満味

【沖縄】やんばる島豚なら「満味」で!アグーの血を継ぐハイブリッド種

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

沖縄県産のブランド豚 “やんばる島豚” の 七輪焼きのお店「満味」!

 

ポイント

  1. アグー豚の血を受け継ぐ ハイブリッドブランド豚 “やんばる島豚” の専門店
  2. メインは “七輪焼き”、その他 しゃぶしゃぶ や 要予約の 裏メニュー も♪
  3. 某 口コミサイト の “2021年度 百名店” にも 選出 ^^

 

満味 肉を七厘で焼いている

やんばる島豚の絶品焼肉が食べられます♪

豚一頭を丸ごと楽しめる貴重なお店で、普段は食べられない 希少部位に出会えることも♪

と蓄場まで 車で15分ほどしかはなれていないとのことで、いつでもベストな状態のお肉が楽しめます ^^

 

\ 公式HPからTELのみ受付 /

お店を予約する

 

合わせて読みたい

 

満味 の “やんばる島豚” って?

沖縄の在来豚で、とっても有名な豚といえば “アグー”。

サシが多く 脂に甘みと旨みがあり 味には定評がありますが、小型のため 歩留まりが悪いというデメリットが‥。

 

tomo.
そこで 生まれたのが “やんばる島豚”!

定評のある アグーのおいしさを受け継ぎ、歩留まりも高い いいとこどりの豚なんです ^^

 

アグー豚

沖縄在来種 アグー豚

バークシャー種の雄と デュロック種のメスを交配して 生まれるメスに、“アグー” を 交配して誕生。

エサにも こだわっていて、ミネラルたっぷりの “化石サンゴ” や 泡盛の乾燥もろみ粕・オリオンビールの乾燥酵母 などを食べさせ 育てているそうです ^^

 

 スポンサードリンク

 

満味 の おすすめメニューを 実食

満味 さんぴん茶・うっちん茶

沖縄っぽく さんぴん茶 & うっちん茶 で 乾杯!

満味 で 食べるべきは、やんばる島豚 の “七輪焼き”!

豚肉専門の焼肉屋さんというだけあって、様々な部位が食べられるのが 特徴的です ^^

 

tomo.
おすすめ は 13種類の部位が一度に食べられる “おすすめの島豚とホルモンの盛合せ”!

要予約ですが “裏メニュー” もあり、訪問時は “ハツ刺し” を いただくこともできました♪

 

満味 お通し&タレ

お通しは ミミガー&もずく酢、お肉は 2種の塩と昆布ダレでいただきます

裏メニュー詳細は 公式HP で 要確認!

ただし 予約をしたからと言って、必ず食べられる訳ではありません。

 

おすすめ ①:おすすめの島豚とホルモンの盛合せ

満味 島豚盛合わせ

1皿目(ホルモンはタレで別皿・写真は2人前)

必ず食べてほしいのが「おすすめの島豚とホルモンの盛合せ」。

1人前 1650円~ で 全13種類の部位が味わえる、お得な盛合わせセットです♪

 

 

満味 ホルモン盛合わせ

ホルモンは ちょっとだけスパイシーなタレで(写真は2人前)

満味 七輪でお肉を焼いている

高温の七厘で じっくり育てるのが ◎

満味 ホルモン焼き

ホルモンは タレがこげない様に気をつけよう

一切れずつ食べくらべることができる めずらしいセットで、さらに とってもリーズナブル♪

サシの入り具合や 食感がそれぞれことなり、ひと口ごとに 食べる楽しさが増して行きます ^^

 

tomo.
定番の部位から 初めて食べるものまで、バラエティがとにかく豊か!

お肉の色んな “柔らかさ” や、同じ “コリコリの食感” にも 色んなコリコリがあることに気付けたのは 良い経験 ^^

 

わたしのおすすめは、脂がおいしい “カルビ” や “吟醸ホルモン” ◎

これだっ!と思うものを見つけたら、すかさず 単品でオーダーしてしまいましょう。

 

おすすめ ②:ネギ豚舌

満味 ネギ豚舌

ネギ豚舌 858円

少し厚めの豚舌に 切れ目を入れ、間にネギをはさんだ “ネギ豚舌”。

 

満味 ネギ豚舌

焼くと 少~しパックリ開きます

牛タンに比べ そこまで大きくない豚舌。

はさむことのできるネギの量は多くなく、焼くと少し開いて 落ちちゃいました‥ (^^;

 

tomo.
‥とはいえ、コリッコリで 程よい脂の “豚舌” と ネギの風味は 最強の組み合わせ ^^

予想以上に 食べる手が進みました♪

 

おすすめ ③:裏メニュー ハツ刺し

満味 ハツ刺し

完全予約制の上、必ずある訳じゃありません (^^;

裏メニューとして提供されている “ハツ刺し”。

完全な予約制なので、いきなりお店に行っても食べられません。

 

tomo.
食べてみたい時は、予約時に しっかりと伝えておきましょう!

