【完全版】札幌グルメおすすめ32選!ご当地・B級グルメ、北海道のメニューが勢揃い

2021-08-04

   

 

札幌に行くなら 美味しい “グルメ” を楽しみたい♪
ジンギスカン・ラーメン・海鮮丼…、どれも最高!
地元の人が好きな ご当地グルメも知りたいな~ ^^

 

この記事に 札幌グルメのすべてが詰まってます!

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

"北海道で 楽しみたいもの” の No.1 といえば もちろん「グルメ」

新鮮な 海の幸・山の幸はもちろん、北海道発のオリジナルグルメや、今や全国区となったメジャーな料理まで、ラインナップが豊富にそろっています。

 

この記事でわかること

札幌で食べてほしい 北海道グルメの数々

  • スープカレーや ジンギスカンなどのご当地グルメ
  • お寿司や 海鮮丼などの 名物グルメ
  • シメパフェや ちくわぱんの様な B級グルメ など
合わせて 札幌で買える

お土産まとめ 完全版” も どうぞ♪

 

札幌滞在中の食事の回数は 限られていますが、じっくりと吟味して 満足いくものにしてくださいね!

 

札幌 おすすめグルメ ①:味噌ラーメン

味噌ラーメンの元祖 ”味の三平” の味噌ラーメン

味噌ラーメンの元祖 ”味の三平” の味噌ラーメン

札幌は ”味噌ラーメン” の発祥の地。

 

有名店の数々

  • 味の三平
    味噌ラーメンの 発祥店(大通エリア)
  • すみれ
    札幌味噌ラーメンを 一躍有名にした立役者(すすきのエリア)
  • 彩未
    数々のラーメンランキングで1位を取った 行列のできる実力店(豊平区 美園)
  • 吉山商店
    札幌味噌ラーメンのスタンダード的な人気店(大通エリア)

 

味噌ラーメンの考案者は、”味の三平” の初代店主「大宮守人」さん

戦後の食料難な時代に、栄養価の高い味噌を取り入れたことがきっかけだったそうです

 

札幌「味噌ラーメン」おすすめ店 ①:味の三平

麺は「西山製麺」の多加水タイプ

札幌のラーメンらしく、麺は「西山製麺」の多加水タイプ

”元祖” 味噌ラーメンのお店「味の三平」は、2代目 店主により 今も健在!

 

特徴

  • 表面にたっぷりと浮いた “ラードの層”
  • イメージする 札幌味噌ラーメンとは違い、塩味がおさえられていて 比較的サッパリ
  • 特徴的な “西山製麺 製” 多加水の 中太縮れ麺を使用

 

ラーメン 味の三平 外観

大丸藤井セントラルビルの 4階にある「味の三平」の外観

札幌味噌ラーメンが ここまで人気となった背景には、後述する「すみれ」の影響が大きいですが、それとは 似ても似つかない味わい。

 

“すみれ” の 味噌ラーメンが一番美味しい♪

 

…という方には 物足りないかもしれませんが、ラーメン好きであれば ぜひ発祥店で 味わってみてほしいものです ^^

 

 

店舗情報
【店名】ラーメン 味の三平
【住所】北海道札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラル4階
【電話番号】011-231-0377
【営業時間】11:00~18:30
【定休日】月曜、第2火曜(時期によって不定休)
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ラーメン 味の三平」の口コミ

 

札幌「味噌ラーメン」おすすめ店 ②:味の三平

すみれ札幌すすきの店 の 一番人気 味噌ラーメン

皆さんがイメージする 札幌味噌ラーメンといえば、「すみれ」の 味噌ラーメンでしょう。

 

特徴

  • もやし・玉ねぎなどの “炒めた野菜”
  • スープの表面に浮かぶ 大量の “ラード”
  • 黄色くて 高加水の “中太縮れ麺”

 

中太縮れ麺 がスープによく絡む!

 

他店との違いは、パンチの効いた 濃い味のスープ!

 

すみれ以前の お店にはない 強いコクと塩味が 指示を受け、アッという間に 人気の一店へとかけ上がりました!

札幌を代表すると言っても過言ではない一杯で、ガッツリ系のラーメンが食べたくなった時にピッタリです ^^

 

 

店舗情報
【店名】すみれ 札幌すすきの店
【住所】北海道札幌市中央区南3条西3丁目9-2 ピクシスビル 2F
【電話番号】011-200-4567
【営業時間】11:30~15:30・17:30~25:00(平日・土曜)、11:00~15:00・17:00~23:00(日祝)
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-(食券)
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「すみれ すすきの店」の口コミ

 

札幌「味噌ラーメン」おすすめ店 ③:麵屋 彩未

名実ともにナンバーワンな “彩未” の 味噌ラーメン

札幌味噌ラーメン界の トップを走り続けているお店、「麵屋 彩未(さいみ)」

 

特徴

  • 数々のラーメンランキングで 1位を取り続ける 実力店
  • “すみれ” からの独立店、伝統の味を引き継ぎつつ 独自に進化
  • 塩味をおさえつつ しっかりとしたパンチある味わい

 

森住製麺の 中太縮れ麺を使用

すみれ からの独立店とは思えないくらい、角のまあるい まろやかな味わい

3種の白味噌をブレンドした “特製味噌ダレ” と ショウガの風味も相まって、期待以上に 美味しいラーメンが食べられます ^^

 

行列必至なので、向かう際は時間に余裕をもって伺いましょう

 

 

店舗情報
【店名】麵屋 彩未
【住所】北海道札幌市豊平区美園10条5丁目3-12
【電話番号】011-820-6511
【営業時間】11:00~15:15(火水)、11:00~15:15・17:00~19:30(木〜日)
【定休日】月曜(祝日の場合も休み)、他 月2回不定休有)
【駐車場】あり(19台分、無料)
【キャッシュレス決済】不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「麵屋 彩未」の口コミ

 

もちろん、その他にも 札幌には味噌ラーメンの有名店がたくさんあります。

発祥の地 ”札幌” に来たからには、ぜひ本場の “味噌ラーメン” を 必ず食べてくださいね!

 

 

札幌 おすすめグルメ ②:スープカレー

スープカレーの名付け親は ”マジックスパイス”

今や全国区となった ”スープカレー” も、札幌が発祥。

 

有名店の数々

  • GARAKU
    和ダシが決め手の人気店(大通エリア)
  • スープカレー キング
    動物系と魚介系の Wスープが人気の秘密(大通エリア、札幌市 南区エリア
  • マジックスパイス
    スープカレーという名前と付けた 名付け親(札幌市 白石区エリア)
  • 【アジャンタ】
    スープカレー発祥店の系統(札幌市 中央区エリア・東区エリア)

 

考案者は ”アジャンタ” の初代店主 ”辰尻宗男” さん

“薬膳スープ” のための ダシをとった後の 鶏や野菜を「捨てるくらいなら食べさせて」と言われたことから、今のスープカレーの原型が出来上がりました

 

その後 爆発的に広がったスープカレー店は、いまや札幌市内だけで200店舗を超えるほどとなっています。

 

札幌「スープカレー」おすすめ店 ①:GARAKU(ガラク)

ガラクのスープカレーとオリジナルザンギ

鮮やかな彩りが魅力的な「ガラク」のスープカレー

数ある 札幌のスープカレー店の中で、ナンバーワンの人気なのが「スープカレー GARAKU(ガラク)」

 

