焼きハマグリ 一途屋

旭川「焼き蛤専門店一途屋」で貝三昧!最北のハマグリ専門店で焼きたてを♪

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

旭川で ちょっと変わったディナーなら、「焼きはまぐりBER 一途屋」なんて いかがでしょうか?

 

ポイント

  1. 2008年にオープンした 道北で唯一の “焼き蛤(ハマグリ)専門店”♪
  2. 本場 “三重県” から直送の、未冷凍ハマグリを使用 !
  3. ミシュラン北海道2017 にも掲載された 実力店 ^^

 

北海道では あんまり馴染みのない食材 “蛤(ハマグリ)” が 食べられる 貴重な一店。

北海道全体で見ても 専門店となると 一・二店ほどしかないので、ハマグリが好きな人はもちろん まだ食べたことがない人も 本記事を読んで お店に向かってみてください♪

 

お店を予約する

“食べログ” へ移動

 

 

一途屋 の「焼きハマグリ」を 実食!

メニュー ①:焼き蛤(ハマグリ)

一途屋 焼きハマグリ

「蛤(ハマグリ) 1個 297円」 ※この日はサイズが小さく 1個 198円

メインの “焼きハマグリ” は 注文不要!

まずは お通しをつまみながら ハマグリが焼き上げるのを待ちましょう ^^

 

システム

  • 1つ 297円で、一度に3個ずつ登場!
  • ストップをかけるまで 次々と焼かれる “わんこそば方式” ☑
  • もういらないと思ったら、焼きハマグリが出てきたタイミングで 必ずストップをかけましょう

 

必ず注意してほしいのが、ストップのタイミング!

ストップできるのは ハマグリが運ばれてきたタイミングで、次が焼かれ始めたら もうキャンセルはできません ☑

 

一途屋 焼きハマグリ

この日のハマグリは 入荷の関係でちょっと小ぶり

プリプリとした肉質と 噛むごとにあふれる 上質なうま味♪

ダシ汁以外 特段味付けはしていないので、ハマグリの味 そのものを楽しめます ^^

 

tomo.
この日のハマグリは、入荷の関係で 通常よりも 10gほど小さい 40gのもの。

プリプリの弾力は 少~し影を潜めていましたが、ハマグリならではの 濃厚な味わいは しっかり健在!

 

ただし 北海道では貴重なハマグリとはいえ 3つで1000円弱もすることを考えると、コスパがイイとは言えません。

そんな時は 1~2回でハマグリはやめて、次にご紹介する様な 他の貝類を楽しむのも おすすめです ^^

 

メニュー ②:その他 貝料理

焼きハマグリBER一途屋 貝料理

ハマグリ以外にも 色々な貝が楽しめる♪

一途屋で楽しめるのは、何も ハマグリだけじゃありません!

カキや真ツブをはじめ、その他にも いろいろな貝料理がメニューに並びます ^^

 

一途屋 ながらみ貝の塩ゆで

「千葉県勝浦産 ながらみ貝の塩ゆで 1573円」

一途屋 ながらみ貝の塩ゆで

ちょっと小ぶりで、おつまみサイズ

「ながらみ貝」の 正式名称 は “キサゴ”。

漁獲量が多くないことから “幻の貝” と呼ばれることもあるのだそう⁉

 

tomo.
味は “サザエ”、食感は “アワビ” の様とも言われるくらい おいしい貝♪

小ぶりで しっかり柔らかく、クセがなくて アッサリ・サッパリ ^^

 

一途屋 青ツブの壺煮

「北海道枝幸産 青ツブの壺煮 869円」

一途屋 青ツブの壺煮

可食部が多く 食べごたえバツグン!

特に リーズナブルなのが、北海道で定番の貝 “青つぶ” ^^

昆布系のダシと しょう油で煮込まれ、強めの弾力が 特徴的。

 

tomo.
北海道では 市場やスーパーなどでも普通に売られている、一般的な貝。

コリッコリの食感と あふれるうま味がたまらないので、ぜひ一度は食べてみて欲しい味わい!

 

メニュー ③:ドリンク・その他

一途屋 ビール・お通し

ビールと お通しで 乾杯!

生ビールは “サッポロ クラシック”。

その他 カクテル・日本酒・焼酎なども充実していて、おいしい貝と一緒に お好みのアルコールが楽しめます ^^

 

一途屋 お通し

この日の お通しは 3種類

一途屋 ハマグリの潮汁

「ハマグリの潮汁 407円」

日替わりのお通し、この日は “枝豆・とうきび・タコの煮つけ” の3品。

とってもほっこりする ハマグリのお出汁たっぷりな “潮汁(お吸い物)” も、おすすめです♪

 

 スポンサードリンク

 

一途屋 の「メニュー一覧」

一途屋 メニュー表

ストップしないと いつまでもハマグリがでてくるので注意!

一途屋は 焼き蛤専門店 なので、注文せずとも 蛤が出てきます。

ストップをかけるまで ず~っと出続けるので、もういいやと思った時点で 必ず早めにストップをかけましょう。

 

tomo.
蛤は3個ずつの提供で、ひとつの価格は 297円。

その他の メニューは、下の表で 確認しましょう♪

 

▼ メニュー一覧  ※ 2022年 8月現在

 

一途屋メニュー表

なお その他に 席料 935円 が 必ずかかります(お通し有)。 

ハマグリだけでも そこそこの料金がかかるので、様子を見ながら 都度追加するのがベストでしょう。

 

 スポンサードリンク

 

一途屋 の「テイクアウトメニュー」も 確認!

