グルメライターが厳選!札幌のおすすめケーキ10選【デリバリー・お取り寄せ含む】

   

 

こんにちは!
グルメライター 高井なお(⇒プロフィールTwitter)です

 

クリスマスも近づいてきた今日この頃。

コロナウイルスの影響で自宅で過ごすことが増え、クリスマスを自宅で過ごそうと考えている方も多いのでは?

 

そこで今回は、おすすめのケーキ店をジャンル別にまとめていこうと思います。

クリスマス時期になるとケーキの値段がぐんとお高くなるので…… 気軽に購入できる、カットケーキをメインでご紹介♪

 

どれも実食済みで、おいしいと思えるものだけを女性目線で厳選しました。

お取り寄せ、デリバリー可能なケーキも多数!

 

  • 生クリームがおいしいケーキ
  • チョコがおいしいケーキ
  • フルーツがおいしいケーキ
  • 変わり種ケーキ

 

上記のジャンルごとにご紹介していきます♪

(「目次」から好きなジャンルに飛んでもOK ▼)

 

生クリームがおいしいケーキ3選

①【札幌市中心部】コレット

コレットの生チョコパイがテーブルに置かれている

札幌中心部にある「札幌三越店」をはじめ、中央区にある「本店」「手稲店」と、札幌市内に3店舗をかまえるパティスリー「cake&cafe collet(コレット)」

コレットのスイーツは、使う素材のひとつひとつにこだわって作られていて、さらにおいしさも格別でとってもオススメ!

 

ドライフラワーとコレットの生チョコタルトがテーブルに置かれている

おすすめは「生チョコパイ」

口どけ抜群の上品な甘さの生クリーム、濃厚なチョコレート、サックサクのパイが三位一体となった極上のひと品「生チョコパイ」。

1号店「手稲店」がオープンした2010年から、未だにリピーターも多い定番人気のケーキです。

 

生チョコパイ、チーズタルトなどがケースに並べられている

どのケーキも、大人の手の平におさまりそうな小ぶりサイズですが、高品質なため満足感はピカイチ♪

量より質を求める大人の女性におすすめです。

 

クリスマス用のホールケーキは 1~2人用の小さいもの(1850円)からあり、公式オンラインショップからも予約できますよ。

 

▼ 詳細はこちらから

 

「cake&cafe collet(コレット)札幌三越店」の口コミ

店舗情報
【店名】cake&cafe collet(コレット)札幌三越店
【住所】北海道札幌市中央区南1条西3丁目8 札幌三越 地下2階
【電話番号】011-271-3311
【営業時間】10:00~19:30
【定休日】札幌三越に準ずる
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各種クレジットカード
【公式サイト】http://collet-sapporo.com/
【公式SNS】Instagram / Facebook
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

②【札幌市豊平区】パティスリー フレール

パティスリーフレールのイチゴショートと箱がテーブルに置かれている

「Patisserie Freres(パティスリー フレール)」があるのは豊平エリアの国道36号線沿い。

系列でもある「焼肉 徳寿 豊平店」の向かい側にあります。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄東豊線 「豊平公園駅」 徒歩約9分
  • 札幌市営地下鉄東西線 「東札幌駅」 徒歩約12分

 

パティスリーフレールのイチゴショートがテーブルに置かれている

おすすめは「イチゴショート(430円)」

口に入れるとスッと消える、さっぱりタイプの「生クリーム」がとにかく絶品!♡

舌に残る感じも全くなく、ごく上品な甘さで口溶けが秀逸。

 

ミルキーなクリームの中に少量のスポンジと苺が入った、完全に「生クリーム」が主役の ”生クリームを食べるケーキ” です。

 

大きなガラス窓があるパティスリーフレールの外観

「Patisserie Freres(パティスリー フレール)」のチーフ パティシエ 古田 浩真さんは、「さっぽろスイーツコンペティション2018」のグランプリを受賞した実力派。

