七飯グルメ

【徹底解説】七飯・大沼おすすめグルメ&スイーツ 計11選!ランチからカフェまで

2021-10-28

   

 

七飯町で食べられる “グルメ” について知りたい!
ランチにピッタリなお店って どこ?
スイーツが美味しいお店も 知りたいな ^^

 

この記事に 七飯町の おすすめグルメを まとめました!

 

こんにちは!北海道を3500軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なお です♪

どーも、その夫 兼 運転手で ドライブ狂の “tomo.” です ^^

 

大沼のある町 道南「七飯町」で、ご当地グルメを楽しもう!

あまり知られてませんが、実は 美味しい “ご飯” や スイーツが盛りだくさん♪

 

今回は、そんな「七飯町」の グルメに注目!

おすすめのカフェやスイーツなども、詳しくご紹介していきます♪

 

 

おすすめ「七飯グルメ」6選

おすすめグルメ ①:ラッキーピエロ 峠下総本店

「チャイニーズチキンバーガー(単品・税抜 350円)」

函館のご当地グルメとして名高い「ラッキーピエロ」ですが、七飯町にある “峠下総本店” でも 味わうことができます。

 

ポイント

  1. 函館生まれの ご当地 “ハンバーガーショップ” で、函館出身の “GLAY” も 大絶賛!
  2. 作り置きはせず 注文を受けてから作り始めるので、常に出来たて アツアツが楽しめる♪
  3. “地産地消” を追求し、道南産・北海道産に こだわっている 

 

中でも 不動の人気ナンバーワンを誇るのが 「チャイニーズチキンバーガー(通称:チャイチキ)」

甘辛ダレが染みた揚げたての大きな唐揚げが3つと レタス” がサンドされた ボリューム満点のハンバーガーで、ラッピの代名詞的なメニューなんです♪

 

チャイニーズチキンオムライスがテーブルに置かれている

「チャイニーズチキンオムライス(税抜 760円)」

チャイニーズチキン2段海苔弁当がテーブルに置かれている

「チャイニーズチキン2段海苔弁当・Lサイズ(税抜 550円)」

他にも たくさんのメニューがあり、どれも ボリューム満点!

人気の “チャイチキ” が 楽しめるメニューも たくさんあるので、お好きなメニューを楽しみましょう♪

 

チャイニーズチキンバーガーは、チキンが最強ジューシー ♡

ほどよい脂のもも肉と 甘辛衣、フレッシュレタスが三位一体のおいしさ ^^

バンズの表面にぎっしりつけられたゴマも いい仕事してます♪

オムライス や カレー、ピザ・スパゲティなど 種類は豊富 ^^

地元の方ほど ハンバーガー以外のメニューを 注文しているのだとか

 

黄色の看板をかかげた「ラッキーピエロ 峠下総本店」の外観

国道5号線沿いに建つ「ラッキーピエロ 峠下総本店」

グリーンで統一された「ラッキーピエロ 峠下総本店」の入口外観

「ラッキーピエロ 峠下総本店」入口

函館へ向かう途中の “七飯町” にある「峠下総本店」は、広い 店内 & 駐車場 で アクセス良好!

国道沿いにあり、隣接する “道の駅 なないろ・ななえ” と 合わせて回るのが おすすめです♪

 

 

店舗情報
【店名】ラッキーピエロ 峠下総本店
【住所】北海道亀田郡七飯町峠下337-11
【電話番号】0138-66-6566
【営業時間】10:00~24:00 ※土曜のみAM1:00まで
【定休日】なし
【駐車場】あり(145台)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HPInstagram / Twitter / Facebook
【外部サイト】ぐるなび 
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ラッキーピエロ 峠下総本店」の 口コミ

 

おすすめグルメ ②:ターブル ドゥ リバージュ

おすすめは 船上でいただく ワンプレートランチ!

大沼湖畔にある「ターブル ドゥ リバージュ」は、ここえしか味わえない 優雅なランチを楽しむことができるお店♪

 

ポイント

  1. 大沼湖畔の カフェレストランで、ロケーションが最高!
  2. 大沼近郊の食材を贅沢に使った 洋食や スイーツなどが味わえる ^^
  3. 船上で 大沼の景色を楽しみながら ランチができる “湖上クルーズ” が大人気♪

 

もちろん ここのおすすめは、約30分間の “湖上クルーズ” が楽しめる 船上ランチ!

 

開放的な船にのり お店を出発!

