【沖縄】沖縄そばの名店「きしもと食堂」!明治38年から続く昔ながらの木灰そば

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

沖縄県民も足繁く通う 沖縄そばの人気店「きしもと食堂 本店」

 

ポイント

  1. 1905年(明治38年)創業、100年以上続く人気店 ^^
  2. メニューは 自家製の “木灰そば” と “じゅーしー” の 2種類のみ
  3. 開店時から行列必至! 混雑を避けたい時は 系列の “八重岳店” へ GO!

 

“木灰そば” とは、薪を焼いた後に残った灰を水に溶かし 上澄みの灰汁で打ったそばのこと。

今では少なくなった 伝統的な手法で作られた “沖縄そば” とは、いったいどんなものなのでしょうか?

 

合わせて読みたい

 

きしもと食堂 本店 自慢の「沖縄そば」を 実食

きしもと食堂本店 沖縄そば・じゅーしー

メニューは シンプルで たったの2種類のみ

食べられるのは、自慢の “沖縄そば” と “じゅーしー” の 2種類のみ。

特徴的なのが、かん水の代わりに “灰汁” を使った麺が食べられること。

 

灰汁とは?

薪を焼いた後に残った灰を 水に溶かし、しばらく寝かせた後の 上澄み

 

かつての 沖縄そばは 麺を打つ時に “灰汁” を使用するのが一般的でしたが、今は “かん水” を使った麺が多数派。

‥ですが きしもと食堂では、現在でも “灰汁” を 使った 昔ながらの麺が食べられるんです ^^

 

メニュー ①:そば 大・小

きしもと食堂 沖縄そば

沖縄そば(大) 850円

麺は たっぷりで、“小” でも 十分にボリュームあり!

具材は とてもシンプルで、甘じょっぱく煮込まれた 三枚肉(豚バラ肉) と かまぼこ・小ねぎ のみ。

 

きしもと食堂の沖縄そば

左:そば 大、右:そば 小

太めの麺は 田舎そばの様なモチっとした食感で、うどんみたいに はね返るような強い弾力はなし。

特筆すべきは スープの方で、濃厚なカツオ出汁に ほんの~りしょう油が効いた優しい味わいです♪

 

きしもと食堂の灰汁そば

沖縄そばの中でも 独特の食感

きしもと食堂 薬味

味変は “コーレーグス” で

味に変化が欲しい時は 卓上のコーレーグスを少~し投入すると、ピリッと辛くなって より美味しく食べられます ^^

 

tomo.
強いダシが効いていて 優しいのに物足りなくない、ついつい飲まさる魅惑のスープ!

モチっとしていて 弾力の少ない麺は、北海道民のわたしには おいしさがあまり伝わってきませんでした‥ (^^;

 

‥とはいえ これが 現地で親しまれている、昔ながらの沖縄そば。

その中でも 最高クラスの人気店なので、ぜひ一度は食べておきたいところです ^^

 

メニュー ②:じゅーしー

きしもと食堂 じゅーしー

じゅーしー は 茶碗一杯分で、値段の割に大満足!

沖縄風の炊き込みご飯 “じゅーしー” は、とっても 具だくさん!!

きしもと食堂 では “ぶた肉・ニンジン・シイタケ・かまぼこ・ネギ” 入りで、お出汁をたっぷり吸ったご飯がおいしい♪

 

tomo.
コク深い味わいで、ホロホロになったお肉が ごはんに良く合う!

数量限定のため、訪問が遅めだと 食べられないことも多々ある様です

 

沖縄そばだけでも 結構ボリュームがありますが、お腹に余裕がある場合は 合わせて一緒に楽しんでしまいましょう♪

 

 スポンサードリンク

 

きしもと食堂 本店 の「メニュー一覧」

きしもと食堂 メニュー表

メニューは たったの3種類

“きしもと食堂 本店” の メニューは とってもシンプルで、全部で 3種類だけ。

 

▼ きしもと食堂 の メニュー一覧

メニュー価格(税込)
そば 大850円
そば 小700円
じゅーしー300円
※ 価格・メニューは変更となる場合があります

 

きしもと食堂本店のメニュー表

壁のいろんなところに メニュー表が貼ってます

テーブルの上にメニュー表はないので、店内の壁をグルっと見渡して メニューを探しましょう。

訪問時は男女問わず 大半のお客さんが “そば 小 + ジューシー” を 注文していました ^^

 

 スポンサードリンク

 

きしもと食堂 本店 の「店内の様子」

きしもと食堂本店の店内の様子

昔ながらの雰囲気ただよう 店内がまたシブい!