華やかなビジュアルのケーキが多いので、手土産にもどうぞ♪

 

▼ 詳細はこちらから

 

「パティスリーフレール」の口コミ

店舗情報
【店名】Patisserie Freres(パティスリー フレール)
【住所】北海道札幌市豊平区豊平4条12丁目1-1
【電話番号】011-598-9142
【営業時間】10:00〜20:00(カフェは19:00L.O)
【定休日】なし
【駐車場】あり(店舗裏に10台)
【キャッシュレス決済】PayPay、各種クレジットカード
【公式サイト】https://www.patisserie-freres.jp/
【公式SNS】Instagram
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

③【札幌市豊平区】パティスリー シエム

パティスリー シエムの和栗のショートケーキとマグカップがテーブルに置かれている

「PATISSERIE Siem(シエム)」があるのは、豊平エリア。

地下鉄平岸駅と美園駅から徒歩圏内で、ちょうど間くらいの場所にお店をかまえています。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄東豊線 「美園駅」 徒歩約10分
  • 札幌市営地下鉄南北線 「平岸駅」 徒歩約10分

 

パティスリー シエムの和栗のショートケーキがテーブルに置かれている

おすすめは季節のショートケーキ(写真は「和栗のショートケーキ」)

桃やメロンなど、季節ごとの旬フルーツでつくる「季節のショートケーキ」がおすすめ。

 

脂っぽい感触がなくキレのある後味の生クリーム。
ミルキーな余韻を残してすぅ…っと溶けていきます♡

 

これは高品質なものを使っている証拠です。

 

赤と白の看板のパティスリー シエムの外観

1990年の創業以来、真面目に丁寧にお菓子と向き合っているご夫婦が営んており、地元民に愛され続けています。

厳選素材からつくられるケーキは、お子様にもおすすめですよ。

 

「PATISSERIE Siem(シエム)」の口コミ

店舗情報
【店名】PATISSERIE Siem(シエム)
【住所】北海道札幌市豊平区平岸5条7-8-27
【電話番号】011-841-7339
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】火曜・水曜(祝日の場合は変更)
【駐車場】あり
【公式サイト】http://www.siemu.jp/
【公式SNS】Facebook
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

チョコレートがおいしいケーキ2選

①【札幌市中央区】ボンヴィバン

ボンヴィバンのグラッパとミルフィーユがテーブルに置かれている

「パティスリー・ショコラティエ Bon Vivant(ボン ヴィバン)」があるのは、札幌の歓楽街 すすきのに隣接する緑豊かな公園「中島公園」のすぐ近く。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄南北線 中島公園駅 徒歩約4分
  • 札幌市営地下鉄南北線 幌平橋駅 徒歩約10分

ちなみに、地下鉄南北線「すすきの駅」からも 徒歩15分くらいで着くので、観光で札幌を訪れる方にもおすすめです。

「ホテルライフォート札幌」を目印に向かうとスムーズですよ。

 

ボンヴィバンのグラッパがテーブルに置かれている

おすすめは一番人気の「グラッパ」

一番人気「グラッパ」は、シックな輝きをはなつチョコレートケーキ。

ぶどうの蒸留酒であるグラッパをたっぷり使用した、大人のためのケーキです。

 

攻めの洋酒づかいが素敵♡
お酒は苦手だけど…… これは大好き!

 

カラフルなケーキがガラスケースの中にたくさん並んでいる

関西出身のオーナー久保 健寛さんが2010年7月にオープンさせた、パティスリー・ショコラティエ「Bon Vivant(ボン ヴィバン)」

チョコレートをつかったケーキが特に人気ですが、ショコラ・焼き菓子・ベーカリーなどすべてが絶品。

洗練されたおいしさに出会える名店です!

