きじひき高原キャンプ場

きじひき高原キャンプ場|北斗市|函館裏夜景も楽しめる♪山の上の広い芝サイト

   

 

函館近郊で おすすめの “キャンプ場” が知りたい!
できれば できるだけ リーズナブルな方がいいな ^^
函館っぽい雰囲気も 楽しめたら最高~♪

 

そんな方には、函館の裏夜景 を楽しめる “きじひき高原キャンプ場” は いかがでしょう!

 

どーも、札幌の 自称ライターで、年に10泊ほど キャンプを楽しんでいる 中級キャンパーの “tomo.” です。

 

函館市のお隣 “北斗市” にある「きじひき高原キャンプ場」は、中心部から 約1時間弱ほどの キャンプ場。

 

ポイント

  • 全150張の とても広いキャンプ場で 3種類の芝サイトを楽しめる♪
  • 山の上にあって 天気が良い日は ながめが超キレイ ^^
  • 1張 320円(6人以下の場合)で 入場料もなし!

 

山の上なので 温泉はありませんが、管理棟内に シャワールーム有。

運が良ければ 山の上から 函館の裏夜景がながめられたり、早朝に “雲海” が見られることもあるそうです ^^

 

 

「きじひき高原キャンプ場」への アクセス方法

函館の中心部から「きじひき高原キャンプ場」へ向かう場合、上記の地図を参考にしてください。

 

ルートは簡単で、国道227号線に沿って “北斗市方面” へ進むだけ。

市街地を抜けて 山間部に入ると “きじひき高原” の看板が見えてくるので、案内にしたがって 山の上を目指しましょう。

 

きじひき高原の入口

国道沿いにある “きじひき高原” の入口

きじひき高原MAP

キャンプ場があるのは 展望台の手前(公式HPより

キャンプ場があるのは “木地挽山” の上なので、もちろん まわりに買い物ができるお店は ありません。

あるのは 自販機くらいなので、必要なものは 向かう途中に すべて揃えておきましょう。

 

「きじひき高原キャンプ場」の施設概要、いったいどんなキャンプ場?

 

きじひき高原キャンプ場 って

どんなキャンプ場?

 

きじひき高原キャンプ場
住所北海道北斗市村山174(⇒ MAP
電話番号0138-73-3111(北斗市経済部観光課)
利用期間4月下旬~10月末まで
イン / アウト13:00~21:00 / 6:30~11:00
管理人滞在時間時間内常駐
駐車場無料
利用料金【テントサイト】
・320円(1張1泊 6人用以下)
・530円(1張1泊 7人用以上)
・デイキャンプも同
【バンガローサイト】
・2130円(1棟1泊)
収容能力約150張
設備等駐車場・炊事場・トイレ・管理棟・自動販売機・バンガロー・簡易炭火コンロ・シャワールーム(管理棟内)5分 100円
焚き火可(直火不可)
花火可(打上花火不可)
ペット可(バンガロー内不可)
ごみ廃棄無料(要分別)
レンタル・販売なし
近隣温泉・浴場管理棟内にシャワー(男女各3ヶ所:5分100円)
HP公式HP

 

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

カラーコーンの左側は 車の乗り入れも可能♪

きじひき高原キャンプ場の 丘の上サイト

とても広い 丘の上サイトは 荷物の運搬が大変 ^^;

きじひき高原キャンプ場は、木地挽山の中にある 自然豊かなキャンプ場♪

 

公式HPでは すべて “テントサイト” という表記になってますが

本記事では 3つに分けてご紹介します

  • 【オートサイト】
    ・車の乗り入れができる 芝のサイ
  • 【フリーサイト】
    ・車の乗り入れができない 芝のサイト
  • 【丘の上サイト】
    ・車の乗り入れができない 芝のサイトの中で、一番眺望がいいサイト

 

テントサイトは とても広く、どこにテントを張るかによって 雰囲気がまったく変わります。

 

また 山の上は 寒暖差が大きく、風の強い日も あるそうです。

夏でも 防寒・防虫のため、長袖・長ズボンや アウターなどを用意しておくと 間違いないでしょう。

 

温泉に浸かりたい時は

せせらぎ温泉(車で約13分)が便利です♪

管理棟内にシャワーもありました ^^

※ 5分 100円

 

「きじひき高原キャンプ場」の テントサイトや 駐車場が知りたい!