特徴

  • “和風ダシ” の効いたコク旨なスープ
  • 創業者しか知らない “秘伝の配合でつくられた” スパイス
  • 北海道産のものを中心に “彩度の良い” 野菜をセレクト

 

見た目から 色鮮やかで、見ているだけでも 思わず楽しくなってきます♪

 

和ダシ香る秘伝の味わい

5種類の天然素材からなる「和風ダシ」の香りが鼻を抜け、口の中で見事にスパイスと融合 ^^

以前 うどん屋で ダシを習得したオーナーが、エグさとまるさのバランスを徹底的に研究して辿りついた 独自の配合なのだそうです♪

 

連日行列ができるほどの 大繁盛店

行列ができることもめずらしくなく、お店に入るのも なかなか難しいかも…

 

特に観光の場合は ランチ時はさけ、計画的に向かうことを おすすめします。

 

 

店舗情報
【店名】スープカレー GARAKU(ガラク)
【住所】北海道札幌市中央区南2条西2丁目6-1 おくむらビル地下1階(北側入口)
【電話番号】011-233-5568
【営業時間】11:30~15:30、17:00~23:00
【定休日】不定休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「スープカレーGARAKU」の口コミ

 

札幌「スープカレー」おすすめ店 ②:カオスヘブン

サラサラでコク旨なスープが美味しい

「カオスヘブン」のスープカレーは、チキンと野菜の旨みが凝縮された ハイクオリティな一杯♪

 

特徴

  • 主に 札幌近郊・道産・国内産 の野菜を使用
  • 北海道産100%の “発芽雑穀” を ごはんにプラス + 
  • スパイスの香りが飛んでしまわない様、注文を受けてから一杯ずつ提供するほどの こだわりっぷり!

 

王道のサラサラスープが絶品!

食べるべき 王道のスープ “カオススタイル” は‥

 

ポイント

  • チキンのうま味たっぷりな サラッとしたスープ ♪
  • トマトの酸味が ほのかにコクをプラス!
  • クミンなど 奥行きある スパイスの香り

 

“カオス” なんていうから スゴイのを想像してましたが、出てきたのは とても上品にまとまった 王道のスープカレー♪

ここでしか食べられない “ミルク入り” のスープ「ミルクスタイル」も おすすめです ^^

 

 

店舗情報
【店名】Chaos Heaven(カオスヘブン)
【住所】北海道札幌市中央区南5条東2丁目12-3 2F
【電話番号】050-5869-6242
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】水曜(月に一度 火水 or 水木 で連休の場合あり)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】instagram
【外部サイト】ぐるなび(予約可)
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「カオスヘブン」の 口コミはこちら

 

札幌「スープカレー」おすすめ店 ③:スープカレー KING(キング)

スープカレーキングセントラルのチキン野菜カリー

Wスープが決め手!キングのスープカレー

「スープカレー KING(キング)」のスープカレーの特徴は、スープの色が白い こと!

 

特徴

  • “鶏ガラ・ゲンコツ” を煮込んだスープに “香味野菜” を加えた「コクスープ」に‥
  • “昆布・煮干し・かつお節” の1番ダシの「旨みスープ」を加えた‥
  • 「動物系」+「魚介系」の「Wスープ」

 

白濁したスープと 魚介のスープが融合した 特徴的なスープカレー

最初は “動物系スープの甘さ” と “深いコク”。

次に “魚介の風味” と “スパイスの刺激” が あとを追うように やってきます。

 

複雑だけど ハッキリした味わいなので、間違いなく番人が好きな味でしょう ^^

 

 

店舗情報
【店名】SOUP CURRY KING(スープカリーキング)セントラル
【住所】北海道札幌市中央区南2条西3丁目13-4 カタオカビルB1
【電話番号】011-213-1230
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】11:30~15:30、17:30~22:00(月~金)、 11:30~22:00(土日祝)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「キングセントラル」の 口コミはこちら

 

ブイヨンの取り方やスパイスの配合などで、お店ごとに 味がまったくことなります。

北海道の美味しい野菜たちとの相性もバツグンなので、ぜひ 本場の味を楽しんでみて下さいね!

 

 

札幌 おすすめグルメ ③:ジンギスカン

北海道のソウルフード”ジンギスカン”!

北海道のソウルフード”ジンギスカン”!

”北海道で食べたいもの” の定番、といえば ”ジンギスカン” は外せません!

 

有名店の数々

  • 【だるま】
    すすきので一番の 生マトンの人気店(すすきのエリア)
  • 松尾ジンギスカン
    滝川市発の 漬けこみ系ジンギスカンの発祥店(札幌駅・大通エリア、その他多数
  • ビアケラー札幌開拓使
    かつてのサッポロビール貯蔵庫を再利用した雰囲気の良い大ホールが魅力(バスセンター エリア)
  • ラムグチカズヤ
    ジンギスカン好きの店主がプロデュースする隠れ家的穴場、未冷凍のチルドラムが売り(すすきのエリア)

 

道民もこよなく愛する郷土料理ですが、札幌中心部にあるジンギスカンのお店は なんと約200店舗以上!

 

札幌「ジンギスカン」おすすめ店 ①:ビアケラー札幌開拓使

ビアケラー札幌開拓使の「生ラムジンギスカン御膳」

鉄板のジュ~っという音がたまらない!

湯気を立てながら アツアツの鉄板で運ばれてきた、「生ラムジンギスカン御膳」

 

特徴

  • ランチセットが充実していて お酒なしでも楽しめる貴重なビアホール
  • 若干の臭みが残る 北海道民が食べなれたジンギスカンを楽しめる♪
  • 何より 雰囲気の良さが ピカイチ!

 

柔らかすぎず やや臭みの残る “生ラム” ですが、この若干の臭みこそが “北海道ジンギスカン” の本来の美味さ!

まったく臭みのない 高級店 のとは違い、北海道民が食べなれた味そのものです。

 

ビアケラー札幌開拓使の「レンガ造り」の建物

店舗入口から、異空間が広がります!

前述のとおり “ビアケラー札幌開拓使” は、かつての ビール貯蔵庫 を改装した店舗。

1907年に ビール工場に増築された “3本のトンネル” 状の建物が、こんなに素晴らしい空間へと生まれ変わった訳です!

 

席数は なんと “500席” もあるので、様々な用途でも 利用することができます。

 

 

店舗情報
【店名】ビヤケラー札幌開拓使 サッポロファクトリー店
【住所】北海道札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリーレンガ館1F
【電話番号】050-3469-8922
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】12/31、不定休有
【駐車場】サッポロファクトリー有料駐車場
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】食べログ / ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ビアケラー札幌開拓使」の口コミ

 

札幌「ジンギスカン」おすすめ店 ②:ラムグチカズヤ

左:塩ジンギスカン、右:ラムタン

溶岩石プレートで焼く 左:塩ジンギスカン、右:ラムタン

オーナーさんの ジンギスカン好きが エスカレートし、お店までオープンさせてしまったのが「ラムグチカズヤ」

 

特徴

  • 札幌市内の 200店舗以上のジンギスカンを食べ歩いて導き出した 一番おいしいジンギスカンが食べられる
  • 未冷凍の “チルドラム” が とにかく絶品!
  • 鉄板ではなく 溶岩石プレートを使って ふっくらジューシーに焼き上げる

 

手前の木のトレイにのっているのが食べ放題のお肉

手前の木のトレイにのっているのが 食べ放題のお肉

羊 特有の臭さは ほぼ皆無。

とろける様な ふっくらとした舌ざわりで、ひと噛みするごとにトロけていく 至極の感触が味わえます♪

 

余計な脂を吸ってくれる “溶岩石プレート” も、良い働きをしてくれてました。

 

 

店舗情報
【店名】札幌ジンギスカン ラムグチカズヤ
【住所】北海道札幌市中央区南四条西3丁目1-3 幸寿司ビル6階
【電話番号】050-3469-8257
【営業時間】18:00~6:00(日曜、月曜は24:00まで)
【定休日】なし
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】食べログ / ヒトサラ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ラムグチカズヤ」の口コミ

 

札幌「ジンギスカン」おすすめ店 ③:松尾ジンギスカン

鉄板のふちが タレでヒタヒタになるくらいまで 豪快に!