 

▼ 詳細はこちらから

 

ちなみにクリスマス限定のケーキは、小さめサイズのリーズナブルなものからあるので、去年わが家も購入しました。(たしか2000円くらいだったと思います)

※今年は11月25日より予約開始予定。

 

「 Bon Vivant(ボン ヴィバン)」の口コミ

店舗情報
【店名】パティスリー・ショコラティエ Bon Vivant(ボン ヴィバン)
【住所】北海道札幌市中央区南11条西1丁目5-23
【電話番号】011-521-3433
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】月曜、火曜(月曜が祝日の場合は営業)
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種
【公式サイト】https://bon-vivant22.com/
【公式SNS】Instagram / Facebook
【外部サイト】 ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

②【札幌市北区】ププリエ

ピンクとブルーがビビッドなププリエの外観

以前はイエローの外観でしたが2020年5月に一新。さらに素敵になりました

PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)」があるのは、地下鉄南北線「北12条駅」の近く。

北大通りと創成川通りのちょうど間くらいのところにあります。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄南北線 北12条駅 徒歩約3分

 

ププリエのチョコレートケーキがテーブルに置かれている

おすすめは一番人気の「チョコレートケーキ」

グっと舌にさしこむチョコレートの濃厚さと、驚くほどの軽やかさ。

見た目からは想像できないたっぷりの水分量を感じる、リッチなしっとり感。

 

昔ながらのチョコレートケーキを彷彿とさせながらも、リッチ感が素晴らしい「チョコレートケーキ」 なんですよね。

 

ショートケーキやホールケーキがたくさん並ぶガラスのショーケース

25種類のケーキがならぶショーケース

お店の看板・外観からはじまり、ドア・入店時のブザー・壁・照明・家具・カウンター席・トイレ など

目に入るもの全てがクラシックで、パリの老舗カフェに来たような気分になれること間違いなしです♪

 

▼ 詳細はこちらから

 

「PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(ププリエ)」の口コミ

店舗情報
【店名】PATISSERIE&CAFE PEUPLIER(パティスリー&カフェ ププリエ)
【住所】北海道札幌市北区北12条西2丁目
【電話番号】011-736-0079
【営業時間】11:00〜19:00
【定休日】月曜、第1・第3火曜
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】PayPay、各種クレジットカード
【公式サイト】-
【公式SNS】-
【外部サイト】ぐるなび / Yahoo!ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

フルーツがおいしいケーキ2選

①【札幌市白石区】きのとや 白石本店

たくさんのケーキが並ぶ、きのとや 白石本店の店内の様子

「きのとや 白石本店」があるのは、札幌市白石エリアの南郷通沿い。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄東西線 白石駅 徒歩約4分

 

ストロベリークイーンとミルフィーユがテーブルに置かれている

おすすめは白石本店限定の「ストロベリークイーン」(写真:右手前)

いちご、いちご、いちご……!

2つにカットされた大ぶりのいちごがたっぷりで、どこを食べてもいちご。

ミルク感強めの上品な味わいの生クリームと合わさって、苺ミルクのようなキュートな味わいです♡

 

きのとや白石本店限定のストロベリークイーンが、ガラスケースにたくさん並んでいる

ショーケースの中に「ストロベリークイーン」が並ぶ姿はまさに圧巻!

いちご好き必食の “いちごを美味しく食べるケーキ”です。

 

札幌市内・近郊にお住まいの方は、きのとやのケーキやお菓子を届けてくれる宅配サービスも。

気になる方はこちらから、公式サイトの情報をチェックしてみてくださいね♪

 

▼ 詳細はこちらから

 

「 きのとや 白石本店」の口コミ

店舗情報
【店名】きのとや 白石本店
【住所】北海道札幌市白石区東札幌3条5丁目1-20
【電話番号】011-813-6161
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】1月1日
【駐車場】あり(45台分)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種、電子マネー
【公式サイト】https://www.kinotoya.com/
【公式SNS】Instagram / Facebook
【外部サイト】 ホットペッパー
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

