【iHerb】アイハーブの「送料」っていくら?無料にする方法やその他注意点も!

   

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

アメリカ発の “自然派商品・健康関連商品” の オンラインストアiHerb(アイハーブ)

オーガニック の “サプリ・美容商品・ヘアケア商品” などの他、グルテンフリーや アルミフリーなど 食料品のラインナップも豊富なので、我が家でも 良く利用しています ^^

 

でも 高いんじゃないの‥

送料も含めたら、オンライン取引なんて 割に合わないものばっかり‥ (^^;

わたしも 始めはそう思ってましたが、実は 送料はそんなに高くありません!

購入金額次第で 配送料が無料になるサービス もあり、さらに “クーポン” や “紹介コード” を利用すると 5~20%引き で買えるんです ^^

 

‥ということで 今回は、“iHerb(アイハーブ)” をお得に利用するための クーポンをご紹介します ^^

 

\ 利用の前に必ずタップ /

全商品が 5%割引!

紹介コード【DJQ6819】を入力

 

 

「iHerb(アイハーブ)」 の 送料って いくらなの?

グローバルエアーを選択するのが、最安への近道

アイハーブの送料は、配送方法によって大きく変わります。

 

▼ 配送方法と 送料について

配送方法送料
Global Air(グローバルエアー)宅配便456円(目安) ~ 無料!
佐川急便683円(目安) ~ 228円(目安)
ヤマト運輸683円(目安) ~ 228円(目安)
日本郵便683円(目安) ~ 228円(目安)
※ 送料は 変動する可能性があります

 

また 基準となる送料は、以下の 複数の要因から決定されます。

  1. 配送先住所 
  2. 注文総額
  3. 配送会社 / 配送方法
  4. 注文商品の重量
  5. 配送会社側の配送量や頻度と 人員配置

 

海外の倉庫から発送されるため、その時々で 若干の変動あり。

また 購入金額が多いほど、安く設定される様です。

 

‥とはいえ、大きく変わることはないので、「購入金額などにより 200円~700円程度の送料がかかる」と覚えておけば 間違いないでしょう!

 

ちなみに わたしの住む “北海道” から注文しても、この料金と ほぼ同じ♪ 

さらに 特定条件を満たすと送料無料になる お得な制度もあるんです!

 

\ 利用の前に必ずタップ /

全商品が 5%割引!

紹介コード【DJQ6819】を入力

 

「iHerb(アイハーブ)」 には “送料無料” になる お得なシステムも!

40ドル以上購入すると 送料が一気に安くなります!

アイハーブでは、2つの条件を満たすと 送料が無料になる お得なシステムが設けられています!

 

送料無料の条件

  1. 配送方法:グローバルエアーを選択
  2. 40ドル(4500円前後)以上の購入

 

“グローバルエアー” では、最短・最安値の配送業者が 自動的に選択され、40ドル以上の購入で 送料が無料に!

その他の 運送会社についても、40ドル以上の購入の場合は 送料が安くなる様に設定されている様です。

 

‥とはいえ、注文方法を ちょっと間違えてしまうと 送料以外の追加料金がかかることも‥ (^^;

次の項目では、送料が追加とならないための “注意点” についてご紹介します!

 

「iHerb(アイハーブ)」 注文時の “注意点” について

アイハーブ注文時には 重量・金額に注意!

アイハーブの商品は “海外の倉庫から運ばれてくる” ため、場合によっては 税関で没収されたり 余計な関税がかけられてしまうことも⁉

そんなことにならない様、あらかじめ 注意点を把握しておきましょう。

 

注意ポイント

  • 注文金額が 15500円(目安)を超えない様に注意!
  • 輸入が制限されている商品を しっかりと把握しておこう
    ・食品は 合計10㎏(約22ポンド)まで
    ・砂糖・甘味料は 1kg(約2ポンド)まで
    ・化粧品のカテゴリに属するものは、類目ごとに 24個まで など

 

①:注文金額の目安は 約15500円 まで

注文額が約15500円程度になると、注意文章が表示され レジへすすめません

アイハーブでの注文は 海外からの “個人輸入” という形になるため、免税額を超えてしまうと 関税が課せられます。

 

注意

  • 個人輸入の場合、免税額は “16666円” まで
  • 16666円~200000円未満の場合、以下の金額が 加算される
    ・日本の消費税 8%
    ・配送会社より 通関作業の代行手数料
  • 円とドルの為替レートが 毎日変動する為、免税額ぎりぎりの注文金額の場合、免税金額を超えてしまう場合があります

 

‥とはいえ、アイハーブ側でも 対応はとっていて、免税額に近くなると 注意文章が表示。

注意文章が表示された状態だと、レジへ進むことができず 購入することができません。

 

この場合 カートの中から商品を減らし、注文金額を調整しましょう!

