東大沼キャンプ場

東大沼キャンプ場|七飯|大沼湖畔の無料キャンプ場、トイレ、炊事場、カフェ情報も

2021-07-20

   

 

道南で おすすめの “キャンプ場” が知りたい!
“無料” のキャンプ場ってないの
できれば “トイレがきれいなところ” がいいな~♪

 

道南の無料キャンプ場なら “東大沼キャンプ場” が 断トツで おすすめ!

 

どーも、札幌の 自称ライターで 中級キャンパーの “tomo.” です。

 

七飯町にある「東大沼キャンプ場」は、函館市中心部から 約1時間ほどの キャンプ場。

 

ポイント

  • キャンプ場 利用料が “無料”!
  • 国定公園 大沼の湖畔に広がる バツグンのロケーション♪
  • 何より トイレ・炊事場がキレイ ^^

 

利用料金は なんと 無料!

なにより かなりキレイなトイレと炊事場が使えて、本気で快適でした ^^

 

 

「東大沼キャンプ場」への アクセス方法

函館の中心部から「東大沼キャンプ場」へ向かう場合、上記の地図を参考にしてください。

“函館新道” から 七飯町 → 大沼 へと向かい、大沼公園駅 から 湖をはさんで ほぼ真逆の “東大沼” へ向かいましょう。

 

キャンプ場があるのは、大沼の周りをグルっと囲む道道338号線沿い。

駐車場入口の ちょっとだけ奥にある「カフェ M7750」を目印にすると、わかりやすいですよ ^^

 

東大沼キャンプ場の駐車場入り口

道路沿いにある駐車場入り口、奥の建物がカフェ

東大沼キャンプ場の管理棟

駐車場には管理棟がありますが、管理人は常駐していません

東大沼キャンプ場の管理棟

落とし物など 何かあった時は 大沼駐在所まで

東大沼キャンプ場の駐車場

約100台分の 広い駐車場

 

キャンプ場の周りに、買い物ができるお店は ありません。

最寄りのお店は、大沼駅近くにある セブンイレブン・セイコーマート

必要なものがあれば、向かう途中に すべて準備しておきましょう。

 

なお キャンプ場向かいにある「カフェ M7750」では、ドリンク類・カップラーメン・氷・薪・焚き付けなど を販売しています。

自動販売機は 店舗前に 2台ありました。

 

「東大沼キャンプ場」の施設概要、いったいどんなキャンプ場?

 

東大沼キャンプ場 って

どんなキャンプ場?

 

東大沼キャンプ場
住所北海道亀田郡七飯町字東大沼(⇒ MAP
電話番号0138-47-9439
利用期間4月下旬~11月初めまで(期間外トイレ・炊事場利用不可)
イン / アウト- / -
管理人滞在時間不在
駐車場無料
利用料金無料
収容能力約100張
設備等駐車場・炊事場・トイレ・照明(一部のみ)
焚き火可(直火不可)
花火不可
ペット
ごみ持ちかえり
レンタル・販売なし
近隣温泉・浴場駒ヶ峯温泉 ちゃっぷ林館 まで 車で約11分(⇒ MAP
HP公式HP

 

東大沼キャンプ場のテントサイト

利用日 当日の天気は 完全に曇り…

東大沼キャンプ場の湖畔

晴れていれば キレイな大沼を見渡しながら キャンプが楽しめる♪

 

駒ヶ岳の ふもと、“大沼” 湖畔に広がる 自然豊かなキャンプ場♪

カヌー・カヤック、ヘラブナ釣りも楽しめます ^^

 

何より “利用料無料” なのが うれしい限り!

 

テントサイトが 細長く、トイレ・炊事場は 計2ヶ所ずつ。

無料なので 週末は 特に混雑必至なため、チェックイン・アウトが自由な分 早めに場所取りをするのが おすすめです♪

 

温泉に浸かりたい時は

ちゃっぷ林館(車で11分)が 便利です

他のサイトで よく名前を聞く 東大沼温泉 留の湯

2020年11月に閉館 しているので注意!

 

「東大沼キャンプ場」の テントサイトや 駐車場が知りたい!