②【札幌市豊平区】ケイク デ ボア

クリーム色とグリーンの、ケイク デ ボアの外観

菓子工房 Les Cakes des Bois(ケイク デ ボア)があるのは、札幌市豊平区 月寒エリアの南郷通沿い。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄東豊線 月寒中央駅 徒歩約10分

 

ケイク デ ボアの道産小麦のミルフィーユがテーブルに置かれている

おすすめは看板商品「道産小麦のミルフィーユ」

つかう食材は、なるべく地元 北海道のものを使うことをモットーにしている「Les Cakes des Bois(ケイク デ ボア)」

 

  1. ザクザク食感の香ばしいミルフィーユ生地
  2. たまご感たっぷりのカスタードクリーム
  3. 果汁あふれるジューシーな苺

この三位一体と際立つ香ばしさが、ここならではのミルフィーユなんです。

 

ケイク デ ボアのブルーベリータルトがテーブルに置かれている

「ブルーベリータルト」もすごくおすすめ!

同じくらいおすすめしたいのが、焼き菓子のショーケースに陳列されている「ブルーベリータルト」。

 

ブルーベリーのみずみずしさが尋常じゃない!♡

道産食材のおいしさを最大限に活かした、ジューシーなケーキが味わえますよ。

 

▼ 詳細はこちらから

 

「Les Cakes des Bois(ケイク デ ボア)」の口コミ

店舗情報
【店名】菓子工房 Les Cakes des Bois(ケイク デ ボア)
【住所】北海道札幌市豊平区月寒西3条10丁目1-16
【電話番号】011-255-5078
【営業時間】10:00~20:00(定休日の前日は19:30)
【定休日】木曜
【駐車場】あり
【公式サイト】https://www.cakesdesbois.com/
【公式SNS】Facebook / Instagram
【外部サイト】 -
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

変わり種ケーキ 3選

①【札幌市中心部】グラッシェル 札幌ステラプレイス店/アイスケーキ

シックな色味のグラッシェル 札幌ステラプレイス店の外観

アイスで作ったデコレーションケーキ “アントルメグラッセ” の専門店GLACIEL(グラッシェル)札幌ステラプレイス店があるのは、JR札幌駅に直結する「札幌ステラプレイス」のセンター2階。

 

最寄駅

  • JR札幌駅 徒歩約1分
  • 札幌市営地下鉄南北線 さっぽろ駅 2番出口直結
  • 札幌市営地下鉄東豊線 さっぽろ駅 18番出口直結

 

小樽の有名スイーツ店「LeTAO(ルタオ)」の系列店で、旬素材を使ったここだけのアイスデザートが楽しめる新しいスタイルのカフェとして営業しています。

今回は店内でいただきましたが、ホールのアイスケーキはテイクアウトやお取り寄せも可能。

 

グラッシェル 札幌ステラプレイス店のバルーンドフリュイがテーブルに置かれている

おすすめは一番人気「バルーンドフリュイ」(写真は1/4カット)

「バルーンドフリュイ」は、マンゴー・いちご・りんご・木いちご・青りんご 5種類の味の丸いシャーベットで彩られた、花束のようなアイスケーキです。

数種類の「なめらかさ」が口の中で交わる、初体験のくちどけが最大の魅力!

上の丸いシャーベットは まるでフルーツを食べているかのようなジューシーさですよ♪

 

カラフルで美しいアイスケーキがガラスケースに並べられている

アイスケーキは最大4時間まで持ち歩きが可能

店頭のショーケースには定番商品「バルーンドフリュイ」のほか、季節によって数種類の限定アイスケーキが並びます。

生クリームや甘いものが苦手、という方もアイスケーキならおいしく食べられる方が多いのではないでしょうか。

 

真冬もアイスクリームの消費量が多い北海道。

今年のクリスマスは、こたつでぬくぬく温まりながら家族でアイスケーキを囲んでみては?♡

 