きじひき高原キャンプ場の テントサイトは、かなり広め。

 

管理棟に近い場所から順番に…

  • オートサイト(A)
  • フリーサイト(F-1)
  • 丘の上サイト(F-2)
  • その他の区画(F)

と 呼ぶことにします

 

きじひき高原キャンプ場の駐車場

(A)サイト、(F-1)サイト側の駐車場は かなり広め

公式HPでは すべて “テントサイト” という表記 になってますが、本記事では 上記の様に分け サイトごとの特徴をご紹介します。

なお どこにテントを張っても、料金は変わりません ^^

 

① オートサイト(A)

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

赤いコーンから左側が “オートサイト”、右が “フリーサイト”

テントサイトの内、中まで 車で入ることができるのが この区画。

車のすぐそばに テントを張ることができるので、荷物の運搬が かなりラクラク♪

 

一番 人が多かったのも このテントサイトでした

 

混雑が予想される 7~8月の週末などは、激混み必至でしょう。

 

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

丘の上から見た テントサイト、コーンより手前が “オートサイト”

フラットな 芝のサイトが広がっている以外、特に大きな特徴は ありません。

 

車が入れる分、設営のしやすさは No.1!

ただし トイレ・炊事場が遠く、景色もあまり良くありません ^^;

 

なお 車が入れるのは、小高い丘の手前まで。

左奥に 車が抜けられそうな スロープがありますが、鎖が張ってあり 先へ進むことはできませんでした。

 

② フリーサイト(F-1)

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

コーンをはさんだお隣は 車の進入が不可

赤いコーンの右側に広がる “フリーサイト(F-1)”。

ここは 中まで車で入ることができないので、荷物の運搬は リアカーを使うのが便利♪

 

⇒ アウトドアワゴン を探す

 

リアカーがあるのは、後述する 物置の中

管理棟の横にある建物です ^^

駐車場沿いにテントを張れば

実質オートサイトの様にも使えます♪

 

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

丘の上から見た フリーサイト(F-1)

車が入れないからか、利用する人は かなり少なめ。

 

炊事場・トイレ・バーベキュー台が近く 便利なのは 断然こっち♪

バンガロー横からの眺望も ◎!

 

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

バンガローに人がいなければ、横から 絶景が眺められます

 

③ 丘の上サイト(F-2)

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

丘の上の駐車場から続く 緩~い坂を上りきった先に…

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

広~い 丘の上サイト があります

きじひき高原キャンプ場の中で、もっとも高い場所にある “丘の上サイト(F-2)”

 

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

木の生えているあたりまで ず~っとテントサイト ^^

芝のサイトが ず~っと奥まで広がります。

 

きじひき高原キャンプ場から見た景色

遠くに “函館山” を見渡すことのできる 眺望の良さ♪

特段 何かがある訳ではないですが…

 

テントサイトの一番奥には、函館山まで見渡せるほどの絶景!

夜は “函館裏夜景” まで 楽しめるんです♪

 

トイレが遠く、また 坂の上まで リアカーで荷物を運ぶ必要があるため、利便の悪さは 断トツ…。

ただし 景色の良さが 断トツで良いので、景色目当ての場合は 迷わずここを利用しましょう ^^

 

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

丘の上側の 駐車場と、F-2サイト へ続く道

きじひき高原キャンプ場のトイレ

丘の上側の駐車場、奥にあるのが トイレ

F-2サイトの一番奥の崖側から 手前側を見た様子

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

簡易な水道が 2ヶ所ありました

 

④ その他の区画(F)

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

F-2サイトへ続く坂の両側もテントサイト

きじひき高原キャンプ場のテントサイト

坂の上から駐車場側を振り返った様子

F-2サイトへ続く道の両側も、テントサイトとして利用できます。

 

段々になっている場所は フラットな芝サイト

緩やかな坂になっている場所もあるので テントを張る場合 しっかり場所を選びましょう

どこにテントを張るかにもよりますが

トイレ・炊事場・駐車場が近く、景色を気にしなければ 一番使いやすいサイトかも知れません ^^

 

トイレ・炊事場については、この後の項目で ご紹介します♪

 

「きじひき高原キャンプ場」の トイレ・炊事場・その他の設備について

トイレ・炊事場は 各2ヶ所ずつ。

その他、F-1 の側に “簡易炭火コンロ”、管理棟の側に “物置(ゴミ捨て場)” があります。

 

① F-1サイト側 トイレ・炊事場

きじひき高原キャンプ場のトイレ

通常のトイレの他、簡易トイレが2つ

トイレがあるのは、F-1サイトの バンガロー側。

 

きじひき高原キャンプ場のトイレ

男性用、女性用、入口が別々

きじひき高原キャンプ場のトイレ

中は 比較的キレイ♪

きじひき高原キャンプ場のトイレ

洋式便器が1つのみ

広くはなく 年季の入ったトイレでしたが、しっかり 清掃されていて 中はキレイ♪

多少 虫はいましたが、この環境なら 仕方なしです ^^

 

簡易トイレも 意外とキレイでした

 

きじひき高原キャンプ場の炊事場

炊事場は プレハブの中

トイレのすぐそばにある プレハブの中が “炊事場”。

 

きじひき高原キャンプ場の炊事場

年季は感じますが、しっかり清掃されていて キレイです♪

きじひき高原キャンプ場の炊事場

蛇口の数は 全部で6つ

きじひき高原キャンプ場の炊事場

使い古しですが、タワシやスポンジも置いてました(清掃用?)

