低糖質ナッシュの「スイーツ」が意外とおいしい♪全ジャンル実食レビュー

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 




“低糖質・低塩分” のメニューが自宅に届く 宅配サービス 「nosh(ナッシュ)」

nosh 公式サイト

 

実は 弁当だけでなく、スイーツも あつかっているのですが‥

 

本当のところ 味はどうなの?

低糖質のスイーツだもの、そんなにおいしくないんでしょ?

わたしも同じことを思ったんで、実際に取り寄せて食べてみました ^^

味のポイントから 気になる点まで、すべて本記事でご紹介します♪

 

‥ということで 今回は、ナッシュ の “スイーツ” について 詳しく解説♪

上手に利用すると、健康維持・ダイエットにも つながりますよ ^^

 

\ ナッシュを始めていない方へ ☑ /

最大3000円OFFクーポン

ボタンタップでクーポンへジャンプ!

 

 

ナッシュの「スイーツ」って どんなメニューがあるの?

ナッシュで注文した商品たち

▲ ナッシュは 弁当だけじゃない ▲

冷凍弁当の他に “低糖質スイーツ” も 取りそろえているのが、ナッシュ♪

弁当以外のラインナップは、4種類で 全17メニュー!

 

スイーツ各種

  • ① ドーナツ
    チョコレート・抹茶・いちご・キャラメル・バナナ・プレーン
  • ② ロールケーキ
    チョコレート・キャラメル・マロン・コーヒー・パンプキン・ポテト・プレーン
  • ③ ケーキバー
    チーズケーキバー・ガトーショコラバー
  • ④ パン
    バンズパン・バターロール

 

▲ ロールケーキは 3個で1食分 ▲

スイーツは 他の冷凍宅配弁当にはない、ナッシュ独自のメニュー。

 

1食分は “ドーナツ・ロールケーキ” で 3個“ケーキバー” だと 2個“パン” は 4個

1食あたり 600~700円 程度なことを考えると、1個 200~250円程度と 少々割高‥ (^^;

 

その分 スイーツなのに、どれも低糖質♪

特に ダイエット中・甘いものを控えている時などは 強い味方になってくれます ^^

 

公式HP でメニューをみる

 

ナッシュの「スイーツ」は どのくらい低糖質なの?

 

低糖質なのは わかったけど、どのくらい低糖質なの?

数字で教えてくれなきゃ わからないよ (^^;

 

各スイーツの 糖質は、以下の表のとおり。

なお ご飯100gあたりの 糖質量の目安は、約35g程度と おぼえておきましょう。

 

▼ 各スイーツの 糖質をチェック ☑

▼ ドーナツ(1個)
チョコ13.4gキャラメル13.5g
抹茶13.4gバナナ13.7g
いちご13.4gプレーン13.6g
▼ ロールケーキ(1個)
マロン5.0gスイートポテト6.9g
コーヒー5.4gプレーン4.7g
パンプキン6.2gレモン4.0g
▼ ケーキバー(1個)
チーズケーキバー12.4gガトーショコラ13.0g
▼ パン(1個)
バンズパン2.4gバターロール4.9g
※ 2022年1月時点のメニュー・数字
※ 現在とはことなる可能性があります

 

ごはんと比べて、糖質が少ないことが 一目瞭然ですね♪

ダイエット中でも、これなら安心して食べることができそうです ^^

 

ナッシュの「スイーツ」を 実食!

 

今回 実際に食べた ナッシュのスイーツは、以下のメニュー。

  1. ロールケーキ(プレーン)
  2. ドーナツ(抹茶)
  3. ケーキバー(ガトーショコラ)
  4. パン(バンズパン)

 

ナッシュ スイーツ ①:ロールケーキ

▲ ロールケーキは 3つで1食分 ▲

食感はフワッ‥、ほ~んのりと甘いクリームの ロールケーキ♪

間違いなしに 美味しいと言われるレベルですが、気になるのは その成分。

 

砂糖の代わりに 使っているのは、人工甘味料に “エリスリトール”

カロリーが少ない分、後味が 若干不自然‥ (^^;

 

▲ 糖質4.7g は 某コンビニのものの 1/3程度 ▲

▲ ふんわり・ミルキーな ロールケーキ ▲

 

エリスリトール

  • ほとんどが吸収されず 体外に排出されるので、実質カロリーゼロ!
  • 砂糖の60~70%ほどの 甘みがあり、ダイエットの強い味方♪

 

“人工甘味料” というところは 賛否両論あるのでしょうが、だからこそ実現できた 低糖質スイーツ♪

どちらを優先するかは、食べる方次第です。

 

公式HP でメニューをみる

 

ナッシュ スイーツ ②:ドーナツ

▲ ドーナツも 3つで1食分 ▲

油で揚げていないので、まるで 焼きドーナツ。

純粋に砂糖が使われていて、満足できるくらいの ちょうどよい甘さ♪

 

抹茶の風味は フワッと香る程度ですが、

しっかり甘くて 満足度はバツグン!