ターブルドゥリバージュの船上ランチの様子

大沼湖上を優雅に周回しながら、贅沢なランチ♪

お店自慢のランチをいただきながら 大沼の景色を楽しむことができる、贅沢なひと時が楽しめます♪

 

わたし達が向かったのは 紅葉のシーズンで、船上からみる景色はバツグン!

“大沼” は紅葉の名所でもあるので、天気の良い日に当たれば これ以上ない清々しさが味わえますよ♪

いただいたのは “スープカレー” や “ニョッキ” などの ワンプレートランチ

食べて・景色を楽しんで・写真撮影などしていると、30分なんて アッという間で 時間が足りないくらいでした (^^;

 

乗船料分 割高なランチにはなりますが、他では味わえない特別な体験なので お金には変えられません ^^

 

ターブルドゥリバージュの外観

ステキな外観の建物、もちろん店内も開放的でステキ!

 

店舗情報
【店名】Table de Rivage(ターブル・ドゥ・リバージュ)
【住所】北海道亀田郡七飯町字大沼町141
【電話番号】0138-67-300
【営業時間】11:00~16:00
【定休日】不定休
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ターブルドゥリバージュ」の 口コミ

 

おすすめグルメ ③:WALD(バルト)

WALD(バルト)の 季節のプレート

この日の「季節のプレート」は、駒ヶ岳産ポークのパン粉焼き

ワイルドな お店の外観が特徴的な「WALD(バルト)」は、豪快なワンプレートメニューが 人気のお店。

 

ポイント

  1. 1986年にオープン、店名の “WALD(バルト)” は ドイツ語で “森” の 意味
  2. 地元産 旬の素材を使った、フランス・イタリアの シンプルな家庭料理が味わえる♪
  3. バツグンな お店の雰囲気が 魅力的 ^^

 

お肉がメインのプレートセットや、その他 ピッツア・カレーなどがいただけます ^^

 

WALD(バルト)の「仔羊肉の網焼き」

肉質がしっかりとした “仔羊肉の網焼き”

 

“ポークのパン粉焼き” は、揚げ焼きのように 表面がかなりこんがり!

お肉の上の “ママレードソース” が、豚肉の甘さと ベーコンの塩味に ベストマッチ ^^

絶妙な焼き加減で ふっくら柔らかな “仔羊の網焼き” も、また美味しい♪

付け合わせの “パスタサラダ” や “グラタン” も、全部満足度が高くて 適量でした

 

大沼周辺で 洋食が食べたくなったら、迷わず このお店へ向かいましょう!

 

WALD(バルト)の外観

何よりも 変わった形のこの建物が、雰囲気よくて とても好き♪

 

 

店舗情報
【店名】COUNTRY KITCHEN WALD(カントリーキッチン バルト)
【住所】北海道亀田郡七飯町字大沼町301-3
【電話番号】0138-67-3877
【営業時間】11:00~14:00、17:00~21:00
【定休日】水曜・木曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「WALD(バルト)」の 口コミ

 

おすすめグルメ ④:ザ男爵ラウンジ「ザ・男爵プレミアムチップス」

ザ男爵プレミアムチップスと塩辛ディップ

「THE DANSHAKU LOUNGE」は、道の駅 “なないろ・ななえ” の隣に 2019年にオープンした施設 ^^

 

ポイント

  1. 名前の由来は、七飯町が発祥の作物 “男爵いも” から
  2. 施設内では、独自にセレクトした “食品・生活雑貨、ギフト・ワイン” を 販売 ^^
  3. 特産品の男爵いもを使った、“コロッケ” や “フライドポテト” などが テイクアウト可能♪

 

“川田龍吉 男爵” が 外国のジャガイモ11種を 自家農園 “清香園” で試験栽培したことが、男爵いもの歴史の始まり。

そして ザ男爵ラウンジは、「“ダンシャク” の開拓精神をこの地から未来へ。」をテーマに、ショップ・ミュージアム・レストランからなる 複合施設です。

 

男爵ラウンジの中の様子

とても広い空間が魅力的な 男爵ラウンジ♪

男爵ラウンジのテイクアウトコーナー

テイクアウトコーナーでは、ジャガイモを使った軽食が楽しめる♪

テイクアウトの “ザ・男爵プレミアムチップス” は、注文後に調理をしてくれる アツアツのフライドポテト。

 

5種類の “オイルフレーバー” と、6種類の “ディップ” の中から それぞれひとつずつを チョイス ☑

“薪スモーク” のフレーバーと “塩辛ディップ” でいただきましが、特に 道南っぽい塩辛のディップが 揚げたてのポテトにベストマッチ!

