唯我独尊/富良野市/オムカレーと自家製ソーセージが絶品!メニューやアクセス方法も

2021-08-05

   

 

今年の夏は 富良野に行きたい!
現地でおすすめのランチって何?
どうせなら 人気のメニューが食べたいな ^^

 

ランチ営業している 大人気のお店といえば ”唯我独尊” で 決まりです!

 

どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。

 

富良野市街にある 大人気のカレー屋さん “唯我独尊”

 

富良野まで行って わざわざカレー⁉

(´Д`)

 

わたしも 最初はそう思っていましたが、食べてみると 想像以上に おいしくてビックリ!

ほとんどが富良野やその周辺で獲れた食材を使っているので、地産地消の味が楽しめることもポイント♪

みんなが 並んででも食べたいと思う 深くて濃厚なカレーを ご紹介します ^^

 

 

おすすめデリバリー初回クーポン

おすすめ度 No.1 「ウォルト」

KE9BV

プロモコードを入力すると、お得なクレジットがもらえますので、まだ利用したことのない方は ぜひ使ってみて下さい!

▶ ウォルトへ

「foodpanda(フードパンダ)」も負けてません!

《 アプリで確認 》
▲ 初回注文の場合 ▲

アプリで確認
▲ 2回目以降の場合 ▲

※ 上記リンクを経由しない場合 クーポンが 正常に反映されないことがあります

\ 初回クーポンはここから /

▶ 全クーポンまとめ

必ずチェック ☑

 

「唯我独尊」といえば いろいろな トッピングの “カレー” が 旨い!

牛タンカレーと、オムソーセージカレーをいただきます

 

富良野の “ご当地グルメ” といえば、富良野オムカレー!

 

富良野オムカレーは

5つのルールに乗っ取って作られています♪

  • 第1条
    お米は富良野産を使い、ライスに工夫を凝らす
  • 第2条
    卵は原則 富良野産を使い、オムカレーの中央に旗をたてる
  • 第3条
    富良野産の「チーズ(バター)」もしくは「ワイン」を使用する
  • 第4条
    野菜や肉、福神漬(ピクルス)なども富良野産・北海道産にこだわる
  • 第5条
    富良野産の食材にこだわった一品と「ふらの牛乳」をつける
  • 第6条
    料金は税抜1100円以内で提供する

 

町おこしの一環としておこなれていて、“富良野オムカレー推進協議会” なんて会が 立ち上げられるほどの 名物料理なんです!

 

ちなみに 唯我独尊 でも オムカレーが食べられますが、加盟店には 加わっていません。

おそらく 第2条の “旗”、第5条の “牛乳”、第6条の “料金” あたりが引っ掛かったのかと。

ただし 唯我独尊のオムカレーは かなりのハイレベルなので、一度は絶対に食べるべきメニューです♪

 

オム+ソーセージカレー

オム+ソーセージカレー 1540円

 

唯我独尊のカレーって

どんな特徴のカレーなの?

 

大人の向けの スパイシーなカレーです!
  • 富良野産の “ごはん・小麦粉・野菜など” を使った 地産地消のカレー
  • 欧風カレーの様な “コク深さ” と “スパイシーさ” が強めの 大人向けのカレー
  • カレーの “ルー” が 何度でも おかわり無料!

 

地元の人にはもちろんのこと 観光客にも人気なのは、富良野でしか楽しめない 特別な味わいだから。

特に 地物の お米や野菜などが食べられることは、旅行時にとって かかせないポイントの一つです ^^

 

とろ~っとした オムレツが 辛さを中和!

一番人気なのが この “オム+ソーセージカレー”!

 

サラッとした ルーで、欧風カレーのような コク深さがありつつ 甘さはほんのり。

あとから追いかけてくる スパイスの刺激が結構強めなので、子どもには ちょっと辛すぎるかも?

 

トロ~っとした オムレツと一緒に口に運ぶと、辛さが和らいで 食べやすくなり おススメです ^^

 

このプルプルで トロトロ、かつフワフワな “オムレツ” の食感は秀逸!

さらに 中のチーズが、よりカレーをマイルドにしてくれるんです♪

 

自家製ソーセージが 人気ナンバーワンのトッピング!

そして このお店で 食べるべきなのが、この “自家製ソーセージ”

腸詰めから お店で行っているという 完全オリジナル作品で、ギュッと詰まった肉感たっぷりなタイプ♡

 

ポイント

  • 一から お店で手作りしている 本物の自家製ソーセージ
  • 北海道産ポークを100%使用
  • 香り高い “燻製” 仕立て
太くて 大きくて 食べ応えもバツグン!

