函館牛乳「あいす118」無添加ソフトクリームと牛とのふれあい体験を楽しもう!

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

“北海道らしい” 広い草原や 牧場が広がる風景を 函館で楽しみたい場合、「函館牧場」は おすすめスポットのひとつ。

 

ポイント

  • 函館市郊外にある 牛乳製造工場
  • 併設の “あいす118” では、この牛乳をつかった “無添加のソフトクリーム” が食べられる♪
  • その他 “牛へのエサやり体験” や、工場見学が実施される場合も⁉

 

併設の「あいす118」は、特に休日にもなると たくさんの人がソフトクリームを目当てに車を走らせる 人気スポットのひとつ。

今回は、函館牛乳のソフトクリームの魅力と、“あいす118” について 詳しくご紹介します ^^

 

 

まずは「あいす118」の “ソフトクリーム” を実食!

コーンかカップかを選べます♪

函館牛乳の 新鮮な牛乳を使った、自慢のソフトクリームが こちら!

 

ポイント

  • 新鮮な牛乳と 卵をたっぷり使用した、ほんのり黄色いソフト♪
  • 乳化剤など不使用の “無添加ソフト” で、とても溶けやすいのが特徴的 ^^
  • カップ・コーンから、お好きな方を選びましょう!

 

ミルクのコクが感じられるのは、新鮮な素材を使っている証!

甘さはひかえめで 後味さっぱり、牧場や海まで見える ステキな風景も加わり より美味しく感じられるはずです ^^

 

函館牛乳「あいす118」では コロッケも販売!

函館牛乳「あいす118」で販売されているコロッケ

ソフトクリームの他に 揚げたてのコロッケも食べられます♪

ソフトクリームなどの スイーツメニュー以外にも、コロッケの様な “フードメニュー” も 少しだけ販売しています。

 

フードメニュー

  • 牛乳コロッケ
  • 肉コロッケ
  • チーズコロッケ
  • 牛乳コロッケパン(土日祝数量限定)
  • 肉コロッケパン(土日祝数量限定)
  • 低温殺菌牛乳

 

今回は “土日祝限定” の、「牛乳コロッケパン」を いただきました。

 

牛乳コロッケパン 260円

函館牛乳のオリジナルコロッケが 丸まんま一個挟まった 手軽なパン

大きさも適度で、軽食としてもピッタリな量

函館牛乳をたっぷりと使ったコロッケを パンではさんだ “コロッケパン” は、土日祝日だけの 限定メニュー

 

じゃがいもと 牛乳だけの シンプルなコロッケと、ふんわりとした 軽い食感のパンの組み合わせ

牛乳の甘み・いもの甘み・油のコク がマッチした、とても食べやすい 小ぶりな惣菜パンでした!

 

その他、豚肉入りの「肉コロッケパン」も おすすめです ^^

 

函館牛乳「あいす118」の その他のメニュー

函館牛乳「あいす118」のメニュー一覧

ソフトクリームは “ハーフサイズ” も対応可能

あいす118 の “ソフトクリーム” の種類は、全部で 5種類。

 

▼ ソフトクリームの種類と価格

メニュー価格(税込)
バニラ300円
モカ300円
モカミックス300円
抹茶300円
抹茶ミックス300円
各ハーフサイズ各200円
※ 価格・メニューは変更する場合があります

 

カップ・コーン、それぞれ対応が可能なので、お好みで選びましょう♪

 

函館牛乳「あいす118」の券売機

ソフト・その他 スイーツメニューは、ずべて券売機で精算します

ソフトクリーム以外にも、パフェ・シェイクなども 楽しめます ^^

 

▼ その他のメニューと価格

メニュー価格(税込)
あずきサンデー400円
黒ごまサンデー400円
チョコパフェ450円
いちごパフェ450円
キャラメルモカパフェ450円
バニラシェイク250円
バラエティシェイク(黒ゴマ)270円
バラエティシェイク(いちご)270円
バラエティシェイク(キャラメル)270円
バラエティシェイク(チョコ)270円
※ 価格・メニューは変更する場合があります

 

