独酌三四郎

旭川「独酌三四郎」は新子焼きもうなぎもウマい!孤独のグルメにも登場!

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

料理もお酒もおいしくて 居心地がとってもイイ 旭川の居酒屋といえば「独酌三四郎」で 決まり♪

 

ポイント

  1. 1946年創業、間違いなく 旭川で一番メジャーな “居酒屋” ☑
  2. 旭川の郷土料理 “新子焼き” と一緒に 豊富な日本酒を楽しもう♪
  3. “ミシュランガイド北海道版2012” 掲載店、2016年には “孤独のグルメ” 旭川編に登場し、全国的にも高い知名度!

 

実績がある・有名なことは もちろんですが、人気の理由は とにかく “料理がおいしいから”!

また 日本酒の種類がとっても豊富なことも特徴のひとつ。利き酒師の資格を持つという女将 西岡さんセレクトの日本酒は、どれも料理にとっても合うので ついつい進んでしまうんです ^^;

 

 

独酌三四郎 の「新子焼き・うなぎ・お造り等」を 実食!

メニュー ①:新子焼き

独酌三四郎 新子焼き

「新子焼き 950円」

“新子” は 焼き上がりまでに時間がかかるので、一番最初に注文するのが ベスト!

 

▼ 新子焼き って何?って人のために

 

三四郎の新子焼きは?

  • 骨から外してあって、あらかじめ 一口サイズにカット ^^
  • すべてが プリップリ&ジューシーで、パサパサな部位は まったくなし♪
  • サラッとした コク深いタレがたっぷり! 

 

独酌三四郎 新子焼き

骨を外してあるので とっても食べやすい♪

お肉は パッサパサな部分がなく、全部がモモ肉の様な やわらかな食感 ☑

継ぎ足し続けている “タレ” には 鶏肉のエキスがたっぷり含まれていて、深~い味わいと しょう油の強い香りが感じられます♪

 

tomo.
甘すぎなくて 適度にしょっぱいタレで、サラッとしつつコク深い!

ふっくら・柔らか・ジューシーで、何より食べやすいのが ◎♪

 

孤独のグルメ 主演の 松重豊さん が演じる “井之頭五郎” が 食べた料理のひとつなので、特にファンの方は 必ず食べておくべき一品です ^^

 

メニュー ②:うな丼

独酌三四郎

「うな丼 2400円」

新子焼きのタレが あまりにおいしかったので、勢いで “うな丼” も注文♪

炭火で焼き 新子焼きと同じ味のタレにくぐらせてるので、おいしくない訳がない!

 

独酌三四郎 うな丼

肉厚でプリプリ♪ 〆にもピッタリな適度な量!

新子焼きもうなぎも 元のタレは同じ味ですが、タレの入っている瓶は別物。

継ぎ足し続けている分 うなぎのエキスがたっぷりで、新子のタレでは味わえない奥深さが楽しめます ^^

 

tomo.
ウナギは フワッというより “プリっと” した 強めの弾力 ^^

肉厚で しっかり脂も乗っていて、〆にもピッタリな適度な量。味もボリュームも パーフェクト ◎ !

 

メニュー ③:お造り

独酌三四郎 刺身盛合わせ

「刺身盛合わせ 2000円」 ※ 写真は2人分

独酌三四郎 では 焼物の他に “お刺身” が おすすめ!

この日は “エビ・ツブ・ホタテ・タコ頭・本マグロ・ニシン・玉子” の 7種類 ^^

 

独酌三四郎 お刺身盛合わせ

内陸の町 旭川ですが、お刺身も しっかり美味しい ^^

味の濃い “本マグロ”、コリッコリの “ツブ”、北海道では定番の “タコ頭” など、どれもしっかりおいしい奴♪

 

tomo.
中でも 一番おいしかったのが “ニシン” ☑

鮮度も良くて 脂の乗りも最高、これだけでも か~なり日本酒が進みました!

 

メニュー ④:お酒・その他

独酌三四郎 ビール・とうきび茶・酢豆

左:とうきび茶、右:黒ラベル、手前:お通しの酢豆

生ビールは “サッポロ 黒ラベル”。

めずらしいのが 孤独のグルメにも登場した ソフトドリンクの “とうきび茶” で、独特の後味がクセになります ^^

 

tomo.
ついついハマったのが、お通しの “酢豆”!

