年に1・2回のみ開催「発酵中華フィエラ」!高級イタリアンシェフが作る中華料理!

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている “tomo.” です。

 

高級イタリアンレストラン “PARCO FIERA(パルコフィエラ)” による 中華料理イベント「発酵中華フィエラ」。

 

ポイント

  1. 高級イタリアン “パルコフィエラ” で 行われる 幻の企画!
  2. 常連のお客さんたちの要望により、年に1~2回のみ開催 
  3. イタリアンシェフによる 自慢の “中華料理” が、アラカルトで楽しめる♪

 

普段のイタリアンでは “16500円~” の コース料理のみの提供ですが、この時だけは アラカルトで 価格も意外とリーズナブル ^^

シェフ “中條さん” 手造りの「発酵調味料」をつかった 数々の中華料理は、どれもハイレベルなものばかりでした!

 

\ イタリアンコースの内容はこちら /

パルコフィエラ を詳しく

料理へのこだわりも ^^

 

 

パルコフィエラ の「こだわり」を チェック ☑

そんじょそこらの イタリアンレストラン とは 一線を画す “パルコフィエラ”♪

まずは シェフ “中條さん” の こだわりの数々を、要チェック ☑

 

tomo.
ここでは概要だけをご紹介します!

詳しい内容は パルコフィエラ本編 で 確認してみてくださいね ^^

 

ポイント ①:塩・油以外 すべての調味料が “自家製”

木の棚に瓶詰の調味料がたくさん並べられている

棚には 自家製の “発酵調味料” が ずら~っと! 今年作ったものは 翌年使用予定

塩と油以外の調味料は、すべてが シェフが作る “自家製” のものを使用!

 

例えば‥

  1. バター
  2. 酢(フルーツのほか野菜でも作る)
  3. 粒マスタード
  4. しょっつる(魚醤)
  5. コンソメ ほか

 

ポイント ②:あらゆる “学問” からの アプローチ

朝採り花ズッキーニのフリットがテーブルに置かれている

“唾液が少ない” アジア人に向け、香りが広がるように “ひじきパウダー” を トッピング ^^

“細胞学・脳科学・心理学・天文学” なども勉強している 中條シェフ。

それぞれのエッセンスを、自身の料理にも取り入れているのだそう。

 

例えば‥

  • “北海道・関東” など、お客様の住んでいる地域によって 食材を変更
  • “日本人・中国人・アメリカ人” など、人種の特性にあわせて 食材・アプローチを変更
  • その他 “おいしいと感じるであろう要素” を、予想できる範囲で 組み込む

 

ポイント ③:お客さんによって 料理を微調整

イタリア製スライサー「ベルケル」が木のカウンターの上に置かれている

イタリア製スライサー “ベルケル” で、ハムの厚さを 絶妙に調整 ^^

地域や 人種だけではなく、さらには お客さんひとりひとりに合わせて 料理の微調整を行っています。

 

例えば‥

  • 性別・おおよその年齢
  • 入ってきた時の 声のトーン・歩幅
  • 食事中の 顔の血色(体温)
  • 咀嚼(そしゃく)回数 など

 

ポイント ④:料理が目の前でできあがる “ライブ感”!

シェフの様々な技が、すべてカウンター越しに眺めることができるのも特徴のひとつ。 

 

▼ 例えば “自家製パスタ” の 製造風景

小麦粉1kgに卵黄30個を使うパスタ「タヤリン」を伸ばしているところ

小麦粉1kgに対し 卵黄30個を使うパスタ「タヤリン」を 薄~く伸ばす様子

パルコフィエラの中條シェフがパスタを切っているところ

機械ではなく シェフの手切りによる製麺◎

包丁で切られたパスタがまな板の上に置かれている

自家製パスタが完成♪

目の前で繰り広げられる 製造工程をながめた後は、食べた時のおいしさも 3割増し!

今回で言えば 目の前で 餃子や焼売を包んだり、ブロック肉をカットしたりする様子を見ることができて、料理に対する期待が ドンドン上がっていきました ^^

 

 スポンサードリンク

 

限定開催「発酵中華フィエラ」の 中華料理を堪能♪

カウンター席でいただく “唯一無二” の料理

“発酵中華フィエラ” で 食べられるのは、中華料理のアラカルト。

1品あたり 660円 ~ 1700円程と、普段では考えられないほど とってもリーズナブル ^^

 

tomo.
全6席のみで、朝と昼の2部制

1回につき 約4日間のみの開催なので、チャンスがあれば ぜひうかがいたいところ♪

 

なお すべて中條シェフが 一人で対応するため、料理提供までに 少し時間がかかります。

そのため 時間には余裕をもってうかがいましょう。

 

アテ

まずは “アテ” から。

全6品の中から、3品をいただきました ^^

 

発酵中華フィエラ 酒のアテ

鮮魚の三つ葉と発酵麻辣オイル

発酵中華フィエラ 真鯛

この日の魚は “真鯛”

初めに食べた この一皿が、もう衝撃!