1956年創業の老舗「松尾ジンギスカン」は、昔ながらの ”マトン" を使った味付けジンギスカンのお店。

 

特徴

  • 臭みを消すために生まれた “漬け込み系” ジンギスカンのお店
  • ラム肉ではなく “マトン(生後24ヶ月以上のヒツジ)”  を使用
  • タレまで 鍋に投入して、うどんなど と一緒にグツグツ煮込むのが鉄板

 

松尾ジンギスカンが創業した当時は、まだ 運送網の発展前

いかに 食材をおいしく食べるかを 考えた結果の、漬け込みジンギスカンなんですね

 

適度な量のランチセットもおすすめ

ニンニクを使わない オリジナルのタレに定評があり、〆の ”もち” や "うどん" に 味が染みると これがまた たまりません!

 

札幌市内では 計6店舗を展開しているので、お近くのお店で楽しんでみてください。

 

 

店舗情報
【店名】松尾ジンギスカン 札幌駅前店
【住所】北海道札幌市中央区北3条西4丁目1-1 日本生命札幌ビル地下1階
【電話番号】011-200-2989
【営業時間】11:00~15:00、17:00~23:00
【定休日】年末年始
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「松尾ジンギスカン 札幌駅前店」の口コミ

 

”ラム” がメインのお店、”マトン” がメインのお店、貴重な国産ラムが食べられるお店など、お店によって 特徴がことなります。

自分の好みにあった 一店を、ぜひ見つけてみてくださいね。

 

 

札幌 おすすめグルメ ④:寿司

新鮮な海産物を使った ”寿司” も外せませんね!

北海道でみんなが食べたいもののひとつが “新鮮な海鮮”!

 

有名店の数々

  • 【すし善】
    札幌で知らない人はいない 高級寿司店(すすきのエリア)
  • 【寿し心 なかむら】
    まさに正統派寿司店、ランチタイムがリーズナブル(札幌駅エリア
  • 寿司・中華料理 福禄寿
    ザンギの名店 “布袋” の姉妹店、中華+お寿司の 組み合わせ(札幌駅エリア)
  • 町のすし家 四季花まる
    回転寿司チェーン 花まる の 上位ブランド店、リーズナブルかつ上質なお寿司が楽しめる(札幌駅・大通・すすきのエリア)

 

中でも一度は食べていただきたいのが ”寿司”

「ちょっとお値段が‥」と いう方は、ランチタイムを狙うと リーズナブルに握り寿司が楽しめます♪

 

札幌「握り寿司」おすすめ店 ①:すし善 大丸札幌店

ランチメニュー「すずらん(税込 1,980円)」

「すし善 大丸札幌店」があるのは、JR札幌駅直結 “大丸札幌店” の 8階。

 

特徴

  • 札幌市民なら 誰でもその名前を知る 高級寿司店 “すし善” の 系列店
  • ランチタイムは 確かな技術でにぎられたお寿司が リーズナブルに楽しめる♪
  • 札幌駅直結のデパート内にあり アクセス良好!

 

上品で清潔感ただよう店内

状態にあわせて 丁寧に下処理された “寿司ネタ” は 秀逸で、シャリのほどけ方も 段違い!

 

“ちらし寿司” と “すずらん(握り)” が 2000円以下で食べられる ランチタイムは、特に混雑する時間帯。

リーズナブルに職人技を体験することができる、地元の名店のひとつです♪

 

店舗情報
【店名】すし善 大丸札幌店
【住所】北海道札幌市中央区北5条西4丁目7 大丸札幌店 8階
【電話番号】011-828-1068
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】なし(大丸札幌店に準ずる)
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「すし善 大丸札幌店」の口コミ

 

札幌「握り寿司」おすすめ店 ②:寿司・中華料理 福禄寿(ふくろくじゅ)

福禄寿の季節の握り寿司御膳がテーブルに置かれている

「季節の握り寿司御膳(税込1,300円)」

北海道版 鶏のから揚げ “ザンギ” が有名な “中国料理 布袋(ほてい)” の姉妹店「寿司・中華料理 福禄寿」

 

特徴

  • 一店に 中華料理と 和食のシェフが在籍する ちょっと珍しいお店
  • 本格的なお寿司と 大衆的な町中華が 同時に楽しめる ^^
  • どちらもしっかりと美味しく、特に 本格的なお寿司が おすすめ♪

 

見るからに 脂ノリの良い「中トロ」

板前さんは、この道40年以上の ベテラン寿司職人さんで、フワッとエアリーな シャリからも 技術を感じます♪

また さっぱりとした お寿司の間に、こってりな ザンギをつまめるなんて めちゃくちゃ贅沢 ^^

 

中華料理店の系列店だからと言って、決して あなどってはいけません。

 

 

店舗情報
【店名】寿司・中国料理 福禄寿(ふくろくじゅ)
【住所】北海道札幌市中央区北1条西3丁目3-24 札幌中央ビル3階
【電話番号】011-211-6646
【営業時間】11:30~15:00(水曜日はランチ休)、17:00~23:00
【定休日】日曜・祝日
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種、PayPay
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「寿司・中国料理 福禄寿」の口コミ

 

札幌「握り寿司」おすすめ店 ③:町のすし家 四季花まる

パセオ店 の「寿司ランチセット (税込1,430円)」

回転寿司 “根室花まる” の上位ブランド「町のすし家 四季花まる」でも、おいしいお寿司が食べられます♪

 

特徴

  • 道東の 根室発 回転寿司チェーンならではの 確かなネタが自慢
  • 回転寿司より ワンランク上のお寿司が リーズナブルに楽しめる♪
  • お店ごとの 限定メニューが さらにお得で、札幌市民も よく通うくらいの人気店

 

大通店限定、寿司8貫、ミニそば、ミニちらし などがセットの「花まる二段重」

シャリとのバランスが 絶妙で、元からおいしいネタを 更においしく引き立ててくれる技術も 垣間見れます♪

 

平日のランチタイムは 激混み必至 ^^;

夕方も 並ぶことはありますが 回転は早い方だと思いますので、リーズナブルに おいしいお寿司が食べたくなったら ここへ向かいましょう。

 

 

店舗情報
【店名】町のすし家 四季花まる パセオ店
【住所】北海道札幌市北区北6条西2丁目1番地7 PASEOウエスト地下1階
【電話番号】011-213-5870
【営業時間】11:00~22:00、11:00~15:00
【定休日】不定休(公式サイトにて確認)
【駐車場】提携あり(1店舗 税込2,000円以上の利用で2時間無料)
【キャッシュレス決済】各カード可、電子マネー
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

サケ・イクラ、カニをはじめ、甘~いホッキやホタテなどの貝類、良質な白身‥。

その時々の 美味しい寿司を、ぜひ北海道で楽しんでください。

 

 

札幌 おすすめグルメ ⑤:回転寿司

回転寿司も 今や かなりハイレベルに!

