札幌のジンギスカンまとめ!北海道民がおススメするタイプ別12選

2019-12-15

   

 

海産物、ラーメン、スープカレー‥

北海道には美味しいものがいっぱい!

お住まいの方はもちろん、観光で来た方々にも、北海道の味覚を思いっきり楽しんでいただきたいものです。

 

そこで今回は、数ある北海道の "味覚" の中から「ジンギスカン」をピックアップ!

なお一口にジンギスカンと言っても、その食べ方は多様。

「厚切り ⇔ 薄切り」「直焼き ⇔ 煮込み」「国産 ⇔ 外国産」など、提供店ごとに異なる特徴があるのも面白いところです。

 

本記事ではタイプ別にジンギスカンをご紹介しますので、ぜひ旅の参考にしてみて下さいね!

 

昔ながらの「生マトン」を提供する名店

【すすきの】成吉思汗 だるま本店

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masashi Honda(@8668m8668)がシェアした投稿 -

 

言わずと知れたジンギスカンの名店「だるま」

 

1954年創業の老舗で、生後2年を経過した羊肉 "マトン" をいただくことができます。

 

脂ノリがよい割にはサッパリとした厚切りのマトン。

意外と臭みも少なく、食べごたえもバツグンです!

 

なお、だるま本店は席数計14席のみ。

連日行列のできることでも有名です。

本店にこだわらない方は、同じすすきのに系列店が4店ありますので、うまく使い分けてみて下さいね。

 

 

成吉思汗 だるま本店

【住 所】 北海道札幌市中央区南5条西4丁目5 クリスタルビル1F
【電話番号】 011-552-6013
【営業時間】 17:00~3:00
【定休日】 年末年始
【公式HP】 http://best.miru-kuru.com/daruma/index.html
CHECK!食べログで口コミを見てみる
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる

 

【福住】ツキサップじんぎすかんクラブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ânon Akihama(@anon)がシェアした投稿 -

 

所変わって札幌市は豊平区。

地下鉄 ”東豊線" の終点「福住駅」からほど近く。

札幌ドームからも比較的近いこの場所にも、ジンギスカンの名店がありました。

 

農業専門学校 "八紘学園" の広大な敷地の一角にある「ツキサップじんぎすかんクラブ」では、こだわりの ”マトン” を使ったジンギスカンを提供しています。

 

こちらも1953年創業の老舗。

そして眼前に大自然が広がる最高のロケーション!

 

暖かい時期はテラス席で最高のジンギスカンをいただきましょう!

 

ツキサップじんぎすかんクラブ

【住 所】 北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5 八紘学園農場内
【電話番号】 011-851-3341
【営業時間】 11:00~21:00
【定休日】 水曜、第3火曜
【公式HP】 https://www.tjc1953.com/
CHECK!食べログで口コミを見てみる

 

「味付けジンギスカン」のおススメ店

【すすきの】松尾ジンギスカン 4・2店

 

この投稿をInstagramで見る

 

うめですよ(@ume0815)がシェアした投稿 -

 

ジンギスカンが苦手な方もいると思いますが、それは特有の羊臭さが原因ではないでしょうか?

 

そんな羊臭さを消すために生まれたのが ”タレに漬け込んだ” 味付けジンギスカン。

 

1956年創業の老舗「松尾ジンギスカン」は、昔ながらの ”マトン" を使った味付けジンギスカンのお店。

漬けタレごとジンギスカン鍋に入れ、グツグツ煮込んでいただくのが特徴です。

 

締めにいただくのは、ジンギスカンの旨みが溶け込んだタレで煮込んだ ”もち” や "うどん" 。これがまた たまりません!

 

松尾ジンギスカン すすきの4・2

【住 所】 北海道札幌市中央区南4条西2丁目11-7 TOMORUビル2F
【電話番号】 011-261-2989
【営業時間】 17:00~23:00
【定休日】 12/31~1/2
【公式HP】 http://www.matsuo1956.jp/shop/susukino/
CHECK!食べログで口コミを見てみる
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる

 

「塩ダレ」のジンギスカンといえばココ

【西11丁目】八仙 大通店

塩ダレがしみた絶品カルビ

豪快に炭火焼でいただきます!

 

タレにもお店ごとの特徴が現れます。

 

大通公園の西の端にあたる ”西11丁目” 。

このエリアに ”塩ダレ” のジンギスカンをいただくことのできる人気店があります。

 

それが「八仙 大通店」さん。

 

芸能人やスポーツ選手など著名な方も多く訪れる人気店。

過去には嵐のメンバーも来たとか来ないとか…。

味も ”お墨付き” と言えるのではないでしょうか?

 

誰がこのジンギスカンを食べたのか…

気をなる方は、お店の "フェイスブック" をさかのぼってみてください!

