札幌 薪

【キャンプ】札幌で焚き火用「薪」の入手方法まとめ|販売店・近郊の取扱店情報

2021-07-22

   

 

キャンプといえば やっぱり “焚き火” だよね!
でも 薪って どこで売ってるの?
札幌で “薪” を売ってる お店を教えて♪

 

札幌市内の “薪” の販売店、しっかり教えちゃいます♪

 

どーも、札幌の 自称ライターで 中級キャンパーの “tomo.” です。

 

キャンプの醍醐味といえば “焚き火” ですが、その必需品といえば「薪」

キャンプ場で 売っていることもありますが、なかった時に備えて 事前に用意しておくのが ベストです ^^

 

そこで今回は、“札幌市内で キャンプ用の薪 を手に入れる方法” をまとめてみました!

 

この記事でわかること

  • キャンプ用の薪が売っている 札幌市内のお店
  • 他にも こんな薪の入手方法があります

 

わたしも はじめの内は「燃やすものに お金はかけられない!」と思い、林の中の枝を必至に集めて 焚き火をしていたことも… ^^;

ただ 一度ちゃんとした薪を使ってしまうと、キレイな燃え方や 持ちの良さから もう林の枝には戻れません 笑

 

 

「薪(キャンプ用)」を 手に入れる方法

山積みの薪

 

薪の入手方法には このような方法があります

 

  1. 薪の取扱い店から購入する
  2. ホームセンターから購入する
  3. キャンプ場で購入する
  4. インターネットでお取り寄せする
  5. 剪定枝や 流木の無料配布を狙う

 

薪の種類によって 燃え方や持続性がことなります。

単に燃えればいいという方は 別ですが、こだわりのある方は ホームセンターより 専門店や ネットでの購入がおすすめです。

 

入手方法 ①:薪の取扱店から購入

 

札幌市内にある専門店をご紹介します♪

種類が多く 価格も比較的リーズナブルなので おすすめです ^^

 

おすすめ店 ①:秀岳荘(白石区)

秀岳荘の外観

白石区の環状通沿いにある いわずと知れた “秀岳荘”

登山とアウトドアの専門店「秀岳荘」

もちろん 薪も取扱っています ^^

 

店舗情報
【店名】秀岳荘
【住所】北海道札幌市白石区本通1丁目南2-14
【電話番号】011-860-1111
【営業時間】10:30~19:30
【定休日】水曜(祝日の場合は翌日)
【駐車場】あり(80台)
【キャッシュレス決済】各カード可
【公式サイト】公式HP
【公式SNS】オンラインショップ
yahoo!ショッピング楽天ネットショップ
【地図を表示】グーグルマップはこちら
【おすすめ度】

 

秀岳荘の薪

お店の入口に たくさん積み上げられています

薪は 広葉樹

取り扱っている 薪は、1種類。

 

広葉樹の薪のみで

価格は 1000円でした

※ 2021年7月時点

 

薪の太さに 多少バラつきがあるので、お好みのものを選びましょう。

 

秀岳荘で薪を購入する時の注意

購入時 レジに持っていく必要はありません

秀岳荘では、重い薪を わざわざレジに持っていく必要はなし。

レジで希望個数を伝えれば、会計後に 店員さんが薪を直接渡してくれます♪

 

これなら 重い薪を運ぶ手間がはぶけるね ^^

 

車に 木くずがつくのがイヤな方は サービスで 新聞紙がもらえますので、店員さんに その旨を伝えましょう。

 

おすすめ店 ②:金田商店(東区)

金田商店の店舗外観

札幌アリオの通り沿いにある “金田商店”

「金田商店」は、灯油、LPガス、束薪、木炭などを取り扱う燃料店。

 

店舗情報
【店名】有限会社 金田商店
【住所】北海道札幌市東区北7条東6丁目12番地
【電話番号】011-711-4681
【営業時間】8:00~18:00
【定休日】日祝
【駐車場】なし
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】公式HP
【公式SNS】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら
【おすすめ度】

 

金田商店の薪

お店の外にも 薪が並べてあります

 

取扱いのある 薪の種類は こんな感じ

 

品名価格(税込)
堅薪(楢・タモなど)1045円
堅薪 小割(楢、タモなど)1155円 
堅薪 袋(楢、タモなど)880円 
ミックス薪(白樺・にれ・桜・アカシヤ・シナ等)858円
雑薪 (松など建築廃材)638円
雑薪 短(松など建築廃材)308円
焚き付け薪(松など建築廃材)473円
焚き付け薪 箱(松など建築廃材)418円
火起こしセット
・22cmの手割焚き付け
・8cmの極小焚き付け
・白樺の皮
・麻縄のセット
698円
※ 商品・価格は 2021年7月時のものです
※ 詳細は 公式HP で要確認
※ その他 木炭などの販売もあり