 

握り寿司を食べたいけど、ちょっとお値段が‥

 

‥という方には「回転寿司」が おすすめです!

 

有名店の数々

  • 回転寿司トリトン
    札幌回転寿司界の超人気店、北海道民のイチ押し率高し(札幌市 豊平エリア・北12条エリア)
  • 【回転寿司根室花まる】
    道東 根室発の回転寿司チェーンだからこその 新鮮なネタの数々(札幌駅・大通・すすきのエリア
  • 回転寿司まつりや
    道東 釧路発の回転寿司チェーン、ここでしか食べられないネタが多数(札幌市 山鼻エリア・白石区エリア)
  • 回転寿司活一鮮
    味に定評のある 居酒屋チェーン “さんかい” の系列店、確かな味が楽しめる(札幌駅・大通・すすきのエリア)

 

どれも 舌の肥えた北海道民が行列をつくる、人気店ばかりです♪

 

札幌「回転寿司」おすすめ店 ①:回転寿司 トリトン

「でっかいぼたんえび」は とてもおすすめ!

札幌市民に「おすすめの 回転寿司屋さんと言えば?」と訪ねると、決まって名前が上がるのが「回転寿司 トリトン」

 

特徴

  • 道東の 北見発 回転寿司チェーンならではの 鮮度バツグンのネタが自慢
  • ネタの大きさが 異常なほど デカい!

 

鮮度がいいのはもちろん、何よりも 特徴的なのが シャリを覆いつくすほどの ネタの大きさ です!

 

サンマのお寿司が食べられるのは 北海道ならでは!?

大きなネタを 口いっぱいに ほおばるのが、北海道民の 至福のひととき ♡

北海道ならでは ネタは そこまで多くないですが、時期によっては “サンマ・たち” などが 並ぶことも!

 

大型の駐車場が設けられているのも特徴的で、普段使いしやすいことも 札幌市民に支持される理由のひとつです。

 

 

店舗情報
【店名】回転寿し トリトン 豊平店
【住所】北海道札幌市豊平区豊平4条6-1-10
【電話番号】011-817-7788
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】-
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「回転寿し トリトン 豊平店」の口コミ

 

札幌「回転寿司」おすすめ店 ②:回転寿司 まつりや

「ホッケ・バラかずのこ・サンマの飯寿司」など どれも北海道感満載のネタ

 

北海道らしい 少し変わったお寿司が食べたい!

 

そんな時は、迷わず「回転寿司まつりや」へ向かいましょう。

 

特徴

  • 道東の 釧路発 回転寿司チェーンならではの 鮮度バツグンのネタが自慢
  • ネタの種類が とにかく多い、異常なほど 多い!

 

前述の “トリトン” が 約90種類なのに対して、まつりや では 200種類以上の 豊富なメニューを 取り揃えているのが特徴なんです!

 

古くから捕鯨の歴史がある釧路ならでは “クジラの握り”

まつりや のネタの一部を ご紹介すると…

 

ネタの一部

  • クジラ
  • 真ほっけ
  • 真いわし
  • 生にしん
  • あぶらがれい
  • バラ数の子
  • さんまの飯寿司 など

 

どれも 普段 食べる機会のない ネタばかり。

変わった お寿司が食べたい時は、まつりや一択で 決まりでしょう。

 

 

店舗情報
【店名】回転寿司まつりや 山鼻店
【住所】北海道札幌市中央区南13条西10丁目2-25
【電話番号】050-5267-7015
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】元日(不定休あり)
【駐車場】あり(無料)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

札幌「回転寿司」おすすめ店 ③:回転寿司 活一鮮

新鮮でプリプリな ホタテ 1皿 290円

おいしい回転寿司が食べたいなら 「活一鮮」も ハイレベルな一店。

 

特徴

  • 札幌が中心の 居酒屋チェーン “さんかい” の系列店で、味に定評がある
  • ネタの鮮度が とにかくバツグン!

 

宗谷産 活タコ 390円

“回転すし 活一鮮” の 寿司ネタは、すべてのネタが鮮度バツグン!

特に 角がたった “北海道産ホタテ” は、シコシコした食感 と 際だつ甘さ で 格別でした♪

 

また メニュー表には、一部の商品に “北海道のマーク” がついています。

これは “北海道産・北海道近海産” をあらわしているので、できるだけ このマークのついたお寿司を食べて 北海道を満喫してください。

 

 

店舗情報
【店名】回転すし 活一鮮
【住所】札幌市中央区南3条西5丁目1-1 ノルベサB1F
【電話番号】011-252-3535
【営業時間】11:00~15:00・16:00~23:00(月~金)、11:00~23:00(土日)
【定休日】不定休あり
【駐車場】提携駐車場あり(3・5狸パーキング、2,500円以上 利用の場合)
【キャッシュレス決済】各カード対応
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「回転すし 活一鮮」の 口コミ

 

この他にも、札幌には ハイレベルな回転寿司屋さんが たくさんあるので、リーズナブルに 北海道の お寿司を楽しみましょう!

 

 

札幌 おすすめグルメ ⑥:海鮮丼

リーズナブルに海鮮を食べたい時は”海鮮丼”がおすすめ

リーズナブルに魚介を食べたい時は “海鮮丼” がおすすめ

リーズナブルに魚介が食べたい場合、回転寿司もいいですが「海鮮丼」もおすすめ!

 

有名店の数々

  • 函館うにむらかみ
    自社で ウニの加工・直売を行っている ウニ専門店(札幌駅エリア)
  • 寿司処けいらん
    札幌市民の台所 “二条市場” にお店をかまえる 海鮮丼のおすすめ店(大通エリア
  • 大磯
    同じく二条市場にある 海鮮丼の名店(大通エリア)

 

札幌「海鮮丼」おすすめ店 ①:函館うにむらかみ 札幌店

「生うにいくら丼/レギュラーサイズ(4000円)」

道南・函館市に本店を構えている 「函館うにむらかみ 札幌店」

 

特徴

  • 全国的にみても めずらしい ウニの “加工場 兼 直営店
  • オールシーズン ミョウバン不使用・無添加の おいしいウニが楽しめる♪
  • 内容により 1500円~5000円ほどの バリエーション豊かな海鮮丼が 楽しめる

 

甘くて きれいな「うに」が 美味しい!

口に入れた瞬間に 濃厚なコクが広がっていき、すうっと溶ける…。

全く濁りのない味で、自然なままの 素材のおいしさが引き立つ 絶品のウニ。

 

いくらには 味がついているので、小皿に入った「だし醤油」は うに側にだけかけて いただきましょう♪

 

 

店舗情報
【店名】函館うにむらかみ 札幌店
【住所】北海道札幌市中央区北3条西4丁目 日本生命札幌ビル B1F
【電話番号】011-290-1000
【営業時間】11:30~14:30〈LO13:45〉、17:00~21:30(LO21:00)
【定休日】日曜、年末年始
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「函館うにむらかみ札幌店」の口コミ

 

札幌「海鮮丼」おすすめ店 ②:寿司処 けいらん

約2,000円のおまかせ海鮮丼がリーズナブル!

