富良野グルメ

【徹底解説】富良野おすすめグルメ&スイーツ 計7選!ランチからカフェまで

 

高井なお
こんにちは!北海道を4000軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なお です♪

どーも、その夫 兼 運転手で ドライブ狂の “tomo.” です ^^

tomo.

 

北海道の中心にあり “北の国から” で一躍有名となった町「富良野市」で、ご当地グルメを楽しもう!

“ふらのオムカレー” や “ふらのバーガー” など ご当地グルメも豊富で、チーズ・ワイン も 有名な町♪

 

今回は、そんな「富良野市」の グルメに注目!

おすすめのカフェやスイーツなども、詳しくご紹介していきます♪

 

 

おすすめ「富良野グルメ」3選

おすすめグルメ ①:唯我独尊

唯我独尊のオムカレー

1皿で すべてが楽しめる オム+ソーセージカレー

富良野市街にある 大人気のカレー屋さん「唯我独尊」。

 

ポイント

  1. 富良野産の “ごはん・小麦粉・野菜など” を使った 地産地消のカレー
  2. 欧風カレーの様な “コク深さ” と “スパイシーさ” が強めの 大人向けのカレー
  3. カレーの “ルー” が 何度でも おかわり無料!

 

富良野まで行って わざわざカレー (´Д`)、と 思うなかれ。

行列のできる大人気店で、食べる価値ある一皿です ^^

 

唯我独尊のカレー(食べかけ)

ごはんに対して ルーが足りない そんなときには…

唯我独尊のカレールーをおかわりしたお皿

‥合言葉をいうと、ルーのおかわりができます⁉

唯我独尊の1階店内

1階には テーブル席3卓 と 調理カウンター、2階席も

唯我独尊の店舗外観

手前の席がテラス席、奥が店舗入り口

特に おすすめのメニューは、富良野のご当地グルメ「富良野オムカレー」!

 

tomo.
欧風カレーのような コク深さがありつつ、サラッとしたルーで 甘さはほんのり♪

あとから追いかけてくる スパイスの刺激が結構強めなので、子どもには ちょっと辛すぎるかも?

 

お皿に ごはんが残っていれば、何度でも ルーのおかわりが無料⁉

カウンターで 合言葉 “ルールルル♪” と 伝えると、 継ぎ足してくれますよ♪

 

 

店舗情報
【店名】 唯我独尊(ゆいがどくそん)
【住所】 北海道富良野市日の出町11-8
【電話番号】 0167-23-4784
【営業時間】 11:00~21:00
【定休日】 月曜
【駐車場】 あり(無料 10台)
【キャッシュレス決済】 -
【公式サイト】 公式HP
【外部サイト】 -
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「唯我独尊」の 口コミ

 

おすすめグルメ ②:石窯パン アイム

森のパン屋 アイム 焼きたて食パン

こんがり焼けた皮目が、特に たまらない♪

富良野の森にひっそりたたずむ 絶品 “パン屋さん”「石窯パン アイム」!

このためだけに 富良野まで来る 価値のあるお店です ◎

 

ポイント

  1. 富良野に来たら ぜひ立ち寄りたい、絶品 “パン” の お店♪
  2. レンガ造りの “石窯焼き” で、熱源は “薪” ⁉
  3. 特に 焼きたて時の “香ばしさ” は ハンパない ^^

 

森のパン屋アイム 店内の様子

焼きたてのパンが並ぶ 午前中は、店中に香ばしい香りが!

森のパン屋アイム 石窯

ドアの奥には 高温の石窯があり、中は とても暑い‥

森のパン屋 アイム/富良野市

お店があるのは、こ~んな 森の道を進んだ先

特に おすすめなのは、皮目のこんがり感が秀逸な “山食” !!

石窯焼きだからこそできる 強烈な香ばしさは、一度食べたら やみつきになること間違いなし!

 

高井なお
もちろん、その他のパンも どれも美味しい♪

‥ただし 日をまたぐと 香ばしさが半減するので、当日中に食べきるのがベスト ^^

 

早ければ 午前中に売り切れることも珍しくない人気店!

確実に買いたい場合は、できるだけ早く向かうことを おすすめします ^^

 

 

店舗情報
【店名】 石窯パン アイム
【住所】 北海道富良野市下御料2172-2
【電話番号】 0167-22-0147
【営業時間】 10:00~日没
【定休日】 不定休
【駐車場】 あり
【キャッシュレス決済】 -
【公式サイト】 -
【外部サイト】 ホットペッパー(予約可)
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「アイム」の 口コミ

 

おすすめグルメ ③:カフェ ノラ

カフェノラ 無水カレー

野菜たっぷりの “無水カレー”♪

次は、築70年以上の 古民家を改装した “ギャラリーカフェ”「カフェ ノラ」♪

 

ポイント

  1. 陶芸ギャラリー に カフェを併設した “ギャラリー&カフェ”♪
  2. 自家栽培や 近隣農家産から取り寄せた “富良野産” の 新鮮野菜を ふんだんに使用 ^^
  3. 優しい味わいのカレー や、自家製パン(土日月限定)を 販売!