東大沼キャンプ場は、縦に長~い キャンプ場。

キャパは 約100張分で、とても広いのが特徴です。

 

東大沼キャンプ場の駐車場

約100台が 利用できる 広い駐車場

 

駐車場があるのは キャンプ場の一番端っこ

リアカーがないので 荷物の運搬が ちょっと大変…

 

⇒ アウトドアワゴン を探す

 

…なんですが、みんな 道路沿いに車を止めて 荷物を降ろしてから 駐車場に車を移動していました。

 

東大沼キャンプ場の駐車場

駐車場のすぐ横が “林間サイト”

東大沼キャンプ場の林間サイト

“林間サイト” は 炊事場(駐車場側)の手前まで続きます

東大沼キャンプ場のテントサイト

奥はず~っと 湖畔に面した 芝のサイトが広がります

テントサイトは 大きく分けて 2区画。

 

テントサイト

  • 【林間サイト】
    駐車場のすぐ横から、駐車場側のトイレのあたりまで
  • 【芝サイト】
    駐車場側の炊事場のあたりから奥

 

東大沼キャンプ場のテントサイト

今回は 芝サイト側の 湖の真ん前にテントを設営♪

東大沼キャンプ場の大沼

目の前には大沼、天気が良ければ絶景も♪

湖のギリギリまで 芝が続くので、設営もラクラク♪

夜はとても静かで、聞こえてくるのは カエルの声や 魚が飛び跳ねる音だけ。

 

ただし 混雑する週末は そんなに静かではないかも?

 

また ときどき 大沼湖畔を爆走する輩があらわれることがあるらしいので、耳栓などを準備しておくと 朝までゆっくり眠れます。

 

早朝の カラスの鳴き声は 少しうるさかったです…

 

東大沼キャンプ場のテントサイト

駐車場脇にある 水門の奥にも ちょっとしたスペースがありました

東大沼キャンプ場のテントサイト

このスペースも設営可

 

「東大沼キャンプ場」の その他の 設備が知りたい

 

その他の設備も 確認しておきましょう

 

おさえておくべき各設備

  1. 炊事場・炭捨て場
  2. トイレ

 

東大沼キャンプ場にある 設備という設備は、炊事場・トイレ くらい。

 

なお キャンプ場内に 以下の施設はありません

  • 温泉・シャワー ✖
  • 自動販売機 ✖
  • 売店 ✖
  • 遊具 ✖
  • バンガローなど ✖

 

とてもキレイに管理されているので、ここで 一度状態を確認しておきましょう。

 

設備 ①:炊事場・炭捨て場

東大沼キャンプ場の炊事場

林間サイト側にある 炊事場

東大沼キャンプ場の 炊事場

蛇口の数は 表裏 各5口ずつの 計10口

炊事場は 屋根付きで、蛇口の数も 計10口と かなり多め。

ひとつひとつの間隔がとても広いので、混雑時でも ゆったりと利用できます♪

 

東大沼キャンプ場の 炭捨て場

両サイドに 炭捨て場も完備♪

“炭捨て場” があるのも、この炊事場内。

しっかり 両サイドにあって 手間がかからないので、わずらわしさが ないのが またイイんです ^^

 

東大沼キャンプ場の 炊事場

キャンプ場の奥側にも、炊事場が

東大沼キャンプ場の炊事場

2ヶ所とも おんなじ形

奥の炊事場も、林間サイト側と まったく同じ形。

 

こちらもすごくキレイに 管理されています♪

東大沼キャンプ場の炊事場

こちらの炊事場にも 炭捨て場が 2ヶ所

2ヶ所 合わせると、蛇口の数は 計20口!

こんな充実した無料キャンプ場、なかなかありません。

 

設備 ②:トイレ

東大沼キャンプ場のトイレ

林間サイト側のトイレ

トイレも 炊事場とおなじく 計2ヶ所設置。

それぞれ “男性用・女性用・多目的トイレ” が 完備してあります。

 

林間サイト側のトイレ、中は とてもキレイ♪

東大沼キャンプ場のトイレ

男性用トイレの中、キチンと清掃されていて とても快適

中は 広くて、かなりキレイ!

清掃状態の良いトイレで、無料で利用できる施設のものとは思えないくらい快適です ^^

 

東大沼キャンプ場のトイレ

男性用の 小便器が3つ に加え…

大便器は 洋式が 1つと…

和式がひとつの 計2つ

トイレの中の虫は、天井の方で ときどき見かけるくらい。

しっかりと清掃もされていて、蜘蛛の巣も はらわれてました。

 

東大沼キャンプ場のトイレ

奥の建物がトイレ

東大沼キャンプ場のトイレ

こっち側の建物も かなり立派 ^^

奥側のトイレも、同じくらいの大きさ。

 

入口のあたりは ちょっと変わった造り

仕様は ほとんど同じでした

中も ほとんど 同じ形です。

 

男性用の 小便器が 3つ

和式便器がひとつと…

洋式便器がひとつなのは 林間サイト側と 変わりません

どちらのトイレも 同じくらい キレイなので、場所を気にせず 好きな場所で テント設営をしてしまいましょう♪

 

多目的トイレも バッチリ完備!

