あおいねこ/小樽市/南インドカレーとロースイーツの超大作!旬素材とオーガニックにこだわる穴場専門店

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールTwitter)です

 

油っこいもの、小麦粉、生クリーム etc
昔と比べて重く感じる、身体に残るようになってきた。

そう感じている方、きっといらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな方におすすめなのが「南インドカレーとロースイーツ あおいねこ」さん。

上質、ヘルシー、おいしい の3拍子が揃った唯一無二のお店です!

 

早速紹介します♪

 

「あおいねこ」のカレーランチ
低脂肪でヘルシーな「タマリンドカレー」

カレー2種盛り(ベジ&ノンベジ) 1,300円

手前:とうきびのクートゥ、奥:小樽産イカのタマリンドカレー

「小樽産イカのタマリンドカレー」はタマリンドの酸味に本格的な辛さ。

そしてイカのうま味と その奥に深い、深ーいコク。

しっかり酸味がカレーにとてもよく馴染んでいて 全く違和感なし◎

 

タマリンドとは?

高さ20~25mほどの常緑高木に実るフルーツ。

7~15cmほどの枝豆を大きくしたような形をしていて、サヤの中に果肉があり、そのままでも食べることができる。

栄養価が高く、酸味が強いので、ジャムやお菓子、飲み物などに加工して食べることが多い。

素材の甘さが見事に再現された「とうきびのクートゥ」

「こんなに甘かったっけ?!」

甘めのカレーはココナッツを使っているものに多く出会いますが、これは本当に「とうきび」の自然な甘さだけ。

だからこんなに甘くても全然嫌味がなく、どんぶりで食べたいほどの美味しさ♡

 

混ぜて食べるとさらにおいしい!

辛さとの対比で、とうきびのあま味が更に引き立つ~♪

取材したのは6月末でしたが、収穫時期には甘く育った道産のとうきびでさらに甘く、美味しくなるとのこと。

これ以上に美味しくなるなんて… 絶対食べたいっ!w

 

お米は香り米ともいわれる「バスマティライス」

インドやパキスタンで何百年にもわたって栽培されてきた品種で、「香りの女王」というヒンディー語に由来するお米。

粘り気ほぼなく、さっぱりと軽い口当たり。食感はショートパスタに似ています。

店頭で販売もしてますよー^^

 

「あおいねこ」のもう1つの看板メニュー
「ロースイーツ」

青肉メロンのタルト 600円 + ドリンク 各600円

ロースイーツとは、小麦粉、白砂糖、卵、乳製品などは不使用の、加熱せずに作るスイーツ

クリームのベースは生のカシューナッツココナッツオイル。タルトのベースはくるみデーツを使用しています。

 

「ロースイーツ」・「デーツ」とは?

「ロースイーツ」
主に生のフルーツやナッツなどを使うため栄養価が高く、食物繊維を多く含むものが多い。
カロリーが低いのも嬉しいポイント。
アレルギーフリーで体に優しいと注目され、近年専門店が増えている。

「デーツ」
ナツメヤシの実。
鉄分、カルシウム、カリウムや食物繊維が豊富に含まれ、ビタミン類も含まれていることから
「スーパーフード」とも呼ばれている。
糖質も含んでおり、ドライフルーツとして食べられることも多い。

 

一口目から完全にメロン!

乳製品不使用とは思えないほどクリーミーで、砂糖不使用なのにものすごい甘さ!

白い部分だけ食べてもメロンの味が強かったので、おそらくたっぷり練りこまれているのだと思います。

 

一般的なタルトと違い、ナッツの歯ごたえが一味違う満足感でした。

正直なところ… 「ロースイーツ」って感動的に美味しいものに今まで巡り合ったことがなくて。

でもこれは心から言える!
ロースイーツってこんなに美味しかったんだ!

 

左奥:ハスカップのソーダ、右手前:さくらんぼのソーダ

果肉!果肉! 果肉ー!♡

グラスの底にしずんた果肉が想像以上の量。

ゴロっと大きいものもあり、スプーン必須の素敵な状態♪

 

600円、高いと思いきや… むしろ安い です!

