まるごとそらち

まるごとそらち|滝川市|温泉併設の大型キャンプ場!グランビング・手ぶらキャンプも

 

tomo.
どーも、札幌の 自称ライターで、年に10泊ほど キャンプを楽しんでいる 中級キャンパーの “tomo.” です。

 

2020年4月にオープンしたのは、滝川市のキャンプ場「まるごとそらち」。

 

ポイント

  1. 札幌・江別で公衆浴場を運営する “北のたまゆら” が 管理運営♪
  2. 天然温泉施設 “滝川ふれあいの里” 横の パークゴルフ場が、キャンプ場へと大変身!
  3. 100区画以上ある 広いテントサイトが魅力的 ^^

 

滝川市の中心部からも 車で約10分ほど♪

ペットは不可ですが、トイレ・炊事場もキレイで 焚火も OKです!

 

なお “まるごとそらち” の見学は、許可制!

当日いきなり訪問しても 受け付けてもらえないので、事前に連絡した上で 必ず見学の予約をしましょう。

 

 

「まるごとそらち」への アクセス方法

滝川市の中心部から「まるごとそらち」へ向かう場合、上記の地図を参考にしてください。

 

施設があるのは、かつての川が寸断されてできた 大きな池 “ラウネ川” 沿い。

周りに畑が広がる 開けた場所ですが、近くにある “川の科学館” などを目印に向かいましょう♪

 

まるごとそらちの外観

まるごとそらちは、滝川ふれあいの里に隣接

まるごとそらちの前の畑

施設の向かいは 広~い畑、買い物は極力事前に済ませておきましょう

キャンプ場の周りには 畑が広がるだけで、買い物ができるお店は ありません。

必要なものがあれば、向かう途中に すべて準備しておきましょう。

 

まるごとそらちの自販機

“滝川ふれあいの里” には 自販機あり

滝川ふれあいの里の食堂

ふれあいの里の中には 食堂も併設しています♪

なお 滝川ふれあいの里 内には 食堂があり、ラーメンや 丼ぶりものなどが楽しめます ^^

また施設では 炭やBBQ用のお肉なども 一部販売していますが、あらかじめ電話などで確認しておくのが無難です。

 

 スポンサードリンク

 

「まるごとそらち」の施設概要、いったいどんなキャンプ場?

 

まるごとそらち って

どんなキャンプ場?

 

まるごとそらち
住所北海道滝川市西滝川76番地1(⇒ MAP
電話番号0125-26-2000
利用期間4月下旬~10月下旬まで(冬季も利用可・条件付)
イン / アウト・12:00~18:00 / 10:00(フリー・カーサイト)
・14:00~18:00 / 10:00(グランピング・手ぶら)
管理人滞在時間時間内常駐
駐車場無料
利用料金サイト内 要確認
収容能力フリーサイト 65区画 / 手ぶらテントエリア 22区画 / グランピング 4区画 / カーサイト 19区画 / コテージ 5棟
設備等駐車場・炊事場・自動販売機・トイレ・照明・温泉施設・グランピング施設
焚き火可(直火不可)
花火可(所定の場所のみ、手持ちのみ可)
ペット不可
ごみ一部廃棄無料(要分別)
レンタル・販売レンタル有(テント、コンロ、毛布、マットレスなど)
近隣温泉・浴場滝川ふれあいの里 まで 徒歩 約1分
HP公式HP

 

まるごとそらちのキャンプ場入口看板

奥の高い木の奥が 区画別フリーサイト

まるごとそらちのキャンプ場内

敷地は 元パークゴルフ場、平坦な芝のサイトです♪

まるごとそらちのキャンプ場内

所々に木が生えていて、ちょうどよい目隠しに ^^

“まるごとそらち” は、滝川市街から一番近い 温泉併設のキャンプ場♪

 

tomo.
フリー・オートサイトの他に、グランピング施設なども♪

  • 【フリーサイト】 65区画
  • 【カーサイト】  19区画
  • 【手ぶらテント】 22区画
  • 【グランピング】 4区画
  • 【コテージ】   5棟

今回は フリーサイトを利用しました ^^

 

フリーサイトは平坦でとても広く、目隠しになる ちょうど良い木が 所々に生えていて、場所によっては プライベート感も満載♪

広くて快適な “温泉施設” も 併設していて、とても便利で快適です◎

 

 スポンサードリンク

 

「まるごとそらち」の テントサイトや 駐車場が知りたい!