金額内に収まれば、次の画面に進めます ^^

 

②:輸入が制限されている商品について

そもそも 輸入できない商品の場合、アイハーブの商品一覧からは 基本的に除外されています。

 

輸入禁止商品 一例

  • アロエ(ケルプ・フーディア・アロエベラ以外)を 含む製品
  • バニラ・米・穀物・ナッツ・種子・生豆・ヘンプ(麻)を含む製品
  • ペット製品
  • 肉製品(ジャーキー・エキスを含む)
  • 乳製品 など

 

総重量は カート画面で確認することができます

問題になるのは、購入数量に制限のある商品の場合。

 

注意

  • 【食品】
    合計10㎏程度(約22ポンド)を超えた場合、個人輸入とはみなされず 購入不可に
  • 【化粧品のカテゴリに属するもの】
    類目ごとに 24個までの 制限あり
  • 【砂糖・甘味料】※1
    1kg(約2ポンド)程度を超えた場合、関税・その他の税が課せられ、税関より追加書類の提出が求められることがあります
  • 【Raw Honey(生蜂蜜)】※1
    免税の範囲を超えた場合(15500円以上)、50%の関税がかかる

※ 上記商品注文時は、税関審査の対象となったり、購入不可・商品の没収・関税が課せられる場合があります

 

‥とはいえ、この場合も アイハーブ側で しっかりと対応♪

既定数を超えた場合(※1 を除く) 注意文章が表示され、レジへ進むことができなくなります ^^

 

‥ということで、ほとんどの場合 アイハーブ側で しっかりと対応済み♪

これなら 比較的安心して利用することができますね!

 

そもそも「iHerb(アイハーブ)」って 何なの?

 

クーポンのことはわかったけど、

そもそも “iHerb(アイハーブ)” って何? 怪しくないの?

 

iHerb’(アイハーブ)” は、1996年に アメリカ・カリフォルニア州で設立された “健康関連商品” の ECサイト。

自然派・オーガニック な サプリメント・コスメ・食品・日用雑貨などを、主に取り扱っています。

 

ポイント

  1. 世界 185ヵ国以上で サービスを展開!
  2. 取扱い商品数は 30000種類以上!
  3. 利用者数は 全世界に1000万人超!
  4. 実際に購入した人しか書き込めない、2000万件以上の 信頼できるレビュー ^^
  5. 24時間 365日 利用することができる “カスタマーサービス”♪

 

最初は マルチっぽい印象も受けましたが、そんなことは 全くなし ^^

利用してみてわかった マルチっぽさの原因は、アイハーブのクレジットがもらえる “紹介制度” のおかげの様でした (^^;

 

なお 利用・登録にあたっては、以下の記事を参考にしてみてください♪

 

 

「iHerb(アイハーブ)」を お得に利用することができる “クーポン”

アイハーブが 人気の理由のひとつが、お得な “クーポン” や “紹介コード” の存在 ^^

利用することで 5~20%引き になり、さらに 購入金額次第で 配送料が無料になるんだから 利用しない手はありません!

 

\ 利用の前に必ずタップ /

全商品が 5%割引!

紹介コード【DJQ6819】を入力

 

初めての利用の場合、若しくは リピーターの方で 60ドル分未満のお買い物の場合は、上のボタンを押して 5USドル・5%OFFクーポンを。

リピーターの方で 60ドル以上の買い物の場合は、下のリンク先から 10%OFFクーポンを利用するのがおすすめです♪

 

 

「iHerb(アイハーブ)」の 送料まとめ

 

アイハーブで 買い物をする場合、以下の条件を2つとも満たすと 配送料が無料となることに注目!

 

ポイント

  1. 注文金額が 40ドル以上(約4500円程)
  2. 配送方法は “グローバルエアー” を選択

 

40ドルに少し足りない場合は、商品を追加して上手に調整した方が トータルでさらに安くなることも!

もちろん クーポンの併用もできるので、お得に賢く アイハーブを利用しましょう ^^

 

\ 利用の前に必ずタップ /

全商品が 5%割引!

紹介コード【DJQ6819】を入力

 

▶▶ 公式HP はこちら ◀◀

 

 

その他のサービスをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.