 

▲ スーパーフード チアシード入り ▲

▲ 1つの大きさは このくらい ▲

また スーパーフード “チアシード” 入りなので、意外と満腹度もあり!

 

チアシード

  • 優れた栄養バランスや 栄養価の高さ♪
  • よく水分を吸収するという性質あり
  • お腹の中で膨らみ、満腹感が得られやすくなる ^^

 

ナッシュの抹茶ドーナッツ

▲ 油分は ショートニングくらい ▲

唯一気になったのが、食べた後に口に残る ヌメッとした油のような感覚。

 

恐らくこれが このドーナツ唯一の油脂、ショートニングの食感‥(^^;

わたしは これが苦手ですが、大半の方は 問題なく食べられるでしょう

 

公式HP でメニューをみる

 

ナッシュ スイーツ ③:ケーキバー

▲ ケーキバーは 2個で1食分 ▲

個人的に一番好きだったのが、この “ケーキバー ガトーショコラ”

 

食感は しっとりで、チョコレートの風味は そこそこ

甘さひかえめ・しっかりビターなので、低糖質でも かなり満足できます♪

 

ナッシュのケーキバー(ガトーショコラ)

▲ 量はそこそこ ▲

全スイーツの中で、一番自然に近い 甘さと後味♪

人工甘味料を使ってはいるけれど、味は そこまで気にはなりませんでした ^^

 

ナッシュのケーキバー(成分hy9皇子)

▲ 成分は 参考程度に見てみましょう ▲

 

公式HP でメニューをみる

 

ナッシュ スイーツ ④:パン

▲ パンは 4個で1食分 ▲

ナッシュのパンは、小麦粉ではなく 大豆粉をつかった 低糖質パン♪

 

見た目は 普通のパンですが、小麦粉のパンとは 似て非なるもの

ほ~んのり きな粉のような大豆風味で、これが意外とハマる♪

 

▲ フワッとやわらかな食感♪ ▲

▲ 気になるのは スクラロースとマーガリン ▲

冷凍のパンとは思えないほど フワッフワ♪

そのまま食べても おいしいですが、ナッシュの弁当と 一緒に食べると、低糖質を維持しながら さらに満足度があがります ^^

 

公式HP でメニューをみる

 

ナッシュ「スイーツ」の メリット・デメリット

これまで ナッシュのスイーツを ご紹介しましたが、メリット・デメリット をおさらいしましょう。

 

メリット

  1. スイーツなのに “低糖質・低塩分”♪
  2. ちゃんと おいしくて、ダイエット中でも 安心して食べられる ^^
  3. 冷凍保存ができ、自然解凍でも ハイクオリティ!

デメリット

  1. 低糖質を実現するために 人工甘味料を使用
  2. マーガリン・ショートニングや 添加物は、普通に使われている
  3. 価格は 気持ち高め、選ぶのに ちょっとだけ躊躇するかも

 

ナッシュのスイーツで 糖質は抑えられますが、けっして自然派・無添加ではないことは 頭に入れておきましょう。

‥とはいえ ダイエットの強い味方ではあるので、上手に活用するのがポイントです♪

 

まだ nosh(ナッシュ)に 登録していない場合、「友達紹介クーポン」を利用しよう

nosh(ナッシュ)を 使っている お友達から ナッシュに 招待してもらうと、自分にも 招待してくれたお友達にも クーポンが付与されます。

‥ということで、これから nosh(ナッシュ)を始める場合、“友達紹介コード” を 適用しましょう!

 

step
1
下のリンクをタップして クーポンを適用させよう!

 

まずは 下のリンクをタップして、クーポン適用の準備をしてください ^^

▶▶ クーポンを適用する

※ このリンクをタップしなかった場合、クーポンが適用とならない場合があります

 

\ クーポン利用前に必ずタップ /

クーポン適用の準備をしよう

最大 3000円OFF!

 

step
2
nosh(ナッシュ)の 購入画面へ進む

下のリンクから nosh(ナッシュ)の 購入画面へ進むと、友達紹介コードが 適用されます。

 

 

なお、もらえる クーポンの額は 次のとおり。

  • 【自分】3000円分(3000円分 × 1枚 or 1000円分 × 3枚)
  • 【友達】3000円分(3000円分 × 1枚 or 1000円分 × 3枚)

 

なお、上の “友達紹介コード” は わたしのもの。

まわりに nosh を利用しているお友達がいる場合は、一声かけてみると喜ばれるかも知れません♪

 

▶▶ 公式HP はこちら ◀◀

 

 

その他のサブスクサービスをチェック

  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。