滝川ふれあいの里の全体図

まるごとそらち は、“滝川ふれあいの里” に併設していたパークゴルフ場を 転用してつくられたキャンプ場。

 

サイトは 大きく分けて 5種類

  • 【フリーサイト】 65区画
  • 【手ぶらテント】 22区画
  • 【グランピング】 4区画
  • 【カーサイト】  19区画
  • 【コテージ】   5棟

 

ふれあいの里に向かって、右側に “フリーサイト・手ぶらサイト・グランピング”左側に “カーサイト・コテージ”

入場ゲートなどは ないので、騒音にさえ 気をつければ 夜間の出入りも可能です。

 

① フリーサイト

フリーテントサイトは、全65区画の 広い芝生のサイト。

 

まるごとそらちのフリーサイト

通路の左と右で、エリア名が分かれています

中央の通路をはさんで ラウネ川側が “SORAエリア”反対側が “MARUエリア”

 

tomo.
エリア名は 分かれているけど、正直 雰囲気に大差はなし

ラウネ川を眺めながら キャンプをしたい場合だけ、SORAエリアの 川側を狙いましょう

 

まるごとそらちのキャンプ場内

敷地は 元パークゴルフ場、平坦な芝のサイトです♪

まるごとそらちのキャンプ場内

所々に木が生えていて、ちょうどよい目隠しに ^^

まるごとそらちの前のラウネ川

ラウネ川とフリーサイトの間には、高い堤防があります

パークゴルフ場だった時の名残で、コースを区切る様に生えた 高い木が特徴的。

これが 目隠しになり、選ぶ場所によっては プライベートサイトの様な利用も可能♪

 

tomo.
ひとつひとつの区画は 結構広めで、隣との距離も 十分に確保 ^^

SORAサイトよりも MARUサイトの方が、若干広めに利用できます

 

まるごとそらちのフリーサイトの杭

各区画に打ってある 杭の周辺に、テントを設営しましょう

フリーサイトは すべて区画割りされていて、予約時に選ぶことができます。

 

まるごとそらちの全体図

マップを見ながら 上手に木陰を選びましょう

木の向きを考えて 上手に区画を選ぶと、熱い夏場に 太陽の光をさえぎることも♪

滞在中 快適にすごすために、予約時はマップを見ながら じっくり考えてみましょう!

 

夜のまるごとそらちのフリーサイト

中央の通路や 炊事場・トイレには、照明あり

まるごとそらちのフリーサイト(夜)

足元を照らす灯りがあると、ベストでしょう

中央の通路部分に 外灯があるので、夜間でも 場内の移動は可能。

ただし 足元は ほぼ真っ暗で、凸凹している場所もあるので、ランタンや ヘッドライトがあれば とても便利です♪

 

 

② 手ぶらサイト・グランピング

まるごとそらちの手ぶらサイト

~準備中~

 

「まるごとそらち」の トイレ・炊事場、その他の 設備

滝川ふれあいの里の全体図

その他、おさえておきたい設備は、以下のとおり。

 

各設備

  1. 炊事場
  2. トイレ
  3. 受付
  4. リアカー
  5. 駐車場

 

設備 ①:炊事場

まるごとそらちの炊事場

フリーサイトの中でも、一番 駐車場に近い炊事場

炊事場は、キャンプ場内に 全部で4ヶ所。

 

各炊事場

  • 【フリーサイト】3ヶ所
  • 【手ぶらサイト】1ヶ所

 

まるごとそらちの炊事場

フリーサイトの中でも、駐車場に一番近い炊事場

駐車場に一番近い炊事場は 2棟に分かれていて、1棟当たりの蛇口は4口。

 

tomo.
炊事場では、炊事以外の行為は 一切禁止です

焚き火台を洗うなどの行為も 当然禁止となるので 注意!!