どちら側のトイレにもあった、“多目的トイレ” は もっとキレイ♪

あまり利用されていない分 虫も少なく、より快適に利用することができました ^^

 

ちなみに「誰でも利用できる」旨の記載があったので、状況に応じて こちらも利用させてもらいましょう。

 

「東大沼キャンプ場」の 目の前にあるカフェ “M7750” について

カフェM7750 外観

キャンプ場の 目の前には「カフェM7750」が

東大沼キャンプ場の 道路をはさんだ向かいに あるのは「CAFE and Gallery M7750」

クレープや かき氷などの スイーツや、カレー・パスタなどの軽食が楽しめるお店です。

 

関連記事

 

トイレのみの利用は不可、必ず 何か購入しましょう

氷など キャンプに必要なものも 多少販売

M7750の店内

多少の食材や、ガスボンベ・木炭・ライターなども

M7750 の店内

冷蔵庫の中には キンキンに冷えたビールも並んでいました♪

M7750の店内

訪問時は 薪も販売していました、足りないときは のぞいてみてください

カフェメニューの他に、キャンプに必要な 道具なども ある程度取り扱っています。

 

取り扱い品目

  • 薪・木炭
  • 氷・水
  • アルコール類
  • ガスボンベ・べスター・チャッカマン
  • 調味料・油・カップラーメンなど

※ あくまで訪問時の品目で、変わる可能性あり

 

M7750の自動販売機

自動販売機も 2台ありました

店舗前には 自動販売機が 2台。

ソフトドリンク等は、ここで 24時間購入することができます ^^

 

「東大沼キャンプ場」から 一番近い “温泉” ってどこ?

 

温泉に浸かりたい時は

駒ヶ峯温泉 ちゃっぷ林館 (車で11分)が 便利です♪

他のサイトで よく名前を聞く 東大沼温泉 留の湯

2020年11月に閉館 しているので注意!

 

ちゃっぷ林館

ちゃっぷ林館の外観

大沼湖畔を 反対側へ グルっとまわり、森町へ向かうこと 約11分で みえてくるのが「ちゃっぷ林館」

 

営業時間など

  • 営業時間
    10:00 ~ 21:00(最終受付 20:30)
  • 定休日
    不定休
  • 入浴料
    大人:450円
    中学生:400円
    小学生:220円
    幼児:110円
    65歳以上:400円

 

内風呂(公式HPより

ちゃっぷ林館の露天風呂

露天風呂(公式HPより

露天風呂・サウナもあり、サッパリするには ピッタリの温泉 ♨

キャンプ場からも 比較的近いので、こちらの利用が便利です。

 

少しはなれても良いなら グリーンピア大沼 でも 日帰り入浴ができます(車で約16分)

⇒ グリーンピア大沼 について詳しく

 

「東大沼キャンプ場」利用上の注意事項

東大沼キャンプ場の注意事項

 

キャンプ場 利用時は

以下の点に注意しましょう

 

注意

  • 他の利用者の迷惑になる行為は禁止です
  • 湖は遊泳禁止です
  • 周辺道路への路上駐車は禁止です
  • 駐車場が満車の場合、キャンプ場の利用は控えましょう
  • 過度な場所取りは禁止です
  • 夜は静かに過ごしましょう
  • 音楽や音のでるものを使用する場合 回りに配慮しましょう
  • ゴミは必ず持ち帰りましょう
  • 直火は禁止です
  • バイク等の乗り入れも禁止です
  • 予約はできません

 

危険がともなう行為、まわりのお客さんの迷惑となる行為については、一切禁止です。

 

「火の利用」について

 

何よりも注意したいのが

“火” の扱い方!

 

注意

  • 焚き火台などを使用すれば 焚き火は可能です
  • 芝生の上で 直接 火をおこすことは禁止です
  • 焚き火台などを使用する場合でも、芝生から十分に離しましょう
  • 利用し終わった後の炭は、必ず所定の場所に捨てましょう

 

きれいな芝を傷めないよう 十分に配慮して、ステキな キャンプを楽しみましょう。

 

「ゴミの処理」について

ゴミ箱・ゴミの回収サービスはなく、“ゴミはすべて持ち帰る” 必要があります。

 

「ペット」の 取り扱いについて

ペット同伴の場合は、以下の点に注意しましょう!

