旭川「旅篭」で厳選素材の炉端焼き!肉・魚はもちろん、お刺身までどれもおいしい♪

 

tomo.
どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

旭川の “5.7小路 ふらりーと” で、わたしが選ぶ 最良のお店が「旅篭(はたご)」♪

 

ポイント

  1. 旭川の老舗が集う小路 “5・7ふらりーと” にある、炉端焼きの人気店♪
  2. 北海道の “旬の味覚の炙り焼き” や 厳選された “旬のお造り” が 自慢!
  3. とってもレトロで 渡り廊下などもある ちょっと変わった造りの店内が、また魅力的 ^^

 

どの料理も すごくおいしくて、お酒の種類も とっても豊富♪

“ふらりーと” の中でも 一・二を争う人気店なので、予約なしでは まず入る事はできないでしょう ^^;

 

tomo.
たくさん食べたつもりでしたが、意外とリーズナブルだったこともビックリ!

このレベルの料理が この価格なら、そりゃ混むのも納得です♪

 

お店を予約する

“ホットペッパー” へ移動

 

 

旅篭 の「炉端焼き・お造りなど」を 実食!

メニュー ①:炉端焼き

旭川 旅篭 利尻産真ほっけ開き炭火焼き

「利尻産真ほっけ開き炭火焼き 1078円」

旭川 旅篭 利尻産真ほっけ開き炭火焼き

肉厚でプリップリ! 北海道でも贅沢な 大型サイズ!

旅篭のメニュー数は、とっても豊富♪

中でも 特に食べるべき料理といえば、メイン料理の “炉端焼き”!

 

旅篭の炉端焼き

  • 旬の素材を使った “炙り焼き” が自慢♪
  • とっても豪快! なのに 驚くほどリーズナブル!
  • 北海道産をはじめとした、全国の厳選素材が楽しめる ^^

 

特に、内容の割にリーズナブルな点は 見過ごせないところ。

ホッケひとつとっても、他店だと 少なくとも 1500円はしそうな大きさのものでした ^^

 

旭川 旅篭 イカの姿焼き

「道産 いかの姿焼き ゴロ味噌だれ 825円」

旭川 旅篭 イカゴロ焼き

唐辛子がピリリと辛い ゴロ入りの味噌が、濃厚でコク旨♪

利尻産の “ホッケ” は 大型で、食べごたえもバツグン!

イカゴロ入りの “イカの姿焼き” は とっても濃厚でコク深く、イカゴロの臭みも 一切なし ^^

 

tomo.
イカもホッケも 大型のもので、家庭の食卓にはまず並ばないであろう 超肉厚のもの ☑

炭火の直火で炙っているので とっても香ばしく、お腹いっぱいでも ついつい食べられちゃいます ^^

 

旭川 旅篭 炭焼きおにぎり うに醤油

「炭焼きおにぎり うに醤油 495円」

旭川 旅篭 炭焼きおにぎり うに醤油

焦げすぎない 適度な火加減は 正にプロの技♪

〆にピッタリなのが “焼きおにぎり” で、中はアツアツ・表面はカリカリのおこげ♪

“山わさび醤油・八丁味噌・うに醤油” の 3種類があるので、お好みでいただいてしまいましょう!

 

メニュー ②:お造り

旭川 旅篭 お造り盛り合わせ

この日のおすすめ「お造り盛り合わせ 二~三人前 2630円」

炉端のお店なのに、しっかりと “お造り” も おいしいのが 旅篭 ^^

この日のお造りは、以下の全7品。

 

この日のお造り

  • ムラサキウニ・タイ・ホタテ・サーモン・本マグロ・ブリ・タコ頭
  • ※ 内容は その時々で変わります

 

旭川 旅篭 お造り

ウニはミョウバンで固めていないので、純粋な甘さが楽しめる♪

旭川 旅篭 お造り

本マグロは、まるで 中トロの様な脂の乗り方 ^^

旭川は 海に面していませんが、実は以外と 寿司・お刺身もおいしい町♪

地元の方にうかがったところ、道東・オホーツクなどと 札幌の ほぼ中継地点だけあって イイ素材がそろうのだそう!

 

tomo.
脂の乗り方が とっても最高だったのが “本マグロ” で、見た目は赤身なのに 口の中では中トロに早変わり!

夏が旬の北海道のウニは とっても甘く、ミョウバン不使用なので 変な苦味もなし ☑

 

メニュー ③:その他の料理

旭川 旅篭 お通しのところてん

お通しの「ところてん」も しっかりおいしい奴!

お通しの「ところてん」は、固めで ハリのあるタイプ。

しっかりと噛みしめても、ツルっとした喉ごしを楽しんでも、どちらでもおいしい ^^

 

旭川 旅篭 旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ

「旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ 880円」

旭川 旅篭 旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ

とっても喉ごしのイイ “胡麻そば” が これまたウマい!

おすすめは お店のイチ押しでもある「旅篭風 胡麻そばとかき揚げのサラダ」。

チュルンと喉ごしの良い 胡麻そばの上には、まだほんのり温かい出来たての “かき揚げ” や イカ・桜エビ・大葉・レタスなどの具材がたっぷり!

 

tomo.
かき揚げの “カリッ&サクっ” とした食感が凄くおいしく、つゆに浸すと コク深い “たぬきそば” に大変身!

野菜が多いから とってもヘルシー♪ イカや桜エビの風味や食感で 途中味に変化が生まれ、最後までおいしい ^^

 

メニュー ④:ドリンク

旭川 旅篭 ビール・烏龍茶

ネーム入りのグラスで乾杯!