函館牛乳「あいす118」のコロッケメニュー一覧

コロッケは 全部で3種類

函館牛乳「あいす118」のコロッケパンメニュー

コロッケパンは 2種類のみ

多くはないですが、一部 フードメニューも楽しめます♪

 

▼ コロッケ・コロッケパンの メニューと価格

メニュー価格(税込)
牛乳コロッケ140円
肉コロッケ160円
チーズコロッケ250円
牛乳コロッケパン260円
肉コロッケパン280円
低温殺菌牛乳130円
※ 価格・メニューは変更する場合があります

 

お腹に余裕があれば 工場で生産されている “低温殺菌牛乳” も いただいてみましょう

殺菌方法は “65℃で30分間(⇔ 高温瞬間殺菌 130℃ 1~3秒間)”、生乳の風味・成分が損なわれない 本来の味が楽しめます♪

 

牛乳コロッケに とろけるチーズ “マリボーチーズ” を包んだ「チーズコロッケ」も、人気メニューのひとつです ^^

 

函館牛乳「あいす118」の お店の雰囲気

函館牛乳の店舗外観

駐車場の脇に すぐお店の入口

函館牧場「あいす118」には、ソフトクリームの直売所と ちょっとした売店が併設しています。

 

函館牧場「あいす118」の店内の様子

屋根のある こちらのスペースでも 食べることが可能、奥には券売機

函館牛乳「あいす118」の店内の様子

手前側が コロッケ等のカウンター、奥がソフトクリーム

函館牛乳「あいす118」のお店の前の庭

ソフトは お店の外の 広くて清々しいスペースでいただきましょう

お店の中に イートインスペースは 基本ありませんので、ベンチのある キレイな庭でいただきましょう。

 

芝もキレイに ととのっていて、天気の良い日は とても清々しいスペース!

ただし 日光があたると、もともと溶けやすいソフトが さらに溶けやすくなるので 注意 ^^

 

函館牛乳「あいす118」の売店には いろんなお土産も

函館牛乳「あいす118」の冷凍コロッケ

コロッケは冷凍での販売も

ソフトクリームの カウンターの奥には、売店が併設。

 

函館牛乳で製造された “牛乳” や、冷凍のコロッケ も販売 ^^

函館土産としても有名な お菓子の取扱いも 多少ありました

 

函館牛乳「あいす118」の売店

冷蔵庫には 函館牛乳の “低温殺菌牛乳” も

函館牛乳「あいす118」の ラスク&サブレ

函館牛乳を使った サブレやラスクなども

函館牛乳を 原材料に使った お菓子もたくさん並んでいます♪

 

お菓子一例

  • 函館牛乳ラスク
  • 函館牛乳サブレ
  • 函館牛乳カステラ
  • 函館牛乳キャラメル
  • 函館牛乳バター飴 など

 

函館牛乳 あいす118 にきた記念に、買って帰るのも 良いかも知れません ^^

 

 

函館牛乳「あいす118」の 撮影スポットをご紹介!

函館牛乳の工場と 記念撮影スポット

函館牧場の工場をバックに記念撮影はいかが?

せっかく “函館牛乳” の直売所にきたなら、函館牛乳の工場をバックに 記念撮影はいかがでしょう?

 

現地には かわいい 牛のベンチや、顔はめパネル が設置されています♪

子どもはもちろん、大人も気にせず撮影して SNSなどに アップしてしまいましょう ^^

 

函館牧場の顔はめパネル

かわいい牛の絵が描かれた 顔はめパネル

函館牛乳牧場からみた眺望

牧草地の奥に広がるのは “津軽海峡”!

道路をはさんだ 向こう側に広がるのは、牛の放牧地と 津軽海峡!

美味しいソフトクリームを楽しんだ後は、回りの景色も 気にとめて見てみましょう♪

 

函館牛乳「あいす118」では “牛のエサやり” も楽しめる♪

函館牛乳「あいす118」の牛

牛とのふれあい体験ができるのも 函館牛乳のイイところ!