 

注意

  • ペットは 禁止されていません
  • 必ずリードをつけ、おきざりにせず、吠えさせない様 配慮すること
  • フンの処理は 飼い主が責任を持って行いましょう

 

周りへ配慮をし、しっかりと管理しましょう。

 

「駐車場」の 利用について

駐車場利用時は、以下の点に注意してください。

 

注意

  • 事故・盗難などのトラブルについて 施設側では責任を負いません
  • 道路への駐車は禁止です
  • 駐車場が満車の場合、キャンプ場の利用を控えましょう
  • サイト内へのバイクの乗り入れは禁止です、必ず駐車場を利用しましょう
  • キャンピングカーは禁止ではありませんが、混雑時は 過度にスペースを取らない様に注意しましょう

 

「その他」の注意点について

夜のキャンプ場は ほぼ真っ暗、明るいのはトイレと炊事場だけ

東大沼キャンプ場は、夜間は 基本真っ暗。

そのため ランタンや ヘッドライトがあれば とても便利です。

 

 

林間サイド側は、炊事場と 小川にかかる橋の両側に灯りあり

林間サイトのトイレと、奥に光るのは 駐車場の灯り

 

「東大沼キャンプ場」と 合わせて寄りたいスポット・お店

おすすめスポット ①:沼の家

写真は大沼だんごの小折

“大沼で 必ず食べたいもの” といえば「元祖大沼だんご」

 

大沼だんごの特徴をチェック ☑
  • うるち米100%で、保存料は使用していない
  • 1日で固くなるため 消費期限も たったの1日⁉
  • 冷凍や お取り寄せも不可、ここでしか買えない 超レアな商品

 

JR大沼公園駅のすぐ目の前にある沼の家さんの店舗

昔ながらの シンプルな味わいですが、それが 今やとてもレア。

名実ともに 大沼名物の 絶品だんごを味わってみてください♪

 

 

おすすめスポット ②:喜夢良(きむら)

おすすめは 龍紋

七飯町にある 老舗和菓子店「喜夢良(きむら)」さんには、ちょっと変わった和菓子がたくさん。

 

例えば…

  • 【木の間餅】
    国産のもち粉で作った ほどよい弾力でフワフワの “求肥餅”、きな粉と黒蜜の上品な甘さが特徴
  • 【龍紋】
    明治初期 大沼周辺は食用氷「龍紋氷」の産地だったこともあり 和菓子で氷を表現。つや干し寒天・北海道産小豆・砂糖など、シンプルな原材料が〇
  • 【その他】
    ・七飯アップルチョコレート
    ・アップルキャラメル など

 

木の間餅:別添えの”黒蜜”をたっぷりかけて♪

ななえ林檎餅:直径約3cmのお餅の中に七飯町産りんごソースがIN

店舗外観

華やかなお菓子は 道の駅でも販売していますが、逆に シブいお菓子は 店舗のみの取り扱い。

他にも変わったお菓子が 目白押しなので、一度のぞいてみるのも ありかと思います ^^

 

 

「東大沼キャンプ場」まとめ

東大沼キャンプ場の林間サイト

今回は 函館市内からも 約1時間で向かうことができる「東大沼キャンプ場」をご紹介しました。

 

利用した感想を一言であらわすと‥

大沼の眼前に広がる 最高のロケーション!

きれいなトイレと 利用料無料な点が 何より素晴らしい!

 

ポイント

  • キャンプ場 利用料が “無料”!
  • 国定公園 大沼の湖畔に広がる バツグンのロケーション♪
  • 何より トイレ・炊事場がキレイ ^^

 

週末になると 混雑必至ですが、平日は ソロキャンパーが多く とても静かにすごせます ^^

また 湖は 遊泳禁止ですが、カヌー・カヤックや ヘラブナ釣りも 楽しめます♪

 

何より “無料” で利用できて これだけ快適に利用できる施設は、他に なかなかありません!

 

 

その他の アウトドアスポットをチェック





  • この記事を書いた人

tomo.

全道をドライブすること15年強、不動産業に従事するサラリーマンブロガー。道内173/179市町村を走破。許容走行距離は約700Km/日まで。自ら撮った写真を使ったブログを約10年執筆中。人込みは苦手で、特に誰も行かない様な穴場観光地が大好き。最近は北海道の歴史・碑などにも興味深々です。

Copyright © Mogtrip Hokkaido , All Rights Reserved.