一福

一福/小樽市/四代続く伝統の蕎麦!地域に根付いた繁盛店で喉ごしの良い更科そばを♪

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

100年以上の歴史をもつ、小樽中心部のお蕎麦屋さん 「一福」

 

ポイント

  • 1894年の創業から 約130年ほど続く、実績のあるお店 ^^
  • 一子相伝の味わいで、現在は “四代目” が 腕をふるう
  • 地域に根付いた繁盛店、特にランチタイムは 混雑必至!

 

小樽駅からも 比較的近く、アクセスも良好♪

100年以上続く 伝統の味は、いったいどんなものなのでしょうか?

 

 

「一福」自慢の手打ちそばを 実食

一福の「もりとかしわ抜き」

もりとかしわ抜き 1170円

昔ながらの お蕎麦屋さん “一福” には、他のお店でありそうな 天丼など ご飯もののメニューはありません。

そのため、ここにきたからには 純粋に “そば” を楽しみましょう♪

 

セット内容

  • もりそば
  • つゆ
  • かしわそばの つゆ(そば抜き)

 

一福のお蕎麦

おそばは全て 真っ白な “更科タイプ”

一福のおそば

喉ごしも良さげなので、ズズ~ッとすすって楽しみましょう♪

お蕎麦は 真っ白な “更科そば” で、香りは ほどほど。

 

tomo.
喉ごしのよい “更科そば” は、食感も まずまず ^^

何より 特徴的なのが、1本1本が長いこと!

音が立つくらい 思いっきりすすると、なんだか より美味しく感じられました♪

 

小樽の お蕎麦屋さんの “つゆ” は 濃いめの辛口が多いそうですが、一福のものも 少し辛口より。

しっかり風味は感じられますが、もしかすると ちょっとしょっぱいと感じる方もいるかも知れません。

 

一福のかしわそばのつゆ

“かしわそば” のつゆ は、そのままいただくも良し、お蕎麦を入れるも良し

一福のかしわそばの鶏肉

プリっプリの鶏肉も美味しい♪

メニュー名の “もりと かしわ抜き” は、「もり(そば)と かしわ(そばの そば)抜き」のこと。

かしわそばの “つゆ” だけが ついてくるので、そのまま楽しむも良し、お蕎麦を入れて楽しむも良し。

 

tomo.
鰹と昆布の効いたつゆで、温かい分 心なしか塩味は弱め

程よい弾力の鶏肉が とても良く合いました ^^

 

とてもサラサラな “そば湯” で割って、最後まで美味しくいただきました♪

 

 スポンサードリンク

 

「一福」の その他のメニュー

一福のメニュー表

冷たいお蕎麦のメニュー

“一福” の その他のメニューは、以下のとおり。

 

メニュー価格(税込)
もりそばS 660円 / M 820円 / L 970円
ざるそばS 760円 / M 920円 / L 1070円
とろろそばS 970円 / L 1170円
なめこおろしそばS 970円 / L 1170円
もりと天ぬきS 1330円 / L 1640円
冷やしたぬきS 970円 / L 1170円
鴨せいろS 1480円 / L 1780円
トッピング価格(税込)
生たまご70円
ゆで卵100円
肉増し200円
わかめ200円
おもち100円
なめこおろし260円
とろろ260円
※ 価格・メニューは変更する場合があります

 

一福のメニュー表

温かいお蕎麦のメニュー

 

メニュー価格(税込)
天ぷらそばS 1070円 / L 1270円
天とじそばS 1220円 / L 1420円
五目そばS 970円 / L 1170円
にしんそばS 1330円 / L 1530円
カレー南蛮そばS 1020円 / L 1220円
かしわそばS 970円 / L 1170円
鍋焼きうどんS 970円 / L 1170円
あんかけそばS 970円 / L 1170円
たぬきそばS 870円 / L 1070円
鍋焼きそばS 970円 / L 1170円
月見そばS 760円 / L 960円
玉子とじそばS 760円 / L 960円
かけそばS 660円 / L 970円
親子そば1120円
※ 価格・メニューは変更する場合があります

 

一福のメニュー表

入口側の壁にも 一部メニューの記載があります

一福のメニュー表

2021年10月の限定そばは “ほたてのかき揚げそば” でした

一福のメニュー表

2021年10月の季節のおそば “とりにくあんたまそば”

その他、入口側の壁にも メニューの記載があります。

今回いただいた “もりと かしわ抜き” も、ここから選びました♪

 

 スポンサードリンク

 

「一福」の 店内の様子

一福の店内の様子

テーブル席と 小上がりが3卓

一福の 席数は、全部で42席。

 

席の種類

  • 4人掛けテーブル席 6卓
  • 6人掛けテーブル席 1卓
  • 4人掛け小上がり席 3卓

 

ランチタイムには 近隣のサラリーマンやご高齢の方々たちで、アッという間に満席を通り越し 待ちまで出る状況‥。

100年以上も続いてきた理由はこれ、小樽市民にどれだけ親しまれてきたのかが 良くわかりました ^^

 

一福のあげ玉・揚げそば

レジ横では、あげ玉・揚げそば の販売も

お水・お茶は セルフサービス。

レジ横には “あげ玉・揚げそば” の 販売もしていました。

 

「一福」への アクセス方法

一福の外観

“一福” に 向かう場合は、“車” か “電車” を利用するのが おすすめ!

JR 小樽駅 からも 十分歩ける距離なので、車を利用しない場合でも アクセスは良好です♪

 

なお 向かいには、無化調で 自然な味わいが自慢の “ラーメン 麻ほろ” が あります。

 

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

“一福” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

小樽駅 から外へでたら、そのまま真っすぐ 海の見える方向へ向かって 進みましょう。

“旧手宮線” の線路跡をすぎたら すぐに右折、少し進むと 左側にお店が見えてくるはずです。

 

「車」を利用して 向かう場合

“一福” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおりです。

 

 

一福の駐車場配置図

駐車場は、店舗向かいに10台分

車で向かう場合 必ず注意してほしいのが、“一福” の前の道路が 一方通行だということ!

なお駐車場は お店の向かいに10台分ありますが、ランチタイムは すぐに満車となってしまうことも 珍しくありません。

 

 スポンサードリンク

 

「一福」の 店舗概要 住所・電話番号は?

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】一福そば店
【住所】北海道小樽市色内1丁目6-8
【電話番号】0134-22-1043
【営業時間】11:00〜15:00、17:00~19:00
【定休日】不定休
【駐車場】あり(店舗向かい10台)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「一福」の 口コミはこちら

 

「一福」まとめ

一福の店舗外観

今回は 小樽市にある “100年以上の歴史” がある 「一福」 をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

喉ごしの良い “更科そば”

長めのお蕎麦なので、思いっきりすすって 美味しくいただきましょう!

 

ポイント

  • 1894年の創業から 約130年ほど続く、実績のあるお店 ^^
  • 一子相伝の味わいで、現在は “四代目” が 腕をふるう
  • 地域に根付いた繁盛店、特にランチタイムは 混雑必至!

 

メニューに ご飯ものはなく、また 天ぷらも “かき揚げ” などしかありません。

純粋に 蕎麦を楽しむお店なのにもかかわらず、地元の人でにぎわうのは それだけ地域に根付いた証 ^^

 

100年以上継承し続けてきた 伝統の味を、小樽の “一福” で楽しんでみてください!!

 

 

その他 小樽のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。