一蘭 札幌すすきの店/北海道初上陸!本場博多とんこつラーメンのおいしさの秘密と注意点を解説

2020-01-27

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールInstagram)です

 

2020年1月23日北海道初上陸! 「一蘭 札幌すすきの店」さん。

早速オープン翌日の行列に並び、潜入取材してきました。

 

  1. 本場博多とんこつラーメン
  2. 味集中カウンター
  3. 替玉サイレント注文システム etc

 

ニュースでも話題になっている項目を1つずつ、今回は写真多めでくわしくレポートします!

いやー、知れば知るほど奥が深い。

 

早速紹介します♪

北海道初上陸!博多発祥とんこつラーメン「一蘭 札幌すすきの店」

大きな観覧車が目印の商業ビル「ノルべサ」1階

大きな観覧車が目印の商業ビル「ノルべサ」1階

 

お店の場所は 地下鉄南北線「すすきの駅」から徒歩約3分、「大通駅」から徒歩約5分。

アクセス抜群なノルベサ1階の 「ミライストカフェ」跡地に、2020年1月23日オープンしました。

 

わたしが訪問した1月24日夜(18:35)はなんと70分待ち!

わたしが訪問した1月24日夜(18:35)はなんと70分待ち!

 

事前情報で ”150分待ち” の文字を目にしていたため、早めに行ったにもかかわらずこの表記。

正直やめようかとも思いましたが……^^;

回転が想像以上に早く30分ほどで着席できたので、とりあえず待ってみるのがおすすめです。

 

一蘭 札幌すすきの店

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 ノルべサ 1F
【電話番号】 011-242-1033
【営業時間】 10:00~翌4:00
【定休日】 なし
【駐車場】 なし
【公式HP】 https://ichiran.com/shop/hokkaido/sapporo-susukino/

 

一蘭の1番人気メニュー! ICHIRAN5選 1580円

「天然とんこつラーメン」とトッピング4種がセットになっている

「天然とんこつラーメン」とトッピング4種のセット

 

トッピングは 半熟塩たまご、きくらげ、チャーシュー(4枚)、海苔(2枚)

トッピングは 半熟塩たまご、きくらげ、チャーシュー(4枚)、海苔(2枚)

ラーメンはあらかじめ味、トッピングを好みでオーダーするスタイル

ラーメンは注文時に7項目を好みで記入しオーダーする

 

わたしのオーダー内容

  • 味の濃さ ▶ うす味
  • こってり度 ▶ あっさり
  • にんにく ▶ 基本
  • ねぎ ▶ 白ねぎ
  • チャーシュー ▶ あり
  • 赤い秘伝のタレ ▶ なし
  • 麺の固さ ▶ 基本

 

あっさり、辛さなしの
低刺激なラーメンにカスタマイズ♪

 

トッピングの半分を追加したラーメンがこちら

トッピングの半分を追加したラーメンがこちら

 

本気でくさみがない!

塩味、脂、辛さがない分 スープを明確に味わうことができ、とんこつ特有の ”くさみ” がないことがよーくわかりました。

 

にんにくはほぼ感じなかったので、しっかり風味を楽しみたい方は ”基本” 以上の量がオススメです。

 

麺は細身でツルっと喉ごしがよく、雑味のない上品なスープがしっかり絡んで美味。

 

  • ソフトでほどよい脂の「チャーシュー」
  • 素材を味わう「半熟塩たまご」
  • 磯の香りをプラスする「海苔」
  • コリコリ食感の「きくらげ」

トッピングの1つ1つが自分の仕事をまっとうしていました。

特に「きくらげ」の食感が最高♡

 

全て ”基本” の「天然とんこつラーメン」 980円

味の濃さ、こってり度etc すべての項目を ”基本” でオーダーした「天然とんこつラーメン」

こちらはすべての項目を ”基本” でオーダーしたもの

 

前者とは想像以上の違い!

塩味、脂、辛味が加わるだけで 全くの別物として楽しむことができました。

 

「赤い秘伝のタレ」は結構な辛さだったので、苦手な方は ”1/2” か ”なし” がオススメ。

 

「麺の量多くない?!」

と錯覚するほど、満足度にも大きな差が。

 

席につく前に記入した「オーダー用紙」

席につく前に記入した「オーダー用紙」

 

オープン2日目の訪問時は着席前に立った状態で記入しましたが、混雑がおさまったら着席してから記入するようです。

公式HPにあるオーダー用紙サンプルはこちらからご覧ください。

 

五感を集中!
ラーメンと向き合う「味集中カウンター」

2人で行くと隣同士で案内してくれる「味集中カウンター」

2人で行くと隣同士で案内してくれる

 

同行者はすぐ隣にいるけれど、1枚の仕切りがあるだけで味への集中度合が全然変わってくるんですね。

 

「もっと料理と向き合いたいなぁ」と思うことがよくあるので……

こういうの
待ってたー!♪

 

特許もとっているのだとか!

