【熊本県】繁華街で食べる「ライフイズジャーニー」のおすすめの熊本ラーメン!

2020-11-10

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィールTwitter)です

 

熊本県といえば “熊本城” が有名ですが、その周辺にも注目の施設がたくさん!

大規模商業施設 “SAKURA MACHI Kumamoto(サクラマチ クマモト)” や 熊本随一の繁華街 “サンロード新市街” などがあり、熊本駅周辺よりも 間違いなくにぎわっています。

 

今回は そんな熊本の繁華街の「LIFE IS JOURNEY(ライフイズジャーニー」で、熊本ラーメンをいただいてきました。

ネットをみて 何気なく入ったお店でしたが、これが大当たり!

さっそく ご紹介します。

 

注意

今回は北海道ではなく「熊本県」のお店の紹介となります

 

「ライフイズジャーニー」への アクセス方法と 店舗詳細

熊本の西銀座通り

「ライフイズジャーニー」があるのは、熊本県熊本市の “新市街”。

熊本県随一の繁華街で、ショッピングモールや飲食店はもちろん、居酒屋・スナック・クラブといった夜のお店が数多くあるのもこのエリアです。

熊本城” からも 徒歩約7分・約550mと徒歩圏で、比較的簡単に向かうことができます。

 

車で向かう場合

ライフイズジャーニーへの通路

プールスコート通りの “やきとり鳥八” と “黒龍紅” の間の細い道の先にあります

「ライフイズジャーニー」があるのは、繁華街の ど真ん中。

もちろん駐車場はありませんので、近隣駐車場を利用するか、公共交通機関の利用を検討しましょう。

 

交通機関を利用して向かう場合

ライフイズジャーニーへ続く道

隠れ家のような雰囲気で かなりイイ!

公共交通機関を利用して向かう場合は、路面電車の利用が便利です。

熊本駅前からのルート

  1. 熊本駅前から 路面電車「A系統 健軍町行き」へ乗車(運賃一律170円)
  2. 5駅後の「辛島町停」で下車(約11分)
  3. 約220m、徒歩約3分で ライフイズジャーニー へ到着(⇒ ライフイズジャーニー へのルートを確認

 

ライフイズジャーニーの外観

お店の場所は かなりディープ。

“新市街” へついたら まずは “プールスコート通り” を目指しましょう。

通り沿いにある “やきとり鳥八” と “黒龍紅” を探し、間の細い道を先に進むとお店がみえてきます。

すぐ近くに “東横イン熊本新市街” があるので、これを目印に向かうと分かりやすいと思います。

 

店舗情報
【店名】LIFE IS JOURNEY(ライフイズジャーニー)
【住所】熊本県熊本市中央区新市街5-2
【電話番号】090-6556-4500
【営業時間】11:30~14:00、18:00~24:00
【定休日】日曜、不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

「ライフイズジャーニー」の 熊本ラーメンを実食!

はじまり 700円

ライフイズジャーニーのラーメン

基本の味 “はじまり”

トンコツベースの白濁したスープは ややとろみがあり、脂がコク深さをプラス!

うま味と塩味のバランスがちょうどよく、冷めたあとも しょっぱさや くどさを感じないベストなスープです。

これは ウマい!

 

ライフイズジャーニーの「はじまり」

うま味とコクたっぷりな深みのあるスープがうまい!

具材が “キクラゲ・ネギ・チャーシュー” と シンプルなのがまた良いですね!

ストレートな麺が ほどよくスープを吸い込んで、一口すするたびに口の中にうま味が広がります。

 

ライフイズジャーニーの “はじまり”

細めのストレート麺がまた良く合います♪

北海道では “熊本ラーメン” どころか “博多ラーメン” すら食べられるお店は少なく、パッと思いつくのは “一蘭” と “一風堂” くらい。

また札幌にも トンコツベースの “札幌ラーメン” はありますが、味も印象もまったくの別物。

おいしいラーメンにめぐり合えたことに感謝です♪

 

ここから 850円

ライフイズジャーニーの “ここから”

熊本ラーメンの特徴た色濃く出た “ここから” がおすすめ!