朝から おいしい海鮮丼が食べられる “二条市場” の おすすめ店「寿司処 けいらん」

 

特徴

  • 札幌市民の台所 “二条市場” 内の おすすめ店!
  • 北海道産の海鮮を、しっかりと注文後に切り分ける こだわりの海鮮丼♪
  • 寿司処ならではの 絶妙な酢加減の “酢飯” で味わえる

 

質はもちろんビジュアルも美しい

北海道産のネタにこだわり、注文後に全てのネタを切り分ける こだわりの海鮮丼。

切り口の表面からも、鮮度の良さが伝わってきます♪

 

道産米 "ふっくりんこ” を100%使用した 酢飯との相性もバツグン!

品数も豊富なので、予算に応じたメニューを選びましょう ^^

 

 

店舗情報
【店名】寿司処 けいらん
【住所】北海道札幌市中央区南3条東2丁目9 二条市場内
【電話番号】011-241-3377
【営業時間】8:00~16:00
【定休日】不定休
【駐車場】なし(周辺有料駐車場を利用)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「寿司処けいらん」の 口コミは こちら

 

札幌「海鮮丼」おすすめ店 ③:大磯

どんぶりからはみ出るくらいの豪快なビジュアル!

お手軽な価格で、気軽に入れる 海鮮丼のお店なら「二条市場 大磯」が ピッタリ。

 

特徴

  • 札幌市民の台所 “二条市場” にお店を構えていて 敷居が高くなく 入りやすい
  • おひとり様でも 気軽に向かうことができる カウンター席が充実
  • 手ごろな価格の海鮮丼から、ちょっと値のはる "ウニ丼” まで、ラインナップが豊富

 

小ぶりなどんぶりだけど かなりの高さ。ボリューム満点です。

店名のついた 自慢の「大磯丼」は 1480円。

どんぶりからはみ出すくらい ネタもたっぷりで、ごはんの盛りも良い 大迫力な海鮮丼です!

 

ご飯は 酢飯ではなく “温かい白飯”。

10種類以上のネタが入っていて、かなり満足できる内容でした♪

 

 

店舗情報
【店名】二条市場 大磯
【住所】北海道札幌市中央区南3条東2丁目 二条市場角地
【電話番号】011-219-5252
【営業時間】7:00~17:00
【定休日】木曜
【駐車場】無し(近隣駐車場有)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

 

どんぶりを彩る ”ウニ” や ”イクラ” などの鮮やかな旬の食材は、見ているだけでよだれが出てきそうなほど。

一杯で色々な種類が食べられるのも、海鮮丼の 魅力ですね♪

 

札幌 海鮮丼の宝庫 二条市場の詳細へ

 

札幌 おすすめグルメ ⑦:豚丼

グリーンピースの乗った“ぱんちょう”の豚丼

グリーンピースが特徴の 帯広 “ぱんちょう” の豚丼

道東の “帯広市” が発祥の “豚丼” も、北海道では 大人気!

 

豚丼の特徴

  • 甘いタレをつけて香ばしく焼いた豚肉を ご飯に乗せた丼ぶり
  • 煮込みではなく “焼き上げて” いて、大手チェーンのものとは 全くの別物
  • 豚肉からしたたる脂と、ふっくらご飯・タレとの相性がバツグン!

札幌有名店の数々

 

札幌「豚丼」おすすめ店 ①:十勝豚丼いっぴん 札幌ステラプレイス店

豚丼 880円(税込)※お新香付

札幌の豚丼で1番人気があると言っても過言ではない、大人気店「十勝豚丼 いっぴん」の豚丼。

 

特徴

  • 北海道を代表する “タレ” の製造会社「ソラチ」が 運営
  • 店名の由来の通り メニューは 豚丼「いっぴん(一品)」のみ
  • 備長炭で 一枚一枚 高温で焼き上げているため 風味豊か♪

 

オリジナルの タレは、店頭はもちろん オンラインでも買えちゃいます♪

 

しっかりと弾力のある “豚肉” は、国産の厳選豚 本ロース肉を使用。

備長炭の高温で 香ばしく焼き上げられ、さらに 豚肉の脂がごはんに絡んで 至福の美味さに ^^

 

安くて美味しくて満足度の高い豚丼を、お腹いっぱい 楽しんで見ましょう。

 

 

店舗情報
【店名】十勝豚丼 いっぴん 札幌ステラプレイス店
【住所】北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 札幌ステラプレイス センター6階
【電話番号】011-209-5298
【営業時間】11:00~23:00(L.O. 22:30)
【定休日】札幌ステラプレイスに準ずる
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび 
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「十勝豚丼 いっぴん ステラプレイス店」の 口コミはこちら

 

札幌「豚丼」おすすめ店 ②:豚丼のまむろ

上豚丼 1600円(税込)※味噌汁・漬物付

札幌で1番最初に豚丼の提供をはじめたお店が、1970年創業の「豚丼のまむろ」

 

特徴

  • 創業時は “高級和食店” だったという 確かな技術
  • 炭焼きではなく、厚手の鉄フライパンで じっくり火を入れる ^^
  • 炭焼きとは違い より豚肉にタレが絡んで コク深く仕上がる♪

 

豚丼のまむろの豚丼がテーブルに置かれている

薄手の豚肉にしっかりタレがからむ

お肉は キュッと締まった肉質で、ほどよい脂身と 濃いめの味付けのタレのおかげで ごはんが進みます ^^

 

また しっかりとダシが効いた味噌汁と 上品な漬物の味から、高級和食店の 名残も しっかりと感じることができました。

 

店舗情報
【店名】豚丼のまむろ
【住所】北海道札幌市中央区南7条西6丁目5 J1すすきのビル1階
【電話番号】011-511-6256
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】月曜
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび 
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「豚丼のまむろ」の 口コミはこちら

 

札幌「豚丼」おすすめ店 ③:蕎麦さとやま

蕎麦さとやまの鴨豚セットがテーブルに置かれている

鴨豚セット(鴨せいろ + ミニ豚丼) 2000円(税込)

店内で製麺した “挽きたて・打ちたて・茹でたて” のお蕎麦を楽しめる「蕎麦さとやま」

 

特徴

  • お店のメインは 毎日お店で製麺している “挽きたて・打ちたて・茹でたて” の 三たて蕎麦
  • 蕎麦だけでなく サイドメニューを含め すべてハイレベルに仕上げてきている
  • 北海道産豚肉を 炭火で仕上げていて 香ばしさが段違い!

 

薄めのお肉に 甘じょっぱいタレが たっぷり!

炭焼きの香ばしさが 段違いで、最高においしい!