 

まるごとそらちのフリーサイトの炊事場

フリーサイト中央の炊事場は、トイレに併設

まるごとそらちの炊事場

すべて屋根付きで、雨天時でも利用はしやすい

フリーサイト中央の炊事場は、トイレに併設。

全部で 8口あり とても清潔で、イヤな感じは まったくありません♪

 

まるごとそらちの炊事場

フリーサイトの中で、駐車場側から一番奥の炊事場

まるごとそらちの炊事場

フリーサイト3ヶ所の中で、一番しっかりとした建物

一番奥の炊事場が、3ヶ所の中で 一番しっかりした造り。

他の炊事場と同じく 全部で 8口あり、文句なしのキレイさです♪

 

まるごとそらちの炊事場

手ぶらテントエリアにも 炊事場があります

まるごとそらちの炊事場

テントの中に 計4口分

どの炊事場も 文句のつけようがないくらい、広くてキレイ♪

石鹸が用意されていたり お湯が出たりすることはありませんが、使い勝手は最良です。

 

設備 ②:トイレ

滝川ふれあいの里の全体図

トイレは、キャンプ場内に 全部で3ヶ所。

 

各トイレ

  • 【フリーサイト】2ヶ所
  • 【手ぶらサイト】1ヶ所

 

まるごとそらちのトイレ

フリーサイト中央にある トイレ

まるごとそらちのトイレ

男女それぞれ分かれていて、正面には多目的トイレの入口も

まるごとそらちのトイレの中

男性用トイレ、中はとてもキレイで 虫もいませんでした

まるごとそらちのトイレの中

個室もキレイで、ウォシュレット付き♪

中は 決して広くはないですが、清潔さは文句なし!

ウォシュレットも しっかりついていて、とても快適に利用することができます♪

 

まるごとそらちのトイレ

フリーサイトの一番奥にあるトイレは、公園のトイレと兼用

まるごとそらちのトイレ

中は とても広くてキレイ♪

まるごとそらちのトイレ

ウォシュレットも完備!

フリーサイトの一番奥にあるトイレは、併設する公園と兼用。

もちろん 中はとてもキレイで、ウォシュレットもしっかり完備♪

 

まるごとそらちのトイレ

手ぶらテントエリアにも キレイなトイレ

まるごとそらちのトイレの中

フリーサイト中央にあったのと 造りはほぼ同じ

まるごとそらちのトイレの中

洋式トイレが 2室、ウォシュレット付き

炊事場同様、トイレも 文句のつけようがないくらいキレイ♪

基本 広くないことだけがネックですが、清潔さを考えたら 気にもなりません。

 

設備 ③:受付

滝川ふれあいの里の全体図

受付があるのは、駐車場からほど近い 手ぶらテントサイトの一画。

 

まるごとそらちの入口

受付があるのは、キャンプ場の入口

ただし 平日などの 閑散日は、外の受付が開いていない場合があります。

その場合 キャンプ場の受付は、“滝川ふれあいの里” の受付で行いましょう。

 

tomo.
週末や繁忙期でもない限り、ほぼ閉まっていると思っていた方が無難

わたしが利用した 9月の平日も、しっかり閉まってました (^^;

 

まるごとそらちのメニュー表

受付では レンタル品や販売品の取扱いも

受付では レンタル商品の貸し出しや、キャンプに必要な 炭や薪などの販売も行っています。

ただし 取扱い品目は、都度確認しておいた方が良いと思います。

 

設備 ④:リアカー

まるごとそらちのリアカー

受付前のリアカーを 自由に使うことができます

“まるごとそらち” の フリーサイトには、車の乗り入れはできません。

荷物は 備え付けのリアカーを使って 運びましょう。

 

tomo.
たっぷり 20台以上あり、混雑時でも 比較的待たずに利用できるのが ◎!