“函館牛乳” の工場周辺には、牧場が広がっています ^^

 

新鮮な牛乳を提供してくれる 牛さんたちを 間近で眺めることができたり、エサやり体験をすることも可能

生産される環境を知ることで、より 牛乳への理解を深めることができるんです♪

 

函館牛乳牧場の牛舎

駐車場に隣接した ふれあい広場、小屋の中では しっかり手を消毒しましょう

函館牛乳の牛舎

食事の時間には 牛がすぐ目の前に!

函館牛乳の牛のおやつ(牧草)

1つ100円で 牛のおやつ(牧草)が買えます、牛に食べさせてあげましょう

函館牛乳の牛舎の牛

エサを持っていると イヤでも牛が寄ってきます

1つ 100円で 牛のおやつ(牧草)が買えます。

これを見せるだけで、たくさんの牛が寄ってくるはず。

 

バケツごと食べさせてあげても良いですが、チャレンジ精神が旺盛な方は 直接手で食べさせてあげるのもまたひとつ。

牛のよだれで 手がベタベタになりますが、間近で見る 牛の舌と感触は なかなかの迫力ですよ ^^

 

函館牛乳「あいす118」への アクセス方法

“函館牛乳” あいす118 に 向かう場合は、“車” で 向かいましょう。

回りに 牧場や自然が広がるような場所なので、公共の交通機関では ほぼ行けないと思っておいて間違いありません。

 

「車」を利用して 向かう場合

函館牛乳の駐車場

広い駐車場が完備されていて、奥の突き当りには キレイなトイレも

“函館牛乳 あいす118” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

近くにある “函館空港” を目指すと わかりやすいと思います。

詳しい場所は、上のリンクから 地図を開いて確認しましょう。

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

函館牛乳あいす118の駐車場入り口

駐車場の入口には 大きな看板が

“函館牛乳 あいす118” へ 行くことができる、定期運行の 交通機関はありません。

ただし “函館定期観光バス” の “午前コース・一日コース” には、函館牛乳 あいす118 が含まれていることに注目!

 

  • 午前コース
    ・ルート(五稜郭公園 ⇒ トラピスチヌ修道院 ⇒ あいす118)
    ・料金 大人:2800円、子ども:1600円

    ・期間:4/1~9/30(目安)
  • 一日コース
    ・ルート(五稜郭公園 ⇒ トラピスチヌ修道院 ⇒ あいす118 ⇒ 函館朝市 ⇒ 摩周丸 ⇒ 元町教会群 ⇒ 外国人墓地 ⇒ 金森赤レンガ倉庫群)
    ・料金 昼食付 大人:6800円、子ども:4900円
       料金 昼食無 大人:5000円、子ども:3100円
    ・期間:4/1~9/30(目安)

⇒ 北都交通 公式HPへ 

 

“1ヶ所だけ 回って帰る” という訳にはいかないので、利用するには 少しハードルが高め。

やはり 車、もしくは レンタカー・タクシーの利用をおすすめします。

 

函館牛乳「あいす118」の 住所・電話番号、その他 店舗概要

函館牛乳「あいす118」の入口

店舗入り口は 駐車場のすぐ横

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】函館牛乳 あいす118
【住所】北海道函館市中野町118
【電話番号】0138-58-4460
【営業時間】10:00~17:00(4~6月、9~11月)、10:00~17:30(7~8月)
【定休日】12~3月(冬季休業)
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパ-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「函館牛乳 あいす118」の 口コミ

 

函館牛乳「あいす118」まとめ

函館牛乳の牛舎の牛

牛乳を提供してくれる 牛さんたちに感謝!

今回は 函館で食べる最高のソフトクリーム、「函館牧場 あいす118」 をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

函館牧場の 新鮮な牛乳を使ったソフトクリームは絶品!

最高のシチュエーションで いただきましょう♪

 

ポイント

  • 函館市郊外にある 牛乳製造工場
  • 併設の “あいす118” では、この牛乳をつかった “無添加のソフトクリーム” が食べられる♪
  • その他 “牛へのエサやり体験” や、工場見学が実施される場合も⁉

 

函館空港から とても近いので、時折 上空を飛ぶ 飛行機が見えるのも また良い雰囲気!

あまり酪農のイメージが強くはない函館ですが、最高のソフトクリームに出会うことができました♪

 

 

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。