 

カフェノラ スープカレー

野菜の甘さが際立つ 自然な味わいの “スープカレー”

カフェノラ 店内の様子

小上がり・テーブル席など、古民家もバツグンの雰囲気 ◎

カフェノラ 店舗外観

内観だけでなく、外観も 味のある “古民家”

カフェノラ は 旅人さんを応援していて、ライダーさん・チャリダーさん 大歓迎!

また カフェで使用する器は 併設する 陶芸ギャラリー “野良窯” 作製された、オリジナルのもの ^^

 

tomo.
ランチのメインは、自然で優しい味わいの カレーが中心 ^^

新鮮で 安全で 美味しい、地物野菜を ふんだんに使った 料理が食べられます♪

 

なお 地物野菜が取れない冬季間は、店舗休業となります。

 

 

店舗情報
【店名】 カフェ・ノラ
【住所】 北海道富良野市下五区
【電話番号】 0167-22-8929
【営業時間】 [4~  6月] 平日 9:00~14:30・土日 9:00~18:00
[7~10月] 9:00~18:00(土曜のみ 23:00までの 場合あり)
[3・11月] 10:00~20:00(土日のみ営業)
【定休日】 水曜・木曜、12~2月 冬季休業
【駐車場】 あり(店舗前)
【キャッシュレス決済】 -
【公式サイト】 公式HP
【外部サイト】 -
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「カフェ・ノラ」の 口コミ

 

 スポンサードリンク

 

おすすめ「富良野スイーツ」4選

おすすめスイーツ ①:カンパーナ六花亭

目の前にぶどう畑が広がる「カンパーナ六花亭」のテラス席

天気がいい日は、テラス席で ぶどう畑をみながら♡

富良野観光や ドライブの際に ぜひ立ち寄ってほしいスポットといえば、「カンパーナ六花亭」は 外せません ^^

 

ポイント

  1. 2万4千坪もの丘陵地に広がる “ぶどう畑” の中に建つ 最高のロケーション!
  2. “ランチ・スイーツ・おみやげ購入” が ここだけで完結♪
  3. ここでしか食べられない “限定スイーツ” 全3種 に注目 ^^

 

全 六花亭の中で、一番ロケーションが良いお店がここなんです!

 

六花亭のぶどうソフトを手に持っている様子

限定スイーツ ①「ぶどうソフト」

青えんどう豆のあんでつつまれた「富良野あんころ」の断面

限定スイーツ ②「富良野あんころ」断面

富良野にある「カンパーナ六花亭」の外観

建物も かなりステキなデザイン♪

注目すべきは、ここでしか食べられない 限定のスイーツ♪

富良野産の ぶどう果汁をつかった “限定のソフトクリーム” や、富良野産 青えんどう豆で つくられた “富良野あんころ” などは 必食です ^^

 

高井なお
テラス席からの 眺めが素晴らしく、ついつい長居したくなるくらい!

その他 定番の “おこわ” や “ハヤシライス” など、食事メニュー も 楽しめます♪

 

 

店舗情報
【店名】 カンパーナ六花亭
【住所】 北海道富良野市清水山
【電話番号】 0167-39-0006
【営業時間】 店舗/10:30~17:00
喫茶室/10:30~17:00(LO16:00)
【定休日】 不定休・冬季休業あり
【駐車場】 あり(約200台・バイク専用駐輪スペースあり)
【キャッシュレス決済】 各カード可
【公式サイト】 公式HP / Instagram
【外部サイト】 -
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「カンパーナ六花亭」の 口コミ

 

おすすめスイーツ ②:菓子工房フラノデリス

フラノデリス ドゥーブルフロマージュ・ふらの牛乳プリン

代表的な “ドゥーブルフロマージュ” と “ふらの牛乳プリン”♪

純粋にスイーツを楽しみたい場合、さけて通れないお店が「菓子工房フラノデリス」^^

 

ポイント

  1. 2001年 オープン! 現在地には 2004年に 現在地に移転 ^^
  2. 併設のカフェスペースでは イートインも可能!
  3. 実は 大人気のケーキ “ドゥーブルフロマージュ” の 発祥店♪

 

小樽の洋菓子店 “LeTAO” で 人気の “ドゥーブルフロマージュ”。

実は このケーキを初めに考案したのは、フラノデリス の 藤田シェフ なんです⁉

 

フラノデリス イートインスペース

店舗奥の イートインスペースは、開放感バツグン!

フラノデリス テラス席

晴れた日は テラスで! 景色も開放感も ◎ ^^

フラノデリス 店舗外観

駐車場からは 階段をちょっと上ります

ドゥーブルフロマージュ は、2層からなる “チーズケーキ”。

下層の “ベイクドチーズ”・上層の “マスカルポーネ” が、それぞれの味を引き立てます ^^

 

tomo.
濃すぎず 角のたたない、クリーミーな 2層のチーズが ◎!