アルミ製で軽めですが その分 少し小さめなので、荷物の量に応じて 分けて運びましょう

 

設備 ⑤:駐車場

まるごとそらちの駐車場

駐車場の中でも、キャンプ場側を利用しましょう

滝川ふれあいの里の駐車場は、無料で利用することが可能。

ただし キャンプ場利用の場合は、できるだけ キャンプ場に近い場所に車を停めましょう。

 

 スポンサードリンク

 

「まるごとそらち」の 温泉施設 “滝川ふれあいの里”

まるごとそらちの外観

まるごとそらちは、滝川ふれあいの里に隣接

まるごとそらち は、“滝川ふれあいの里” に隣接する施設。

 

お風呂に浸かりたい場合は

滝川ふれあいの里で 温泉を楽しみましょう♪

 

滝川ふれあいの里の入口

温泉・食堂・マッサージ施設があります

滝川ふれあいの里の料金表

料金は 公衆浴場と同等くらい

営業時間・利用料金などは、以下のとおり。

 

営業時間など

  • 営業時間
    8:00 ~ 22:00(最終入場 21:30)
  • 入浴料
    大人:550円(中学生以上)
    小人:250円(小学生)
    幼児:無料
  • その他
    バスタオル(レンタル)140円

    フェイスタオル(販売)120円
    リンスインシャンプー、ボディソープあり

 

滝川ふれあいの里のエントランス

エントランス右側のカウンター席で受付を

滝川ふれあいの里の温泉は「ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉」

“美人の湯・美肌の湯” とも呼ばれる 肌に優しい温泉なのだそうです ^^

 

温泉効能

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・うちみ・くじき・冷え性・慢性消化器病・慢性皮膚病・慢性婦人病・きりきず・やけど 他

 

リンスインシャンプーは ありますが、タオル類は 持参する必要があります。

温泉の中が知りたい場合、公式HPで 確認することができますよ♪

⇒ 滝川ふれあいの里 公式HP へ

 

滝川ふれあいの里の食堂

ふれあいの里の中には 食堂も併設しています♪

滝川ふれあいの里、食堂の券売機

券売機で 事前精算

滝川ふれあいの里のメニュー表

丼ぶり・定食・ラーメンなど、ひと通り楽しめます

併設の食堂では、一通りのメニューが勢ぞろい♪

おつまみなどもあるので、お風呂あがりに一杯なんてのも よさそうです◎

 

メニュー一例

カレー・ラーメン・そば・うどん・丼ぶり・チャーハン・おにぎり・定食・ソフトクリーム・ビール等 アルコール・おつまみ など

 

「まるごとそらち」の 利用料金について

各利用料金について、以下にまとめます。

 

フリーサイト利用料

  • 【利用料:一泊(6名まで)】
    ・3600円(金土祝前日、連休他)
    ・3100円(日曜・祝日)
    ・2700円(上記以外 月~木)
  • 【利用料:デイキャンプ(6名まで)】
    ・2600円(金土祝前日、連休他)
    ・2300円(日曜・祝日)
    ・1900円(上記以外 月~木)

    ・利用可能時間 12:00~18:00まで

カーサイト利用料

  • 【利用料:一泊(6名まで)】
    ・4900円(金土祝前日、連休他)
    ・4400円(日曜・祝日)
    ・4000円(上記以外 月~木)
  • 【利用料:デイキャンプ(6名まで)】
    ・3700円(金土祝前日、連休他)
    ・3400円(日曜・祝日)
    ・3000円(上記以外 月~木)

    ・利用可能時間 12:00~18:00まで

グランピング

  • 【利用料:一泊 一区画(4名まで】
    ・30500円(4~6月、9-10月)
    ・33500円(7-8月)
    ・35500円(11-12月)
    ・人数分 入浴料込

コテージ利用料

  • 【利用料:一泊 一棟(5名まで)】
    ・25000円(金土祝前日・連休他)、+4500円(追加1名毎)
    ・20000円(上記以外の日)、+3760円(追加1名毎)
    ・チェックイン 15:00~ / チェックアウト ~10:00