 

八仙 大通店

【住 所】 北海道札幌市中央区南1条西14丁目1-236
【電話番号】 011-272-4055
【営業時間】 18:00~23:30
【定休日】 火曜、第3月曜
【公式HP】 http://8000-odori.com/
CHECK!食べログで口コミを見てみる

 

【すすきの】炭火焼ジンギスカン ポッケ

 

この投稿をInstagramで見る

 

酒を飲んでばったり倒れ屋さん(@r_hin_o)がシェアした投稿 -

 

西11丁目エリアまで足を運ぶのが面倒くさい…。

そんな方は、札幌中心部で塩ダレのジンギスカンをいただいてしまいましょう!

 

”大通エリア” にある 「炭火焼ジンギスカン ポッケ」 さん。

名物の ”塩ジンギスカン” は1人前650円と、リーズナブルな価格設定も魅力。

 

生後1年未満の仔羊の肉 ”ラム” や、”エゾシカ” 肉も見逃せません!

 

炭火焼ジンギスカン ポッケ

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西3丁目 都ビル3F
【電話番号】 011-596-8929
【営業時間】 17:00~3:00
【定休日】 年末年始
【公式HP】 http://www.jingisukan-pokke.com/
CHECK!ぐるなびでメニューを見てみる
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる

 

貴重な「北海道産ラム肉」が食べられる名店

【大通】士別バーベキュー

希少部位を食べられることも

絶品”サフォーク丼”!

 

国産の羊肉って実はとても貴重なもの。

羊肉の全流通量の1%以下とも言われているほどです。

 

そんな貴重な国産羊を提供している「士別バーベキュー」さん。

 

”サフォーク種" という肉用羊の ”ラム” をいただくことができます。

またジン鍋ではなく ”網焼き” で提供しているのも特徴の一つ。

 

個人的にはこのラムを使った絶品 "サフォーク丼" もオススメです!

 

士別バーベキュー

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西7丁目7
【電話番号】 011-209-3210
【営業時間】 11:30~15:00・17:00~23:00(月~金)、12:00~23:00(土日祝)
【定休日】 年末年始
CHECK!食べログで口コミを見てみる

 

今「アイスランド産ラム」がジワジワ来ています!

【西18丁目】ラムハウス・ケケレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuichi(@okaan01)がシェアした投稿 -

 

世界を見回すと、ひと口に羊と言ってもたくさんの種があります。

 

そんなたくさんの羊の中で1000年以上前から純血を保つ ”古代種” が ”アイスランド” の羊。

 

自由に育ち 野草を食べて育った羊のラムは柔らかく、臭みのなさが定評です。

 

”西18丁目” エリアにある「ラムハウス・ケケレ」さん。

こちらの ”アイスランド産のラム" は、刺身で食べられるくらい鮮度がバツグン!

 

ただし ”要予約制” なので、必ず事前に電話予約して下さいね!

 

ラムハウス・ケケレ

【住 所】 北海道札幌市中央区大通西16丁目1-11
【電話番号】 011-611-0299
【営業時間】 18:00~22:00(完全予約制)
【定休日】 不定休
CHECK!食べログで口コミを見てみる
CHECK!ぐるなびで店舗情報を見てみる

 

【すすきの】ジンギスカーン

 

この投稿をInstagramで見る

 

や(@oshipump)がシェアした投稿 -

 

繁華街からはそこそこ離れた ”西18丁目” エリア。

行きたいけれど、時間の都合もあるしそこまで行けない…。

そんな方は ”すすきの" でアイスランド産ラムを楽しんでしまいましょう!

 

「ジンギスカーン」さんでは、アイスランド産羊を1頭まんま仕入れています。

お店で切り分けるこだわりっぷりで、希少部位が食べられることも。

 

一度カウンターに座ったら生まれる饒舌な店主さんとのやり取りも、 ”すすきの” のお店らしくて楽しめると思います。

 

ジンギスカーン

【住 所】 北海道札幌市中央区南5条西6丁目 多田ビル1F
【電話番号】 011-532-8129
【営業時間】 18:00~1:00(日~木)、18:00~3:00(金土祝前日)
【定休日】 不定休
【公式HP】 http://genghiskhan.jp/index.htm
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる

 

ミシュラン北海道 掲載店

【すすきの】札幌ジンギスカンしろくま札幌本店

希少な北海道産羊肉も

レバーやハツなどの内臓盛り合わせ

 

”ミシュラン北海道” で ”ビブグルマン" として掲載された実力店「しろくま 札幌本店」

オーストラリア産のラムやマトンを始め、アイスランド産のラム国産のラムなども食べることができ、1店で全てを網羅することのできる素敵なお店です。

 

”すすきの” にあるので利便も良好!