特製の甘辛ダレが ちょうどいい塩梅で、ごはんもふっくらと美味 ^^

 

自慢のお蕎麦はもちろんのこと、厳選素材をつかったタレが また美味しい♪

日本全国から取り寄せた “本枯節・真昆布・干し椎茸” など、素材のひとつひとつにも 妥協を許しません。

 

 

店舗情報
【店名】蕎麦さとやま
【住所】北海道札幌市東区苗穂町10丁目3-15
【電話番号】011-702-0139
【営業時間】11:00〜15:00、17:00〜20:00
【定休日】水曜不定休
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】PayPay(クレジットカードは不可)
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび 
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「蕎麦さとやま」の 口コミはこちら

 

本場が帯広ということもあり、札幌市内には 意外と 豚丼屋さんは 多くありません ^^;

しかし しっかりハイレベルなお店が多いので、札幌でも 本場に負けない おいしい豚丼が食べられますよー

 

 

札幌 おすすめグルメ ⑧:ザンギ

札幌でザンギといえば "布袋” のザンギ

札幌でザンギといえば "布袋” のザンギ

機会があれば、北海道でいうところの “鶏のから揚げ”「ザンギ」も ぜひ食べてみてください ^^

 

ザンギの特徴

  • 鶏肉を あらかじめ ”しょう油・生姜・にんにくなど” に漬け込む
  • 衣をつけて カラッと揚げる
  • 名称の由来は諸説あり、中国語で鶏のから揚げを意味する ”炸鶏(ザーギー)" を語源とする説などがある

札幌有名店の数々

  • 中国料理 布袋
    札幌のザンギといえば ここ!カリッとした食感の秘密は “3度揚げ”(大通エリア、他)
  • サウスヴィラ(南苑)
    1個単位で注文できる こぶし大の “から揚げ” は サラリーマンを中心に大人気 (札幌市 東区エリア
  • 牛かつ海鮮処 京橋本店
    海鮮が名物の 二条市場内で食べられる サクっとした食感が特徴のザンギ(大通エリア)

 

ザンギの発祥は 道東の “鳥松” さんというお店

 

…ですが、札幌にもザンギの名店がたくさんあるので、海鮮に飽きた時は ザンギを楽しんでみてください♪

 

札幌「ザンギ」おすすめ店 ①:中国料理 布袋

大盛りのザンギの定食がテーブルに置かれている

ザンギ定食には 大きなザンギが 計7個も!

布袋で “一番人気” のザンギは、1日に3000個も売れる 正真正銘の看板メニュー!

 

布袋のザンギって‥

  • ひとつひとつが とても大きい
  • 温度のことなる油で 3度揚げ、冷めてもカリカリの食感を実現
  • なによりも リーズナブル!

 

ここでしか味わえない カリッカリの食感は、唯一無二!

ここのザンギを食べなきゃ、札幌で人気のザンギは語れません。

 

もうひとつの看板メニュー “マーボー麺” も大人気!

その他 布袋の看板メニューを、以下に記載します。

 

布袋の看板メニュー

  • 名物 “ザンギ”
  • ナンバー2 の “マーボー麺”
  • カリッと揚げた麺が特徴 “あんかけ焼きそば”
  • 細かく刻んだ ザンギ入り “ザンギチャーハン” など

 

札幌市民に絶大な指示を受けている “町中華”、それが「布袋」。

その他 系列店が 計4店舗あるので、好きなお店で 布袋のザンギを楽しみましょう♪

 

 

店舗情報
【店名】中国料理 布袋 本店
【住所】北海道札幌市中央区南1条西9丁目1
【電話番号】011-272-4050
【営業時間】11:00~21:30(月火木金)、11:00~14:00(水)、11:00~21:00(土祝)
【定休日】日曜、第3土曜
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「中国料理 布袋」の 口コミはこちら

 

札幌「ザンギ」おすすめ店 ②:サウスヴィラ(南苑)

からあげ3定食 750円

 

旨い!安い!ボリュームがスゴイ!

 

そんな ザンギが食べたいときは「サウスヴィラ」が おすすめ!

名物の “からあげ(ザンギという表記ではない)" を目当てに、毎日多くの札幌市民が車を走らせてやってくる 名店なんです。

 

箸で持つと その大きさが歴然!?

サウスヴィラで 大人気の “からあげ” といえば‥

 

からあげ の

特徴をチェック ☑

  • ひとつひとつが とにかくデカい!?
  • 外はパリパリ、中はフワフワでジューシー♪
  • しょう油ベースで 下味は かなりしっかりめ ^^ 

 

初めて食べる場合、その大きさに驚くこと 間違いなし (゚Д゚;)!

箸で持つ手がつかれてくるほど ボリューム満点で、まさに からあげ界の重量級!

 

パリッとした衣 が特徴的で、同じく ザンギ(鶏のからあげ のこと)が有名な “中国料理 布袋” の カリッとした衣 とも違った食感が楽しめます♪

 

 

店舗情報
【店名】中華食堂サウスヴィラ(南苑)
【住所】北海道札幌市東区苗穂町12丁目1-40
【電話番号】011-702-7003
【営業時間】11:00~18:30(金土祝 11:00~19:00)
【定休日】日曜
【駐車場】あり(約10台分)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】-
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「サウスヴィラ」の 口コミはこちら

 

札幌「ザンギ」おすすめ店 ③:牛かつ海鮮処 京橋本店

京橋本店 北海道ザンギ定食

北海道ザンギ定食 880円

札幌観光の “朝食” といえば、絶対にはずせないのが「二条市場」。

ここで “ザンギ” を食べるなら、「牛かつ海鮮処 京橋本店」がおすすめ!

名前のとおり “牛カツ” や “海鮮丼” などがメインの同店ですが、実は 北海道のソウルフード “ザンギ” もおいしいんです♪

 

カリッとした 食感のよい衣がウマい♪

京橋本店のザンギの特徴は‥

ザンギの特徴

  1. カリッではなく “サクッ” とした 食感のよい衣
  2. ジューシーな 鶏もも肉を使用
  3. 油のキレが良く 下味はほんのり

 

衣がうすいので、カリッ ではなく “サクッ” とした食感。

また ① 油が控えめ② ザンギにはめずらしく 付け合わせの “キャベツの千切り” がある おかげで、比較的あっさりさっぱり食べられるのがうれしい限りです!

 

 

店舗情報
【店名】牛かつ海鮮処 京橋本店
【住所】北海道札幌市中央区南3条東1丁目7 新二条市場
【電話番号】011-213-1388
【営業時間】9:00~14:00(日月)、9:00~22:00(水木)、9:00~24:00(金土)
 ※【日月】14~22:00は完全予約制
 ※【火】 完全予約制
【定休日】火曜(完全予約制)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード可
【公式サイト】facebook
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「牛かつ海鮮処 京橋」の口コミ

 

居酒屋などでも ザンギが食べられますが、冷凍食品を解凍して揚げただけのものも 少なくありません。

カリッと しっかり揚げられた 専門店の味を食べると、ザンギの概念が ガラッと変わると思います♪

 

 

札幌 おすすめグルメ ⑨:ぎょうざカレー

札幌市内のチェーン店 "みよしの” 名物 ぎょうざカレー

札幌市内のチェーン店 "みよしの” 名物 ぎょうざカレー

札幌の "B級グルメ” の中でも異彩を放つのが "ぎょうざカレー”

札幌を中心に25店舗(2020年3月時点)を運営する ぎょうざ専門店 "みよしの” の名物です。

 

ぎょうざカレーの特徴

  • みよしの名物の “ぎょうざ” と “カレー” を合わせた B級グルメ
  • ぎょうざは フワッとやわらかい皮が特徴
  • カレーは ドロッとした 甘めのルー 

 

みよしの の 定番 みよしのセット

カレーとぎょうざが別々の “みよしのセット” も大人気!