自家製 “発酵麻辣オイル” が かつてないくらいおいしくて、鼻を抜ける香りが とんでもなく心地イイ♪

 

tomo.
オイルには “麻” のみで、辛味の “辣” は 真鯛の上にパラパラっと⁉

雑みも エグみもなく、それでいて 真鯛のうま味も殺さない このオイル、これだけで ご飯何杯も食べられるほど ^^

 

初めから 発酵調味料の実力をみせられ、おのずと次に期待がふくらみます♪

 

発酵中華フィエラ 酒のアテ

北寄と発酵キウイ、春菊のヨーグルト和え

発酵中華フィエラ ほたての白切猪肝仕立て 薬味がけ

ほたての白切猪肝仕立て 薬味がけ

“ホタテ” も “ホッキ” も、サーっと湯引きした程度の絶妙な火入れ。

どちらも うま味・甘み・エグみ の バランスが絶妙で、口の中で見事なくらい調和していました ^^

 

炒め物・煮込み

中華の真骨頂 “炒め物” と “煮込み” は、全6品。

この中から、とっても気になる3品をいただきました ^^

 

発酵中華フィエラ 黒酢炒め

北島豚の黒酢炒め ネギソース

中でも 一番おいしかったのが「豚肉の黒酢炒め」。

厚切りの豚バラ肉と 八角を強めに効かせた “黒酢” との相性がバツグン!

 

tomo.
脂が甘~い “豚バラ肉” で、中華っぽく コッテリとした味わい♪

“八角” が 強めに効いているおかげか、酸味がまぁるく 味に深みとまろやかさが加わってます ^^

 

発酵中華フィエラ 豚足

豚足のスパイス五香粉風味のウイスキー蒸し

発酵中華フィエラ 牡蠣とトマトの玉子炒め

牡蠣の麹漬けとトマトの玉子炒め

麹に漬けられ 味濃く熟成された “牡蠣” には、トマトの軽~い酸味と コッテリとした油がピッタリ!

見ためからそのまんまの 大きな “豚足” には、ちょっと度肝を抜かれました (^^;

 

tomo.
炒め物は、全体的に 味付けが濃いめ。

赤ワインと一緒に楽しむのが ベストでした!

 

点心

あると必ず食べたくなる “点心” は 全4品。

今回は欲張って 全種類いただきました ^^

 

発酵中華フィエラ 春巻き

鯖と発酵茗荷の春巻き

発酵中華フィエラ 春巻き

揚げたてなので アツアツ・サクサク!

一番 特徴的な味わいだったのが “鯖と発酵茗荷の春巻き”。

パリッと揚がった 薄めの皮の中には、ほぐした “鯖” と ほのか~にクセの残る “茗荷” の餡 ^^

 

tomo.
塩味はおさえめ、なのに物足りなくないのは 圧倒的なうま味!

鯖の風味と 茗荷のクセも しっかり感じられ、見た目以上に満足度バツグンです♪

 

発酵中華フィエラ 焼売

アスパラひつじと発酵ビーツの焼売

発酵中華フィエラ 水餃子

発酵レモンと北海地鶏の水餃子 ぶっかけパクチー

発酵中華フィエラ 餃子

北島豚と発酵紫キャベツの餃子

餃子・水餃子は、どれも一皿4~5個。ベースの味付けが 優しめな分、薬味や調味料のおいしさが より際立ちます ^^

印象的だったのが 焼餃子にそえられた “粒マスタード” で、こんなところで 中華とイタリアンのフュージョンが感じられるとは思いませんでした!

 

ご飯・麺

食事の〆、“ご飯・麺” は 全3品。

 

発酵中華フィエラ トウモロコシとツブの焼きそば

トウモロコシとツブの焼きそば

発酵中華フィエラ 焼きそば

たっぷりコーンと ゴロゴロのツブ♪

最後は中華料理っぽく コッテコテの “焼きそば。

油も 具材のコーン・ツブもたっぷりで、ボリュームも満点!!

 

tomo.
デカめにカットされた “ツブ” が とっても印象的♪

あふれるうま味と 強い弾力で、これだけでも 食べる価値ある一皿でした ^^

 

デザート

発酵中華フィエラ メロン

夕張メロン

パルコフィエラのスイーツは、素材のうま味 そのままのものが多い印象。

今回は 甘~い “夕張メロン” でした ^^

 

 スポンサードリンク

 

限定開催「発酵中華フィエラ」の メニュー一覧

発酵中華フィエラ メニュー表

発酵中華フィエラ メニュー表

前述のとおり “発酵中華フィエラ” は、年に一・二度の不定期開催。

毎回メニューがことなりますが、アラカルトでリーズナブルなことには 変わりありません!