低温殺菌・ノンホモ の 富良野産牛乳を使った “ふらの牛乳プリン” も、おすすめです ^^

 

ルタオ の ドゥーブルと大きく違うのは、チーズが 外国産か 国産か という点。

ちなみに フラノデリス では、“北海道産” の クリームチーズ・マスカルポーネ を使用しています ^^ 

 

店舗情報
【店名】 フラノデリス
【住所】 北海道富良野市字下御料2156
【電話番号】 0167-22-8005
【営業時間】 10:00~18:00
【定休日】 月曜・火曜(祭日・1日は営業)
【駐車場】 あり
【キャッシュレス決済】 各カード可
【公式サイト】 公式HP / Instagram / facebook
【外部サイト】 ホットペッパー
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「フラノデリス」の 口コミ

 

おすすめスイーツ ③:ハウス フォン フラウ クロサワ

クロサワ クリスピーバウムクーヘン

見た目が もう バウムクーヘンっぽくない⁉

「ハウス フォン フラウ クロサワ」の 看板商品は、食感が楽しい “クリスピーバウムクーヘン”!

 

ポイント

  1. ザクザク・凸凹 の、バウムクーヘンらしからぬ 激しい見た目⁉
  2. 外側は カリッ・内側は モッチリ、ことなる 2つの食感が楽しめる♪
  3. 北海道産発酵バター・アーモンドの風味が豊か ^^

 

クロサワ クリスピーバウムクーヘン

ホールサイズも あれば、手ごろな スティックタイプも

クロサワ本店 店舗外観

お店があるのは フラノマルシェの真向い

他のバウムクーヘンと ことなる点は、見た目の珍しさと 独特の食感♪

自分で食べるのも イイですが、お土産にもピッタリです!

 

tomo.
食べる前に “トースター” で 温めると、カリッとした食感が復活!

特に 味よりも食感を重視する場合、これ以上の バウムクーヘンは なかなか見当たりません♪

 

店舗情報
【店名】 手作りバウムクーヘン専門店 ハウス フォン フラウ クロサワ
【住所】 北海道富良野市末広町8-1
【電話番号】 0167-56-7508
【営業時間】 [1~5月・10~12月] 10:00~18:00
[6月~9月] 10:00~20:00
【定休日】 水曜(6~9月は無休)
【駐車場】 あり
【キャッシュレス決済】 各カード可
【公式サイト】 公式HP / Instagram / facebook
【外部サイト】 -
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「クロサワ」の 口コミ

 

おすすめスイーツ ④:フラノマルシェ

ふらのマルシェ ラブベリーのスムージー

富良野産メロンを使った期間限定スムージー(ラブベリー)

地元のおいしい食材を通じて 街の魅力を発信する施設「フラノマルシェ」。

 

ポイント

  1. 富良野の “お土産・農産物直売所” などが 一堂に会する 商業施設!
  2. ハンバーガー・おにぎり・スイーツなどの “テイクアウトグルメ” も たくさん!
  3. 駐車場も広く、ドライブ途中に立ち寄るのに ベスト ^^

 

フラノマルシェ ラブベリーの外観

スムージーの店 “ラブベリー” 外観

富良野マルシェ 物産センターアルジャン外観

富良野物産センター “アルジャン” では 約2000アイテムが勢ぞろい!

フラノマルシェ

晴れている日は 外で食べるのが おすすめ!

お土産や 地物野菜など、地域の特産品が数多く並ぶ 商業施設。

もちろん地元のグルメも充実していて、主に 手軽な軽食を中心に楽しめます♪

 

tomo.
ソフトクリーム・ジェラート・カフェなどの 飲食施設があり、ドライブ途中の休憩にもピッタリ ^^

イートインスペース は ほぼ共用なので、各々 違う商品が楽しめるのも ◎♪

 

店舗情報
【店名】 フラノマルシェ
【住所】 北海道富良野市幸町13-1
【電話番号】 0167-22-1001
【営業時間】 10:00~19:00(夏季)、10:00~18:00(冬季)
【定休日】 年末年始(12/31・1/1)
【駐車場】 あり
【キャッシュレス決済】 各カード可
【公式サイト】 公式HP / Instagram / facebook / twitter
【外部サイト】 -
【地図を表示】 グーグルマップはこちら

⇒「フラノマルシェ」の 口コミ

 

 スポンサードリンク

 

「富良野 おすすめグルメ&スイーツ」まとめ

 

今回は 富良野エリア の グルメ・スイーツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

“ふらのオムカレー” や “ふらのバーガー” など ご当地グルメも豊富な街「富良野市」。

一度の訪問で食べつくすのは不可能なので、何度も訪問して ぜひ全品制覇してみてくださいね♪

 

 

近くのスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。