▼ 詳細はこちらから

 

「グラッシェル 札幌ステラプレイス店」の口コミ

店舗情報
【店名】GLACIEL(グラッシェル) 札幌ステラプレイス店
【住所】北海道札幌市中央区北5条西2丁目5 札幌ステラプレイス センター 2階
【電話番号】011-209-5280
【営業時間】10:00~21:00(L.O.20:30)
【定休日】なし
【駐車場】あり
【キャッシュレス決済】各種クレジットカード
【公式サイト】https://www.glaciel.jp/
【公式SNS】Instagram  / Facebook
【外部サイト】ぐるなび
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

②【札幌市北区】プティカコ/ローケーキ

レンガの外壁の、札幌ロースイーツ専門店 Petit Caco(プティカコ)の外観

北海道でもまだ珍しいロースイーツの専門店Petit Caco(プティカコ)

お店があるのは北区ですが、JR札幌駅から徒歩圏内の、中心部にきわめて近い好アクセスなエリアです。

 

最寄駅

  • JR 札幌駅 徒歩約8分
  • 札幌市営地下鉄 さっぽろ駅 徒歩約9分

「ロースイーツ」とは、簡単にいうと加熱処理をせず、ロー(生)にこだわる製法でつくられたスイーツのことです。

生きたままの酵素や栄養が摂れることで、近年美容家のあいだで人気の 新ジャンルスイーツ。

 

ロースイーツ専門店プティカコのひめ(ベリータルト)が、テーブルに置かれている

おすすめは一番人気「ひめ(ベリータルト)」

乳製品・白砂糖・小麦粉・卵に加え、保存料などの添加物を一切使用していない、苺をつかったロータルト。

タルトの部分はおもに、アーモンドとデーツでできていて、ほんのりシナモンが香ります。

 

トッピングされているハート形の「ローチョコレート」がまた絶品で……!♡

 

一般的なケーキとは一線を画す、ローケーキならではの口どけと満足感は、食べた人にしかわかりません。

 

ケーキのショーケースとカウンター席がある、ロースイーツ専門店プティカコの店内の様子

ローケーキが完成するまでにかかる時間は、なんと5日間!

品質にこだわる「 Petit Caco(プティカコ)」の女性オーナーが、じっくり手をかけてつくっています。

 

店舗まで足を運ばずとも、公式サイトからお取り寄せも可能。

近年増えている小麦粉アレルギーの方も安心して食べられる、希少性の高いケーキです。

 

▼ 詳細はこちらから

 

「プティカコ」の口コミ

店舗情報
【店名】札幌ロースイーツ専門店 Petit Caco(プティカコ)
【住所】北海道札幌市北区北6条西8丁目8-11 1階
【電話番号】011-737-8150
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】月曜
【駐車場】あり(店舗横1台)
【キャッシュレス決済】クレジットカード各種(VISA / Mastercard / AMERICAN EXPRESS)
【公式サイト】http://petit-caco.com/
【外部サイト】Instagram / Facebook
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

③【札幌市中央区】カプセルモンスター/クレーム オ ブール

マンションの一室に店を構えるカプセルモンスターの入口の様子

古いマンションの中にひっそりと店をかまえる、絶品ケーキ店「CAPSULE MONSTER(カプセルモンスター)」

マンションのインターホンで号室番号を押して入店する、異色のパティスリーです。

 

最寄駅

  • 札幌市営地下鉄東西線 西18丁目駅 徒歩約5分
  • 札幌市営地下鉄東西線 西11丁目駅 徒歩約8分
  • 札幌市電 西15丁目停 徒歩約2分

 

「カプセルモンスター」のメインのケーキは、“クレーム オ ブール”。

バタークリームをたっぷりと使用しているのが特徴の、他ではなかなか味わえないケーキです。

全20種類以上ある中から、日替わりで4~5種類が店頭に並びます。

 

カプセルモンスターのクレーム オ ブールが2つテーブルに置かれている

「クレーム オ ブール」手前:フィグ、奥:モンストル

筆者のおすすめは、表面のビビッドな赤と断面のいちじくが印象的な「フィグ」。

アイリッシュウイスキーと クリームのお酒 ベイリーズを使ったバタークリームが主体のケーキです。

 

お酒が効いた大人な味わいのバタークリームで、常温に戻る最後のひとくちが この上ない至福の口どけ!