 

ただしカウンター席のみとなりますので、人数が多い場合などは事前確認がベストです。

 

札幌ジンギスカン しろくま札幌本店

【住 所】 北海道札幌市中央区南6条西3丁目 ジョイフル札幌 1F
【電話番号】 011-552-4690
【営業時間】 18:00~1:00 (月火水)、~1:30 (木金土)、17:00~22:00 (日)
【定休日】 不定休
【公式HP】 http://www.nisso.gr.jp/shirokuma/
CHECK!ぐるなびで店舗情報を見てみる

 

「雰囲気重視」ならこちらのお店へ

【苗穂】札幌ビール園

 

この投稿をInstagramで見る

 

ういんちゃん(@hokutosei77)がシェアした投稿 -

 

明治初期、北海道の官営事業として行われた ”サッポロビールの製造” 。

 

当時の建物は現在 ”サッポロビール博物館” として、ビール製造の歴史を伝える資料館として一般公開されています。

 

そんなビール博物館の敷地内にあるのは「サッポロビール園」

 

当時の趣が感じられる ”5つのホール” でそれぞれ美味しいジンギスカンをいただくことができちゃいます!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toru Nabeshima(@toru_nabeshima)がシェアした投稿 -

 

おススメは巨大なビール窯が目をひく ケッセルホール

開放感があり広い店内で食べるジンギスカンは最高!

”サッポロビール” と一緒に楽しんでしまいましょう。

 

また雰囲気の良さでは、明治時代に作られた建物を使った ”トロンメルホール” も負けてはいません!

 

ぜひ好みにあったホールを選んでみて下さいね。

 

札幌ビール園

【住 所】 北海道札幌市東区北7条東9丁目2-10
【電話番号】 011-742-1535
【営業時間】 11:30~22:00
【定休日】 12/31
【公式HP】 https://www.sapporo-bier-garten.jp/
CHECK!食べログでメニューを見てみる

 

【バスセンター前】ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mizubayashi Kosuke(@mizba)がシェアした投稿 -

 

”バスセンター前” エリアにある商業施設 ”サッポロファクトリー”。

 

この一角にあるのが「ビヤケラー札幌開拓使」

 

当時サッポロビールの貯蔵庫として使われていたレンガ造りの建物を使用したビアホールで、サッポロビール園にも劣らない雰囲気の良さが魅力です。

 

生ラムジンギスカンや味付けジンギスカンを始め、”カニ” やホクホクの ”ジャガイモ” など豊富なメニューも嬉しい限りです。

 

ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店

【住 所】 北海道札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーレンガ館1F
【電話番号】 050-3469-8922
【営業時間】 11:00~22:00
【定休日】 12/31、不定休有
【公式HP】 https://h001200.gorp.jp/
CHECK!ぐるなびでメニューを見てみる
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる

 

【大通】ジンギスカン アルコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

atok(@atoku)がシェアした投稿 -

 

穴場的な雰囲気を楽しみたいなら「ジンギスカン アルコ」さんへ。

 

場所は "大通エリア" にある商店街 ”狸小路” 7丁目の一角。

 

コの字型のカウンターのみの、小じんまりとした店内がたまりません!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hobotanchan(@hobotanchan)がシェアした投稿 -

 

いただくことができるのは ”生マトン” 。

 

厚みがあり、臭みも少ないのが特徴です。

 

地元民だからこそ知るお店に足を運んでみるのも旅の醍醐味。

 

機会があれば、ぜひ訪れてみて下さいね。

 

ジンギスカン アルコ

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西7丁目3 狸小路7丁目
【電話番号】 011-221-7923
【営業時間】 17:00~22:30(火~土)、17:00~22:00(日祝)
【定休日】 月曜
CHECK!食べログで口コミを見てみる

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

老舗、国産羊肉、歴史ある建物など様々なタイプのジンギスカンをご紹介しましたが、好みのお店は見つかったでしょうか。

 

タイプは違えどどこも名店ばかりなので、旅の参考となれば幸いです。

 

なおここでご紹介できたお店は、数あるジンギスカン屋さんの中のほんの一握りなので、他にも色々なお店に足を運び、ぜひお好みの1店を見つけてみて下さいね。

 

関連記事”食べ放題”のある札幌のおすすめジンギスカン店まとめ!北海道民が厳選する10店をご紹介します!

 

おススメの記事一覧



Go To トラベル事業スタート!

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」がスタートとなります。旅行代金の最大1/2 がお得になる、旅行者にはとても嬉しい制度です!

この機会に、旅行を検討してみるのはいかがでしょうか?

⇩ GoToトラベルの記事はこちらから ⇩

Go To トラベル 7/22 スタート!

 
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.