 

なお キャンプ場を利用する場合、必ず 事前予約をしておきましょう。

予約方法は 次の項目を参照してください。

 

「まるごとそらち」の 予約方法と 注意点

 

“まるごとそらち” の予約は、基本 ネット上で行います。

⇒ まるごとそらち の 予約ページへ

 

注意

  • 利用日の 3日前以前の 予約の場合、予約フォームからのみの受付となり 電話予約は不可
  • 当日~2日前までの 予約の場合、電話で直接予約をする必要があります
  • 電話予約の場合、公平性を保つため 利用当日に再度電話をする必要があります

連絡先:0125-26-2000
⇒ 予約フォーム へ

 

事前予約の場合は 予約フォームから 楽に手続きができますが、直前の予約の場合は ちょっと複雑‥

電話予約をした後でも、当日に もう一度電話しなくてはならないのが かなり面倒です‥ (^^;

 

tomo.
‥ということで、3日以上前に 予約フォームを利用するのがおすすめ!

確実に利用するために、なるべく早く 予約を行いましょう ^^

 

「まるごとそらち」の レンタル品・販売品

 

レンタル品・販売品は “受付” で取り扱っています。

 

tomo.
‥が 受付が開いていない日もあります

購入を検討する場合、購入できるかを あらかじめ確認しておくのが無難です

 

① レンタル品 一覧

まるごとそらちのメニュー表

受付では レンタル品や販売品の取扱いも

 

レンタル品料金
焚火セット5930円
BBQグリルコンロセット3990円
寝袋1370円
エア枕570円
エアマット1140円
ベンチテーブルセット2060円
チェア1370円
ランタンセット1710円
箸付きディナーセット570円
ダッチオーブン&スキレット1370円
クーラーセット1030円
まな板・包丁セット630円
フィールドクッカーセット920円
※ 商品内容・価格は 変更となる可能性があります

 

② 販売品 一覧

まるごとそらちの販売品一覧

薪・炭などの他、ビール・アルコール類なども

 

生ビール料金
パーティーサーバー(ジョッキ7杯分)3900円
缶ビール(350ml)320円
缶ビール(500ml)500円
缶酎ハイ(350ml)240円
金滴ワンカップ(180ml)330円
金滴里の詩(300ml)500円
金滴北の純米酒(720ml)1300円
金滴森の詩(300ml)460円
※ 商品内容・価格は 変更となる可能性があります

 

販売品料金
薪 4本750円
炭 3㎏980円
文化たきつけ190円
チャッカマン620円
氷 1kg330円
火ばさみ330円
ホッカイロ100円
ガスボンベ 1本300円
軍手100円
焼網200円
※ 商品内容・価格は 変更となる可能性があります

 

まるごとそらちの販売品一覧

一部お肉の販売も行っています

 

BBQ単品料金
牛カルビ(500g)1980円
牛さがり(500g)2030円
味付けマトン(500g)1290円
辛いホルモン(500g)1240円
塩ホルモン(500g)1160円
※ 商品内容・価格は 変更となる可能性があります

 

「まるごとそらち」利用上の注意事項

まるごとそらちの注意事項

注意事項あり、必ず遵守しましょう!

 

キャンプ場 利用時は

以下の点に注意しましょう

 

注意

  • 夜間以外も 他の利用者のため 大声での会話は禁止です
  • お客さん同士のトラブルに対し 施設は一切責任を負いません
  • 芝生内への 車の乗り入れは不可です
  • ペットの同伴は 一切不可です
  • 直火・打ち上げ花火・カラオケ機器・発電機の利用は禁止です
  • 手持ち花火は 指定の場所でのみ 利用可能です
  • 火の始末は 各自責任をもって行いましょう
  • グランピングテント内・手ぶらテント内は すべて禁煙です
  • ゴミは施設のルールに則り 分別して袋に入れて出しましょう
  • 下着・上半身裸などで 場内を歩くのは禁止です

 

危険がともなう行為、まわりのお客さんの迷惑となる行為については、一切禁止です。

 

「火の利用」について

 

何よりも注意したいのが

“火” の扱い方!