 

  • 【オイルフレーバー】
    プレーン・トリュフ・スパイシー・薪スモーク・ガーリック
  • 【ディップ】
    塩辛・玉子マヨネーズ・バジル・たらこマヨネーズ・スパイシートマト・ガーリック

 

揚げたては かなりアツいので、やけどには 十分に注意です ^^

 

男爵ラウンジの外観

ジャガイモのオブジェに目を惹かれること間違いなし!

 

店舗情報
【店名】THE DANSHAKU LOUNGE(ザ ダンシャク ラウンジ)
【住所】北海道亀田郡七飯町峠下379-3
【電話番号】0138-82-8888
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】無休
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめグルメ ⑤:ハセガワストア藤城店「やきとり弁当」

ハセガワストアの焼き鳥弁当

味付けは 全部で5種類の中から選択

函館の “B級グルメ” ハセガワストアの「やきとり弁当」ですが、七飯町で唯一のハセガワストア “藤城店” でも購入が可能。

 

ポイント

  1. 道南に13店舗を出店する コンビニエンスストア “ハセガワストア” で販売 ^^
  2. 函館で定番の “豚精肉” を使った 焼き鳥が、ライスの上にオン!
  3. 選べる 5つの味 の中から、好きな味を楽しめる♪

 

“焼き鳥” なのに “豚肉” なのは、道南では 普通のこと。

ごはん + 焼き鳥” の とてもシンプルな組み合わせですが、函館市出身の “GLAY” が紹介したのをきっかけに 全国区にまで駆け上がりました♪

 

やきとり弁当(小)塩味

やきとり弁当(小)しお

味は 全部で “5種類” で、不動のナンバーワンは “タレ”。

 

全 味付け

  • タレ
  • 塩だれ
  • うま辛
  • みそだれ

 

1978年に誕生、函館市民に根付いたソウルフードが やきとり弁当 ^^

店内で焼き上げる アツアツの弁当で、コンビニ弁当以上の クオリティが味わえます♪

 

ハセガワストア藤城店の外観

ハセガワストア藤城店の外観

“ハセガワストア藤城店” は、道の駅 なないろななえ や ラッキーピエロ 峠下総本店 からも 比較的近くにあります。

 

函館まで行かなくても 気軽に食べられる良店。

その分、意外と混んでいることも多いので、時間に余裕をもって向かいましょう。

 

 

店舗情報
【店名】ハセガワストア 藤城店
【住所】北海道亀田郡七飯町藤城2
【電話番号】0138-65-0024
【営業時間】7:00~23:00
【定休日】なし
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ハセガワストア 藤城店」の 口コミ

 

おすすめグルメ ⑥:宮崎鯉屋

宮崎鯉屋の鯉のあらい

北海道で食べられるお店は かなりレア⁉

七飯町の「宮崎鯉屋」は、北海道では かなりレアな “鯉のあらい” を販売するお店 ( ゚Д゚)!

 

ポイント

  1. “鯉のあらい” の テイクアウト専門店 ^^
  2. 他、大沼産のわかさぎや 川エビを使った佃煮なども販売♪
  3. 鯉のあらいは “お持ち帰りのみ”、店内飲食ができないので 注意!

 

わたしの知る限り、北海道では ここでしか買うことのできない 幻の食材なんです♪

 

宮崎鯉屋の鯉のあらい

二人前でも かなりたっぷり!

“鯉” と聞くと 臭いがキツそうな印象がありますが、そんなことは まったくなし!

 

丁寧な下処理のおかげで 臭みはまったくなく、意外とたんぱく

引き締まった身の コリコリとしたいい食感が◎!

 

身の淡白さは セットの “酢味噌” でカバー、アラもいただけるので 煮出して “鯉こく” で楽しみましょう♪

2人前程度で 600~700円、4~5人分で 1200~1300円くらいだったので、意外とリーズナブルな点も魅力ですね!

 

国道5号線沿いの この建物を目指しましょう

 

店舗情報
【店名】宮崎鯉屋
【住所】北海道亀田郡七飯町西大沼333
【電話番号】0138-67-3029
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】月曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめ「七飯スイーツ」5選

おすすめスイーツ ①:沼の家「元祖大沼だんご」

2つの味が楽しめる、大沼だんごの “小折”

七飯町の観光名所 “大沼” へ 初めて行く場合、「大沼だんご」は 必ず食べましょう!