コーヒー・紅茶ももちろん合うけれど、どちらかというと ワインやシャンパンに合わせたいですね。

 

たくさんの焼き菓子が並ぶ、カプセルモンスターの店内の様子

モノトーンな空間には、ケーキのほかにも 焼き菓子、スコーン、グルテンフリーのパンなどがところ狭しと並んでいます。

今回ご紹介した「クレーム オ ブール」を含む、ほぼすべてのケーキや焼き菓子が公式サイトから、冷凍でお取り寄せ可能。

 

マンションの外観からは想像できない
ハイセンスな空間に萌える♡

公式サイトも素敵なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪

 

▼ 詳細はこちらから

 

「カプセルモンスター」の口コミ

店舗情報
【店名】CAPSULE MONSTER(カプセルモンスター)
【住所】北海道札幌市中央区南1条西15 シャトールレェーヴ503号室
【電話番号】011-633-0656
【営業時間】12:00~19:00
【定休日】主に月曜から水曜、ほか不定休あり
【駐車場】なし(近くにコインパーキングあり)
【公式サイト】https://www.capsulemonster.net/
【公式SNS】InstagramTwitterFacebook
【外部サイト】Yahoo!ロコ
【地図を表示】グーグルマップはこちら

 

おいしいケーキで記念日や日常を豊かに♡

今回の記事ではグルメライターが女性目線で、札幌のおすすめケーキをジャンル別に10選ご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

今後も随時追加していく予定なので またご覧いただけるとうれしいです。

 

日頃の自分へのごほうび、誕生日、記念日、クリスマスなどに、あるとしあわせな気持ちになれる「ケーキ」。

10店それぞれに個性がありタイプも違うので、いろいろ試しながらあなたのお気に入りを探してみてくださいね♡

 

その他おすすめの まとめ記事


予約の前に必ず確認!

ネット経由でホテルを予約する場合、必ずお得なクーポンがあるか確認しましょう! 上記サイトでは、定期的に割引クーポンが発行されています。宿泊予約を完了させる前にチェックしてみてくださいね!

Yahoo!トラベルのクーポンを探す

じゃらんのクーポンを探す

楽天トラベルのクーポンを探す

▶▶札幌のホテルの最安値を調べる


   
  • 来店された際に「MOGTRIP北海道を見て来ました」とお店の方に伝えていただけると、ものすごく励みになります(^^) 記事のシェアも大歓迎!
  • 味はライター個人の感想です。味覚の合うライターを探してみて下さいね。
  • LINE・youtube の 友達登録 は下のボタンからお願いします。

友だち追加 

  • サイト内の情報等は訪問時のものです。最新情報はお店へ直接お問い合わせ下さいます様お願い致します。
  • 当メディア内のテキスト・写真・映像などは、全て著作物にあたります。著作物の無断転載・転用などによる著作権の侵害につきましては、固くお断りいたします。
  • この記事を書いた人

高井なお

17年前から北海道全域3,500件以上を食べ歩く。 閉店する飲食店を減らすべくブログ「北海道食べ歩き日記」を開始。食を通じ、北海道を元気にするのが夢。テレビ番組『マツコ&有吉かりそめ天国』、『教えてもらう前と後』、『今日ドキッ!』出演経験有。 (詳しいプロフィールは”ライター紹介”から)

Copyright© MOGTRIP -モグトリップ- 北海道 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.