ちょっと固めで 柔らかな酸味。お口直しにピッタリすぎて、今ではマネして 家でも作ってます ^^

 

独酌三四郎 身欠きにしん

孤独のグルメにも登場した「身欠きにしん 650円」

独酌三四郎 冷奴

「冷奴」などの 日替わりメニューもあり

独酌三四郎 日本酒

おかみ おすすめの 純米酒「ケイマフリ」、おいしいご飯があると ついつい進む♪

“身欠きにしん” も、とってもおいしい奴♪

身はふっくら・乗りすぎなくらい脂が乗っていて、日本酒が ガッツリ進みました ^^

 

tomo.
独酌三四郎のおかみさんは “利き酒師” の資格をもった本格派 ☑

当然 日本酒のラインナップも かなりのものなので、おすすめを伺いながら しっかりと楽しんでしまいましょう♪

 

 スポンサードリンク

 

独酌三四郎 の「メニュー一覧」

独酌三四郎 メニュー表

新子焼きやうなぎなど、魅力的なメニューが並びます ^^

 

tomo.
その他の メニューは、下の表で 確認しましょう♪

※ 2022年 8月現在の メニューと価格です

 

 

独酌三四郎 メニュー表

お刺身や焼魚も どれもおいしい ^^

独酌三四郎 メニュー表(日本酒)

その他 おかみおすすめの日本酒も要チェック ☑

必ず食べておきたいのが、新子焼き・魚などの “焼物”。

日本酒の種類が 特に豊富なので、おいしい料理と一緒に とことん楽しんでしまいましょう!

 

 スポンサードリンク

 

独酌三四郎 の「店内の様子」

独酌三四郎 店内の様子

カウンター席の奥には お造り用のネタケース

独酌三四郎 ネタケース

マグロやタコなどが ずら~っと並ぶ!

“独酌三四郎” の店内は 全部で 20席分くらいしかなく、お世辞にも 広いとは言い切れません。

カウンター 8席程と、通路をはさんだ向かい側に 小上がり 3卓×4席程 があり、その他 2階席もある様です。

 

tomo.
今回は 事前予約の上で 平日オープン直後の 17:00 にうかがいましたが、同時刻に もう 1組が来店。

その後も予約客が 2組続けて来店し、さらに飛び込みの方も来ていたので、比較的早い段階で 席が埋まってました。

 

独酌三四郎 店内の様子(小上がり)

カウンター席の後ろには 小上がりが3卓ほど

新子焼きや 魚が焼かれているのは、入口側にある焼き台の上。

カウンターの奥側には お刺身用のネタケースがあって、とっても食欲をそそられました♪

 

独酌三四郎 の「アクセス方法」

独酌三四郎の店舗外観

黄色い外壁が目印、独酌三四郎の店舗外観

“独酌三四郎” に 向かう場合は、JR 旭川駅から “徒歩” で向かうのが おすすめ!

繁華街のど真ん中にあるので、中心部にさえいれば 駅からでも 買物公園からでも どこから向かってもそんなに遠くありません。

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

“独酌三四郎” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒「JR 北海道」公式HP へ
⇒「旭川電気軌道」公式HP へ

 

中心部にさえいれば、どこからでも 十分に徒歩で向かえる距離。

また 旭川駅から近いこともあり、対象となるバス路線も とっても豊富です♪

 

「車」を利用して 向かう場合

“独酌三四郎” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

注意してほしいのが、専用駐車場が 設けられていないこと。

車で向かう場合は、店舗周辺にある “時間貸し駐車場” の利用を検討しましょう ^^

 

 スポンサードリンク

 

独酌三四郎 の「店舗概要」住所・電話番号

独酌三四郎 定休日のお知らせ

2022より 定休日が変更となっています

“独酌三四郎” があるのは、旭川一の繁華街 “3.6(さんろく)街” の 一画。

詳細な住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】独酌三四郎
【住所】北海道旭川市2条通5丁目左7号
【電話番号】0166-22-6751
【営業時間】17:00~22:00(最終入店 21:00)
【定休日】日曜・月曜・祝日
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】-
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「独酌三四郎」の 口コミ

 

独酌三四郎 まとめ

独酌三四郎 店舗外観

確かな味と おいしいお酒が楽しめる 居酒屋「独酌三四郎」♪

 

ポイント

  • 1946年創業、間違いなく 旭川で一番メジャーな “居酒屋” ☑
  • 旭川の郷土料理 “新子焼き” と一緒に 豊富な日本酒を楽しもう♪
  • “ミシュランガイド北海道版2012” 掲載店、2016年には “孤独のグルメ” 旭川編に登場し、全国的にも高い知名度!

 

“ミシュラン北海道” や “孤独のグルメ” に 登場した有名店で、価格の割に とってもリーズナブル♪

旭川のソウルフード “新子焼き” と一緒に、お店自慢の おいしい日本酒を楽しんでしまいましょう!

 

 

その他 旭川のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。