「季節のソーダ」にめぐり会えたら、ぜひオーダーしてくださいね♪

 

「あおいねこ」の
カレー&ロースイーツメニュー一覧

取材時のメニュー

【本日のカレー】

  • イカのタマリンドカレー 900円
  • チキンカレー 1100円
  • とうきびのクートゥ 900円
  • 2種盛り(ベジとノンベジ) 1300円
  • 3種盛り 1500円
  • ライス大盛 +100円

【ロースイーツ&ドリンク】

  • 青肉メロンのタルト 600円
  • ハスカップのタルト 600円
  • さくらんぼのソーダ 600円
  • ハスカップのソーダ 600円
  • 季節の紅茶(2019ファーストフラッシュ ダージリン セリンボン茶) 800円

今回紹介したものは全て季節限定メニューなので、提供終了しているかもしれません。

来店される際は、お店のInstagramFacebookTwitterなどでご確認を♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

「あおいねこ」ヤマモトショウコさん(@aoineko.otaru)がシェアした投稿 -

↑ 季節のお花に彩られたロースイーツの写真がとってもキレイで見ているだけで楽しい♡

この他通常メニューには、コーヒー、紅茶、ハーブティー、アルコールなどのドリンク類がありました。

 

「あおいねこ」の店内のようす

お花がいっぱい♪ハイセンスな洗面所コーナー

女性店主が開店数か月前からこの場所に通い、地道に店内をDIYで完成させたそう。

 

  • 無造作に飾られたドライフラワー
  • アンティークのランプシェード
  • 古いミシン台をつかったテーブル etc

女性店主 山本さん、本当に素敵なセンス!

古民家やアンティークなどが好きな方にはグッとくるポイントが多く、店内を見ているだけでうきうき楽しい気分になれると思います。
(わたしもその1人ですw)

 

奥の和室の一角でスパイスやお米などの販売も

コレ 何のお花かわかりますか?

答えは…
レモン汁を入れると色が変わるハーブティー「マロウブルー」のお花

 

この投稿をInstagramで見る

 

「あおいねこ」ヤマモトショウコさん(@aoineko.otaru)がシェアした投稿 -

乾燥させる前はパープルなんですね!

こんなに流行っているけれど、きっとわたしのように ドライの状態でしか見たことがないという方も多いのでは?

偶然出くわすことができて良かった♪

 

「あおいねこ」まとめ

お店の場所は、JR小樽駅から車で約10分。

「おたる水族館」へ向かう途中にある温泉「湯の花手宮殿」から車で5分ほどのところ。

 

Googleマップで調べると、手宮公園経由のアップダウンの激しいディープな経路を案内されるので、「おたる水族館」へ向かう道道454号線沿いの「北海道信用金庫」手前から左へ曲がるルートがおすすめです。

 

見た目は普通の古民家

「ほんとにココ?!」と途中で不安になりながら探すのも楽しい♪

お店の前にたどり着くまで看板はないので、Googleマップなどを駆使して向かってくださいね。

 

駐車場はお店前に3台あり

店主の山本聖子(しょうこ)さんは静内出身。

札幌以外でお店をやりたいと思い、北海道内で物件を探しててココにたどり着いたのだそう。

 

生クリームや小麦が身体に合わなくなってきたと感じたタイミングで「ロースイーツ」に出会い、その美味しさの虜になったといいます。

最初は独学で本を見ながら作り続けていましたが、趣味が高じ、徳島でノウハウを学んだ後 ローフードマイスターに。

 

運が良ければ黒猫のアオちゃんに会えることも

「自分が美味しいと思えるものが1番!」

と話してくれながらも、小樽や近隣の安全な素材、油はこめ油を使う など 身体への配慮も怠らない信念が素敵♡

とりわけ カレーが好きというわけではなかったそうですが、はじめて南インドカレーを食べた時に コクがありながら脂肪分が少ないことに衝撃を受け、あわせてお店の看板メニューにしたのだとか。

 

脂分が重くて身体に残る

という方にこそ行ってほしい「南インドカレーとロースイーツ あおいねこ」さん。

食後の身体の軽さに、きっとあなたも驚く!
ドライブの目的にぜひ♡

 