 

口いっぱいに頬張って、パリパリの皮の食感と あふれるジューシーな肉汁を 心行くまで楽しみましょう♪

 

牛タンカレー

牛タンカレー 1450円

唯我独尊といえば、特に “自家製ソーセージカレー”“オムカレー” が人気のお店ですが、その他のトッピングも もちろん美味しいんです。

 

おすすめのひとつが 牛タン

 

大きなブロック状の牛タンが お皿の中に ゴロゴロと入っているので、ボリュームもかなりのものなんです ^^

 

ひとつひとつが大きくておいしい!

ひとつひとつが大きくて、お皿の上に ゴロゴロっと。

しっかり煮込まれていて、お口の中で ホロホロっと。

 

味は もちろん、何より すばらしいくらい たっぷりな 牛タンに感無量 … (´ー`)

オムカレーにくらべ 見ためは寂しいですが、その分 食べごたえ&満足度が バツグンでした♪

 

さらに刺激がほしいときは、卓上の辛味調味料で味を調えましょう

 

「唯我独尊」では ルーが何度でもおかわりできる⁉ “合言葉” を確認

ごはんに対して ルーが足りない そんなときには…

唯我独尊で 何が一番すごいのかというと…

 

何度でも カレーのルーを おかわりできちゃうんです ^^
!!

 

カレーを食べるときに 意外と重要なのが、ルーと ごはんの ペース配分。

ここでは これを気にせず、ごはんにルーを 思いっきり絡めて食べられるんです♪

 

ただし おかわりできるのは、お皿に ごはんが残っている時だけです

 

ルーは 何度でも おかわりできますが、変な気持ちは持たないように (^^;

ルーがなくなった お皿を持って、1階のカウンターへ向かいましょう。

 

すみませ~ん…

 

はい、合言葉をお願いします♪

 

ルールルル♪

 ▲ 合言葉 ▲

 

合言葉の「ルールルル♪」といえば、ドラマ “北の国から” で有名な キタキツネを呼ぶときのセリフですね♪

なお 店員さんが ルーのおかわりを持ってきてくれる訳ではなく、自分でカウンターへ 向かう必要があります。

 

店内でも 合言葉を確認できます

合言葉は お店の中でも しっかりと確認でき、料理を運んでくるときに 店員さんも教えてくれるので 覚えておかなくても大丈夫♪

カウンターへ向かう ひと手間だけがかかりますが、唯我独尊の味を 何度でも楽しんじゃいましょう!

 

「唯我独尊」の メニュー一覧

唯我独尊のメニュー表

唯我独尊のメニューは、基本 前述のようなカレーのみ。

その他のトッピングによって 値段がそれぞれことなります。

 

メニュー名(カレー)価格(税込)
自家製ソーセージ付カレー1180円
オム+ソーセージカレー1540円
牛タンカレー1450円
牛タンソーセージカレー1840円
オム+牛タンソーセージカレー2200円
独尊スペシャル2560円
オムカレー1180円
エゾ鹿肉カレー1830円
道産ビーフカレー1150円
シーフードカレー1120円
道産キノコカレー1120円
豆と富良野野菜のカレー1120円
道産ポークカレー900円
道産チキンカレー900円
めんこいママカレー910円
富良野小麦のピザ1180円
※ 価格・メニューは変更する場合があります
メニュー名(トッピング)価格(税込)
チーズ250円
ウインナー320円
キノコ320円
シーフード320円
豆と野菜320円
ビーフ360円
チキン310円
ポーク310円
自家製ベーコン380円
自家製ソーセージ400円
牛タン690円
※ 価格・メニューは変更する場合があります
メニュー名(その他)価格(税込)
自家製燻製の盛り合わせ1700円
その日のサラダ・みそ生ハム付770円
フ+ウ(フランク+ウインナー)1100円
ごはん大盛り250円
ごはん特盛り350円
ライスのみ310円
※ 価格・メニューは変更する場合があります

 

唯我独尊のメニュー表(ドリンク)

その他 ドリンクメニューも充実しています

 

「唯我独尊」の 店内の様子

唯我独尊の1階店内

1階には テーブル席3卓 と 調理カウンター

ログハウス調の店内で、お店の中は そこまで広くはありません。

 

席の種類

  • 1階席:テーブル席 3卓
  • 2階席
  • テラス席

 

カウンター奥では、カレーを作っている様子を 眺めることができました ^^

 

卓上のカトラリー

スプーンや フォークは すべて卓上に。

あまり衛生的ではありませんが、肩ひじ張らない 食堂っぽい雰囲気が満載。

 

写真右のプラ容器は、ゴミ箱として利用します。

 

2階から 一部吹き抜けに

唯我独尊の店内販売商品

自家製マサラや レトルトカレーなども販売中

夏のピーク時には、必ずと言っていいほど 行列ができる人気店。

長い時だと 2時間以上並んだという人もチラホラ… (;´Д`)

こればっかりは 店内が広くはない以上、仕方がありません。

 

唯我独尊のテラス席

店内に比べ、外の席の方が すぐ座れます

わたしが うかがったのが、7月上旬の平日お昼くらい。

ちょうど 前のお客さんで満席となった様で、15~20分くらい 並んで待ちました。

 

【ポイント】

テラス席なら あまり並ばずに食べられます!