 

ポイント

  1. 「これを食べなきゃ始まらない」といっても 言い過ぎではない 大沼の名物
  2. 消費期限が たったの一日⁉
  3. お取り寄せは 不可、現地でしか食べることのできない 幻の味

 

お取り寄せができないので、ここ 大沼へ足を運ばなければ 食べることのできない “幻の銘菓” なのです ^^

 

グルメライター高井なお も 大沼だんごを実食!

“元祖大沼だんご” の 特徴といえば、以下の点。

 

特徴

  • だんごが 串にささってなく、ひとつずつ 楊枝に刺して いただく♪
  • 1つの折で 2つの味が楽しめる ^^
  • 消費期限は たったの一日!

 

ツルン! モチモチっ! とした食感は、シンプルな 原材料が故 ^^

柔らくて 舌ざわりのよい だんごは、小さくても 食べごたえ十分です!

 

JR大沼公園駅のすぐ目の前にある沼の家さんの店舗

“元祖大沼だんご” を 販売しているのは、JR 大沼公園駅 前に お店をかまえる「沼の家」さん。

営業時間は “8:30~18:00” ですが、売り切れ次第 閉店となります。

 

 

店舗情報
【店名】沼の家
【住所】北海道亀田郡七飯町字大沼町145
【電話番号】0138-67-2104
【営業時間】8:30~18:00(売り切れ次第終了)
【定休日】無休
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】カード可
【公式サイト】-
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「沼の家」の 口コミ

 

おすすめスイーツ ②:道の駅 なないろななえ「ガラナソフト」

七飯町といえば “小原のガラナ”!

1960年に販売が開始され、主に 北海道に定着した炭酸飲料 “ガラナ”

七飯町の清涼飲料水メーカー “小原” の ロングセラー商品ですが、七飯町の道の駅では このガラナを使った “ソフトクリーム” がいただけます♪

 

ガラナは アマゾン川流域に自生する植物 “ガラナ” の実を使った、ブラジル生まれの 炭酸飲料 ^^

製造元の “小原” が 七飯町の企業のため、北海道の名物というより 道南の名物として 定着しています♪

 

+20円で “パチパチ” を トッピングするのがおすすめ!

肝心の「ガラナソフト」 ですが‥

 

ガラナ特有の コーラっぽい見た目や、ジンジャーエールの様であり 薬っぽい様でもある 独特の風味をしっかりと再現!

氷菓の様な 舌ざわりからも、炭酸飲料らしさがあらわれています ^^

 

より炭酸飲料らしさを出したい場合、+20円で “パチパチ” をトッピングするのがおすすめ!

昔 駄菓子屋でよく見かけた 口に含むとパチパチはじけるあれですが、あると無いとでは 印象が全く変わりますよ♪

 

お店があるのは、道の駅なないろ・ななえの中

 

店舗情報
【店名】峠下テラス
【住所】北海道亀田郡七飯町字峠下380-2 道の駅 なないろ・ななえ内
【電話番号】0138-86-5195
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】年末年始
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめスイーツ ③:M7750

取材時は「桃」(7月中旬~8月上旬までの限定)

“東大沼キャンプ場” の向かいにある「ギャラリー&カフェ M7750」は、クレープやかき氷・軽食などが楽しめるお店♪

 

ポイント

  1. 濃厚 かつ キレの良い “生クリーム” が特徴の「クレープ」が おすすめ♪
  2. キャンパー必見、超 高コスパな “モーニング” にも注目!
  3. ここを営む 鎌田さんご夫妻は、冬季間は 同じく大沼にある “CAFE gallery 写遊館” を運営

 

ずっしりと重みを感じるほど 生クリームがずっしりと包まれた “クレープ” が 絶品!

放牧牛の “北海道産生クリーム” を 数種類ブレンドしていて、口の中から儚く消える キレの良さがバツグンです♪

 

日によって若干内容が変わります

特に “東大沼キャンプ場” 利用の場合、ほぼワンコインでいただける “モーニングセット” が おすすめ♪

 

コーヒーまでついて、なんと たったの 500円!(訪問日の価格)

味玉・サラダ・きゅうりの漬物・フルーツ‥、この内容で このお値段は 破格としかいいようがありません!