ポリバケツに生ゴミも捨てられます

長年の 水はねで 床板の劣化が見られますが、それ以外は いたってキレイ♪

 

屋内なので、雨天時でも 気にせずに利用できる 使い勝手の良さも◎ ^^

蛇口も多くて 生ゴミも捨てられる、料金の割に 整った施設かと思います。

 

きじひき高原キャンプ場の炊事場

消し炭は こちらのドラム缶へ

 

② 丘の上側 トイレ・炊事場

きじひき高原キャンプ場のトイレ

丘の上側のトイレ、女性用の入口は裏側

きじひき高原キャンプ場のトイレ

丘の上のトイレは 駐車場の奥にあります

丘の上側のトイレがあるのは、駐車場のすぐ奥。

 

きじひき高原キャンプ場のトイレ

男性用は小便器×3 大便器×1、女性用は 洋式・和式がひとつずつ

きじひき高原キャンプ場のトイレ

汲み取り式ですが、こちらも 中はキレイ♪

きじひき高原キャンプ場の水道

トイレ横には 水道もありました

F-1サイト側のトイレと、大きな違いはありません。

 

きじひき高原キャンプ場の炊事場

炊事場があるのは、駐車場のすぐ近く

大きくことなるのが “炊事場”。

 

きじひき高原キャンプ場の炊事場

こっちの炊事場の方が めっちゃくちゃ広くてキレイ♪

きじひき高原キャンプ場の炊事場

ボタン式で時間が経つと止まります♪

全部で 4ヶ所の洗い場があり、さらに それぞれに蛇口が 4口あるので、全部で 計16口もありました♪

 

水圧はMAX!

生ゴミも捨てられます ^^

 

③ 簡易炭火コンロ

きじひき高原キャンプ場の簡易コンロ

屋根付きの 簡易コンロが 全部で3ヶ所

バーベキューをする場合、簡易コンロの利用も可能。

希望する場合は、管理人さんに しっかりことわってから利用しましょう。

 

④ 物置(ゴミ捨て場・自動販売機など)

きじひき高原キャンプ場の物置

管理棟横の物置、中には自販機・リアカー・ゴミ捨て場

管理棟の横にある “物置”。

シャッターは自由に開けられるので、必要に応じて 中の物を利用しましょう。

 

きじひき高原キャンプ場の自販機とリアカー

右側のシャッターの中には “自動販売機” と “リアカー”

きじひき高原キャンプ場のゴミ捨て場

左のシャッターの中は “ゴミ捨て場”、キチンと分別を!

きじひき高原キャンプ場のゴミ捨て方法

指定された分別方法に沿って 捨てましょう

 

「きじひき高原キャンプ場」の 利用料金について

きじひき高原キャンプ場の利用料金

各利用料金については、以下にまとめます。

 

テントサイト利用料

  • 【利用料:一泊一張
    ・320円(6人用以下)
    ・530円(7人用以上)

デイキャンプ利用料

  • 【利用料:テント一張
    ・320円(6人用以下)

    ・530円(7人用以上)
  • 【利用可能時間】
    ・8:30~21:00

バンガローサイト利用料

  • 【利用料:一棟一泊
    ・2130円

 

なお キャンプ・デイキャンプの場合は 予約不要。

バンガローサイト利用の場合のみ、必ず 事前予約の上で 向かいましょう。

 

「きじひき高原キャンプ場」から 一番近い “温泉” ってどこ?

① ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗「北路湯」

 

温泉に浸かりたい時は

ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗「北路湯」(車で11分)が 便利です♪

 

 

キャンプ場から 木地挽山を下り、約13分で みえてくるのが ホテル・ラ・ジェント・プラザ函館北斗「北路湯」

 

営業時間など

  • 営業時間
    13:00~23:00
  • 入浴料
    500円

 

新幹線「函館北斗駅」の すぐそばにあって 最高に利便は良いのですが、キャンプの帰りに立ち寄るには 昼13:00からの営業なのがネック…。

チェックアウト後 すぐに温泉に向かいたい場合は、次の “せせらぎ温泉” の利用を検討してみましょう。

 

② 北斗市健康センター せせらぎ温泉

 

温泉に浸かりたい時は

北斗市健康センター せせらぎ温泉(車で13分)の利用も 便利です♪

 

 

キャンプ場から 木地挽山を下り、北斗市の市街地へ向かうこと 約13分で みえてくるのが「北斗市健康センター せせらぎ温泉」

 

