板門店/北見市/ソウルフード”北見焼肉”と絶対食べるべき〆の”目丼”!

2019-05-02

   

 

どーも、tomo.(⇒ プロフィール)です

 

さて突然ですが、北海道道東にある町「北見市」の ”ソウルフード” と聞いてパッと思いつくのは何でしょう?

‥そうです 「焼肉」です!

北見市内にある焼肉店の数は ”70店” を越え、人口当たりの焼肉店数は 何と "道内一"!焼肉店を1日に何軒もはしごする ”つわもの” が多数現れるほど、焼肉文化が浸透している町です。

 

そんな北見市の焼肉文化を体験するために、今回向かったのは「板門店」さん

お肉の美味しさもさることながら、北見市民が〆に食べる鉄板メニュー「目丼」からも目が離せません!

地元の食文化を体感するにはうってつけな一店、早速ご紹介します。

 

北見駅から ”板門店” へのアクセス方法を確認しよう

板門店さんの外観

 

”JR北見駅” から ”板門店” へ「徒歩」で向かう場合、約11分かかります。

JR北見駅を出て ”国道39号線” を ”左折” 。”コミュニティプラザ パラボ” を過ぎ交差点を右折すると ”銀座(GINZA)通” のアーチが見えるので、銀座通を信号機5台分進んで繁華街に向かって下さい。広場のある交差点にでたら、一番太い道路に沿って真っすぐ進みます。少々入り組んでいるので ”AXISビル” の屋上看板を目印にすると分かりやすいかも。そのまま直進すると ”板門店” さんに到着です。

 

板門店

【住 所】 北海道北見市北7条西4丁目
【電話番号】 0157-24-2626
【営業時間】 18:30〜04:00
【定休日】 不定休
【駐車場】 無し
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる

 

北見焼肉といえばやっぱりホルモン。鮮度バツグンでリーズナブルなお肉の数々!

牛サガリ 750円豚ホルモン 350円

牛サガリ 750円

豚ホルモン 350円

 

北見市で焼肉文化が広がったのは、かつてJR ”北見駅” の裏側にあったという家畜処理場がきっかけ。

常に安くて新鮮なお肉が流通しやすい環境があったため、文化として根付いていった様です。

特に「牛サガリ」と「豚ホルモン」が北見焼肉の二大メニューとして定着しています!

 

最初にいただいたのは、この ”牛サガリ” と ”豚ホルモン”。

まず驚いたのは、なんといっても値段が安いこと!

この値段でこのボリュームにはなかなか出会えません!

 

 

お肉に下味はついていないので、卓上の塩コショウで味を調整。

北見流は、焼きながら 塩コショウ を振るのではなく、塩コショウをまぶしてから焼くとのこと。

玉ねぎがたっぷりと入った ”生ダレ” もありますので、好みの味でいただきましょう!

 

ホルモンは薄いタイプのもの。鮮度バツグンで特有の臭みはまったく感じません。

このクオリティで350円って‥、北見焼肉 そりゃ流行るわ!

 

肉質柔らかな牛サガリも美味いの一言!

サガリは横隔膜の一部で分類上はホルモンですが、へたな赤身肉より柔らかくてジューシー。

本日のナンバーワンはこれ!

 

豚サガリ 500円豚レバー 350円

豚サガリ 500円

豚レバー 350円

 

次は同じサガリでも牛ではなく「豚サガリ」

やっぱり盛りの良さはお値段以上です。

 

量よりも見ためにビックリだったのは「豚レバー」

少し白っぽさが感じられるビジュアルからは、下処理の丁寧さと鮮度の良さがうかがえます。

 

豚サガリと豚レバーを焼いていきます

 

牛サガリよりかは柔らかさの劣る豚サガリ。その分、適度な弾力が歯を通して伝わってきます。

ホルモン好きにはこちらの方が好まれるのではないかと。

 

レバーからは全くといっていいほど臭みが感じられませんでした!

苦手な人がダメだとされる血生臭い鉄の様な味や、舌にまとわりつくボソボソ感は皆無。

見ためから美味しそうでしたが、食べたら更に満足度がUP↑です!

 

こぶくろ 400円豚タン 450円

こぶくろ 400円

豚タン 450円

 

「豚タン」「こぶくろ」

”こぶくろ” は子宮のこと。

普段注文することは少ない部位ですが、せっかく北見に来たのだから、最後までホルモンです!

 

 

こぶくろ豚タンも食感の良い部位。

コリッコリだったりサックサクだったりと、色々とバリエーションが豊かです!

 

そして焼肉には生ビールがピッタリ!

板門店さんでは「サッポロクラシック」がいただけます。

なおビールにこだわらない方は、瓶ビールがおススメ。

瓶ビールは各銘柄が揃っているので、好きなビールで焼肉を楽しむことができますよ~!

 

焼肉の〆に。みんなが頼む人気メニュー「目丼」!

目丼(普通) 350円

 

板門店さんにきたら必ず食べて欲しいメニュー。

それがこの「目丼」!

 

〆のラーメン、〆のお茶漬け、札幌では〆パフェもブームですが、ここ北見市では板門店さんの「目丼」も〆に大人気です。

ご飯の上には少し崩れたビジュアルの目玉焼き。上からは青のりがかかっています。

焼肉のタレがベースの味付けで、ひと口食べると箸が止まらなくなるくらいの中毒性。

大人気なのも納得の一杯です!

 

早朝4:00まで営業しているそうなので、北見市での酒の〆は板門店で決まりです!

 

煙モクモクな店内の様子とメニュー表

 

店内は、コの字型のカウンター席と、L字型の座敷席。

炭が入った七厘が運ばれ、各テーブルごとにお肉を焼いていきます。

 

換気ダクトなどは走ってなく、動いているのは換気扇のみ。

そのため常に店内は煙でもくもくですが、それも醍醐味の一つ!

大きな袋を用意してくれてますので、コートなどは事前に袋の中に避難させておきましょう!

 

 

メニューの大半が豚ホルモン。

そのほとんどが500円以下とリーズナブル!

この日の会計は2人で5,000円を切るくらいでした。(ドリンク3杯含む)

 

この値段で美味しい焼肉が食べられるのなら、通ってしまうのも納得です。

 

とても人柄の良い板門店の店主さんと一緒に

店主「阪本」さん & グルメライター 「高井なお」さん

 

板門店店主「阪本」さん。

見たとおりで、とても良い人柄の店主さんでした。

当サイトで紹介させていただきたい旨を伝えたところ、快諾していただき、お孫さんとの3ショットまでいただきました。

 

家族経営でみんな仲も良さそう。

娘さんやお孫さんたちと肩ひじ張らずに楽しく仕事をしているのが見て取れました。

 

さいごに

 

北見焼肉の人気店「板門店」さん。

焼肉店はたくさんありますが、その中でも北見焼肉を語る上では外せない一店でした。

 

後継者も決まっているそうで、これからも末永く続いていくのは必至。

北見で焼肉を食べる機会があれば、板門店さんへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

北見での夜はこちらもおススメ!

関連記事:オホーツクビアファクトリー/北見市/日本初のビール製造免許を取得!本格的地ビールを楽しめるビアホール!

 

板門店

【住 所】 北海道北見市北7条西4丁目
【電話番号】 0157-24-2626
【営業時間】 18:30〜04:00
【定休日】 不定休
【駐車場】 無し
CHECK!ホットペッパーで店舗情報を見てみる





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.