 

追加注文も横のカードに書いて呼び出しボタンを押すだけ

追加注文も横のカードに書き 呼び出しボタンを押すだけ

 

スタッフさんを呼ぶ勇気と手間がはぶけるだけでも、快適度が上がりますよね。

 

各座席の前に手荷物用フック、真後ろにはアウター用フックとティッシュを完備

各座席の前に手荷物用フック、真後ろにはアウター用フックとティッシュを完備

 

振り向くと1人1箱のティッシュが割り当てられているのも、個人的に高ポイント!

(ラーメンとスープカレーは鼻水&汗対策が超重要ww)

 

ティッシュがあるお店は多いけど、1人1箱は初めてです◎

 

声を出さずに注文できる
画期的な「替玉注文システム」を初体験

「替玉トレイ」を決められた場所に置くだけ

「替玉トレイ」を決められた場所に置くだけ

 

ラーメンと一緒に運ばれてくる「替玉トレイ」を目の前に置くと、名物チャルメラ音が鳴り響き、間もなくスタッフさんが登場。

 

博多独自の文化「替玉」

 

数分後に茹でたてが提供されます。

人目を気にしがちな女性には特に嬉しい 画期的サイレントオーダーシステム!

 

ラーメンだけだとちょっと物足りなかったので、わたしは迷わず替玉をオーダーしちゃいましたw

 

一蘭の ”5つの元祖”

スープを飲み干すと現れる「この一滴が最高の喜びです」の文字

スープを飲み干すと「この一滴が最高の喜びです」の文字が現れる

 

一蘭 5つの元祖

  1. 赤い秘伝のタレ
  2. 臭みのないとんこつスープ
  3. 味集中カウンター
  4. オーダー用紙
  5. 替玉注文システム

ここまで紹介してきた上記5項目すべての元祖がココ「一蘭」さんです!

 

行列に並んでいる間にメニューを選び
着席前に食券を購入

整理券をもらってから15分ほどで店内に通され、その後「食券の列」と「座席待ち」の列に15分ほど並びます。

 

店内の行列はスタッフの管理が行き届いている

店内の行列

 

行列におひとりで並んでいるお客さんに対し、フレンドリーに話を広げてく若い女性スタッフさんを何人も見かけました。

教育の行き届いたスタッフさんたちはみなさん感じが良く、普段は待たないタイプのわたしですが全然苦じゃなかった◎

 

混雑が収まってからなら 女性1人でもめちゃくちゃ行きやすいと思います。

 

食券機手前で渡されたメニュー表

食券機手前で渡されたメニュー表

 

メニュー

  • ICHIRAN 5選 1580円
  • 天然とんこつラーメン 980円
  • 追加チャーシュー(4枚) 250円
  • 追加ねぎ 120円
  • きくらげ 120円
  • のり(2枚) 120円
  • 追加にんにく 120円
  • オスカランの酸味 120円
  • 煮込み焼豚皿 490円
  • 半熟塩ゆでたまご 130円
  • 替玉 210円
  • 半替玉 150円
  • 抹茶杏仁豆腐 390円

 

裏面は外国人客向けの「食券機使い方ガイド」

裏面は外国人客向けの「食券機使い方ガイド」になっている

 

食券機は2台完備

2台完備している「食券機」

 

写真が大きくてメニューのイメージがつかみやすいボタン。

言葉がわからなくても一目瞭然で 外国人観光客にもやさしい配慮ですね。

 

「一蘭 札幌すすきの店」まとめ

ノルべサ内の入口前には入店を待つ大勢の客の姿

ノルべサ内の入口前には入店を待つ大勢の客の姿

 

これだけの人が待っていましたが、真っ直ぐ進んだ建物の端にあるイス(確か6席以上はあったはず)はガラ空きで穴場!

座ってゆっくり待ちましょう♪

 

足元に訪問日が記されていた店前のフォトスポットで記念撮影

足元に訪問日が記されていた店前のフォトスポットで記念撮影

 

この写真は足元まで映っていませんが^^;

左下に訪問日がわかるようになっているので、旅行の記念にもGOOD◎

 

とんこつラーメンの聖地 福岡県で昭和35年に産声をあげた「天然とんこつラーメン 一蘭」さん。

公式HPを深く読み込んでいくとラーメンはもちろん、調理場の衛生面やスタッフの管理など 非常に細かいところまで徹底しているのがよくわかりました。

※ラーメン業界初!「ISO22000」を取得されているそう!

 

ISO22000とは?

フードチェーン(食品の生産から消費者に届くまでの全ての段階)全体における食の安全を守るための仕組みとして、ISO9001とHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)の2つの概念を融合して開発された規格。

※一蘭公式HPより引用。

 

「味集中カウンター」で向き合う本場のとんこつラーメン。

超クリアな味わいとここだけのシステムは
一度体験する価値あり!♡

 

一蘭 札幌すすきの店

【住 所】 北海道札幌市中央区南3条西5-1-1 ノルべサ 1F
【電話番号】 011-242-1033
【営業時間】 10:00~翌4:00
【定休日】 なし
【駐車場】 なし
【公式HP】 https://ichiran.com/shop/hokkaido/sapporo-susukino/

近くのスポットをチェック


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.