一途屋 テイクアウトメニュー

一部メニューは テイクアウトも可能

一途屋 では、一部メニューの「テイクアウト」も可能 ☑

メインメニューの “ハマグリ” も 対象なので、自宅で楽しむこともできるんです ^^

 

▼ 2022年8月訪問時のテイクアウトメニュー

 

なお テイクアウトの場合は、事前の電話予約がベスト!

下に記載する電話番号に、あらかじめ連絡しておきましょう。

 

連絡先

  • 【電話番号】
    ・0166-23-7701
  • 【営業時間・定休】
    ・18:00~23:00(LO 22:30)
    ・定休日:日曜(月曜祝日の場合は日曜営業)

 

一途屋 の「店内の様子」

一途屋 店内の様子

お店の大半が カウンター席

“一途屋” の店内は 全部で 約35席程あり、1席が とっても広々としています。

カウンター 15席程、テーブル席 6席×1卓・個室 2部屋 となり、一人でも複数人でも 気軽に向かうことができます ^^

 

tomo.
焼きハマグリ “ber” ということもあり、カウンター席が多めなのが 特徴的♪

1人でも 気軽に向かうことができ、蛤を肴に お酒を飲むのにもピッタリ ◎

 

一途屋 蛤用の焼き台

カウンター席の一画に 蛤用の焼き台があります

一途屋 カウンター席

目線に窓のあるカウンター席で、とっても開放的♪

一途屋の店内の様子

カウンター席から振り返ると テーブル席、右奥に個室

一途屋 個室

個室が とってもシックすぎ ^^ 奥まっているので とっても落ち着きます

全体的に ちょっと薄暗い雰囲気は、まさに Ber♪

そんなこともあり、早い時間よりも 少~し遅めの時間から 混み始める印象でした。

 

tomo.
今回は 平日・開店直後の 18:00くらいにうかがいましたが、その時点で わたしを含め 計3組が来店。

それからしばらく来店がなく、わたし達がお店を出ようとした 19:30頃に 入れ代わりで 地元の方が 2~3組やってきていました。

 

 スポンサードリンク

 

一途屋 の「予約・受付方法」

一途屋 を 予約する場合、“電話” もしくは “食べログ” からの ネット予約 が 可能。

 

予約方法

  • 【ネット予約】
    食べログ の 店舗ページ から 予約可能
  • 【電話予約】
    ・0166-23-7701

 

特に便利なのは “食べログ” などの 予約サイト で、あらかじめ必要事項を登録しておけば 余計な作業は不要♪

たびたび使うことも多いと思うので、面倒な作業は 先に済ませておくのが無難でしょう。

 

お店を予約する

“食べログ” へ移動

 

一途屋 の「アクセス方法」

一途屋 店舗外観

ビルの2階が “一途屋” さんです

“一途屋” があるのは、“5.7小路 ふらりーと” や “Asahikawa Harete” の すぐ近く。

もちろん専用の駐車場はありませんので、“電車” か “バス” を利用して向かうのが おすすめです ^^

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

一途屋 店舗入口

買物公園側に面した入口から お店の中へ

“一途屋” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒「道北バス」公式HP へ
⇒「旭川電気軌道」公式HP へ

 

中心部にさえいれば、どこからでも 十分に徒歩で向かえる距離。

旭川駅からでも 買物公園などを散策しながら向かうと アッという間に到着するし、対象となるバス路線も とっても豊富です♪

 

「車」を利用して 向かう場合

一途屋 店内の様子(1階)

靴を脱いで下駄箱に入れたら、階段を上がって 2階へ向かいましょう

“一途屋” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

注意してほしいのが、専用駐車場が 設けられていないこと。

車で向かう場合は、店舗周辺にある “時間貸し駐車場” の利用を検討しましょう ^^

 

一途屋 の「店舗概要」住所・電話番号

一途屋 店舗入口

入口のドア、取っ手が 鹿の角⁉

お店の場所は、“5.7小路 ふらりーと” や “Asahikawa Harete” の すぐ近く。

詳細な住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】一途屋
【住所】北海道旭川市5条通8丁目1703-40
【電話番号】0166-23-7701
【営業時間】18:00~23:00(L.O 22:30)
【定休日】日曜(月曜が祝日の場合は、日曜営業・月曜定休)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP / facebook
【外部サイト】食べログ(予約可)
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「一途屋」の 口コミ

 

一途屋 まとめ

一途屋 看板

旭川にある 最北の “焼きハマグリ専門店”「一途屋」で、おいしい貝を 目一杯いただきましょう!

 

ポイント

  • 2008年にオープンした 道北で唯一の “焼き蛤(ハマグリ)専門店”♪
  • 本場 “三重県” から直送の、未冷凍ハマグリを使用 !
  • ミシュラン北海道2017 にも掲載された 実力店 ^^

 

店名 “一途屋” の由来は「旨いものを求めて 商売を一途にやっていく」という想いから。

北海道の焼きハマグリ専門店は わたしの知る限り ここ旭川と札幌にしかないので、貴重な味を 存分に楽しんでみてください♪

 

お店を予約する

“食べログ” へ移動

 

 

その他 旭川のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。