 

注意

  • 焚き火台などを使用すれば 焚き火は可能です
  • 直火は 一切禁止です
  • 焚き火台などを使用する場合でも、芝生から十分に離しましょう
  • 風が強くなってきたら 焚き火を中止してください
  • 利用し終わった後の炭は、必ず所定の場所に捨てましょう

 

花火は 所定の場所(アスファルト部分)で、“手持ち花火のみ” が可能。

きれいな芝を傷めないよう 十分に配慮して、ステキな キャンプを楽しみましょう。

 

「ゴミの処理」について

まるごとそらち の ごみの取扱い方法は、以下のとおり。

 

ゴミについて

  • 【通常の場合】
    ゴミは すべて持ち帰る必要がある
    ・生ゴミ(食べ残しの野菜や 3㎝以内のエビ・カニの殻)だけは 収集可
    ・受付時に 生ゴミ用のゴミ袋を 1枚もらえます
  • 【グランピング利用の場合】
    ・施設側で すべて回収してくれます
    ・施設側の指示通りに 分別しておきましょう

 

まるごとそらちのゴミ袋

受付時に 生ゴミ用のゴミ袋を1枚もらえます

まるごとそらちの利用者証

しっかり分別しましょう、分別がなってないと回収してくれません

生ゴミだけは 捨てて帰ることができますが、施設の指示とおりに キチンと分別しましょう。

 

ゴミの分別方法

  • 【回収可能なもの】
    ・食べ残しの野菜くずなど
    ・長さ3㎝以内の 魚・エビ・カニなどの殻
  • 【回収不可なもの】
    ・卵の殻
    ・玉ねぎの茶色い皮
    ・トウモロコシの芯や皮
    ・貝殻や大きな骨
    ・ラップ、ビニール袋
    ・ティッシュ、紙くず
    ・割り箸
    ・ティーバック

 

生ゴミの中でも 回収できるものとできないものがあるので、基本 持ち帰らなければならないと覚えておきましょう。

 

「ペット」の 取り扱いについて

まるごとそらち では、ペット同伴は 一切不可。

ペット同伴の場合は、そもそも こちらのキャンプ場を選ぶべきではありません。

 

「駐車場」の 利用について

駐車場利用時は、以下の点に注意してください。

 

注意

  • 事故・盗難などのトラブルについて 施設側では責任を負いません
  • 道路・車路への駐車は禁止です
  • 芝生内への 車・バイクの乗り入れは禁止です
  • 駐車場内・カーサイトで 大きな音を出す行為は禁止です
  • 改造車の乗り入れは禁止です

 

「その他」の注意点について

まるごとそらちのフリーサイト(夜)

足元を照らす灯りがあると、ベストでしょう

まるごとそらち では、通路を除き 夜間は 基本真っ暗。

芝の一部に 凹凸があるので、ランタンや ヘッドライトがあれば とても便利です。

 

 

「まるごとそらち」まとめ

まるごとそらちの外観

まるごとそらちは、滝川ふれあいの里に隣接

今回は 滝川市にある「まるごとそらち」をご紹介しました。

 

ここの感想を一言であらわすと‥

一区画が とても広く、開放的ですごしやすい ^^

所々に生えた木が目隠しになって、プライベート感満載でした♪

 

ポイント

  1. 札幌・江別で公衆浴場を運営する “北のたまゆら” が 管理運営♪
  2. 天然温泉施設 “滝川ふれあいの里” 横の パークゴルフ場が、キャンプ場へと大変身!
  3. 100区画以上ある 広いテントサイトが魅力的 ^^

 

個人的に おすすめなのが、フリーサイト♪

キレイで 広くて開放感があって、場所によっては プライベート感が満載!

温泉も快適で、とても気持ち良く 利用することができました ^^

 

 

その他の アウトドアスポットをチェック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。