、札幌市内200店舗のジンギスカンを食べ歩いたくらいの ジンギスカン通。

自分が食べたいと思った 納得のお肉しか提供しない、知る人ぞ知る穴場です♪

 

 

店舗情報
【店名】札幌ジンギスカン ラムグチカズヤ
【住所】北海道札幌市中央区南四条西3丁目1-3 幸寿司ビル6階
【電話番号】050-3469-8257
【営業時間】18:00~6:00(日曜、月曜は24:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】食べログ / ヒトサラ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ラムグチカズヤ」の口コミ

 

おすすめ ⑤:炭火焼ジンギスカン ポッケ(すすきの)

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒を飲んでばったり倒れ屋さん(@r_hin_o)がシェアした投稿 -

産地国産・外国産(オーストラリアなど)
種類ラム・マトン・エゾ鹿
厚さ厚切り
下処理生・味付け(塩)
おすすめ度

同じ “味付けジンギスカン” でも、お店によって その味もことなります。

「炭火焼ジンギスカン ポッケ」の自慢は、塩ダレでいただく「塩ジンギスカン」

札幌市内でも 提供店はごくわずかで、とってもレアなんです。

 

“1人前 650円” と、リーズナブルな価格設定も魅力的。

他にも 国産ラムやエゾシカ肉、塩以外の味付けジンギスカンも見逃せません!

 

店舗情報
【店名】炭火焼ジンギスカン ポッケ
【住所】北海道札幌市中央区南3条西3丁目 都ビル3F
【電話番号】011-596-8929
【営業時間】17:00~3:00
【定休日】年末年始
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】http://www.jingisukan-pokke.com/index.html
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「炭火焼ジンギスカン ポッケ」の口コミ

 

おすすめ ⑥:八仙 大通店(西11丁目)

塩ダレがしみた絶品カルビ

産地外国産(オーストラリアなど)
種類ラム
厚さ薄切り
下処理味付け(塩)
おすすめ度

塩ジンギスカンの有名店なら「八仙 大通店」も 忘れてはいけない一店です。

オーストラリア産のラム肩ロースを塩ダレにつけた 味付けジンギスカンは、リピーターが絶えない人気商品!

 

豪快に炭火焼でいただきます!

炭火で焼くジンギスカンは、おいしさが倍増!

この味をもとめて、芸能人やスポーツ選手などの 著名な方も多く訪れる人気店となっています。。

過去には、なんと「嵐」のメンバーも来たとか来ないとか…。

 

気をなる方は、お店の "フェイスブック" を ひたすら さかのぼってみてください!

 

店舗情報
【店名】八仙 大通店
【住所】北海道札幌市中央区南1条西14丁目1-236
【電話番号】011-272-4055
【営業時間】18:00~23:30
【定休日】火曜、第3月曜
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】http://8000-odori.com/
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「八仙 大通店」の口コミ

 

おすすめ ⑦:札幌ジンギスカン しろくま 札幌本店(すすきの)

希少な北海道産羊肉も

産地国産・外国産(オーストラリアなど)
種類ラム・マトン
厚さ厚切り
下処理
おすすめ度

「ミシュラン北海道」で “ビブグルマン” として掲載された実力店「しろくま 札幌本店」

味も もちろん折り紙付きで、厳選されたこだわりの食材が楽しめるんです♪

 

レバーやハツなどの内臓盛り合わせ

特に お肉の種類は かなり豊富!

お肉の種類

  • オーストラリア産 ラム
  • ニュージーランド産 マトン
  • アイスランド産 ラム
  • 国産 ラム

一店で全てを楽しむことのできるステキなお店なんです♪

すすきの にあるので利便も良好ですが、カウンター席のみのお店なので、人数によっては事前確認をするのがベストです。

 

店舗情報
【店名】札幌ジンギスカン しろくま札幌本店
【住所】北海道札幌市中央区南6条西3丁目 ジョイフル札幌 1F
【電話番号】011-552-4690
【営業時間】18:00~1:00(月~水)、~1:30(木金土)、17:00~22:00(日)
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード可
【公式サイト】http://www.nisso.gr.jp/shirokuma/index.html
【外部サイト】食べログ / ぐるなび / じゃらん
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「札幌ジンギスカン しろくま」の口コミ

 

おすすめ ⑧:ジンギスカーン(すすきの)

 

この投稿をInstagramで見る

 

や(@oshipump)がシェアした投稿 -

産地外国産(アイスランドなど)
種類ラム
厚さ厚切り
下処理
おすすめ度

アイスランド産ラムを “すすきの” でいただくなら「ジンギスカーン」が おすすめです。

アイスランド産ラムを 一頭まるごと仕入れ、お店の厨房で全部手切りで仕込む こだわりのお肉は絶品!

 

一頭まるごと仕入れているので、タイミング次第では 希少部位が食べられることも!