きしもと食堂 本店 の 店内は、広くはありません。

テーブル席 6席×2卓、座敷席 4席×3卓 のみの 計24席 となります。

 

きしもと食堂本店 芸能人のサイン

芸能人のサインが たくさん飾ってありました

昔ながらの どこか懐かしい雰囲気ただよう店内で、壁には芸能人のサインがいっぱい!

開店前から並んでいる人もいて、わたしが開店直前に向かった時も すでに8人が列を作ってました。

 

tomo.
観光客も多く訪れるお店ですが、地元の方が より多い印象♪

行列に並びたくない時は、一巡目を目指して向かいましょう ^^

 

きしもと食堂 本店 への「アクセス方法」

きしもと食堂の外観

開店前のきしもと食堂の様子、このあと更に 5人が列を作りました

“きしもと食堂 本店” に 向かう場合は、“車” を利用するのが おすすめ!

バスでも向かうことはできますが、本数が多くないことだけは 頭に入れておきましょう。

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

きしもと食堂の入口

11:00 オープンで、売り切れ次第終了

“きしもと食堂 本店” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒ やんばる急行バス 公式HPへ

 

対象となる やんばる急行バス の “四島線” は、瀬底島~古宇利島 を結ぶローカル線。

那覇空港から続く “空港線” からの 乗り継ぎは、「本部博物館前停・記念公園前停・今帰仁村役場停など」で できます。

 

tomo.
バスの本数が少ないので、乗り継ぎ時間は 要確認!

帰りのバスのことも考えた場合、車やレンタカーの使用を検討しましょう

 

「車」を利用して 向かう場合

きしもと食堂 駐車場配置図

ちょっと離れた場所に 駐車場が2ヶ所あります

“きしもと食堂 本店” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおりです。

 

 

きしもと食堂本店の駐車場案内板

すぐ側の “新垣ぜんざい屋” の横に 駐車場の案内看板があります

きしもと食堂の駐車場

ちょっと進んだ先にある駐車場の内、半分が きしもと食堂の分

きしもと食堂の駐車場

道路をはさんだ向かい側にも 3台分の駐車場

車で向かう場合 必ず注意してほしいのが、駐車場の位置!

1本 裏の通りに 7~8台分が用意されていますが、一部は “新垣ぜんざい店” の駐車場なので 間違って停めてしまわない様に注意しましょう。

 

 スポンサードリンク

 

きしもと食堂 本店 の「店舗概要」住所・電話番号は?

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】きしもと食堂 本店
【住所】沖縄県国頭郡本部町渡久地5
【電話番号】0980-47-2887
【営業時間】11:00~17:30(売切次第閉店)
【定休日】水曜
【駐車場】あり(店舗周辺に3ヶ所、店前に案内地図有)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「きしもと食堂 本店」の 口コミ

 

系列店「八重岳店」の 店舗情報など

 

混雑するなら あまり行きたくないな~

 

そんな時は、系列の “八重岳店” の利用を検討してみましょう。

店内も駐車場も本店より広く、製麺所があるのも 八重岳店の方なのだとか ^^

 

tomo.
ただし 八重岳店でも、ランチタイムなど 混雑する時間が多々あるそう‥ (^^;

うまく時間を調整しながら うかがってみましょう

 

店舗情報
【店名】きしもと食堂 八重岳店
【住所】沖縄県国頭郡本部町字伊野波350-1
【電話番号】0980-47-6608
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】無休
【駐車場】あり(店舗前 26台)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「きしもと食堂 八重岳店」の 口コミ

 

きしもと食堂 本店 まとめ

きしもと食堂 看板

今回は 沖縄本島北部にあり “100年以上の歴史” を持つ 「きしもと食堂」 をご紹介しました。

 

ポイント

  1. 1905年(明治38年)創業、100年以上続く人気店 ^^
  2. メニューは 自家製の “木灰そば” と “じゅーしー” の 2種類のみ
  3. 開店時から行列必至! 混雑を避けたい時は 系列の “八重岳店” へ GO!

 

灰汁で麺を打つ 昔ながらの手法で作られた “沖縄そば” が食べられるお店は、今や とっても稀少‥。

そんな稀少な一店であり、多くの沖縄県民が列を作る人気店が きしもと食堂!

100年以上継承し続けてきた 伝統の味を、ぜひ楽しんでみてください!!

 

合わせて読みたい

 

その他 沖縄のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。