 

こじんまりとしたお店は ちょっと入りにくい雰囲気がありますが、大きく書かれた “まき” という文字のおかげで とても入りやすかったです♪

 

金田商店の薪

店内には 無造作に薪が積んであります

金田商店の薪

入口入って すぐ左側、所せましと積んであります

訪問時は 中にいた 柴犬に嫌われた様で、ずっと 牙を見せながら にらまれ続けました ^^;

なお ちゃんとつながれているので、噛まれることは ありませんでした♪

 

入手方法 ②:ホームセンターから購入

 

キャンプシーズンは 各ホームセンターでも 薪を販売♪

取扱い商品数や価格は、同じ系列のお店でも 規模によりまちまちです

 

ハイシーズンでも 売り切れることが珍しくありません

必ず買えると思わない方が無難でしょう

 

ホームセンター ①:DCMホーマック

DCMホーマック店舗外観

光星店:通常の店舗面積のお店

ホーマック 各店舗でも、薪を販売しています。

 

ホーマック光星店の薪

光星店(2021/07/19):残っていたのはスウェーデントーチのみ

光星店(2021/07/19):販売していた痕跡はありました

光星店は そこまで大きな店舗ではありませんが、ちゃんと薪を販売。

訪問時は ほとんどが売り切れていて、残っていたのは スウェーデントーチのみでした ^^;

 

菊水元町店(2021/07/19):取扱いがありませんでした

 

真栄店(2021/07/21)

ホーマック真栄店の薪

真栄店(2021/07/21):しっかり薪を確認!

真栄店(2021/07/21):段ボール入りのものも

お店の場所や キャンプ場のから近さなどで、在庫数が変わるのかも知れません。

確実に購入したい場合は、あらかじめ お店に問い合わせておくのが ベストでしょう。

 

ホームセンター ②:ビバホーム

スーパービバホーム 清田羊ヶ丘通店

ビバホーム でも、薪を取り扱っています。

 

スーパービバホーム清田羊ヶ丘通店の薪

清田羊ヶ丘通店(2021/07/21):在庫数はそこそこ

スーパービバホーム清田羊ヶ丘通店の薪

清田羊ヶ丘通店(2021/07/21):段ボール入りの薪も

スーパービバホーム清田羊ヶ丘通店の薪

清田羊ヶ丘通店:(2021/07/21):広葉樹3kg・6㎏ がありました

アウトドアグッズといっしょに、薪も並んでました。

車が汚れるのがイヤな方は、段ボール入りの薪を購入しましょう。

 

入手方法 ③:キャンプ場で購入

 

あらかじめ お店で購入できなかったときは、イチかバチか “現地調達” を試みましょう。

大きなキャンプ場だと、結構な確率で 売ってます。

 

実は 現地で買うと 結構 安上りだったりします
ただし 薪の種類が 選べなく、乾燥状態も キャンプ場により まちまちです

 

個人的には、キャンプ場で安い薪を見つけたら とりあえず買っておいて キープ。

その薪を 次回のキャンプで使う、を繰り返すのが おすすめです♪

 

入手方法 ④:インターネットでお取り寄せする

 

インターネットでは、薪ストーブなどにも使えそうな 大容量の薪が 10㎏単位でたくさん販売しています。

 

 

家に保管するスペースがあって、何度もキャンプに行くなら、こっちの方がお得⁉
送料がかかることがほとんどなので 買う前に十分に検討してみよう

 

魅力的なのは 値段だけじゃなく、すきな薪を選べることも 忘れてはいけません。

 

入手方法 ⑤:剪定枝や 流木の無料配布を狙う

 

札幌市では、不要となった枝や木を 無料配布しているところが いくつかあります。

 

不要になった木って 例えばこんなもの
  • 公園・街路樹の維持管理で伐採した樹木
  • ダムにたまった 流木など

 

ただし 施設によっては 都度配布している訳ではなく、また 必ずもらえるとは限りません。

 

配布施設一例

  • 札幌市南区土木維持管理課
    公式HP
  • 豊平川ダム総合管理事務所
    公式HP

 

詳細は 各公式HPで 必ずチェックしてくださいね!

 

「薪」の入手方法 まとめ

薪

キャンプの必需品 “薪” の入手方法は様々。

札幌市内でも いろいろなお店で販売しているので、自分好みの 薪の販売店をみつけ キャンプを思う存分楽しみましょう♪

 

 

 

その他の アウトドアスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.