 

しっかりした下味のついた ぎょうざと、甘めのルーの組み合わせが絶妙!

ハマる人が続出の 定番メニューなんです♪

 

北海道民にとって みよしの の ぎょうざは、スーパーに並ぶほど 定番のぎょうざ。

札幌の "ソウルフード” と呼ばれるほど、道民にとって身近な料理となっています。

 

アーケード街 "狸小路” や、すすきの にもお店があるので、札幌観光の記念に 食べてみてください!

 

関連記事

▼ みよしのでしか食べられない “ぎょうざカレー” の全容

札幌のソウルフード「みよしの」の「ぎょうざカレー」っていったい何?

続きを見る

 

店舗情報
【店名】ぎょうざとカレーの みよしの 狸小路店
【住所】北海道札幌市中央区南3条西2丁目16-4
【電話番号】011-231-3440
【営業時間】11:00~21:00(月~木)、11:00~23:00(金)、10:00~23:00(土)、10:00~21:00(日祝)
【定休日】無休
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「みよしの 狸小路店」の 口コミはこちら

 

札幌 おすすめグルメ ⑩:ラーメンサラダ

ラーメンサラダの元祖 "ビッグジョッキ” のラーメンサラダ

ラーメンサラダの元祖 "ビッグジョッキ” のラーメンサラダ

一見すると "冷やし中華” にしか見えない、札幌発祥の料理が "ラーメンサラダ”

 

ラーメンサラダの特徴

  • ラーメンサラダ “通称 ラーサラ
  • ラーメンよりも サラダがメイン! たっぷりな野菜が 特徴的
  • ゴマなどの “ドレッシング” をかけて いただく

 

のびずらい “特注麺” はもちもちで喉ごしがいい

"ラーメンサラダ” の誕生は 1985年と、もう35年以上も前のこと!

札幌の老舗ホテル “札幌グランドホテル” 内のレストラン「ビッグジョッキ」のシェフが考案したのが最初です。

 

今や 大半の居酒屋で定番のメニューとなり、札幌市民にも 広く認知されている食べ物。

食べるなら、一味ちがう ビッグジョッキの 本家ラーメンサラダが おすすめです♪

 

 

店舗情報
【店名】北海道ダイニング ビッグジョッキ
【住所】北海道札幌市中央区北1条西4丁目 札幌グランドホテル 別館1階
【電話番号】011-261-3376
【営業時間】7:00~10:00(朝食)、11:30~14:00(ランチ)、17:00~21:00(ディナー)
【定休日】日曜 ※翌月曜日が休日の場合は月曜日
【駐車場】あり(駐車場ご利用の場合、2時間以内ご優待料)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

札幌 おすすめグルメ ⑪:ちくわパン

DONGURI の元祖 ちくわパン

北海道で というか、札幌で 定番となっている調理パンが「ちくわパン」

 

ちくわパンの特徴

  • パン生地で “ちくわ” をくるんだ 調理パン
  • ちくわの穴の中には 刻んだ玉ねぎをまぜた “ツナマヨ” がたっぷり♪
  • ツナとマヨの油でコク深く ちょっとコッテリしていて パンチあり

札幌で食べるなら

  • 【どんぐり】
    ちくわパンの発祥店、もちっとした生地が 特徴的(大通エリア、他)
  • 【セイコーマート】
    北海道を代表するコンビニエンスストア、ちくわパンの販売も

 

“ちくわパン” の発祥店は「どんぐり」

札幌市内に複数店舗を展開する 繁盛店です♪

 

間違いなく 人気の ちくわパンですが、

個人的には ちょっと 油が強すぎて くどく感じます ^^;

 

ちくわパンは、ふわっとしたモチモチの生地で ツナマヨが たっぷり入ったちくわを包んだ 調理パン。

“どんぐり” といえば ちくわパン」というくらい 有名ですが、その他のパンも 定評がありますよ ^^

 

▼ 札幌中心部の “どんぐり” なら ここ

店舗情報
【店名】どんぐり 大通店
【住所】北海道札幌市中央区大通西1-13 ル・トロワ 1F
【電話番号】011-210-5252
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】ル・トロワ休業日
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「どんぐり 大通店」の 口コミはこちら

 

札幌 おすすめグルメ ⑫:チーズおかかおにぎり

鮭、筋子、シーチキン‥、おにぎりの具材はたくさんありますが、北海道で密かに大人気の具材が “チーズかつお”!!

“かつお” & "トロ~っとしたチーズ”とご飯の、一見ミスマッチに見える組み合わせにハマる人が続出です。

 

このおにぎりは、1978年創業の "おにぎりのありんこ” が考案。

約40年続く老舗の "ありんこ” さんですが、数あるメニューの中でも人気 No1 を誇る大人気メニューです!

だまされたと思って、一度食べてみてください!おにぎりの新しい価値を発見できること間違いなしです。

 

「おにぎりのありんこ」公式HP

 

札幌 おすすめグルメ ⑬:シメパフェ

〆パフェの発祥といわれる ”ミライスト(現在は閉店)” のパフェ

札幌では、“〆のラーメン” の代わりに「〆(シメ)パフェ」を食べるのが 定番になりつつあります。

 

有名店の数々

  • 【パフェ、珈琲、酒、佐藤】
    シメパフェブームの火付け役、行列の絶えない人気店(大通エリア)
  • ベリーベリークレイジー
    北海道産(浦河町)いちごをたっぷり使った フルーティなパフェ(大通・すすきのエリア)
  • ロジウラカフェ
    徹底的に素材にこだわった 体にいいカフェ(すすきのエリア)
  • ミライスト
    札幌シメパフェ “発祥” といわれる一店、現在は閉店

 

シメパフェ文化の発祥の地は、実は札幌 ^^

MIRAI.ST cafe & kitchen(閉店済)” と ”Dip & Merry” の2店が 最初に広めたと言われています

 

2015年には ”札幌シメパフェ推進委員会” が誕生し、2020年 3月現在で 23店舗が加入するほど 人気のシメパフェ♪

なお 前者を運営していた ”クリプトンフューチャーメディア社” は、あの ”初音ミク” でおなじみの会社です。

 

札幌「シメパフェ」おすすめ店 ①:ベリーベリークレイジー

9割以上がオーダーするという看板商品「いちごぱふぇ」

「ベリーベリークレイジー」の、看板商品 “いちごぱふぇ” が想像以上のコスパ♪

 

特徴

  • 北海道産 "うらかわいちご" を たっぷり 1パック分使用
  • 入荷するいちごの味に合わせ、都度パーツの味を微調整
  • 希少ないちご1粒が パフェの “お通し” として登場

 

この日のお通しは 淡い朱色の「桃薫(とうくん)」

はじけそうなほど 果汁を感じる、みずみずしい いちご。

鼻からスッとぬける香りは 華やかなで、酸味と甘さの バランスが ほんとうに絶妙♪

 

入荷するいちごの味に合わせて 味を微調整しているだけあり、すべてのパーツが 全くいちごを邪魔しません ^^

 

 

店舗情報
【店名】Berry Berry Crazy(ベリーベリークレイジー)
【住所】北海道札幌市中央区南3条西5-20 2F
【電話番号】011-299-5858
【営業時間】12:00~17:00、18:00~23:30
【定休日】火曜
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】instagram
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ベリーベリークレイジー」の口コミ

 

札幌「シメパフェ」おすすめ店 ②:ロジウラカフェ

とことん材料にこだわったパフェが食べられます♪

"素材へのこだわり” が ハンパない「ロジウラカフェ」の シメパフェも おすすめ♪

 

特徴

  • 北海道産の素材が満載!
  • ほとんどすべてのパーツが “自家製” ♪
  • 十勝産生乳100%でつくる カルピジャーニのソフトクリームが自慢

 

表面を覆うのは「自家製ティラミスクリーム(日高町産マスカルポーネチーズ使用)」

店主おススメの "コーヒーパフェ” は、コーヒーのほのかな苦みとの 相性がバツグン!