熊本ラーメンの特徴といえば、以下の点があげられます。

熊本ラーメンの特徴

  • のどごしの良い 中太ストレート麺を使用
  • トンコツ・鶏ガラ、若しくは両方からとった 白濁したスープ
  • 揚げニンニク や ガーリックチップ や、マー油(ニンニクを揚げた油)をくわえる
  • 具材の ”キクラゲ” も 熊本ラーメンの特徴のひとつ

この “熊本ラーメン” の特徴が色濃くでたのが “ここから” となり、特におすすめしたい一杯です!

 

ライフイズジャーニーの “ここから”

黒いのがマー油

スープからは ガーリックの風味がしっかりとただよってきて、“はじまり” にくらべ パンチは強め。

これが マイルドなトンコツスープに刺激をくわえ、よりうま味をひきたてます。

トンコツベースのラーメンと “マー油” の相性は、かなりバツグン♪

飽きずに最後まで飲み干せるスープです!

 

ライフイズジャーニーの “ここから”

トロットロのチャーシューとキクラゲのコリコリな食感もピッタリ!

 

ライフイズジャーニーのブラックペッパー

味変は卓上のブラックペッパーで

ライフイズジャーニーの生ビール

キンキンに冷えたグラスのスーパードライが またいい!

 

「ライフイズジャーニー」の 店内の雰囲気

ライフイズジャーニーの店内

店内はカウンターとテーブル席が2つのみ

“ライフイズジャーニー” の店内は、テーブル席 2卓×4人、カウンター席 6席 のみと 広くはありません。

そのため 時間によっては 行列も必至!

長居しすぎず、また席をゆずり合うなどの配慮も必要となるかもしれません。

 

「ライフイズジャーニー」の メニュー一覧

ライフイズジャーニーのメニュー表

「ライフイズジャーニー」の ラーメンは、シンプルに 3種類。

麺の固さは “ダゴカチャー・カチャー・フツー・ヤワ” から選ぶことができます。

なお “ランチタイム” は 数十円ですが 料金が変わるみたいですね。

はじまり700円
ここから850円
とりしお700円
替玉150円
熊本の白ごはん150円
ぎょうざ(5ヶ)450円
チャーシュー(数量限定)350円
たまご120円
のり120円
ねぎ120円
きくらげ120円
もやし120円
辛すぎる高菜120円

 

ライフイズジャーニーのメニュー表

アルコール類もそこそこあるので、おいしいラーメンと一緒に楽しむのも乙です。

生ビール(KIRIN)600円
瓶ビール(ASAHI)600円
ハイボール500円
レモンサワー(キンミヤ)500円
生酒(れいざん)900円
焼酎(蔵八)‥米400円
焼酎(赤猿)‥芋400円
焼酎(白猿)‥麦400円
焼酎(魔王)‥芋680円
黒烏龍茶300円
ジンジャーエール300円
晩白柚サイダー500円

 

ライフイズジャーニーのメニュー表

とりしおは まだ比較的新しいメニューのよう

 

さいごに

ライフイズジャーニーの暖簾

今回は「ライフイズジャーニー」の絶品 “熊本ラーメン” をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

某口コミサイトの上位に表示されていたので向かった訳ですが、これが大当たりで 心から満足するおいしいラーメンに出会うことができました!

 

ライフイズジャーニーの店主は “一風堂” 出身なのだそうですが、ここのラーメンは 雰囲気を残しつつ進化した 独自のもの。

地元にあれば また食べに行きたい、そう思えるラーメン屋に久々に出会うことができました!

 

店舗情報
【店名】LIFE IS JOURNEY(ライフイズジャーニー)
【住所】熊本県熊本市中央区新市街5-2
【電話番号】090-6556-4500
【営業時間】11:30~14:00、18:00~24:00
【定休日】日曜、不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 口コミはこちらから

 

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.