 

キャンプに必要な 炭や 焚き付けの様な ちょっとしたものから、薪まで売っているので、キャンプ場利用の際には ぜひのぞいてみてくださいね。

 

M7750 の 外観

 

 

店舗情報
【店名】CAFE and Gallery M7750(エムナナナナゴーマル)
【住所】北海道亀田郡七飯町東大沼19-10
【電話番号】0138-67-1810
【営業時間】8:00~17:00
【定休日】不定休、※冬季休業(11月~4月20日頃まで)
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おすすめスイーツ ④:三月の羊

「【季節限定】七飯町産 プルーンタルト」 税込 300円

北海道産のシンプルな原材料でつくる パンと焼き菓子のお店「三月の羊」

 

ポイント

  1. 東京で 焼き菓子店として 2001年にオープン、その後 2012年 に 大沼へ移転してきた経緯あり
  2. 焼き菓子・パンの販売の他、カフェコーナーも併設♪
  3. 1日 3台限定の “ひつじパンDX”(要予約)や、クッキー缶などが人気 ^^

 

木目と白を基調とした三月の羊 喫茶室の内観

店内の 喫茶スペース

 

季節限定のタルトは、やさしさが際立つ 素朴な味わい ♡

とってもやさしい甘さで、口当たりが 実にマイルド。作り手さんのあたたかい人柄が あらわれている様です♪

 

あわせてオーダーした “アイスカフェオレ” には、まあるい形の “コーヒー氷(コーヒーを凍らせた氷)” が!

これは 専門店顔負けの おいしいやつです ♡

 

三月の羊の外観と駐車場

手前の建物が 三月の羊

大人気の “ひつじパンDX” は、一日 3台限定で 要予約。

オンラインでも 購入できるので、興味のある方は 一度のぞいてみてくださいね♪

⇒ 「三月の羊」公式オンラインショップ

 

 

店舗情報
【店名】三月の羊
【住所】北海道亀田郡七飯町上軍川9-11
【電話番号】0138-67-2077
【営業時間】10:00~16:00
【定休日】月曜・火曜・水曜  ※冬季(12~3月)店舗休業、オンラインショップは年中営業。
【駐車場】あり(5台)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】Yahoo! ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「三月の羊」の 口コミ

 

おすすめスイーツ ⑤:菓子舗 喜夢良(きむら)

龍紋:ちょこんと乗った金箔が上品で、氷のように儚げなビジュアル

道南の “作物・歴史・文化” をもとに、安心・安全なお菓子を作り続ける良店「菓子舗 喜夢良(きむら)」

 

ポイント

  1. 創業時から親しまれてきた 求肥餅にきな粉をまぶした “木の間餅” は シンプルで美味しい♪
  2. 他にも 地域に根付いた、ストーリーのあるお菓子がたくさん!
  3. 七飯の特産品 “りんご” を使った 創作菓子も多数販売 ^^

 

店頭には、他の和菓子屋さんでは見られない 独創的な和菓子が たくさん並びます♪

 

ななえ林檎餅:直径約3cmのお餅の中に 七飯町産りんごソースがIN

木の間餅:別添えの”黒蜜”をたっぷりかけて

肝心の お菓子のラインナップですが、例えば この様なものがあります。

 

  • 【龍紋】
    明治初期に 五稜郭の堀より産出された、国内で初めての食用氷 “龍紋氷” を表したお菓子
  • 【はこだて大三坂】
    函館 “元町地区” にある “大三坂” の石畳の坂道を模した蒸し菓子
  • 【ななえ林檎餅】
    リンゴの型の最中の中に、日本で初めて 西洋リンゴの栽培が行われた 七飯町産 “紅玉リンゴ” チョコレート♪

 

店主 木村さんは 23歳から和菓子職人をされており、この道なんと50年以上!

お菓子の生い立ちやストーリーを とても楽しそうに話している姿から、七飯町と和菓子が 本当に好きなことが とても伝わってきました ^^

 

駐車場がないので、訪問時は要注意

 

 

店舗情報
【店名】菓子舗 喜夢良(きむら)
【住所】北海道亀田郡七飯町本町4丁目5-20
【電話番号】0138-65-3571
【営業時間】8:30~19:00
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「喜夢良」の 口コミ

 

「七飯 おすすめグルメ&スイーツ」まとめ

お取り寄せ不可な 大沼だんごは 現地で食べておきたい味わい

今回は 七飯エリア の グルメ・スイーツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

リンゴの栽培や じゃがいもの生産地として名高い “七飯町”。

一度の訪問で食べつくすのは不可能なので、何度も訪問して ぜひ全品制覇してみてくださいね♪

 

 

近くのスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.