生ビールは “サントリー プレミアムモルツ”。

その他 日本酒・焼酎・サワーなど、一通りがそろっています ^^

 

旭川 旅篭 焼酎ロック

焼酎「黒伊佐錦 495円」

その他、日本酒・焼酎が充実!

旭川には “男山・高砂・合同酒精” と 酒蔵が3つもそろっているので、通の方なら ぜひ日本酒を楽しんでみてください ^^

 

 スポンサードリンク

 

旅篭 の「メニュー一覧」

旅篭のメニュー表

まずは 本日のおすすめからチェック ☑

旅篭で食べられるのは、北海道の新鮮な 海の幸や山の幸 ^^

 

tomo.
その他の レギュラーメニューは、下の表で 確認しましょう♪

※ 2022年 8月現在の メニューと価格です

 

▼ 2022年8月現在の メニュー一覧

 

ちなみに、今回わたしが注文したものの中に ハズレは一切なし♪

他のメニューも おいしい物ばっかりなはずなので、お酒が進むのも 間違いないでしょう ^^

 

 スポンサードリンク

 

旅篭 の「店内の様子」

旭川 旅篭 店内の様子

1階には 調理場を囲む カウンター席

“旅篭” の店内は 全部で 54席程。

1階は カウンター席、2階には 小上がりがあり、最大18人ほどの宴会にも対応しています。

 

tomo.
今回は事前予約の上で 平日オープン直後の 17:30 にうかがいましたが、開店直後から お客さんがドンドンやってきて 30分くらいでほぼ満席⁉

確実に食べたいなら、事前予約は必須です!

 

旭川 旅篭 店内の様子

2階へ続く階段は ちょっと急‥。古民家的な造りが ◎!

旭川 旅篭 1階カウンター席

2階から見下ろした 1階カウンター席。焼き台もあって 雰囲気はバツグン!

旭川 旅篭 満席のお知らせ

平日でも混雑する店なので、事前予約が無難です

店内は ちょっとうす暗く、レトロな雰囲気が バツグンにイイ!

炭焼き台を囲むように設けられた 1階 カウンター席では、目の前で焼く様子をながめることができ 臨場感がバツグン♪ 急な階段をのぼった 2階には 小あがりがあり、比較的 ゆっくりと楽しむことができました ^^

 

旭川 旅篭 吉田類のサイン

お店の壁には “吉田類” さんの サインも♪

 

旅篭 の「予約・受付方法」

旅篭 を 予約する場合、“電話” もしくは “ホットペッパー” からの ネット予約 が 可能。

 

予約方法

  • 【ネット予約】
    ホットペッパー の 店舗ページ から 予約可能
  • 【電話予約】
    ・0166-22-5321

 

特に便利なのは “ホットペッパー” などの 予約サイト で、あらかじめ必要事項を登録しておけば 余計な作業は不要♪

たびたび使うことも多いと思うので、面倒な作業は 先に済ませておくのが無難でしょう。

 

お店を予約する

“ホットペッパー” へ移動

 

 スポンサードリンク

 

旅篭 の「アクセス方法」

旅篭 店舗外観

旅篭は 5.7ふらりーとの 北側にあるお店

“旅篭” があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の北側。

もちろん専用の駐車場はありませんので、“電車” か “バス” を利用して向かうのが おすすめです ^^

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

ふらりーと 旭川 外観

“ぎんねこ” や “よしや”、ラーメンの “蜂屋” などが 店を連ねる 味のある通り

“旅篭” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

⇒「旭川電気軌道」公式HP へ

 

中心部にさえいれば、どこからでも 十分に徒歩で向かえる距離。

旭川駅からでも 買い物公園などを散策しながら向かうと アッという間に到着するし、対象となるバス路線も とっても豊富です♪

 

「車」を利用して 向かう場合

旭川 フラリート 外観

小路の中も 歩いてみると 新しい発見があるかも?

“旅篭” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

注意してほしいのが、専用駐車場が 設けられていないこと。

車で向かう場合は、店舗周辺にある “時間貸し駐車場” の利用を検討しましょう ^^

 

旅篭 の「店舗概要」住所・電話番号

旅篭 店舗外観

白い暖簾をくぐって 店内へ

旅篭 があるのは、歴史ある飲食店が立ち並ぶ “5.7小路 ふらりーと” の中。

詳細な住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】旅篭(はたご)
【住所】北海道旭川市5条通7丁目
【電話番号】0166-22-5321
【営業時間】17:30~23:00(L.O 22:30)
【定休日】日曜(月曜祝日の場合は月曜)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP / Instagram
【外部サイト】ホットペッパー(予約可)
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「旅篭」の 口コミ

 

旅篭 まとめ

旅篭 店舗看板

繰り返しますが、旭川の “5.7小路 ふらりーと” で わたしが選ぶ 最良のお店が「旅篭(はたご)」♪

 

ポイント

  • 旭川の老舗が集う小路 “5・7ふらりーと” にある、炉端焼きの人気店♪
  • 北海道の “旬の味覚の炙り焼き” や 厳選された “旬のお造り” が 自慢!
  • とってもレトロで 渡り廊下などもある ちょっと変わった造りの店内が、また魅力的 ^^

 

とにかく人気のお店で、予約は必須!

しっかりおいしく ボリュームもあるのに とっても安いのが魅力的なので、ここぞとばかりに お腹いっぱいいただいてしまいましょう ^^

 

tomo.
旅篭なら、旭川の夜が ステキになること間違いなし ☑

ラーメン・新子焼きも良いですが、機会があれば 旅篭の炉端焼きも ぜひ味わってみてくださいね♪

 

お店を予約する

“ホットペッパー” へ移動

 

 

その他 旭川のお店をチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。