 

▼ 2022年7月時のメニュー一覧

アテ価格(税込)
北寄と発酵キウイ、春菊のヨーグルト和え880円
蛸とピーマンの発酵ラー油和え770円
鮮魚の三つ葉と発酵麻辣オイル880円
手羽先のスパイシー唐揚げ 酢酸発酵佐藤錦のジャム660円
鰹と雉矢谷さんのきゅうり 焦がししらすオイルがけ770円
ほたての白切猪肝仕立て 薬味がけ880円
炒め物・煮込み価格(税込)
真イカとはるきちファーム ズッキーニの豆鼓炒め1100円
牡蠣の麹漬けとトマトの玉子炒め1210円
発酵唐辛子の麻婆茄子1320円
北島豚の黒酢炒め ネギソース1500円
ツブと小松菜のニンニク炒め 自家製グラッパ漬けカラスミ1620円
豚足のスパイス五香粉風味のウイスキー蒸し1320円
点心価格(税込)
鯖と発酵茗荷の春巻き770円
アスパラひつじと発酵ビーツの焼売880円
北島豚と発酵紫キャベツの餃子770円
発酵レモンと北海地鶏の水餃子 ぶっかけパクチー880円
ご飯・麺価格(税込)
THE 炒飯900円
砂肝とカマンベールの炒飯1320円
トウモロコシとツブの焼きそば1620円
価格(税込)
夕張メロン350円

 

パルコフィエラ の「店内の様子」

カウンター席のみで構成された、パルコフィエラの内観

パルコフィエラ 店内

パルコフィエラのキッチンの様子

厳選された調理道具や調味料がならぶ 美しいオープンキッチン

店内は カウンター 6席のみ。

そのため どの席からでも 調理中の手元がよく見え、シェフとのコミュニケーションも取りやすい “特等席” です。

 

自家製シャルキュトリーが保管されている冷蔵庫とワインセラーが置かれている、パルコフィエラの内観

席の後方には、自家製シャルキュトリーが保管されている冷蔵庫とワインセラー

今年で 4年目になる同店ですが、元々16席あった店内を オープンから 1年半で カウンター6席 のみに変更。

 

「お客様ひとりひとりに対して できることを最大限にやりきる」

シェフの この強い気持ちが、今のスタイルを確立させたんですね。

 

 スポンサードリンク

 

パルコフィエラ への「アクセス方法」と 駐車場について

パルコフィエラ があるのは、札幌中心部からはなれた “手稲区” 。

 

車がないと行けないかな? ‥と 思いきや、

JR 稲穂駅 が 目の前にあるので、とっても好アクセスなんですよ♪

tomo.

 

「公共交通機関」を利用して向かう場合

 

最寄駅

  • JR 函館本線「稲穂駅」徒歩 約1分

 

公共交通機関で 向かう場合、最寄駅「JR 稲穂駅」から 歩いて 約1分で到着。

 

▼ 「JR 稲穂駅」からの ルート

 

「車」で向かう場合と、駐車場について

「JR 札幌駅」から 車で パルコフィエラへ向かう場合、所要時間は 約25分。

 

▼ 「JR札幌駅」からのルート

 

駐車場は 店前にあり。

案内図などがないため、スタッフさんに確認してから停めるのが 確実です ^^

 

パルコフィエラ の「住所・電話番号」その他 店舗情報

「パルコフィエラ」が あるのは、札幌の端 “手稲区稲穂”。

住所や連絡先・営業時間などの詳細は、以下をご確認ください。

 

店舗情報
店名PARCO FIERA(パルコフィエラ)
住所北海道札幌市手稲区稲穂1条4丁目8-10
電話番号070-1139-0283
営業時間ランチ 12:00~
ディナー 18:00~
※ともに一斉スタート・完全予約制
定休日不定休
駐車場あり(店前)
キャッシュレス決済クレジットカード各種
公式サイト公式HP
公式SNSInstagram / Facebook
外部サイトYahoo! ロコ
地図を表示グーグルマップはこちら

⇒「PARCO FIERA(パルコフィエラ)」の 口コミ

 

パルコフィエラ もとい「発酵中華フィエラ」まとめ

パルコフィエラの中條シェフとグルメライター高井なおが笑顔でピースをしている

食後に撮っていただいた一枚。オーナー・中條シェフと、モグトリップライター高井なお

札幌市手稲区のイタリアンレストラン “パルコフィエラ” による、中華イベント「発酵中華フィエラ」を おさらい。

 

ポイント

  1. 高級イタリアン “パルコフィエラ” で 行われる 幻の企画!
  2. 常連のお客さんたちの要望により、年に1~2回のみ開催 
  3. イタリアンシェフによる 自慢の “中華料理” が、アラカルトで楽しめる♪

 

料理のポイントは “自家製発酵調味料” で、素材よりも 味付けの方に注目して食べるのが ◎

自分の料理に合うよう “塩・油以外 すべて手造り” の 調味料は、どれもムダがない洗練された味わい!

 

tomo.
中華料理でも そのモチベーションは健在!

イタリアンの技術を取り入れた中華料理で、普段食べる中華料理とは 一線を画すもの ^^

 

限られた人数しか体験できない “発酵中華フィエラ”。

SNSなどで 告知もされていない様なので、参加したい場合 まずはパルコフィエラの常連さんになることを目指しましょう。

 

\ イタリアンコースの内容はこちら /

パルコフィエラ を詳しく

料理へのこだわりも ^^

 

 

その他おすすめ洋食

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。