ルタオプロデュースのアイス専門店から、パフェのようなカップアイスなど新商品が期間限定で登場!

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

「小樽洋菓子舗ルタオ」“オンラインショップ” 限定 で、夏の贈り物にも最適な新しいアイス商品の販売が開始されます。

 

ルタオプロデュースのアイスクリーム専門店「GLACIEL(グラッシェル)」

アイスクリーム専門店「GLACIEL(グラッシェル)」外観

「GLACIEL(グラッシェル)」はアントルメグラッセ・グラス(生アイス)専門店として、東京表参道にオープン。

名前の由来はフランス語より。アイス職人を意味する “グラシエ” と氷菓を意味する “グラス”、空を意味する “シエル” から生まれた造語とのこと。

なお北海道の店舗は、札幌駅前の “ステラプレイス” の中にあります。

 

⇒ ステラプレイス店 HP へ

 

「GLACIEL(グラッシェル)」プロデュースの パルフェミニョン って?

ルタオのパルフェミニョン

上段左からショコラ、ミルティーユフロマージュ、プラリネ 下段左からマンゴーパッション、フレーズオレ

公式より

華やかなアントルメグラッセをベースにした、カップアイス

まるでパフェのようなカップアイスが誕生しました。
下層のアイスクリームと、上層のトッピングからなる5種の味わいは、果肉感にあふれるものや、風味や食感にインパクトがあるものなど、どれもハッとさせる味わいばかり。小さなカップの中にぎゅっと詰まった、パティシエの技や表現力をご堪能ください。

“パルフェミニョン” を買うことができるのは、オンラインショップのみ。単品での販売は行っておらず、“6個入り” と “8個入り” での販売となる様です。なお 販売期間は “8月31日” までとなっているので、購入する場合はお早めに。

商品名パルフェミニョン
内容量① ショコラ(100ml)
② ミルティーユフロマージュ(100ml)
③ プラリネ(100ml)
④ マンゴーパッション(100ml)
⑤ フレーズオレ(100ml)
販売価格6個入(①②③④ 各1個、⑤ 2個):3,980円(税込/送料込)
8個入(①② 各1個、③④⑤ 各2個):4,974円(税込/送料込)
販売期間2020年8月31日まで
商品詳細ペイペイで購入 / 公式HP

 

他の 注目商品 も

メロンエスティバル

ルタオのメロンエスティバル

青肉と赤肉の “2種類のメロン” を使った、アントルメグラッセ。見た目も味もメロンのような仕上がりとのこと。

1%未満ですが アルコールが含まれているとのことなので、場合によっては ご注意ください。

商品名メロンエスティバル
商品サイズ直径12cm×高さ9cm
販売価格5,184円(税込/送料込)
販売期間2020年8月31日まで
商品詳細ペイペイで購入 / 公式HP

 

トロピック

ルタオのトロピック

トッピングにはココナッツのソルベを絞り、マンゴーの果肉とソルベを飾り付け。マンゴーパッションのソルベの下には、食感が楽しいバナナとピーカンナッツのグラス。夏にピッタリで、まさに南国気分!

なおトロピックにも、1%未満ですがアルコールが含まれています。こちらも場合によっては ご注意ください。

商品名トロピック
商品サイズ直径12cm×高さ9cm
販売価格5,184円(税込/送料込)
販売期間2020年8月31日まで
商品詳細ペイペイで購入 / 公式HP

 

ルタオの商品をオンラインで購入する

その他のルタオ商品のオンラインでの購入は、以下のリンクから公式HPへ移動しご購入ください。

 

その他のニュースをチェック



Go To トラベル事業スタート!

2020年7月22日から「Go To トラベルキャンペーン」がスタートとなります。旅行代金の最大1/2 がお得になる、旅行者にはとても嬉しい制度です!

この機会に、旅行を検討してみるのはいかがでしょうか?

⇩ GoToトラベルの記事はこちらから ⇩

Go To トラベル 7/22 スタート!

 
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.