 

駐車場に面した テラス席を希望する人は少なく、並んでいる人の大半が 店内飲食希望のお客さんたち。

そのため テラスが空いている時は、迷わずこちらを選びましょう!

 

帰るころには 7~8組が 列を作ってまっていました…

 

「唯我独尊」系列のパン屋さん「となりの独尊」なんてお店も⁉

となりの独尊の店舗外観

唯我独尊のすぐ隣にあるパン屋さん

唯我独尊の すぐ隣では、パン屋さん「となりの独尊」が営業中。

“富良野産小麦” を使った 地産地消のパンを 販売しているお店です。

 

その他 唯我独尊のオリジナル “カレールー“、独尊サンバルなどの “調味料、そのほか 自家製の “燻製類” なども 買うことができました♪

 

発酵バター入りの “ふらのアンパン” は 気になる商品のひとつ!

 

となりの独尊の駐車場

駐車場も たくさんありました

店舗詳細などは 以下から ご確認ください。

 

店舗情報
【店名】となりの独尊(どくそん)
【住所】北海道富良野市日の出町11-11
【電話番号】0167-23-6867
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】月曜・火曜
【駐車場】あり(無料)
【キャッシュレス決済】-
【公式サイト】-
【外部サイト】-
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「となりの独尊」の 口コミはこちら

 

「唯我独尊」への アクセス方法

唯我独尊の店舗外観

手前の席がテラス席、奥が店舗入り口

“唯我独尊” に 向かう場合は、“車” か “電車” を利用するのが おすすめ!

JR駅からも 徒歩3分くらいの距離なので、車を利用しない旅行の場合でも アクセスは良好です♪

 

「公共交通機関」を利用して 向かう場合

唯我独尊の店舗前看板

 

“唯我独尊” へ 交通機関を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

富良野駅 から外へでたら、そのまま真っすぐ 東5条通りを直進。

少し歩くと お店がすぐに見えてくるはずです。

 

「車」を利用して 向かう場合

唯我独尊の駐車場

駐車場もしっかり 10台分が完備

 

“唯我独尊” へ 車を利用して向かう場合、距離や所要時間は 以下のとおり。

 

 

唯我独尊の駐車場

駐車場の一番奥から 入口側を見た感じ(右の黄緑の建物が となりの独尊)

 

駐車場は そこそこ広いですが、これが満車となることも珍しくないくらい。

よっぽど行列が長くない限り 回転は早いと思うので、満車の場合は気長に待ちましょう。

 

「唯我独尊」の 住所・電話番号、その他 店舗概要

唯我独尊の店舗前オブジェ

お店の住所や連絡先、営業情報などは 以下をご確認ください。

 

店舗情報
【店名】唯我独尊(ゆいがどくそん)
【住所】北海道富良野市日の出町11-8
【電話番号】0167-23-4784
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】月曜
【駐車場】あり(無料 10台)
【キャッシュレス決済】カード不可
【公式サイト】公式HP
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

⇒「唯我独尊」の 口コミはこちら

 

「唯我独尊」まとめ

唯我独尊の店舗看板

今回は 富良野市にある “カレー” の名店 「唯我独尊」 をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

唯我独尊 の

“オムカレー” と 自家製ソーセージ を楽しもう!

 

わたし自身 年に何回も 富良野に来ることはありませんが、来たら必ず食べたくなるのが “唯我独尊” の ピリッと辛いオリジナルカレー!

おいしいけれど 特別感がある訳ではない、どこかハマってしまう クセになる味なんです♪

 

特徴をおさらい

  • 富良野産の “ごはん・小麦粉・野菜など” を使った 地産地消のカレー
  • 欧風カレーの様な “コク深さ” と “スパイシーさ” 強めの 大人向けのカレー
  • カレーの “ルー” が 何度でも おかわり無料!

 

個人的には、これで カトラリーに清潔感があれば 完璧。

…ですが、これも店の雰囲気のひとつと考え 楽しみましょう!

 

富良野で有名な “富良野オムカレー” を 唯我独尊で 味わってみてくださいね!!

 

 

近くのスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.