南インドカレーとロースイーツ あおいねこ

【住 所】 北海道小樽市高島2-17-12
【電話番号】 0134-64-5756
【営業時間】 12:00~17:00(L.O)
【定休日】 水曜~金曜
【駐車場】 あり
【公式HP】  http://mitsuba-do.jugem.jp/
【Facebook】  https://www.facebook.com/aoineko.otaru/
【Instagram】 https://www.instagram.com/aoineko.otaru/
【Twitter】  
https://twitter.com/hasucodagama

近くのスポットをチェック

ゆるり庵/小樽市/日本古来の玄米自然食ランチ!身体にやさしい「雑穀バーグ」が滋味

  こんにちは!北海道を3500軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なおです プロフィール Twitter おすすめグルメ・愛用品   “食べすぎ・飲みすぎで 内臓が疲れている” “カラダがだるくて気分があがらない” そんな時におすすめなのが、北海道・小樽に店をかまえる「玄米自然食 ゆるり庵」さんの、玄米自然食ランチ!   自分ではなかなか作れない、手間ひまかけた カラダにやさしいごはんが味わえる一軒です♪   「玄米自然食 ゆるり庵」おすすめポイント 自家製デザ ...

道産子 女性グルメライター厳選!おすすめ「小樽スイーツ(和・洋菓子)11選」

  こんにちは!北海道を3500軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なおです プロフィール Twitter おすすめグルメ・愛用品   海鮮・お寿司・あんかけ焼きそば など 小樽の名物グルメといえば色々ありますが、忘れちゃいけないのが “スイーツ” ! 北海道のおいしい乳製品を活かしたものはもちろん、和菓子文化が根づく小樽ならではの 和スイーツや和菓子も豊富なんです♪   ということで、この記事では小樽でわたしがおすすめしたい「スイーツ・和菓子 11選」をご紹介します! & ...

エヌクレア/小樽市/野菜がおいしい穴場発見!おしゃれ空間でイタリアンランチ

  こんにちは!北海道を3500軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なおです プロフィール Twitter おすすめグルメ・愛用品   札幌から車で約45分、小樽でおいしい野菜を味わえる カフェ&イタリアン「N.CREA(エヌクレア)」さん。 小樽の中でも特に穴場の “張碓(はりうす)エリア” にぽつんと佇む、自家農園を併設しているおしゃれなカフェです♪   「N.CREA(エヌクレア)」おすすめポイント 旬野菜のピザがジューシーで絶品! 素材の味!素朴でやさしい「 ...

【隠れ名物グルメ】小樽で古くから愛される「もち・大福」おすすめ7選

  こんにちは!北海道を3500軒以上食べ歩いた グルメライター 高井なおです プロフィール Twitter おすすめグルメ・愛用品   おいしいスイーツが有名なまち「小樽」ですが、実は「おもち・大福」も名物だってご存知でしたか? 毎朝できたてを提供しているお店が多く、今ではめったに出会えない 昔ながらのおもちを楽しむことができるんです♪   「小樽もち」おすすめポイント 毎日出来たてほやほやの格別なおいしさ! 「おもちの食べ比べ」が楽しい♪ 大福はほぼ100円台で安い!気軽 ...

あおぞら銭函3丁め/小樽市/看板メニューはジャンボ餃子!手造りの味を楽しもう

  どーも、北海道中のお店を 2000軒以上食べ歩いている 自称ライター “tomo.” です。 プロフィール twitter   小樽でランチをする場合、「あおぞら銭函3丁め」は 忘れてはいけない人気店のひとつ。   ポイント 小樽の中でも、特に札幌圏の方に人気の “銭函” にあるお店 ^^ とても大きな “ジャンボ餃子” が インパクト・食べ応え 共にMAX! 皮から 餡まで 毎日手造りで、安心・安全な素材を厳選♪   行列ができるのも珍しくないくらい人気の同店 ...

  • この記事を書いた人

高井なお

2000年から北海道全179市町村を3,500軒以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)