 

また ”作りたてのおいしさを味わってほしい” という 店主の強い思いから、白玉ひとつとっても オーダー後に形成し茹で上げるという徹底っぷり!

パフェ以外のスイーツやフードもあり、どれも店主のこだわりが詰まったメニューとなっています。

 

 

店舗情報
【店名】ROJIURA Café(ロジウラカフェ)
【住所】北海道札幌市中央区南6条西3 TAKARA6.3 1F
【電話番号】011-530-1237
【営業時間】18:00~3:00(金土 ~4:00、日祝 ~1:00)
【定休日】不定休
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】instagram
【外部サイト】ぐるなび / ホットペッパー(予約可)
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒ 「ロジウラカフェ」の口コミ

 

札幌「シメパフェ」おすすめ店 ③:Melty(メルティ)

マイ☆パフェ(ドリンクセット) 1,500円(税抜)

「Melty(メルティ)」は、自分だけの “オリジナルパフェ” をつくることができるお店♪

 

特徴

  • とびきりキュートな かわいいビジュアル♪
  • 好きなパーツを選んで 自分好みのカスタムオーダー ^^
  • できるだけ北海道産の素材を使った 手づくりのパフェ

 

ピーク時は100枚以上仕込む日もあるという 可愛らしい手づくりパーツがポイント

パーツの大半が手作りで、甘さは控えめ。

可愛らしい その見た目からも、手作り感が伝わってきますね♪

 

オーナー自慢の “夜中に食べても罪悪感の少ないパフェ” を、お酒のあとに 思いっきり楽しんでしまいましょう!

 

 

店舗情報
【店名】Melty(メルティ)
【住所】北海道札幌市中央区南4条西5丁目10番地 つむぎビル3階
【電話番号】011-522-5755
【営業時間】17:00~1:00(日祝日は24:00まで)
【定休日】なし(12/31、1/1、1/2のみ休み)
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】instagram
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

その他 札幌市内には シメパフェの提供店が 数多くありますが、名店と呼ばれるお店は そう多くありません。

人気店をチェックして、すすきのの夜を 最後まで満喫してしまいましょう!

 

 

札幌 おすすめグルメ ⑭:セイコーマートの ”ホットシェフ”

セイコーマート "ホットシェフ” のカツカレー

セイコーマート "ホットシェフ” のカツカレー

北海道発のコンビニエンスストア "セイコーマート”

2016年から4年連続で ”顧客満足度指数 No1” に輝いた、名実共に ”日本一” のコンビニエンスストアです!

 

その決め手となったのが "ホットシェフ” と呼ばれる 店内調理システムです

 

ホットシェフの特徴

  • 店内で調理した ホカホカの お弁当を提供する コンビニ業界では 画期的なシステム
  • 直前まで温かい台の上にならんでいるので、お弁当が常にあったかい
  • お弁当以外にも パン・フライドチキン・ポテト・フランクなど バラエティ多数

 

セイコーマートのホットシェフコーナー

店内の一角にある “ホットシェフ” コーナーに注目!

セイコーマートのホットシェフ

特に ランチタイムは 種類が豊富♪

カツ丼、豚丼、ザンギ弁当、フライドポテトなど、できたてでホカホカのお弁当が買えるのが魅力的♪

なお オーダーを受けてからの調理は 原則していないので、並んでいる商品を 購入しましょう。

 

「ホットシェフ」おすすめメニュー ①:カツ丼

ホットシェフといえばカツ丼!

ホットシェフの 看板メニュー「カツ丼」。

特徴的な たまごのフワッとした食感は、店内調理だからこそ なせる技です ^^

 

ボリュームも満点!

カツ丼の イチ押しポイントといえば‥

ポイント

  • 厚切りの 大きなカツ!
  • つゆをたっぷり含んで フワッとした食感の 玉子♪
  • ご飯もたっぷりで ボリューム満点 ^^

 

この カツ丼が 500円台で楽しめるなら、きっと満足できること間違いなしでしょう!

 

カツとごはんが別々、ご飯も最大限においしく食べられます♪

 

「ホットシェフ」おすすめメニュー ②:豚丼

牛丼屋の豚丼ではなく 北海道式のタレ豚丼

セイコーマートの “豚丼” は、牛丼チェーンで提供されていた おなじみの “煮込み豚丼” ではなく “焼き豚丼”

タレを絡めた豚肉を 香ばしく焼いて仕上げた、北海道スタイルでの 提供です。

 

お肉 6割:玉ねぎ 4割 の ベストなバランス♪

私も大好きな セイコーマートの “豚丼” といえば‥

 

ポイント

  • しっかり脂のある コク深い 豚肉♪
  • 高温で仕上げることで しっかりと香ばしい♨
  • お肉に絡んだ 甘辛~いタレが ごはんに良く合う!

 

中でも 格別なのが お肉の “香ばしさ”。

ちょっと油が多めなので、黒胡椒をふりかけながらいただくと よりサッパリおいしくいただけます。

 

「ホットシェフ」おすすめメニュー ③:カツカレー

コンビニカレーとしては、かなりのハイレベル!

 

わたしが 一番食べたのが

この カツカレー!

 

たっぷりの “カレー”カツ丼にも使われている “大きなカツ” が 特徴的な、ボリューム満点カレーです♪

 

コク旨で濃厚!ボリュームある “カツ” にも注目!

結構本格的な セイコーマートの カツカレー。

 

ポイント

  • 19種類のスパイスを使用した 本格派カレー ^^
  • 味の特徴は 深いコクと トマト系の ほのかな酸味♪
  • ごはん+カツ が加わると もう ボリューム満点!!

 

トマト系の酸味があとを引き、油多めな分 よりコク深さが増した ハイクオリティなカレー。

スパイス感も なかなかのもので、カレー好きのわたしが 一番ハマった コンビニカレーがこれなんです!

 

 

札幌 おすすめグルメ まとめ

今回は 札幌で有名な “グルメ” を 一通りまとめてみました。

 

今回のテーマは「札幌市民なら誰でも知っている 定番のメニュー」

札幌にきたら、まずは王道のメニューの中から 美味しいお店を選びましょう♪

 

北海道発祥のグルメや、札幌発祥のグルメ、地元民に絶大な支持を得るご当地グルメまで、いろいろなグルメをご紹介しました。

中には まだ知らないグメニューも あったのではないでしょうか?

 

この記事を参考に お店を選んでいただき、北海道の旅をより充実させていただけると幸いです。

 

 

近くのスポットをチェック

その他 “札幌” の記事一覧へ





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.