営業時間など

  • 営業時間
    9:00 ~ 20:00
  • 定休日
    月曜(月曜が祝祭日の場合は営業)
  • 入浴料
    大人:400円
    中高生:350円
    小学生:140円
    幼児:70円

 

源泉かけ流しで 露天風呂もある、さっぱりするにはピッタリの温泉です ♨

 

「きじひき高原キャンプ場」利用上の注意事項

きじひき高原キャンプ場利用時の注意

 

キャンプ場 利用時は

以下の点に注意しましょう

 

注意

  • バンガロー内での 火気の使用、ペットの同伴はできません
  • ペットの放し飼いは 止めましょう
  • 敷地内での 直火の煮炊きは禁止です
  • ゴミは分別し 決められた場所へ捨ててください
  • 午後9時以降は大声、大音量の音楽、花火など、他のお客さんの迷惑となる一切の行為が禁止です
  • 敷地内での 事故・盗難について、施設側では 一切責任を負いません
  • 許可のない 販売・レンタル・その他営利行為は禁止です
  • 夜間 21:00~6:30 は キャンプ場のゲートが閉鎖し、車の出入りができなくなります

 

きじひき高原キャンプ場の禁止事項

芝生を焼く行為、夜間(21時以降)の騒音には 特に注意!

危険がともなう行為、まわりのお客さんの迷惑となる行為については、一切禁止です。

 

また 夜間は キャンプ場入口のゲートが閉まり、車の出入りができなくなります。

 

ゲート閉鎖時間は

21:00~6:30

テント設営後に観光する場合、必ず時間内に戻る様 心がけましょう

 

「火の利用」について

 

何よりも注意したいのが

“火” の扱い方!

 

注意

  • 焚き火台などを使用すれば 焚き火は可能です
  • 直火は禁止です
  • 焚き火台などを使用する場合でも、芝生から十分に離しましょう
  • 利用し終わった後の炭は、必ず所定の場所に捨てましょう

 

きれいな芝を傷めないよう 十分に配慮して、ステキな キャンプを楽しみましょう。

 

「ゴミの処理」について

きじひき高原キャンプ場のゴミの分別方法

指示された通りに 分別をおこないましょう

きじひき高原キャンプ場では、キチンと分別さえすれば ゴミを捨てていくことができます。

分別をおこない、指示されたとおりに 物置の中にある ゴミ捨て場に捨ててください。

 

ゴミを持ち込みできる時間は

8:30~9:30までの間のみ!

野生動物がよってこない様、きちんとルールを守って捨てましょう

 

「ペット」の 取り扱いについて

ペット同伴の場合は、以下の点に注意しましょう!

 

注意

  • ペットは 禁止されていません
  • バンガロー内への ペットの持ち込みは禁止です 
  • 必ずリードをつけ、おきざりにせず、吠えさせない様 配慮すること
  • フンの処理は 飼い主が責任を持って行いましょう

 

周りへ配慮をし、しっかりと管理しましょう。

 

「駐車場」の 利用について

駐車場利用時は、以下の点に注意してください。

 

注意

  • 事故・盗難などのトラブルについて 施設側では責任を負いません
  • 道路への駐車は禁止です
  • サイト内への 車・バイクの乗り入れは禁止です(一部のみOK)

 

「その他」の注意点について

きじひき高原キャンプ場には 外灯がほぼなく、夜間は 基本真っ暗。

そのため ランタンや ヘッドライトがあれば とても便利です。

 

 

「きじひき高原キャンプ場」まとめ

きじひき高原キャンプ場のバンガロー

バンガローの小さい窓からだと、キレイな夜景はむずかしいかも…

 

今回は 北斗市にある「きじひき高原キャンプ場」をご紹介しました。

 

ここの感想を一言であらわすと‥

丘の上に行くか行かないかで 雰囲気がまったくことなります!

高原というシチュエーションを満喫するなら 断然丘の上がおすすめ♪

 

ポイント

  • 全150張の とても広いキャンプ場で 3種類の芝サイトを楽しめる♪
  • 山の上にあって 天気が良い日は ながめが超キレイ ^^
  • 1張 320円(6人以下の場合)で 入場料もなし!

 

個人的には フリーサイト(Fサイト)が おすすめ!

キレイな トイレ・炊事場が近く、ちょっと坂を上るだけで キレイな夜景にも出会えます♪

 

荷物の運搬を考えると、一番上までリアカーを引くのはちょっと大変… ^^;

夜景が見たくなったら 少し歩いて見に行きます

 

最後に繰り返しますが、キャンプ場があるのは 山の上。

夜の寒暖差のことを考え、しっかり防寒着を用意して向かうことを おすすめします。

 

 

その他の アウトドアスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.