ただし 予約すれば必ず食べられるという訳ではなく、その時の入荷状況次第となります。

 

公式HP によると、その他に「ブレンズ(豚の脳)・チーイリチャー・シャルキュトリー」などを 提供している場合があるそうです ^^

 

満味 豚のハツ刺し

新鮮だからこその 独特の食感が ◎!

ハツ刺しの 最大の特徴は、サクサクッとした 歯ごたえの良さ!

くさみはほぼなく アッサリ・サッパリで、お酒のつまみにもピッタリ♪

 

tomo.
歯切れのよい 独特の食感が ◎!

卵黄にくぐらせると さらにコク深くなって、とっても美味しい!

 

 スポンサードリンク

 

満味 の「メニュー一覧」

満味のメニュー表

“満味” で 食べられるのは、アグー豚とのハイブリッド種 “やんばる島豚”!

焼肉を中心に、しゃぶしゃぶ・一品料理などが 楽しめます ^^

 

▼ 満味 の メニュー一覧

 

ここ一軒だけで 豚のひと通りの部位が食べられるので、地元の方にはもちろん 観光客にも うってつけ!

家庭の味とは ひと味違う、ワンランク上の 洗練されたおいしさです ^^

 

満味 の「店内の様子」

満味 店内の様子

手前側には カウンター席、奥は テーブル席と座敷

満味 の 店内は、天井高で カジュアルな居酒屋風。

“カウンター席・テーブル席・座敷席” がありますが、決して 広くはありません。

 

満味の店内の様子

天井が高く 開放感あり、熱がこもったり 煙が充満する心配もなし

開放感ある店内で、それぞれの席には 空調用のダクトが走っています。

天井が高いので 小さな焼肉屋さんにありがちな 煙で店内が充満することもなく、熱がこもりにくいのも 好ポイントです♪

 

 スポンサードリンク

 

満味 への「アクセス方法」

満味 店舗外観

駐車場は お店の回りに 十台分位あり

“満味” があるのは、名護市 伊差川。

名護バスターミナル から “バス” でも 向かうことができますが、お酒を飲む時以外は 車の利用が便利です。

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

満味 店舗外観・駐車場

道路に面した 右側が入口

“満味” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒ 沖縄バス 公式HPへ

 

対象となるのは 沖縄バス・琉球バス の “辺土名線” 。

名護市内から向かう場合、バスを降りて 少し坂を下ると お店が見えてくるはずです。

 

「車」を利用して 向かう場合

満味 入口の暖簾

入口には 肉料理を想像させない 青いのれん

“満味” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおりです。

 

 

車で向かう場合、店舗横の駐車場を利用しましょう!

十台分くらいあるので、お店のキャパを考えた場合 十分に停められると思います。

 

満味 の「店舗概要」住所・電話番号は?

満味 店舗看板

満味では 七輪焼きが定番メニュー

“満味” が あるのは、名護市の中心部から 少し外れた “伊差川”。

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】満味
【住所】沖縄県名護市伊差川251
【電話番号】0980-53-5383
【営業時間】17:00〜23:00
【定休日】火曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】Instagram
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「満味」の 口コミ

 

満味 まとめ

満味 豚のキャラクター

箸袋には カワイイ豚のイラストが

名護市内にあり、沖縄県産 “やんばる島豚” を 一頭丸ごと味わえるお店「満味」

 

ポイント

  1. アグー豚の血を受け継ぐ ハイブリッドブランド豚 “やんばる島豚” の専門店
  2. メインは “七輪焼き”、その他 しゃぶしゃぶ や 要予約の 裏メニュー も♪
  3. 某 口コミサイト の “2021年度 百名店” にも 選出 ^^

 

\ 公式HPからTELのみ受付 /

お店を予約する

 

一般的な “牛肉” の 焼肉ではない “豚肉” オンリーの 焼肉で、北海道民には 意外と貴重な体験でした。

もちろん お肉は上質で おいしいので、思う存分いただきましょう!

 

合わせて読みたい

 

その他 沖縄のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。