クラーク像にヒツジの群れ‥「さっぽろ羊ヶ丘展望台」は あの ”嵐” も訪れた一大観光地

2019-12-30

   

 

北海道で唯一の政令指定都市 ”札幌市”

北海道中の ”美味しい食材" が集まり、また ”さっぽろ雪まつり” を始めとしたイベントは世界的にも有名です。

 

もちろん興味深い観光スポットもたくさんあります!

中でも人気のスポットといえば "札幌市時計台" や ”道庁赤れんが庁舎” などがパッと思いつくのではないでしょうか?

そんな中、知名度の高さで負けてはいないのが「さっぽろ羊ヶ丘展望台」

 

都市部にもかかわらず ”自然がとても近い" という札幌市の特徴が表れた、自然たっぷりの景勝地です。

今回はこの ”さっぽろ羊ヶ丘展望台” の魅力を、分かりやすくご紹介します!

 

関連記事▶ 【適時追加】北海道民も足を運ぶ「札幌市内観光地」まとめ!

 

”永遠の真理” を導く「クラーク像」は人気の撮影スポット

羊ヶ丘展望台駐車場入り口にある「クラーク旅立ちの鐘」

 

羊ヶ丘展望台の魅力‥

それは何といっても 見晴しの良さ!

 

草原の奥に広がる札幌の広大な街並み。

遠くは石狩平野まで見渡すことができる眺望の良さ。

都会的な雰囲気も感じつつも、同時にまわりの豊かな自然を楽しむことのできる、一度で二度おいしいスポットです。

 

右手をかざすクラーク博士の像

 

この風景にマッチする様にたたずむのは、有名な ”クラーク博士” の像

彼が残した言葉 ”ボーイズ・ビー・アンビシャス(少年よ、大志を抱け)” は、説明がいらない位に有名ですよね。

しかし羊ヶ丘展望台は、クラーク博士ゆかりの地ではありません。

それなのに、この像がどうしてこの場所に建てられたのでしょうか?

 

クラーク博士は 北海道大学の前身である ”札幌農学校” の教頭として北海道にやってきました。

そのため北海道大学の構内には ”クラーク博士の胸像” が設置されています。

 

羊ヶ丘展望台にクラーク博士像が建つ以前、観光客はこの胸像に殺到。

観光バスがひっきりなしに乗り入れる状況が続き、学業・研究が妨げられる事態に‥。

そこで大学側は、構内への観光バスの乗り入れを禁止としました。

 

 

これは困った‥、となったのは札幌市観光協会。

そこで北海道大学開基100周年・アメリカ合衆国建国200周年に合わせた 1976年 に、この像が制作・設置されたのだそうです。

 

この クラーク博士像 の正式名称は「丘の上のクラーク」

”遙か彼方にある永遠の真理” に向かって右手をかかげるポーズはとても有名です。

また、同じポーズで記念撮影をする観光客が後をたたないくらい、人気の撮影スポットにもなっています。

訪れた際には、ぜひクラーク博士と同じポーズで記念撮影を楽しみましょう!

 

ちなみに 制作者は ”坂担道” さんという方で、北海道内の色々なところで他の作品を見ることができます。

一部だけですがまとめてみましたので、興味のある方はぜひ下の一覧をご覧ください。

坂担道 の作品

  • 札幌市 羊ヶ丘展望台「丘の上のクラーク」
  • 札幌市 大通公園「石川啄木像」
  • 札幌市 札幌市役所「札幌市立中央創成小学校の跡 碑」
  • 洞爺湖町 洞爺湖ぐるっと彫刻公園「湖渡る風」 など

 

関連記事がっかり名所とは言わせない!観光名所”札幌市時計台”の歴史と楽しみ方

 

札幌ドームとのどかな羊ごしに眺める札幌の街並み

手前に広がる草原と札幌の街並み

 

バツグンに見晴らしの良い羊ヶ丘展望台があるのは北海道農業研究センター」の敷地の一部。

元々は牛や豚、綿羊などを研究するための牧場として、1906年より運用されていた場所に当たります。

 

以前より景勝地として知られていたこの場所に展望台が開設されたのは 1959年のこと。

きっかけは戦後になり観光客が急増したことで、農業試験場の本来業務に支障が出る様になったため。

観光客を受け入れられる環境を整え、観光地として生まれ変わった訳です!

 

 

すぐ側に見えるのは ”札幌ドーム"

また ”羊ヶ丘展望台” の名前通り、手前に広がる草原には ”羊” が放牧されています。

 

自由きままに草を食む羊、全景がくっきりと見える札幌ドーム‥。

そして、この風景に加わるのは "札幌の広大な街並み" 。

3つが合わさり、この場所でしか見ることのできない素晴らしい風景を作り上げているのが ”羊ヶ丘展望台”!

 

都市部でありながら自然を感じることのできる、ちょっと不思議で魅力的な風景。

日本中を見渡してもレアな景色だと思いますので、ぜひ一度は訪れてほしいおススメのスポットです。

 

関連記事ジャンプ台越しに見る札幌の絶景!夜景もキレイな”大倉山展望台”の楽しみ方

 

雪まつり資料館には歴代大雪像の模型が数多く展示されています

向かって右の建物が”さっぽろ雪まつり資料館”

 

札幌の街並みが広がる眺望を楽しんだ後は、敷地内の他の施設も見学してみましょう!

 

2棟並ぶ建物の内、1つは「さっぽろ雪まつり資料館」

中には ”さっぽろ雪まつり” に関する様々な資料が展示・公開されています。

 

過去の雪像模型が一同に会した”雪像模型展示室”

 

雪像の数、なんとたったの6基から始まった ”さっぽろ雪まつり" 。

今の規模から考えると、全く想像がつきません‥。

 

資料館は、第1回の開催当時の貴重な写真や、その後の雪像の移り変わりなどが一目でわかる、充実した展示内容!