カウンター席では 饒舌な店主さんとのやり取りも生まれ、すすきの のお店らしくて楽しめると思います。

 

店舗情報
【店名】ジンギスカーン
【住所】北海道札幌市中央区南5条西6丁目 多田ビル1F
【電話番号】011-532-8129
【営業時間】18:00~1:00(日~木)、18:00~3:00(金土祝前日)
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】http://genghiskhan.jp/index.htm
【外部サイト】食べログ / ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ジンギスカーン」の口コミ

 

おすすめ ⑨:ジンギスカン アルコ(大通)

 

この投稿をInstagramで見る

 

atok(@atoku)がシェアした投稿 -

産地外国産
種類マトン
厚さ厚切り
下処理
おすすめ度

穴場的な雰囲気を楽しみたいなら「ジンギスカン アルコ」さんへ向かいましょう。

お店の場所は "大通エリア" にある商店街「狸小路7丁目」の一角。

店内には コの字型のカウンターしかなく、こじんまりした店内がたまりません!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hobotanchan(@hobotanchan)がシェアした投稿 -

いただくことができるのは ”生マトン” ですが、厚みがあり 臭みも少ないのが特徴です。

地元民だからこそ知るお店に足を運んでみるのも、旅の醍醐味。

機会があれば、ぜひ訪れてみて下さいね。

 

店舗情報
【店名】ジンギスカン アルコ
【住所】北海道札幌市中央区南3条西7丁目3 狸小路7丁目
【電話番号】011-221-7923
【営業時間】17:00~22:30(火~土)、17:00~22:00(日祝)
【定休日】月曜
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ジンギスカン アルコ」の口コミ

 

おすすめ ⑩:ツキサップじんぎすかんクラブ(福住)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ânon Akihama(@anon)がシェアした投稿 -

産地外国産
種類マトン
厚さ薄切り
下処理
おすすめ度

札幌の郊外にある「ツキサップじんぎすかんクラブ」は、自然の中でジンギスカンが食べられるロケーションが魅力的!

1953年創業の老舗ですが、今もなお根強い人気の秘密は 七輪をつかった「炭火焼」と 厳選された「生マトン」でしょう。

 

最寄り駅が 地下鉄東豊線の最終駅「福住」と郊外にあるので、車での移動がおすすめ。

夏季はテラス席で、冬季は暖かい室内で、最高のジンギスカンをいただきましょう!

 

店舗情報
【店名】ツキサップじんぎすかんクラブ
【住所】北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5 八紘学園農場内
【電話番号】011-851-3341
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】水曜、第3火曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】https://www.tjc1953.com/
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー / じゃらん
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ツキサップじんぎすかんクラブ」の口コミ

 

おすすめ ⑪:サッポロビール園(苗穂)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ういんちゃん(@hokutosei77)がシェアした投稿 -

札幌市内で一番雰囲気のいい ジンギスカンホールといえば、「サッポロビール園」で間違いないでしょう!

明治初期に建てられた “赤レンガ造り” のビアホールをはじめ、計5つのホールで ことなるタイプのジンギスカンを楽しむことができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toru Nabeshima(@toru_nabeshima)がシェアした投稿 -

中でも おすすめなのが、巨大なビール窯が目をひく「ケッセルホール」

開放感がある広い店内で食べるジンギスカンは最高です! 新鮮な サッポロビール と一緒に楽しんでしまいましょう。

 

また敷地内に併設する「サッポロビール博物館」は、国内唯一のビールに関する博物館。

ぜひ合わせて 楽しんでみてくださいね!

 

 

店舗情報
【店名】サッポロビール園
【住所】北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10
【電話番号】011-742-1535
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】12/31
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】https://www.sapporo-bier-garten.jp/
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー / じゃらん
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「サッポロビール園」の口コミ

 

おすすめ ⑫:ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店(バスセンター)

ビアケラー札幌開拓使 店内

産地外国産
種類ラム・マトン
厚さ薄切り
下処理
おすすめ度

バスセンター前エリアの商業施設「サッポロファクトリー」は、かつてサッポロビールの製造工場があった場所。

当時ビールの貯蔵庫として使われていたレンガ造りの建物は、「ビアケラー札幌開拓使」として リニューアルオープン!

サッポロビール園に 勝るとも劣らない 雰囲気の良さが魅力です。

 

ビアケラー札幌開拓使 ジンギスカン御膳

ジンギスカンの食べ放題などが人気ですが、ランチタイム限定の「生ラムジンギスカン御膳」もおすすめ!

一人で食べるにもピッタリな量なので、雰囲気のよいホールにも気軽に足を運ぶことができます。

 

 

店舗情報
【店名】ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店
【住所】北海道札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーレンガ館1F
【電話番号】050-3469-8922
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】12/31、不定休有
【駐車場】サッポロファクトリー有料駐車場
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】https://h001200.gorp.jp/
【外部サイト】食べログ / ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ビアケラー札幌開拓使」の口コミ

 

おすすめジンギスカン まとめ

今回は 札幌市内中心部だけで200店舗ほどあるジンギスカン屋さん の中から、厳選した12店をご紹介させていただきました。

どこも実績のある名店ぞろいなので 大きくはずすことはないと思いますが、タイプによって印象が全く変わるのが難しいところ‥。

何度も通って食べくらべてほしいところですが、旅行など 長期間 札幌に滞在することが難しい時には ぜひ本記事を参考にしてみてください♪

 

なおここでご紹介できたお店は ほんの一部なので、他にも色々なお店に足を運び、ぜひお好みの1店を見つけてみて下さいね。

 

 

おススメの記事一覧





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.