荒削りで味のある雪像の写真や、歴代の大雪像の模型など、興味深い資料がたくさん展示されていました。

さっぽろ雪まつりファンは必見です!

 

疲れたら ”羊ヶ丘レストハウス” で
美味しいジンギスカン & スイーツ!

札幌オリンピックの際に ”オーストリア” の選手村だった「オーストリア館」

 

羊ヶ丘展望台では、グルメも外せません!

 

「オーストリア館」では、ここでしか食べることのできないグルメやスイーツを楽しむことができちゃいます!

数あるメニューの中から、今回は代表的なメニューをピックアップしてご紹介します。

 

ジンギスカンを食べるなら ”羊ヶ丘レストハウス” へ

 

建物奥にあるのは「羊ヶ丘レストハウス」

北海道のソウルフードと言っても過言ではない、美味しいジンギスカンを提供しています!

 

関連記事▶ 羊ヶ丘レストハウス/札幌市/ジューシー柔らかジンギスカンランチ♪オリジナル鍋で焼き上げるラム肉&えぞ鹿肉の旨さ

 

新鮮なラムや、ちょっと変わったシカ肉のジンギスカンなどもあり、バリエーション豊か。

またジンギスカンだけではなく、カレーやパスタ・かに弁当までメニューも様々。

席数も多いので、大人数にも対応できるのも嬉しい限りです。

 

関連記事▶ 札幌のジンギスカンまとめ!北海道民がおススメするタイプ別12選

 

小腹を満たしたい時には  フードコートへ

 

ガッツリはいらない、少しだけ食べたいんだ!

と言う方は、オーストリア館に入ってすぐのフードコートへ。

 

夏には旬のメロンなども並びます!

 

運営は 札幌ではおなじみのカフェ ”宮田屋” さん。

中華まんや串焼きなど、一見普通のメニューが並びます。

が、よ〜く見てみると ”ラムまん" や "シカまん" やら、串もラムだったりシカだったり。

ここでしか食べられない北海道っぽいメニューがたくさんで、こちらもおススメです。

 

あの有名な白い恋人のソフトクリームも

 

おススメのスイーツは ”札幌ひつじ焼き” で決まり!

 

2018年11月1日にオープンしたのは "札幌ひつじ堂"

ここの名物「札幌ひつじ焼き」は、羊ヶ丘展望台 おススメスイーツNo1

北海道産の素材にこだわって作った、まさに地産地消な おやき です。

 

小麦粉は北海道産 ”ゆめちから"、小豆は "十勝産"。

牛乳は北海道大学内で生産された希少な "北大牛乳" を使用。

更に可愛いときたら食べるしかないですよね!

 

美味しく食べた後は、しっかりとSNSにもアップしちゃいましょう!

 

関連記事▶ 札幌ひつじ堂/札幌市豊平区/観光名所”羊ヶ丘展望台”の新ご当地グルメ!ひつじ焼きから目が離せない♪

 

他にも こんな施設がありました

無料の足湯。タオルのみ有料。

 

冬には ”羊ヶ丘スノーパーク” が開催。

”歩くスキー” や ”チューブすべり” など、手軽に雪を楽しむことができます。

その後に体を温めてくれる とってもありがたい施設が こちらの足湯。

 

童心に帰って、思いっきり雪にまみれてみるのも面白いかもしれませんね。

 

オーストリア館の裏手にあるラベンダー畑

 

ラベンダーの最盛期の夏には、ラベンダーの刈り取り体験が開催されます。

期間限定なので、興味のある方は 事前にHP等で確認してみて下さいね!

 

羊ヶ丘展望台へのアクセスは?

羊ヶ丘展望台の入場ゲート

 

羊ヶ丘展望台へ行くには、地下鉄東豊線 ”福住駅" からバスで約10分ほど。

福住駅バスターミナル【4番のりば】から "羊ヶ丘展望台" 行きのに乗車して下さい。

 

バスの料金は大人(中学生以上)210円。(2019年現在)

展望台の入場料金(大人530円)は、バスを降車後すぐに支払います。

車で向かう場合は、ゲートにて清算後の入場となります。

 

なお、ペットの入場は不可となります。

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか?

 

札幌の人気観光地 ”さっぽろ羊ヶ丘展望台” 。

有名なクラーク像は全国的にも知名度が高く、札幌にきたのであればぜひ立ち寄ってほしい場所の一つです。

 

ちなみにですが、様々な著名人も訪れていますが、なんと あの ”嵐" も来たことがあるのだとか!

インターネット上では、2019年5月17日の目撃情報がたくさん上がっています。

どうやら、この日行われた札幌ドーム公演で使われる映像の撮影を行っていたとのこと。

 

クラーク像と同じポーズで記念撮影までしたそうなので、ファンでなくても訪れたくなってしまいますね!

 

さっぽろ羊ヶ丘展望台

【住 所】 北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地
【電話番号】 011-851-3080
【営業時間】 8:30~18:00(時期により異なる為、要HP確認)
【駐車場】 あり
【HP】 https://www.hitsujigaoka.jp/?lang=ja#googtrans(ja|ja)

 

関連記事▶ 【適時追加】北海道民も足を運ぶ「札幌市内観光地」まとめ!

 

近くのスポットをチェック



Go To トラベル事業スタート!

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」がスタートとなります。旅行代金の最大1/2 がお得になる、旅行者にはとても嬉しい制度です!

この機会に、旅行を検討してみるのはいかがでしょうか?

⇩ GoToトラベルの記事はこちらから ⇩

Go To トラベル 7/22 スタート!

 
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.